実相寺 ペット虹の橋

実相寺 ペット虹の橋

群馬県 板倉町 真言宗豊山派 実相寺


  ~ 出逢えたことに感謝 ~

 ~ 感謝の気持ちで見送ります ~

    

実相寺 ホームページ ホームページ http://jissoji.com/



出逢えたことに感謝

家族になってくれたことに感謝

出逢うためにうまれてきてくれてありがとう

出逢いは幸せになるためのもの

一緒に暮らせたことに感謝

感謝の気持ちで見送りたい



     願いを込めて・・・


Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

謹んで新年のお祝いを申し上げます門松











大晦日は除夜の鐘をつき
甘酒や豚汁で温まり
初護摩法要が無事に行われました。
福引では皆さんの笑顔が溢れました。

おかげさまで良き新年を迎えることができました

                                                
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

 


 
 





                                                              合掌合掌


テーマ:



Wan11月号 10月14日発売 P95

実相寺ペット虹の橋 が掲載されました



一緒に暮らせた幸せに感謝
感謝の気持ちで送りたい・・・


群馬、埼玉、栃木、茨城の県境にある板倉町に
実相寺ペット虹の橋はあります。
寺院ならではの住職による読経も行い
ペットちゃんの魂が安らかに永眠できるように
心を込めてご供養させていただいております。
境内のペット供養塔虹の橋はいつもそばにいて
心を癒してくれたペットちゃんのもの。
いつでもお参りしていただけます。



~ペットchiro火葬・葬儀・供養 承ります~


Wan11月号は柴犬特集ですが
どのワンちゃんにも為になること
役に立つ情報が
たくさん載っておりますいいね



                         合掌
合掌


テーマ:

 第9回 実相寺文化公演会

《遷寺405年・東日本大震災復興支援》

     

 10月28日(火)17時30分から

実相寺本堂にて

 

演歌歌手 山本さと子さん

歌手 Canacoさん

司会 いけながあいみさん

  

にお越し頂きまして文化公演会が開催されました。
本堂が華やかな舞台となって

 約180名の檀信徒皆さまがご来場くださり、

 笑顔があふれる2時間を過ごすことが出来ました。

 ありがとうございました。

  

 真言宗豊山派宗務所を通して

 義援金はお送りさせていただきます。

 


テーマ:

《秋彼岸》

920日:彼岸入り
9
23日:彼岸の中日(=秋分の日。祝日)
9
26日:彼岸明け

   実相寺境内の曼珠沙華

  

彼岸花彼岸花

曼珠沙華(まんじゅしゃげ/かんじゅしゃか)」は 彼岸花

サンスクリット語で天界に咲く花という意味。
 

おめでたい事が起こる兆しに
赤い花が天から降ってくる。

という仏教の経典から来ています。

 

花言葉は「情熱」「独立」「再会」

   「想うはあなた一人」
   「また会う日を楽しみに

  御先祖様が 待っていますお墓
  お気をつけて墓参りにお出かけください

                合掌合掌

テーマ:

『  愛するというのは

お互いに顔をみあうことではなく

一緒に同じ方向を見ることだ 

フランスの作家 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

  
 

愛は 見えないけれど

気づいたり・・感じたり・・想ったり・・

心で感じます

『 美味しいね 』・・・ “ おいしいね ラヴ

『 嬉しいね 』・・・ “ うれしいね ラヴ

『 楽しいね 』・・・ “ たのしいね ラヴ

同じ方向をみる言葉が

心と心を  近づけてくれるのでしょうね

  

秋彼岸 
920日:彼岸入り

923:彼岸の中日(秋分の日・祝日)

926日:彼岸明け

春分と秋分は太陽が真東から昇って真西に沈み、

昼と夜の長さがほぼ同じになる日ですが、

お彼岸にお墓参りに行く風習は、
この太陽に関係しています。


仏教では、生死の川を渡って到達する悟りの世界を
彼岸(ひがん)といい

その反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界を
此岸(しがん)といいます


そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、

太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、

彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、

先祖供養をするようになりました。

春の種まきや秋の収穫とも結びつき、

自然に対する感謝や祈りが
ご先祖様に感謝する気持ちにもつながって、

先祖をうやまい、なくなった人々をしのぶ日
お彼岸は大切な行事となりました。

是非 お彼岸にはご先祖様を敬い
お墓参りお墓 にお出かけください

 

                   合掌合掌


テーマ:
 


