通常の保険診療でピロリ菌検査や除菌治療を行う場合、

過去1年以内に胃カメラ検査を受けている必要があります。

 

なぜこのような決まりがあるのでしょうか?

 

それはピロリ菌治療を行う理由にあります。

 

胃がんの原因の99%がピロリ菌感染によるものと分かっています。

 

つまり胃がん≒ピロリ菌という訳です(1%を除く)

 

日本では2013年から萎縮性胃炎に対し保険診療で除菌が可能になりました。

目的は胃がん撲滅のためです。

 

ピロリ菌による感染者が少なくなれば、胃がんも減少します。

日本より感染数が少ない欧米では胃がんは少なく、日本でも年々減少していますが、依然として3500万人の感染者がいると言われており、年間12万人の方が胃がんを新たに発症し、年間4.5万人の方が胃がんで亡くなっています。

 

 

ここで最初の疑問に戻ります。

 

ピロリ菌の検査・除菌の前に胃カメラ検査が必要な理由は、

 

 

「既に胃がんにかかっているかもしれないから」

 

 

胃がんは相当進行するまでは無症状の病気です(胃がんに限らず殆どのがんに言えます)

つまり無症状でも胃がんが存在している可能性があるため、まずは胃がんにかかっていないかどうかを調べる必要がある訳です。

 

胃がんを予防するために除菌するのに、今ある胃がんを見逃していたのでは本末転倒ですよね。

 

ちなみに除菌しても胃がんを完全に予防出来る訳ではありません。

胃がんの予防効果は十分に分かっていないものの、除菌前の半分程度にリスクを下げる事が出来ると言われています。

そして除菌する年齢が若ければ若い程、胃がんの予防効果は高まります。

 

理由はピロリ菌に感染するは多くが幼少期の感染だからです。

 

抵抗力の弱い幼少期に両親やおじいちゃんおばあちゃんからピロリ菌がうつる事が多いようです。

井戸水が原因の一つであるという説もありますが、家に井戸がない方でも感染者がいますので井戸の有無に関わらず注意が必要です。

幼少期に感染し、その後数十年かけて胃炎~胃がんになるため、除菌するなら早ければ早い程良いのです。

既に一部の自治体では中学生のうちに除菌を行う所も出てきています。

 

勿論、高齢であっても予防効果はゼロではありませんし、ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍やマルトリンパ腫、血小板減少症や鉄欠乏性貧血、慢性じんましん等様々な病気の原因になる事も明らかになっています。

 

ピロリ菌は自分だけでなく、お子さんやお孫さんにうつる可能性がある病気です。

ご家族にうつさない為にもピロリ菌の治療が推奨されます。

 

 

当クリニックではピロリ菌検査後すぐに感染の有無が分かる機械導入しております。

通常は1週間程度かかる検査結果がすぐに出るため、即日治療が開始できます。

 

受診当日に胃カメラ→ピロリ菌検査→陽性であれば除菌薬まで処方致します。

 

初診の方でもインターネットからご予約出来ます(胃カメラ予約)

人間ドックでの胃カメラ結果をお持ちの方は診療予約をお取り頂き、当日は絶食でご来院下さい(ピロリ検査のみ施行致します)

 

お電話でのご予約も可能です。

お気軽にお問い合わせ下さい。