• 23 Jan
    • 護王神社・菅原院天満宮神社 ~京都散歩~

      宿泊したホテルにあった、神社仏閣紹介ファイルを参考に護王神社へ参拝ですホテルをあとにして、地下鉄五条駅へ地下鉄烏丸線に乗り、丸太町駅で降ります(スピードが速くブレブレです・・・)1番出口を出て烏丸通を歩きます京都御所駅から歩くこと5分くらい護王神社が見えてきました。護王神社ごおうじんじゃ京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385(京都御所蛤御門前)鳥居の前でペコリ御祭神の和気清麻呂公と護王神社は何度もお札に描かれているんですね手水舎狛イノや手水舎などいたるところにイノシシが清麻呂公とイノシシは縁が深いのです。奈良時代に道鏡という僧侶が絶大なる権力をふるい天皇の位までも奪おうともくろみ「『道鏡を天皇にすれば天下は平和になる』と宇佐八幡から御神託があった。」と天皇に嘘を言います。天皇は御神託が真実なのか和気清麻呂公を宇佐八幡へ派遣します。そして、御神託が嘘であったことがわかります。野望をくじかれた道鏡は激しく怒り清麻呂公の腱を切り鹿児島へ流罪。足の腱を切られた清麻呂公は立つことさえできなくなりましたが皇室を守った宇佐の大神に感謝するため宇佐八幡へ立ち寄ることに。一行が福岡までくるとどこからともなく300頭の猪が現れ清麻呂公の輿を取り囲み宇佐八幡まで案内してくれました。宇佐八幡での参拝を終えると、清麻呂公の足は治っていたそうです。拝殿社殿御祭神和気清麻呂公命(わけのきよまろこうのみこと)和気広虫姫(わけのひろむしひめのみこと)御神徳足腰の健康・病気けが回復厄除け・災難除け亥年生まれの守護御神木の招魂樹(おがたまのき)座立亥串(くらたていぐし)という願掛けの串がたくさん刺し立ててあります。末社社務所苔玉かわいい御朱印袋と御朱印帳御朱印アランヴェールホテルの部屋にあった護王神社説明の手書きファイルこちらのファイルに気づかなければ参拝していなかったです。。。境内に入った時から、ワクワク楽しい気持ちになり勢いや動くこと、朗らかさを与えてくれる不思議な神社でしたそして、護王神社の並びに気になる天満宮がここはもしかして・・菅原道真公の生家跡の天満宮菅原院天満宮神社京都市上京区烏丸通下立売下ル堀松町408鳥居の前でペコリやはりこちらは諸説ありますが菅原道真とその父、祖父を祀り親子三代の邸宅、道真公生誕の地と伝えられている場所でした以前から御参りしたいなぁ。と思っていて導かれるように御参りできました手水舎拝殿御祭神菅原道真公菅原是善卿(父)菅原清公卿(祖父) 菅原道真公産湯の井戸冷たい末社梅丸社は癌封じの神として霊験あり御朱印御朱印帳宮司さん優しくて素敵でした護王神社では苔玉を購入名前をつけて毎日話しかけています菅原院天満宮では鯛のお皿を購入神社では清々しい気持になり自然を感じることが多いのですが今回は楽しい気持ちでいっぱいですたくさんのイノシシと牛に会えてなんだか心躍る楽しい参拝となりました。2社ともオススメの神社です。機会があれば是非、参拝ください最後までお読みいただきありがとうございますポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      NEW!

      256
      1
      テーマ:
  • 21 Jan
    • 十人十色~想いは人それぞれ~

      自分がちゃんとした人間でない人ほど他の人に厳しい人が多い気がします~ネットニュースの内容への感想コメントより~ネットニュースを読んで感想を投稿されている方のコメントを読むのが好きです。感情的なコメントが多いな。。。と思うときは、そそくさと読むのをやめます(笑)ここ最近、ニュースを読んだ方の感想が素敵だなと思うものが多く、自分自身、考えさせられ気を付けようと反省しました。コメント欄を読む前に取り上げられている内容についてどう思うか。先ず、自分の感想を心の中で思います。それからコメント欄をポチッとして読み進めます。すると色々な意見がそこには広がっています。~画像はお借りしました~ひとつの物事に対して感じることや思うことは人それぞれ人にどのように思われるか。それは受け止める人によってそれぞれであり、計り知れないことなのだなぁ・・・と、思いました。そして自分が正しいと思っていること。そのことが果たして本当に正しいことなのか。自分の意志はとても大切です。ただ・・・『自分は絶対に正しい』と思うことは時には、誰かのことを許せない。と思ったり、制裁を受けるべき。などその出来事の背景まで考えず他人の人生を判断することは偏った思考の時もあり、危険かなとも思います。いろんな人の考え方や意見に触れることでちょっと離れたところから物事を捉えることができるそしてこういう考え方、自分にはなかった!と、反省することやいいな。と思ったことは、自分も取り入れていく。そのことが大切な事のように思います。もうひとつ、コメント欄で素敵だな。と思ったものを御紹介します。『バランスを取る』という事があります。人間はそんなに強くない、皆何とかバランスを取りながら生きているものです。褒められる事では決してないけれど、今それが必要だったのでしょう。バランスが崩れた時、その皺寄せは家族に行ってしまう事を考えると辛いです。部数を伸ばす為には何でもかんでも伝えてよい…最近の週刊誌は野暮で子供だと思います。~ネットニュースの内容への感想コメントより~このニュースに関するコメントは様々なものがありました。わたし自身、とても考えさせられました。どのような意見が正しいのか正しくないのか。わたしには分かりません。そのようなことより、日本の介護問題の深刻さや相手をむやみに攻撃することについて沢山の方が真剣に考え、思いやりのあるコメントが多いことにネットの世界も捨てたもんじゃないなぁ・・ほっこり心があたたかくなりました。ひとつの言の葉が誰かの心に明かりを灯すことができますようにポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング最後までお読みいただきありがとうございます

