60代女性のTさんは、生まれつき両目が悪く、

幼少の時に右目は失明してしまいました。

左目は弱視ながら何とか見えていたのですが、

40代の頃、白内障をきっかけにこちらも失明。

通常の人と違って眼の状態が悪いため、白内障の手術もできず、

以来20年間、全盲として生活してこられました。

 

さてTさんは、今年の1月太学功気功の基礎コースに入会。

当初の目的は、持病の心臓病を含めて、少しでも体質改善したいというものでした。

毎週1回、介助を受けながら、コツコツとレッスンに出席し、

熱心に受講されました。

そして、ハンディを乗り越えて童子功などの功法を習得し、
ご自宅でも毎日熱心に練習を積み重ねました。

 

さてこの秋、Tさんは左目に義眼を入れることを検討するため、

久しぶりに眼科を受診しました。

すると、眼医者さんが驚いてTさんに伝えました。

「いままで眼が濁って眼底まで見えず、白内障の手術をあきらめていましたが、なぜか眼がきれいになっています。これなら手術ができますよ!」

こうして10月半ばに手術を受け、見事に成功。20年ぶりに視力を取り戻しました。

 

手術後の静養期間があけて、教室にいらっしゃったTさん、

何と眼鏡をかけて登場されました。

今まで声だけのおつきあいだったクラスメイトたちも、初めて顔を見てもらえて大感激!

 

Tさんは、太学功の教室と毎日の練習で血液や体液の循環が改善し、特に頭部への流れが強化されました。

この結果、眼球内の液体のめぐりも良くなり、周辺の細胞の質も改善して、視力の回復に至ったと考えられます。

 

Tさん、大きな励みになる体験を周囲に与えて下さり、ありがとうございました。これからもご一緒に、楽しく気功で元気を増やしていきましょう!

 

 

60代男性のSさん。

脳出血の後遺症による左半身不随の克服を目指して、

特別療法を受けながら、太学功血流リハビリに取り組んでいます。

 

Sさんは2017年の春に倒れた直後から特別療法と気功療法を受け、

寝たきりの状態から劇的に回復して少しずつ立ち、そして歩けるようになり、その年の秋からは太学功血流リハビリも開始しました。

 

左脚は順調な回復を見せ、歩行の安定性もどんどん改善していますが、左腕はなかなか動きませんでした。

実は倒れた直後、お医者さんからは、「腕の回復は、あきらめることも覚悟しておいてください」と言われていたのです。

 

しかし、こつこつ血流リハビリを続けていると、

徐々に左腕を持ち上げることができるようになり、

指も、小指→薬指→親指→人差し指、の順番で、少しずつ

ご自分の意志で動かせるようになってきました。

 

そしてこのたび、安全の為着用を余儀なくされていた左手吊り包帯(スリング)を外して良い、とお医者さんから許可が出たのです!

 

少しずつですが、日常生活のなかで、ご自分の意志で左腕を動かし、安全に障害物から避けることができるレベルになったのです。倒れた直後は回復をあきらめる事を覚悟する様に言われた左手が動く様になったのです!

 

Sさんの次の目標は、左腕で手すりにつかまり、食器を持つなどができるようになることです。

 

太学功血流リハビリは、太学功の強い気の力によって、全身及び損傷した部位の血流をしっかりと整え、細胞の修復が実現できます。

たとえ動かない状態であっても、

   血流が整い

   細胞が復活し

   動かせる様になるのです!

 

本格的かつ効率的なリハビリが必要な方、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

 

卒寿(90歳)を目前にしている女性のAさん。

少しでも健康維持に役立てようと、太学功の基礎コースに通われています。

 

さて、Aさんには年来のお悩みがありました。

80歳の時に、リウマチ性多発筋痛症を発病し、

背骨や首の骨の湾曲・縮みが進行しました。

そして3年前には首の頚髄に腫瘍ができてしまい、摘出手術を受けましたが、完全に取りきることはできず、首が重く、前に垂れ下がってしまうことが続いています。

この辛さを少しでも緩和したいと思い、このたび丁先生の特別療法を申し込まれました。

 

特別療法を受けた夜のことです。

Aさんはいつものようにお風呂に入りました。

昔から、浴室の壁に小さい鏡が掛けてあるのですが、

身長が縮み、首も曲がったため、鏡の位置まで背丈が届かず、

久しくその鏡で自分の顔を見ることがありませんでした。

 

ところが、その日はふと見ると鏡の中に自分の顔が映っています。

「あれっ、首がまっすぐ伸びて鏡に届いている」、と気が付きました。

Aさんは、「この年になっても伸びるのですね」と特別療法のパワーを実感された次第です。

 

そうです、条件が整い、十分なエネルギーがあれば、細胞は復活して、体は修復されていきます。

太学功には、そのための正しい方法が用意されています。