昨日、建物の配置に合わせて、地面に地縄を張っています。

 

11時半頃の様子になります。

 

 

一番最初に気になっていた水道管の凍結ですが、無事の様です。

 

 

東南方向から見た所になります。

 

 

地面の半分に向かいの家の影が、落ちています。

 

 

計画地の真裏の家は、陽がほぼ当たっていなかったと思います

 

が、現在は、完全に陽当たり良好な状態です。

 

寒い時期ですので、更地になった恩恵を受けています。

 

 

計画は、ほぼ、敷地に目一杯になっています。

 

 

ガス管を地境撤去した部分に撤去位置を示す赤杭が、有ります。

 

ちなみに緑杭は、ガス管の引き込み位置を示すものになります。

 

 

計画地の裏側の家には、直射日光が、射し込みます。

 

夏だと暑いですが、冬なので、見ていても暖かさを感じます。

 

 

敷地中央に建てた杭は、レベルを落とし込んでいます。

 

 

水道メーターBOXもギリギリになります。

 

白い縄は、壁芯になりますので、縄より10㎝ほど外側に

 

壁の仕上がり面になります。

 

 

1種低層住居専用地域に3階建てを建てますので、東側に

 

方位も振れているので、配置は、明け気味になります。

 

 

西側の状況になります。

 

こちら側も白い縄が、壁芯になりますので、外側に10㎝ほどが

 

仕上がり面になります。

 

 

建物を解体して、コンクリートガラなどを撤去したので、

 

元々の地盤面より下がっています。

 

 

敷地の南側方向を見た所になります。

 

 

北西角方向を見た所になります。

 

 

北東方向を見た所になります。

 

 

南側方向を見た所になります。