      531
      6
      テーマ:
  • 18 Jan
    • 祇園社:八坂神社 ~京都散歩~

      前回のつづきです。四条通りにある辻利でお茶をして祇園を散策しながら八坂神社まで歩きます四条通りにある碑八坂神社の参道なんですね何度も通っていましたが商店街で参道だとは思っていませんでした着物姿の女性が多く、はんなり京都といった感じで素敵ローソンも雰囲気があります八坂神社が見えてきました八坂神社京都市東山区祇園町北側625京の東の守り神として鎮座する八坂神社。全国にある八坂神社や素戔嗚尊を御祭神とする関連神社(約2,300社)の総本社。通称:祇園 さん。7月の祇園祭(祇園会)が有名です。さすが観光名所人が多いです。大国主社向かい側には蛭子(えびす)社手水舎舞殿本殿主祭神素戔嗚尊(すさのおのみこと)櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)八柱御子神(やはしらのみこがみ)素戔嗚尊の8人の子供配神神大市比売命、佐美良比売命(いずれも素戔嗚尊の妻)稲田宮主須賀之八耳神※明治時代の神仏判然令以前は、主祭神は以下の3柱牛頭天王(ごずてんのう)八王子(はちおうじ)頗梨采女(はりさいにょ・ばりうねめ)境内社へのお参りは本殿の周りをぐるっと一周するように行きます御神水御本殿から湧く水は、地元で「力水」と崇められ、祇園の舞妓さん、料理屋等が使用されているそう。大神宮社(内宮と外宮)境内社それぞれの御朱印をいただけます悪王子社御祭神:素戔嗚尊の荒魂(スサノオノミコトのあらみたま)悪・・・悪王子の‘悪‘は‘強力‘の意だそうです女子力がUPしそうな幟がズラリ美御前社(うつくしごぜんしゃ)宗像三女神が御祭神美容水御神水が湧き出ていて、肌の健康や、心から美しく磨かれる「美容水」2,3滴、お肌につけます。御朱印を頂く場所にある祇園水の自販機御朱印限定の青龍御朱印と正月限定:恵方御朱印正月前の参拝でしたが正月限定御朱印がいただけました。また境内社の御朱印もたくさんありました。四条通りを高島屋がある河原町に向かって歩きます今日は、かなり歩いたなぁ・・・五条にあるアランヴェールホテル京都に宿泊しますゆったりと大きな湯船に入り疲れもとれましたたくさん歩いた後のビールはおいしいこちらのホテルで、とっても感動したことが部屋にあるファイルを開いてみると、手書きで京都の神社仏閣のオススメが写真と共に詳しく記載されていますとても魅力的にわかりやすく神社仏閣を紹介できるのにはファイルを作成した方が京都大好き神社仏閣大好きな方なんだろうなぁこちらのファイルを参考にさせていただき、明日参拝する神社をいくつか決めさせていただきました。最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      642
      8
      1
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 御金神社・京都大神宮 ~京都散歩~

