健康診断でGOTまたはALTγGTPが高いですか?

GOTとGPT、ASTとALTは大体同じ値ですか?

 

GOT < GPT、AST < ALTだったりγGTPが高い方は脂肪肝の可能性があります。

 

脂肪肝とは肝臓に脂肪が異常に蓄積した状態を言います。

肝臓に脂肪が5%以上蓄積した状態が脂肪肝です。

 

脂肪肝は3000万人もいると言われています。

成人の3人に1人の割合です。

 

健康診断で肝機能が引っかかる人はそれだけ沢山いる訳です。

 

 

脂肪肝は何が問題なのでしょうか?

 

脂肪肝はただの内臓脂肪ではありません。

脂肪肝があるとインスリン抵抗性が高まり糖尿病になりやすくなります。

また脂肪肝のうち10%の人が肝炎に移行し、最終的に肝硬変になり寿命が短くなったり肝臓がんを発症したりします。

 

アメリカでは肝臓がんの15%が脂肪肝由来です。

日本ではC型肝炎などのウイルス性肝炎由来の肝臓がんが殆どですが、今後は脂肪肝由来の肝臓がんが増加すると予想されています。

 

 

ではどのような方が肝硬変になりやすいのでしょうか?

 

GPTやALTが100を超える方ハイリスクと言われています。

しかし100以下でも肝硬変に移行してしまう方もいます。

 

今までは肝生検という入院を要する検査でしか正確な評価が出来ませんでした。

しかし前回のブログで述べたように、最近はエコー検査でも脂肪肝の重症度が評価出来るようになってきました。

 

 

当クリニックでは血液検査とエコー検査を併用し脂肪肝の重症度を診断し、その方の重症度に応じた治療を提案しています。

 

脂肪肝は3人に1人がかかる病気です。

決して他人事ではありません。

 

健康診断で肝機能の項目が「正常以外」の方は、お気軽にご相談下さい。