お盆お盆

お盆ご先祖さまと 過ごす夏お盆

ご先祖様を 想う夏思う



ご先祖様は待っていますお墓

お気をつけて お出かけください



暑い日が続きます
くれぐれもご自愛ください
合掌







 

第6回燈籠流し 
主催 燈籠流し実行委員会

日時    平成26年8月17日㈰ 18:00~
         ※雨天の場合は8月18日(月)18:00

場所     水郷公園揚舟発着所

プログラム 17:00 板倉はやし連  和太鼓演奏
         18:00 おねり
          19:00 燈籠流し


 
 
 

テーマ:

平成26年7月10日(木)~8月15日(金) 

城沼 ・ 古城沼及びつつじが岡パークイン

城沼や古城沼では自生のハスがピンク
ハスの花を開き、

つつじが岡パークインでは、世界の花ハスなど
約200品種が展示されます
蓮
期間中は、船に乗って間近でハスを見られる
“花ハス遊覧船”が運航されます
小舟蓮の葉








 
      薬師如来像

蓮華座(れんげざ)という大きな蓮の花を象った台(台座)に
仏像はお座りになっています。

蓮は仏教では神聖な花とされています。

大輪の蓮の花が咲き誇る様子は
極楽浄土の象徴です。



泥水が濃ければ濃いほど、
ハスの花は大輪の花を咲かせます。
泥水とは人生におきかえれば、
つらいこと、悲しいこと、苦しいこと。
大輪の花を咲かせるためには、泥水が必要です。


蓮の花とは、まさに人生の中で花を咲かせること。

あるがままを受けいれることによって、 
人の気持ちの解る
豊かな心が 育つのかもしれません。

そして、小さな幸せを感じられるようになれるのでしょう。





暑さが続きますので ご自愛ください           合掌


テーマ:


下記の質問がございました。

 

Q菩提寺が無いのですが、葬儀をお願い出来ますか?

  
     
はい 承ります。

 

Q菩提寺が遠いのですが、
   葬儀・法事はお願い出来ますか?

 

    一度 ご相談ください。

 


 よろしくお願いします。 

 





台風8号による水害、土砂災害、破損等…

希望に満ちた尊い命も奪われてしまいました。

ご冥福をお祈りします。

復旧までしばらくかかる地域もあることと存じます。

厳しい暑さも続いております。

健康には、くれぐれもご留意ください。

一日も早い復旧を お祈りしております。



                      
                          合掌
合掌


テーマ:



今日は雨に始まり
曇、晴れ、雨、雷と
変化の日曜日になりました




目の前に広がる この瞬間にしかない空

全てが一期一会

この瞬間、今、ここだけ


新鮮な気持ちで空を見上げる


小さな感動の積み重ねが 


心に潤いをもたらしてくれます






                     合掌合掌


テーマ:

congratulation japan

富岡製糸場 世界遺産に 《国内18件目》

祝群馬県から世界遺産が誕生しました

群馬県人に愛される上毛カルタより

**yumi** 日本で最初の富岡製糸


国連教育科学文化機関(ユネスコ)は21日、
カタールの首都ドーハで開催中の世界遺産委員会で、

富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)の世界文化遺産に登録を決定した。

富士山に続き14件目。

自然遺産を含めると18件目で、近代の産業遺産が登録されるのは初めて。

富岡製糸場(富岡市)は1872年に明治政府が西洋の技術を導入して建設した

当時世界最大規模の器械製糸場で、木骨レンガ造の繰糸場などの

生産設備がほぼ完全に残る。


遺産はこのほか近代養蚕農家の原型とされる「田島弥平旧宅」(伊勢崎市)、

自然の冷気で蚕の卵を貯蔵した「荒船風穴」(下仁田町)、

養蚕技術の教育機関「高山社跡」(藤岡市)の計4カ所で構成。

群馬県などが2003年から登録に向けた運動を続け、政府が13年に推薦していた。

「伝統的な養蚕技術に西洋の技術を加えてさらに発展させ、

世界の絹産業の革新と生糸大衆化に決定的な役割を果たした」と

高く評価された。



群馬県から世界遺産誕生は 誇らしく 嬉しいことです。

歴史を知ること、後世に伝えていくことは、大切だと思います。


世界遺産登録で ますます 《あついぞあついにょろ群馬ぐんまちゃん》 なりそうですね (^^) 

   

                               合掌

 





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス