幽霊屋敷の猫髭一家

幽霊屋敷の猫髭一家

我が家の愛猫たちとの暮らしです

 

朝、父さんを起こしに来た広大。

桜が手前にいて

父さんまでたどり着けません。

 

 

「くしょ〜、桜はいつまで寝てるんだ」汗

広大は桜を起こさずに乗り越える

自信がないようです。

 

 

「オイラは桜のイヤがることは

しないって決めたんだ」DASH!

愛情3割、仕返しが怖いのが7割かな。

(^Д^)

 

 

 

ゆうべ、

古い、やさしい歌と再会しました。

 

YouTubeのオススメ動画で流れてきて、

「おー! これは懐かしい!」と大喜び。

30年ぶりくらいに聴いて震えました。

 

ロマンチストのたけしさんらしい

素敵な詩に、

バンドを休止してソロ活動を始めたばかりの

玉置浩二先輩が

美しいメロディをつけました。

本当にいい歌です。

歌うのは玉置さん。

観客は照れ屋の鬼瓦権蔵。

 

 

 

流れ星

 

この頃は好青年な玉置さん35才。

どこまでも伸びて、

心に直接届くようないい声。

日本の宝です。

 

 

ランキングに参加してます。

下のバナーをポチポチッとクリックして、

この歌は権利関係で問題があったのか、
当時のたけしさんのベスト盤には入らず、
2000年代、2010年代と、
ずっと忘れてしまっていた我が家を

応援してくださいませ。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


「お父さん、泣いちゃうのに

どうして聴くのかしらね〜」