      四条大宮駅から御金神社へ歩いていこうと思い道を聞いたところ、歩いていくのは厳しいことが判明。。タクシーで御金神社まで行くことに。(タクシーで10分くらい720円でした)御金神社(みかねじんじゃ)京都市中京区西洞院通御池上る押西洞院町618御金神社の御祭神:金山毘古神(かねやまひこのかみ)は鉱山・鉱物の神様です。また、それが転じて、通貨に用いられる“金・銀・銅”も同じ金属としてのご利益があることから、“金運の神様”として広く崇拝されています。※画像はお借りしました夜はひときわ金色に輝いていて綺麗ですねそれでは参拝へ鳥居の前でペコリイチョウの絵馬がズラリ拝殿~御祭神~金山彦命天照大神月讀神御神木のイチョウの葉神社の善意でお持ち帰り自由です。お財布に入れて大切にしますお札やお守りが金色に輝きキラキラしています御朱印つづいてバスに乗り、四条河原町まで行きます。四条河原町は賑やかですねたくさんのサンタさん(季節が過ぎてしまいましたが・・・)沢山のお店の間に八坂神社御旅所祇園祭の時にはお神輿が立ち寄る場所になってます。御旅所とは神輿が氏子地域を巡行する時に、休憩あるいは宿泊される神聖な場所のこと。すぐ隣には八坂神社の摂社冠者殿社(かんじゃでんしゃ)商売上ついてしまった嘘を神様に許してもらう、『誓文払い』というお祭りが10月20日に行われ、京都の商人から信仰を集めています。つづいて、メイン通りから左手へ行くと京都大神宮があります。京都大神宮京都府京都市下京区寺町通四条下る貞安則之町622鳥居の前でペコリ社殿御祭神天照皇大神(あまてらしますすめおほかみ)豊受大神(とようけのおほかみ)お守りの見本キャラクターの巫女さんがいるようです大祓詞が刻まれたプレートを購入しました御朱印見本御朱印お腹がすいてきました。。京都大神宮の近くにあった京うどんのお店へ上品で美味しい身体も温まり気力が戻ってきました魅力的なお店をぶらぶら見ながら進みます。鴨川迷路みたいこの先に何があるのかな・・・辻利でお茶にしようっと抹茶パフェや抹茶のソフトクリームおいしそう寒さには勝てません。。温かい抹茶オレにしました(笑)おいしいしばし休憩をとります。。最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      652
      テーマ:
  • 12 Jan
    • 蚕の社・広隆寺 ~京都散歩~

      古代、渡来人の秦氏の本拠地となった『太秦』秦氏(はたうじ)太秦(うずまさ)ゆかりの地を訪ねました。前回の続きです。建部大社をあとにして石山駅からJR琵琶湖線で山科駅で乗り換えます山科駅から、京都市営東西線で太秦天神川へ太秦天神川駅から蚕ノ社まで10分くらい歩きます木島坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)通称:蚕の社(かいこのやしろ)京都府右京区太秦森ケ東町50大きな鳥居があります。確か神社はあまり大きくないイメージなのですが。ずっと参拝したいと思っていた神社ですのでワクワクです鳥居の前でペコリ視界がぼやけるし目が回る・・・御祭神天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)大国魂神(おおくにたまのかみ)穂々出見命(ほほでみのみこと)鵜茅葺不合命(うがやふきあえずのみこと)瓊々杵尊(ににぎのみこと)木島坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)という社名は木嶋(地名)に鎮座する天照御魂神の社という意味で本来は「天照御魂神(あまてるみむすびのかみ)」を祀った神社とされていて、天照大神(皇祖神)とは別の神格の太陽神と考えられています。が諸説あり、謎が多い神社です。。秦氏とのつながりが深く養蚕、機織、染色技術の中心地として境内に摂社、養蚕神社があります。天橋立にある、元伊勢の籠神社に雰囲気が似ているように感じます社殿左手には三柱の鳥居ここにずっと来たかったのです。三柱鳥居柱3本を三角形に組み、3方から中心の神坐を拝することを可能とする珍しい形式の鳥居で、「京都三鳥居」の1つに数えられています。中央の神坐は、円錐形に小石を積み中心に御幣を立てて依代としています。椿丘大明神・稲荷社つづいて蚕の社から歩いて7分くらいの広隆寺へ懐かしい駄菓子がたくさんありました広隆寺の楼門が見えてきました広隆寺(こうりゅうじ)京都府右京区太秦蜂岡町32075-861-1461楼門603年秦河勝が、聖徳太子から賜った弥勒菩薩を本尊として建立した、真言宗の京都最古の寺。山号は鉢岡山。10月の‘牛祭‘は京都三大奇祭の一つです。秦氏は朝廷では重要な実務を担当し、秦河勝は聖徳太子の側近でした。上宮王院太子殿上宮王院太子殿は、本尊に聖徳太子立像を祀っています。毎年11月22日聖徳太子御火焚祭の時のみ公開されています。聖徳太子立像※画像はお借りしました聖徳太子が秦河勝に仏像を賜った時の33歳の像で、下着姿の像に室町時代に即位の後奈良天皇以来、歴代天皇が即位大礼に着用した黄櫨染(こうろぜん)が贈られることになっています。※画像はお借りしました即位された天皇の即位式に着られた衣装を、その天皇が即位中ずっと身につけていて、現在は今上天皇により贈られた黄櫨染の袍を着ています。この先は、拝観料700円を納めて進みます。霊賓殿霊賓殿内は、写真撮影禁止です。館内には、本尊の国宝指定第一号の弥勒菩薩像があります。※画像はお借りしました弥勒菩薩遠い未来、慈しみにより生あるものすべてを救うという菩薩釈迦入滅後56億7000万年ののち、兜率天(とそつてん)から地上に下り、釈迦に代わって衆生を救済。ひんやりとした空気の中静まり返った館内には沢山の仏像がありその穏やかな表情に癒されました弁天社御朱印霊寶堂で拝観した仏像はすべてが素晴らしくもっとゆっくりしたかったです。。。拝観料が少し高いかな。。と思ったのですが拝観してよかったと思いました。また訪れたい!と思う場所でした嵐電で四条大宮まで行きます電車の広告がかわいい京都洛西、御朱印巡りの広告嵐電1日フリーきっぷ+オリジナル御朱印帳セットで1000円いいですね(2018年3月31日まで)四条大宮駅に着きました。ここから先、どこへ行こうかしら最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      639
      1
      テーマ:
  • 09 Jan
    • 誰もがずっと愛され見守られている

