80代男性のKさん。

2018年5月に心不全で不調を訴え、入院されました。

心臓検査の結果、血管が細すぎるためにカテーテルなどの処置ができず、

薬による治療となりました。

 

このため、心臓に爆弾を抱えながらの生活を守るため、

6月より太学功特別療法の受療を開始することにしました。

 

その後、みるみる体調がよくなり、

投薬は継続しましたが普通の生活に戻ることができ、

食事や趣味も入院前の状態に戻ることが出来ました。

 

その後も元気に税理士の仕事を継続されていましたが、

2021年にご自宅での昼食後、

ソファーに座った状態で急性心不全のため眠るように逝去されました。

誰もが夢見る絵にかいたような「ピンピンコロリ」のご逝去だったとのことです。

 

ご家族のお話によると、

亡くなるまで高齢ながら税理士の仕事も継続されていたとのことです。

 

素晴らしいですね。

寿命が延びた現代社会ですが、

ベッドに寝たきりでは決して幸せな老後とは言えません。

Kさんのように、亡くなられる直前まで通常通りに生活し、

仕事もされていたいわゆる「ピンピンコロリ」は誰しもが理想とする一生ですね。

 

太学功のエネルギーは皆様の健康寿命を延ばすお手伝いを致します。

ご家族やお知り合いで大変な生活を送っている方や

術後の生活を余儀なくされている方、

疲れやすく元気が出ないなどさまざまな症状でお困りの方は

是非太学功特別療法をお試しください。

 

50代後半男性のKさんは、

年明けから、ろれつがまわらなくなる症状が出ました。

あわてて脳を検査したところ、案の定脳梗塞が発見されました。さらに精密に検査し、対処するため、日をおいて入院することが決まりました。

 

Kさんは東北在住ですが、

遠隔療法である太学功の「特別療法」を申し込みました。

 

Kさんが特別療法を申し込んだのは入院直前でしたが、それから直ぐに身体に良い変化が現れ、当初の見込み入院期間が大幅に短縮されました。そして、特別療法当日はすでに退院して、ご自宅でゆったりと受ける事が出来ました。

 

Kさんは、場所を選ばす受ける事ができる特別療法を引き続き継続して受け、根治・体質改善を目指す予定です。


40代男性のHさんは、最近仕事の疲れが目立ってきたので、

心身のパワーアップを目的に、太学功気功教室に入会しました。

 

Hさんは冷え症があり、冬の朝は寒さで目が覚めるのが常でした。

ところが、教室で習った童子功を就寝前にやってみたところ、

翌朝いつもと違い、ポカポカした感覚の中で覚醒したのです。

しかも驚いたことに、前夜寝室の窓を閉め忘れ、開いたままの状態でした。

 

太学功気功は、エネルギーを増やします。

エネルギーが増えると、目に見えるしるしの一つとして、

Hさんのように体温がアップします。

この結果新しい細胞をつくる力が増進し、

根本から体力と免疫力が強化されていきます。

 

Hさんは教室入会から2か月足らず。今後のさらなる変化が楽しみです!