2018年10月14日は第1回 国際美容鍼灸学会が開催されました。

 
各分野で活躍する講師の先生方、そして参加者の先生方、学生さんが多忙な中、志ひとつで集まってくださったことに心より感謝。
会を終え、長谷川 尚哉 (Naoya Hasegawa)先生と話をしていて、込み上げてくるものがあり(それどころじゃなかったが)、なんだかこう、涙でそうでした。


 
当日は、エビデンスや安全性のある美容鍼灸が明らかになり、本来目指す道を改めて認識し、また症例研究発表会では、単なるBefore Afterではない客観的評価での様々な検証と、非常に学びの深い日となった。

  
 美容鍼灸が単に局所にfocusするのではなく、美容鍼灸学として、幅広い分野と連携し、また学び、施術者として生涯にわたり関わることで、プライマリーヘルスケアに繋がっていくという可能性を多く秘めていることは、非常に深い気づきだったと思う。


 基調講演の矢野先生の講義は本当に濃く、貴重で深い内容で、改めて、鍼灸が単なる物理療法の1つではなく、矢野先生の言葉をお借りすれば、「身体に情報を与え、バランスを整えていくことをサポートする」という、「本治(全身調整)」の力が鍼灸の力だと力強いものを感じた。
 

 粕谷先生の動画の講義は非常に濃く、最新の解剖学では、顔の筋肉は【皮筋】であり【骨格筋】とは異なり「筋紡錘」が無いことから、微細なコントロールがしにくいことため、顔面神経麻痺学会などでは、顔面神経麻痺の患者、既往のある患者には、顔への低周波鍼(パルス・電気の鍼)治療が禁忌となっていることなど安全性を考える上で大変有意義な講義で、本当に深い学びになった。


 長谷川先生からのリスク管理の講義で歴史などの横軸、現状を深く考えて、気づきを得る深さの縦軸とも深く、心が熱くなった。



 川並先生からのアメリカの鍼灸事情、日本鍼灸の力も気づきが多く
 アメリカでの鍼灸は「局所だけはありえない。かならず全身調整をする」。日本の触れる優しい鍼灸は人気が高い。総合的に診るので、栄養学などの知識、指導も深いことはこれからの鍼灸師なる学生には、道が見えたことだろう。
 


 シンポジウムでは、美容鍼灸の定義やガイドラインとしての提言や本来目指す道が再認識され、満場一致。感動的でした。
 


 午後の症例発表は、ほんとタイトなスケジュールの中、ここまで迫る内容は本当にスゴイ!と思う症例報告ばかり。
 臨床をしながら、研究をするのは、本当に大変。未経験者を集めるところからはじまり、評価し、まとめ上げるというのは、必要性あっても、日々ではなかなかできない。

 その研究のバックアップをして下さった糸井 信人先生があったからこそ、なんとか乗り切れ、アカデミックになった。感謝してもしきれません。
  
 

 
 最優秀賞は井上 公佑 (Kosuke Inoue)先生、優秀賞は中嶋 拓美 先生、奨励賞は中野慎市先生となりましたが、他にも、ゼロからイチにしていく上で素晴らしいものばかり。
 座長の長谷川先生の医学、美容、プレゼンの質など幅広いファシリテートからも気づきが多い発表となった。
 
 
 また体験会ブースでは、わずか2本で、全身調整ができることを体感し、また半顔6本でしっかりと美容的効果を感じるもので盛り上がっていた。
 協会の会員の素晴らしい先生方の施術、そして講師からの実技デモで熱いディスカッションもあり、参加者は学びが多かったようでなにより。
 

  
 冒頭に書いたが、志ひとつで動いていますが、多くの方の応援なくしてはできない。
 各分野で活躍する講師の先生方の登壇に本当に感謝。
 表ではなく、裏方で準備に協力してくださった先生方、スタッフのみなさんに感謝。
 
 今回は、できるだけ中立で、活発な議論と未来をつくるためにもアカデミックにしたい。でもその細かいところが分からず、特に、学会コーディネート、運営へのアドバイスなど根の部分から花までも多大な協力をしてくださった糸井先生、講演、座長も務めて下さった長谷川先生にお世話になりました。感謝です。
  

 そしてなにより、単に主催しても、集まる方がいて成立する。
 参加者の先生方、学生さんが多忙な中、志ひとつで集まってくださったことに心より感謝。

 鍼灸の本治力、プライマリーヘルスケア、予防医学、これに繋がる美容鍼灸学がより高まり、流派を越えてより切磋琢磨され、業界が発展し、国民のため、世界の人達の健康と笑顔に貢献できる学会になるよう続けていこうと思う。

 

===正しい技術で、しっかりと収入も上げたいあなたに===

日本鍼灸(本治)+少ない鍼で結果を出す

JFACe公式 認定美容鍼灸師養成講座 

創始者開催

横浜 11月2日、3日、4日

→ http://www.j-face.jp/JFACe_nitei/

 

本治+少ない鍼で結果を出すのはこれ

サイトリニューアル。

→ http://www.j-face.jp/JFACe_nitei/

===