皆さまこんにちは!イワシでございます。



今回は今話題のJTB時刻表2021年4月号の付録、オリジナルトートバッグを徹底レビューいたします。



私、過去にファッションレビューサイトのライターをしていた経験もありますので、今回は完全にファッションアイテムとしてレビューいたします(笑)













時刻表、何十年振りかに買ってしまいました。



お目当てはそう、付録のトートバッグです☺️



時刻表に使われている、又は過去使われていた記号が並んでいるデザインに惚れてしまい、速攻買いに行ってしまいました。(本体は職場に押し付けてきたのは内緒です🤫)




 外観






表面のデザインはこんな感じです。



記号が並んでいるデザインは最高にイカすのですが……

“NO TRAIN, NO LIFE!”

の表記はいらなかったかなー。(個人の見解です)









裏面はこのように無地です。




サイズ






サイズは幅35㎝、深さ30㎝、マチは10㎝です。



一見小さく見えるのですが意外と収容力があり、画像はマイクロエースのブック型車両ケースを2個入れた状態ですが、余裕を持って入ります。




生地感






バッグの生地感ですが、ハッキリ言って

“薄い”です。



ペラッペラなので太陽の光に透かすと、印刷がハッキリ透けて見えます。








車両ケースの印刷が透けて見えるのが分かると思います。

そのためデリケートなものを入れる際には注意が必要です。



こんな感じの生地なので、洗濯による劣化はかなり怖い印象を受けました。汚れてしまった場合でも、手洗いの方が良いと思います。(本体には洗濯表示は付いていませんでした)



それと生地が薄いので、裁縫に使われている糸も細いです。そのため取手と本体の縫い付けも頑丈とは思えないので、2ℓのペットボトルなど重いものを入れるのは避けた方が良いでしょう。



まあ所詮付録なので、あまり多くのことを望んではいけませんね。




コーディネート






話題のUNIQLO +Jでコーディネートを組みました。恐らくこのトートバッグと+Jを合わせたコーディネートは世界で唯一だと思いますw









まとめ



まあ安っぽいと言ってしまえばその通りなのですが、鉄道が好きでかつ手頃なエコバッグを探している方にはオススメなアイテムです。