telco姐さんの意思伝達装置【伝の心】は彼女によって何度も何度もこう書かされた。


『しにたい』


『しにたいけどしぬこともできない』


『ころして』


これを巡ってどれだけケンカしたかしれない。
2人で泣きながら寝てしまい、そのあと目覚めて大笑いしたこともあった。


意思伝達装置の意思は無い⤵︎
telco姐さんの【伝の心】さん?くん?よ、
役割にしてもゴメンだったと思う。
代わって謝るよ、すみませんでした<(_ _)>
そしてありがとう⤴︎


姐さんがホームにやって来た日、
大半のスタッフは極端に言えばALSのAの字も知らないメンバーだった。
自分を含めて3人協力者がいれば大丈夫だろうと根拠のない自信だけ。
正直誰もがどんなケアか分からず恐れていた。
telco姐さんの部屋からのコールは皆の緊張となった。
体位変換もポジショニングもなかなか定まらない。
指の先の先まで。
従来のケアでは全く通用せず、去った職員も。


本質を本気で、心で向き合えるスタッフが共に居てくれ姐さんとのかけがえのない時間を紡いだ。
先日、あの日々を共にしてくれていたスタッフの1人がこう話してくれた。
『いつもそこが原点なんです』
姐さん、嬉しいねஐ


病気とは闘わない、
カッコよく言いたいけれど本気で闘っていた。
全員で闘っていた。


そう、大人になってあんなに泣いて笑ってケンカした日々、、、
なかなか無いもの。


やがて姐さんの意思伝達装置は相手への思慮深い表現ばかりを伝達するようになった。
どのくらいかかったかな。
勇気と愛と力をくれる沢山の言葉を記してくれた。
代わってお礼を言うよ、ありがとう⤴︎


今思い出したひらめき電球
意思伝達装置の発明者さんにも電話したな。
その節はありがとうございました<(_ _)>
お元気でいらっしゃいますか?



今日の余談メモ
たった今日こんな事を知った(*˘︶˘*).。.:*♡
蕎麦打ち名人のスタッフがいて、先日わがまま言って打って貰った。
蕎麦粉を変えるから更に良くなると思う、という前フリ付きで打って貰った。
今日久しぶりに彼に会いお礼を言うと、
なんと、製粉所にtelcoさんのご主人いらしたと。
えーーー⁉︎
1ヶ月も前に食べ終わったお蕎麦がまた何倍も美味しさ旋風を巻き起こすぢゃないかぁチュー
めでたしめでたし🔚