      あなたがお母さんのお腹の中にいるよりも前から、私はちゃんとあなたの良さを、またあなたがどんなに素晴らしい娘であるかをワクワクしながら作ってきたのですよと主が言われます。※画像はお借りしました友人と赤坂にある預言(よげん)カフェへ行きました。預言カフェは、プロテスタント教会、『アライズ東京キリスト教会』が運営する珈琲専門店です。コーヒーを注文し、預言を希望される方にはクリスチャンだけでなく全ての人に、神からの計画と、愛、助け、励まし、なぐさめのメッセージを信者の方が伝えてくれます。預言は占いとは違い神様からのメッセージ、ギフトであり、一人一人に対する神からの愛の言葉です。預言を受けた方は皆さん涙を浮かべ泣いていらっしゃる方もいました。ひとり3分くらいの預言を頂くのですが携帯のボイスレコーダーに録音しあとから書き写すことを推奨されていてわたしと友人もお互いの預言をシェアしました。預言の詳細な内容は控えますが誰にでも共通して言えることとして神様は愛を持って、わたし達を創造し誰もが、かけがえのない存在であるということひとりひとりに良い才能、良いものを得て良い結果を出すこと、良い個性を与え、それぞれが踏むべき道を、用意していること。。ですから、何かと比べて悩み苦しむものではないということ。そしてわたしが頂いた言葉の中でこころが温まり感動したのがあなたがお母さんのお腹の中にいるよりも前から、私はちゃんとあなたの良さを、またあなたがどんなに素晴らしい娘であるかをワクワクしながら作ってきたのですよという言葉でしたわたしが記憶のない遥か遠い昔からわたしを愛し、理解し、見守ってくれている。ワクワクしながら作ってくれた命なんだ。。。命の大切さと感謝の想いでいっぱいになりましたコーヒーは1杯1000円前後で神様からのメッセージはコーヒー代に含まれています。(なんと良心的な)メッセンジャーの方の柔らかく心地の良い声が印象的でした。興味のある方は是非、行ってみてください。オススメいたします最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      611
      12
      1
      テーマ:
  • 06 Jan
    • 近江国一宮 建部大社

      近江国一宮建部大社(たけべたいしゃ)滋賀県大津市神領1-16-1建部大社の御祭神:日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は16歳で熊襲(くまそ)を誅し、さらに東方の蝦夷を平定。32歳にして伊勢の能褒野(のぼの)において崩御されました。日本武尊の死後、日本武尊の妃・布多遅比売(ふたじひめ)が神勅によって日本武尊を『建部大神』として祀ったのが創建とされています。近江神宮をあとにして、建部大社へ向かいます。抹茶色のシートがかわいい近江神宮前駅から京阪石山本線に乗り、唐橋前駅で下車瀬田唐橋を渡りますカヌーとは。。寒くないのかな歩くこと10分くらい。鳥居が見えてきました一の鳥居の前でペコリ二の鳥居御祭神の日本武尊の神話がイラストと共に書かれていてわかりやすいです日本で初めて作られた千円紙幣の図柄に日本武尊と建部大社が使用されました。紙幣や硬貨に神社仏閣が描かれていることは多く現在だと10円硬貨に平等院鳳凰堂が使用されていますね。紙幣や硬貨のデザインとなった神社仏閣を訪れるのが楽しみでもあります手水舎神門「倭は 国の真秀ろば たたなづく 青垣 山籠れる 倭し麗し」やまとは 国のまほろば たたなづく あおがき 山ごもれる やまとし うるわし日本武尊が故郷を思い詠んだ歌。「大和は国のなかでも もっともよいところだ。重なりあった青い垣根の山、その中にこもっている大和は、美しい」御神木の三本杉と拝殿(祈祷所)拝殿後方へ行きます絵馬や御朱印帳の見本がありました拝殿後方には本殿と権殿狛犬本殿(左)と権殿(右)御祭神本殿:日本武尊(やまとたけるのみこと)本殿相殿神:天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)権殿:大己貴命(おおなむちのみこと)左右には摂末社八柱神社御祭神:藤時平,融大臣,事代主命,市杵嶋姫命,素盞男命,豊玉彦命,櫛名多姫命御祭神:草野姫命当社遷座以前から祀られていた地主神様どこの神社でも、地主神様が祀られている社があればご挨拶を忘れずに桧山神社御祭神:伊邪那美命,大山祇命,息長足姫命,武内宿禰,住吉大神本社境内北方にある御旅山に鎮座。こちらは遙拝所となります。とても心地がいい社です御朱印建部大社は近江国一宮なだけあり、重厚で男性的な雰囲気でとても立派でした。各所に見所があり楽しめます。神社のつくりも少し変わっていて「お~!すごいねぇ。。」と、何度もひとりごと(笑)今回は滋賀県の神社は2社しか参拝できませんでしたがまたゆっくり訪れたいと思いました。そして。。滋賀を訪れて思ったこと和歌を詠んでみたい。。雅な気分です来た道を戻ります。京阪石坂本線、唐橋前駅より乗車電車のデザインがかわいい京阪石山駅で下車駅にある、イートスーペスのあるパン屋さんでお昼ビーフシチューセット美味しい量が少なめでした。あとで食べ歩きしようっとJR琵琶湖線に乗り、京都へ向かいます最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      598
      6
      テーマ:
  • 03 Jan
    • 近江神宮 ~京都・滋賀の旅~

