石井スポーツ2018/19 New Model Ski試乗会@丸沼高原 | いっくん◎ no メモリー

いっくん◎ no メモリー

好きなスキーやライブ関係を中心に、楽しかったことの記録です。


テーマ:

丸沼高原スキー場で行われた、石井スポーツの2018/2019 New Model Ski 試乗会の、初日3月24日(土)に参加してきましたスキー

 

 

 

この日は快晴で日中には気温が、多分3℃くらいまで上がった感じ晴れ

 

雪も朝のハードパックから、次第に削られた表面が溜まりだし、最終的にはその溜まった雪氷が緩むという状態。

 

まあ、そこまで滑りにくくはない感じでOKOK

 

 

 

来シーズンに板の買い替え予定はないけれど、今の自分の滑りでどのように感じるのか興味があって、レジャー気分での試乗会参加でした~。

 

 

ほぼオープンからクローズまで、結構多くの板に乗ることが出来ました音符

 

以下、試乗順に超個人的な感想を書いていきます鉛筆

 

 

 

 

SALOMON  S/MAX12

 


昨年のMAX12はエッジグリップがバリバリで、操作性も軽く、その上安定感もあるという強いキャラで、雪面の細かなことは気にせずガンガンと滑って行ける感じがあり、とても気に入った板でしたグッ

 

今年の板は、その一番の個性でもあった強力なエッジ感がマイルドになり、雪面の様子をもっと感じられるようになっている気がした。。

雪面の抵抗を感じる分、操作性の軽快感が少し重厚な感じにもなっている気も。。 強力な個性が薄れ、よりバランス志向の板になっているのかな。。

 

個人的には昨年のキャラ立ちが気に入っていたので、この変化は少しもったいないもやもや

 

 

VOLKL RACETIGER SX DEMO

 



操作性・安定感も申し分なく、板が短く感じられるような、取り回しの良さが第一印象グッ

そしてエッジに乗ったターンが楽に気持ちよく出来て、ターン後半にスキートップがグングンとターンを先導して、弧を描いていく感覚がとても新しく新鮮。

 

とっても楽しくて良い板でしたOK

 

 

 


VOLKL RACETIGER GS DEMO

 


エッジグリップは強すぎず、扱いやすくしかも安定性もある。

エッジに乗っていくというよりは、自分が狙ったターン目標地点に安心して進んでいけるという、流れの中での安定感が感じられた。

積極的にターンを作っていくことに専念できる感じ。




BLIZZARD FIREBIRD SRC

 


数年前の愛機の後継機種。当時の板は、しなやかで扱いやすく気に入ってた。

 

今回はその時の印象とは大きく異なり、板がかなりしっかりとしている第一印象。

そのために低速では板のしなりが出しにくく、一方スピードを出すと足元のどっしりべったりとした感覚と、トップテールのマイルドさのバランスが、個人的には今一つしっくりこなかったアセアセ




NORDICA DOBERMANN SLR RB FDT 

 


操作性、滑走性、エッジホールドなど、すべてのバランスが良くまとまっていて、安心して滑ることが出来るキラキラ

ほんの少し安定性重視の味付けなのかな。

個人的にはしっくりし過ぎて、印象が薄いほど。

 

 

 


NORDICA DOBERMANN SPITFIRE RB FDT

 


 

ターンの始動の瞬間から、トップがしっかりと雪面を捉える感覚が伝わってきて、安心感が大グッ その後はテールまでの板全体で、終始しっかりとターンをする感覚が素晴らしいgood

板の剛性感、エッジに乗ったターンの切れ、操作性の良さもとても素晴らしく、滑っていて楽しくなる板。 どちらかと言えばハリの強さが有り、頼もしい感じがする。

今回の試乗会で一番気に入った板でしたハート




HEAD WC Rebels i Race Pro

 


高速でロングターンをする時の、板の直進性、エッジグリップの安定感・安心感が極めて良い。

操作はある程度自分から積極的にしていくと楽しい感じ。 ショートターンではずらす滑りよりも、浅い弧で滑ると気持ちが良かった。

 

 

 


HEAD  Supershape i.MAGNAM

 


 

いつものように、とても扱いやすくそこそこの安定性もあり、印象が良い板キラキラ

個人的には思い切って滑るには、もう少し強さが欲しいかな。




ELAN  AMPHIBIO 14Ti

 


 

エッジに乗ったカービングでクルージングするのに最適。

他の板で滑る通常の感覚では、ずらして滑ることが難しい印象があり、乗りこなしには独特の感覚が要るのか?




ATOMIC  Redster G9i

 


 

操作性は良く、特にターン後半の板の走りがとても印象的。

どことはなしに漂う板の強さが、個人的にはどうもしっくりこないタラー

 

 

 


ATOMIC  Redster S9i

 


 

多分、この板もかなりガッツリと滑った時に、真価が発揮される板のような気がする。

やっぱりどことはなしに漂う、板の強さに気持ちが負けてしまうタラー

 

試乗インプレ以前の内容でスミマセン。ATOMICとは以前から相性が良くありません。。




FISCHER  The Curv DTX  RaceTrack

 


 

とてもマイルドで扱いやすく、なめらかで気持ちが良い滑りができる。

何でも出来るような気になるけど、場面によっては、もう少し板の強さが欲しいと思うときもありそう。

 

 

 


FISCHER  The Curv  CurvBooster

 


 

とてもしっかりとした板で、経験したことが無いくらい気持ち良く、そして安定してターンが出来るラブラブ

切れあがり過ぎず板が落ちていく感覚もあり、気持ちよくどんどん滑っていける。 板が重いので、小回りや振っていく滑りには向いていない。

大回り用の板を持つなら、この板は最高ルンルン

個人的にはこの板とRace Trackの中間の板があれば最高です二重丸




OGASAKA  KS-RT

 


ショートターンの感覚は異次元うずまき

板の柔軟さと返りの良さで、低速でも驚くくらいに楽にターンが出来る。その特性ゆえに、この板独特の滑りになってしまうほど。

 

 

 


OGASAKA  TC-SA
 

 

板の強さがあり、低速ではちょっと扱いにくい感じも。。 けれどもスピードを上げて、エッジに乗った浅めのショートをした時には、とても良いレスポンスと剛性感で、安心して攻めて行けた筋肉




ROSSIGNOL  DEMOα Ti KONECT

 


 

バインディングのプレートが付いていないほうのモデルです。

 

低速では特にキャラが感じられないニュートラルさ。

けれどもスピードを上げた時の、扱いやすさと許容度の高さ、そして正しい操作で終わらせてくれる懐の深さも見せてくれるOK

パートナーとしては最高なのかも。

 

 

 

 

 

 

この日、気に入ったTop 3の板は、こんな感じかな。

 

No.1: NORDICA DOBERMANN SPITFIRE 拍手拍手拍手

No.2: VOLKL RACETIGER SX DEMO 拍手拍手

No.3: FISCHER  The Curv  CurvBooster 拍手

 

 

とっても楽しい試乗会でした!

関係者の皆さん、ありがとうございました~!