現在、日本でおこなわれているPGT-A(着床前胚異数性診断)は、日本産科婦人科学会の特別臨床研究に参加するかたちでご案内しています。

2022年8月末で特別臨床研究の組み入れが終了し、2022年9月1日からは、日本産科婦人科学会の新見解・細則にのっとって一定の条件を満たす方のみにおこなわれる「医療行為」となります。

2022年9月1日からの新しいPGT-A適応基準は、特別臨床研究のものから一部変更されます。

これまでに特別臨床研究に参加していた方は引き続き、PGT-A、PGT-SRを利用して頂くことができます。

反復ART不成功
  過去に体外受精胚移植の不成功を2回以上経験している方
※ART不成功が連続していなくてもかまいません

反復流産
  過去に2回以上の流死産を経験している方
※子宮形態の評価、夫婦の染色体検査、抗リン脂質抗体症候群についての精査は必須ではなくなります


PGT-Aは2022年8月現在、PGT-Aは保険適応の検査ではありません。

保険の体外受精治療で採卵した胚についてPGT-Aを実施したり、PGT-Aを実施した胚を保険で移植したりすることはできません。

PGT-Aを希望する方は採卵、移植ともに自費診療をご案内します。

※将来的に先進医療として認められた場合は、一部の施設で保険の体外受精-胚移植周期に自費診療のPGT-Aを併用することが可能になる可能性がありますので、今後の情報にご注意ください。


 

----------------------------------------------------------
◎お知らせ◎
当院では仮診察券番号の登録後、すぐに初診をお取りいただけるようになりました
受診までの流れはこちら 
----------------------------------------------------------


浅田レディース品川クリニック
港区港南 品川駅港南口より徒歩3分

浅田レディース名古屋駅前クリニック
名古屋市 名古屋駅桜通口より徒歩3分

浅田レディース勝川クリニック
春日井市 JR勝川駅北口より徒歩1分

Twitter

Instagram

Facebook

YouTube