      近江神宮滋賀県大津市神宮町1-1077-522-3725天智天皇6年に同天皇が当地に近江大津宮を営み、飛鳥から遷都した由緒に因み、紀元2600年の佳節にあたる1940年、同天皇を祭神として創祀されました。また、『小倉百人一首』の第一首目の歌を詠まれた御祭神の天智天皇にちなみ競技かるたのチャンピオンを決める大会が毎年1月に行われ、映画・アニメの『ちはやふる』の舞台となりました。東京から新幹線で京都へ東京駅地下街はイルミネーションがきれいラーメンストリート・・・気になるところです(笑)それでは出発京都に着きましたJR湖西線に乗って大津京駅まで行きます茶色の車内は落ち着きます大津京駅に着きました大津京は飛鳥時代に天智天皇が近江国志賀郡に営んだ都です大津京・近江神宮は『かるたの聖地』として有名なんですね~大津京駅から歩いて2分くらいの京阪電車皇子山駅へ江ノ島電鉄に似た雰囲気1駅で近江神宮前駅に着きました。ここから10分くらい歩きます森林の中を歩いていくと鳥居が見えてきました。鳥居の前でペコリ境内には美味しそうなお蕎麦屋さんそばの道を究めた主人が皆様に提供しています。(近江神宮ホームページより)手水舎歌碑がたくさんあります御祭神の天智天皇は『小倉百人一首』の第一首目の歌を詠まれています。秋の田のかりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ あきのたの かりほのいほの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ 秋の田の側につくった仮小屋に泊まってみると、 屋根をふいた苫の目があらいので、 その隙間から忍びこむ冷たい夜露が、 私の着物の袖をすっかりと濡らしてしまっているなぁ。楼門が見えてきました映画やアニメの『ちはやふる』にも出てくる楼門※画像はお借りしました※画像はお借りしました※画像はお借りしました階段を上がり楼門を通ると外拝殿外拝殿整然としていますまた階段を上がります奥に見えるのは、内拝殿内拝殿御祭神:天智天皇(天命開別大神)あめみことひらかすわけのおおかみ御神徳:時の祖神、開運・導き、文化・学芸・産業の守護天智天皇(てんちてんのう)は舒明天皇の第二皇子で、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)と呼ばれた皇太子時代中臣鎌足(なかとみのかまたり)とともに蘇我氏を減し大化の新政を行われました。その後、都を近江(今の滋賀県)の大津に移し668年、天智天皇として即位され日本最古の全国的な戸籍「庚午年籍」を作成し公地公民制が導入されるための基礎を築かれましたが日本ではじめて水時計を作らせたことなども知られています。 外拝殿から見た楼門風が通り気持ちがいい社務所御朱印京都駅から近江神宮前駅まで約30分そこから徒歩10分東京に住んでいるわたしには、滋賀県は遠いイメージでしたが京都から少し足を延ばすだけで悠久の歴史を感じる場所があることを知りました。最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      606
      14
      テーマ:
  • 31 Dec
    • 金剛證寺・八大龍王社 伊勢旅行最終日

      朝熊岳金剛證寺(あさまだけこんごうしょうじ)三重県伊勢市朝熊町岳548金剛證寺は、伊勢神宮の丑寅(北東)に位置し伊勢神宮の鬼門を守る寺として神宮の奥の院とも云われ『お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り』といわれています。金剛證寺は、有料道路の伊勢志摩スカイラインの山頂付近にあります臨済宗南禅寺派の寺院うしなぜか牛の頭の上には小さな大黒様とら本堂本尊は虚空蔵菩薩で、広大無辺な福徳・威徳・智徳の三徳を有する仏様御朱印明星堂伊勢神宮の鬼門除けの為に明星天子を祀り鎮護していますあっ!本堂の両脇にあった、牛と虎の像は丑寅(鬼門)鎮護の意なんだろうなぁ奥之院、塔婆供養林へ死者の霊魂は全く別の世界へ行ってしまうわけではなく現実の山の中に死者の集まる「他界」があるという捉え方から引き継がれているそう奥之院の御朱印ここから経塚を通り八大龍王社へ少し山を登ります登山の覚悟をしていましたがゆるやかで登りやすく、ホッ経塚経塚とは、仏教経典を後世に残し、また極楽往生・現世利益を願って経典・経筒・経石・経瓦などを埋めた塚のこと八大龍王社まであと少し朝熊山山頂、八大龍王社地球を空から見ているような不思議な感覚に。しばらくボ~っと景色を見て帰路へ宇治山田駅帰りの車窓からは黄金色の太陽近鉄名古屋駅に着きました新幹線の時間まで余裕があるのでデパ地下へ新幹線で名古屋から乗ってくる方はご当地グルメを席に着くと同時に飲食する方が多いです(笑)わたしもやりたい!!と密かに思っていましたとても楽しい伊勢参拝の旅となりました。今年は。。。大山祇神社の北東に位置する尾道の艮(うしとら)神社出雲大社の鬼門を守る山王神社伊勢神宮の鬼門を守る金剛證寺と丑寅、北東、鬼門鎮護の神社参拝が印象に残る一年でした。神社仏閣には、たくさんの人が参拝するキラキラした存在もあればひっそりとそして凛としてその土地を守る大切な役割の神社があるようです。今年一年ありがとうございました神社・お寺巡りランキング

      572
      6
      テーマ:
  • 28 Dec
    • 自分の心を見つめる

      本当はリブログしたいのですが、、、ブログ主さんが、事情がありしばらくブログをお休みするため今回はリブログの形をとらないことにしました。その方のブログの言葉人間はみんな一人で生きていくしかありません。『淋しい』という文字をじっと見つめてください。木が2本並んで立っているのに、涙を流しているのです。どんなに周囲にたくさんの人がいても人間は一人で自分の心を見つめなければいけないのです。そしていろいろな著名人の言葉を紹介してくれて『孤独や寂しさ』について、自分の心を見つめることをナビゲートしてくださりました。みなさんは『淋しい』という文字を見つめているとどのような想いが広がりますか?悲しく涙を流している人に、寄り添ってくれる人がいる。それでも、悲しい気持ちは変わらないかもしれない。悲しみに暮れている自分が知らない時にも何かを見たり聞いたりするたび、悲しんでいる人を想い、心配しよき方向へ解決することを願い心に寄り添っている人がいる。それは家族や友達かもしれないし、自分が思ってもみない人かもしれない。。。つらい時は、心が閉じがちになります。最終的に、その気持ちに折り合いをつけて解決するのは自分自身です。ひとりで自分の心と向き合うしかないのです。それでも寄り添ってくれている人が必ずそばにはいる事を忘れないで下さい。最後に孤独や淋しさの名言を。。孤独とは物事を深く考えるチャンス。友達が多いことは必ずしも幸せではない。-美輪明宏-人生において一番大切なことは自己を発見することである。そのためには、時には一人きりで静かに考える時間が必要だ。-フリチョフ・ナンセン-自分が孤独だと感じたことのない人は、人を愛せない。-瀬戸内寂聴-孤独とは、港を離れ、海を漂うような寂しさではない。本当の自己を知り、この美しい地球上に存在している間に、自分たちが何をしようとしているのか、どこに向かおうとしているのかを知るためのよい機会なのだ。-アン・シャン・モンロー-一緒にいて楽しい人ではなく離れていて淋しいと思う人を選びなさい-不明-世の中には幸も不幸もないただ、考え方でどうにもなるのだ-ウィリアム・シェイクスピア-スーパーミラクルマンさん、いつも素敵な言葉や大切なことをた~くさん教えてくださりありがとうございます地球に帰還される日を、お待ちしております最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。

      563
      10
      1
      テーマ:
  • 25 Dec
    • 二見興玉神社・龍宮社 そして食べ歩き

      二見興玉神社・龍宮社三重県伊勢市二見町江5750596-43-2020※画像はお借りしました二見(ふたみ)という地名は、倭姫命(やまとひめのみこと)が二見興玉神社から見た風景の美しさに、二度振り向いたことが由来となっています。昔は、二見ヶ浦の海で禊(体を清める)をしてから、外宮・内宮の順に参拝したそうです。それでは。参拝へ鳥居の前でペコリ手水舎カエルがいっぱい猿田彦大神は天孫降臨の際に道案内を務めたことから、「道開き(導き)の神」といわれています。この神の神使は蛙で、神社参拝の後に神徳を受けた人々が神社の境内に蛙の塑像を献納するため、境内には無数の蛙像があります。天の岩屋御祭神:宇迦御魂大神(うがのみたまのおおかみ)(ここでは外宮の豊受大神の別名)稲を司ると言われる宇迦御魂大神を祀った三宮神社の遺跡と云われています。全国に「天の岩戸」「天の岩屋」と称される場所がありますが、ここもそのひとつで、天照大神が隠れられた処(日の入処)のひとつとされています。小首をかしげてかわいいぞ拝殿御祭神:猿田彦大神御神徳:縁結び・夫婦円満・交通安全カエルのおみくじ夫婦岩夫婦岩は古来より日の出遙拝所として知られてきました。沖合約700m先には猿田彦大神縁りの興玉神石(霊石)が鎮まり、そこは降臨する神の依り代であり、常世の国から神が寄りつく聖なる処と云われてきました。夫婦岩はこの興玉神石と日の出を遙拝する鳥居とみなされています。御朱印御朱印帳御朱印袋御朱印帳と同じデザインですそしてオススメが無垢塩草(むくしおくさ)無垢塩草(むくしおくさ)昔々、倭姫命(やまとひめのみこと)が二見の裏に船をとめ、興玉神社の霊蹟から採取した無垢塩草。使用方法は〇浴場に入れ、または身につけて不浄祓いとする〇しめ縄につけ門口の不浄を祓います乾燥した海藻のようなものが数本束ねられていて、切って使用します。橋を渡り、龍宮社へ手水舎龍宮社御祭神:綿津見大神(わたつみのおおかみ)拝殿横の柵の内側には狛龍御朱印(二見興玉神社と御朱印をもらえる場所が違います)お腹がすいてきました。前から食べたかったあわび串を求め、おかげ横丁へ前歯で切れるほど柔らかく美味しい伊勢うどんも食べたいなぁ美味しいそして。。赤福にも行かねば(笑)おしるこ身体が温まりました充電完了伊勢旅行、最後の場所へ出発です最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      524
      8
      テーマ:
  • 22 Dec
    • 猿田彦神社と伊勢内宮

      月夜見宮をあとにしてレンタカーを借りて猿田彦神社へ向かいます。猿田彦神社わたしが神様に興味を持つキッカケをくださったのがこちらの猿田彦神社です。まさに導きの神様それでは。。参拝へ。御本殿主祭神:猿田彦大神相殿:大田命(おおたのみこと)万事良い方向へ導いてくれる神様方位石=古殿地拝殿正面に昔の神殿跡を印し方角を刻んだ八角の石柱があります。みちひらきのお力が頂けると人気です。佐瑠女神社(さるめ)御祭神☆天宇受売命(あめのうずめのみこと)神楽、技芸、鎮魂の祖神と仰がれます。※詳しい内容は過去記事に掲載されています猿田彦神社参拝~五十鈴のお守り~(ポチっとするといけます)続いて猿田彦神社から車で3分くらいのところにある皇大神宮(こうたいじんぐう) 通称、内宮へ鳥居の前でペコリ白鷺玉砂利の音が心地いい✨橋を渡ります風日祈宮(かぜひのみのみや)風の神様をお祀りしています。鎌倉時代の元寇の時、神風を吹かせ日本を守った神様です。五十鈴川瀧祭宮ご祭神☆瀧祭大神(たきまつりのおおかみ)五十鈴川の水源の神様です。正宮に詣でる前に滝祭神を参拝すると、天照大神に願い事を取り次いでくれると言われています。正宮御祭神:天照大神荒祭宮(あらまつりのみや)天照大神の荒御魂を祀る別宮です。真ん中の雲がナルトみたい宿泊先ホテルへ向かいます。伊勢かぐらばリゾート千の杜(せんのもり)銅鑼(どら)を鳴らして、お出迎えしてくれました一年間の伊勢神宮の神事予定が月ごとにパネル展示されています。12月31日の大祓が今年最後の神事となります。夕食は海の幸がメインすべての料理が美味しかったです温泉に入り、疲れが取れ体の芯から温まりました明日に備え早めに就寝します最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      509
      6
      1
      テーマ:
  • 19 Dec
    • 伊勢旅行記

      特急しまかぜに乗りたいなぁ。。念願叶い、伊勢参拝の旅へ東京駅から新幹線で名古屋へいつもは始発に近い、早い時間帯の新幹線に乗車しますがしまかぜが10:25発なので、その時間に合わせゆっくり出発です。富士山JR名古屋駅から近鉄の乗り場まで少し歩きます特急しまかぜワクワクです列車内を探検和風個室ラウンジここで食事やお茶ができます。革張りシートでマッサージ機能付き座席が広く快適です。車内メニューパエリヤや、うな重などが食べられます。伊勢市駅に着きました。これから外宮へ参拝です。豊受大神宮(外宮)鳥居の前でペコリ手水舎木々が葉っぱを鳴らしてくれます参道を歩いていると目の前に羽がご神域内のものですので、持ち帰るのはやめました正宮までの参道にはエメラルドグリーンに近い青のとても大きなオーブのようなシャボン玉のようなものが次から次へ現れては消えていくのがみえました。正宮御祭神;豊受大神(とようけのおおみかみ)御神馬つづいては外宮から歩いて7~8分の月夜見宮へ神路通(かみじどおり)神の通う路(みち)と云われ、外宮の別宮である月夜見の宮の神様が外宮の豊受大神のもとへ通われる道です。真ん中は神様が通る道で道路の色が違います。去年伊勢に行ったとき、夜の11時頃外宮の方向からシャンシャンと鈴の音がするのを友人が聞きました。今思えば。。月夜見の宮の神様が外宮の豊受大神のもとへ行かれていたのかも御祭神:月読尊(つきよみのみこと)御神木の楠さんはとても明るいです。きれい!と言うと沢山の光を放ってくれますお掃除の方が来ると葉っぱをすごい勢いで振って喜びを表し掃除中はじっと静かにしている楠さんがとてもかわいかったですお昼は、月夜見宮近くの蔵deらーめんへ北海道味噌、信州味噌、伊勢味噌から選べます友人につられて北海道味噌を選択濃厚でおいしいこれからレンタカーを借りて、数か所参拝します最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      491
      20
      2
      テーマ:
  • 16 Dec
    • 出雲旅行最終日

      出雲大社をあとにして、今回の旅行最後の神社参拝です。万九千神社(まんくせじんじゃ)鳥居の前でペコリ立虫神社(たてむしじんじゃ)立虫神社は、出雲市斐川町併川地区の氏神さま、鎮守さまとして、地元の神立、千家に住まいする人々から親しみ深くも厚い信仰が寄せられているお宮です。元は斐伊川の中洲に祀られていた神社でしたが、洪水により寛文10年(1670年)に万九千社に境内に遷されました。御祭神五十猛命(いそたけるのみこと)大屋津姫命(おおやつひめのみこと)抓津姫命(つまつひめのみこと)万九千社(まんくせのやしろ)神在月にお集まりになる八百万神が出雲で最後にお立ち寄りになる場所とされています。本殿がなく、拝殿の後ろに玉垣で囲まれた高さ約3mの磐座(いわくら)があるそうです。御祭神櫛御気奴命(くしみけぬのみこと)大穴牟遅命(おおなむちのみこと)少彦名命(すくなひことみこと)八百萬神(やおよろずのかみ)八百万神は当社において、出雲路における神議り(かみはかり)を締め括り、神宴(直会=なおらい)を催したのち、諸国へとお旅立ち(神等去出=からさで)なさるとされています。全ての参拝が終わると、空には虹が投稿前に友人のお子様から教えていただいたこと。。虹は天使の世界では三種類の言い方があるの。虹のはしと次元のはしとあともう一個なんだったっけ??あともう一個の名前 忘れちゃった。虹の根元はねたくさんの次元が存在しているの。名前はね次元の結びっていうんだよ。写真にはうまく収められませんでしたが、虹の根元というか始まりを見たのは初めて。大好きな斐伊川(ひいかわ)この川がヤマタノオロチだと云われています。諸説ありますが氷川神社の氷川(ひかわ)は斐伊川(ひいかわ)からつけられたとも云われています。このような斐伊川の景色も次回は見たいな。。(画像はお借りしました)日が暮れてきました。出雲市駅近くにあるグリーンリッチホテルに宿泊します。夕食なしプランのため、外で呑みます八剣伝で夕食ねぎ焼き鳥天とカキの味噌マヨ焼きすべての料理が美味しかったですそしてこちらの八剣伝さんの接客が素晴らしい!!去年ゴールデンウィークに予約でいっぱいのところ時間制で席を通してくださりました前回、お世話になり今回も同じ店員さんがいらっしゃり誠実なお人柄にメロメロです。次回もここでと思っております。超オススメのお店です!ホテルに帰る途中コンビニに立寄ると雹が翌朝は快晴。いろいろな空模様を体験することとなった今回の旅。出雲市駅駅とつながった場所にお土産売り場があり電車の時間まで少し余裕があるのでブラブラします毎回購入する出雲のお福わけぜんざいを固めたおこしです。リアルぜんざいな味に食べた人は皆、びっくりします大国主様に、ご挨拶をして帰ります。特急やくもで岡山へ岡山駅に着きました駅構内のレストランで昼食にします。岡山ご当地名物、デミカツ丼おいちいお土産屋さんを覗いてみます。快速マリンライナー乗りたい四国行きた~い電車も見納め。。東京へ帰ります。陽の光のゴールド日暮れのピンク宵の青雨や風の透明な色雹の白虹の彩自然を感じた旅行でした最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。

      455
      8
      1
      テーマ:
  • 14 Dec
    • 出雲大社と御縁横丁散策

      意宇六社めぐりを午前中に終え出雲へ戻りました。旅行初日に「無事着きました」の御挨拶をした出雲大社へ今回はゆっくり参拝したいと思います。鳥居の前でペコリ下り参道祓戸社(はらいどしゃ)日頃の穢れを祓っていただき参拝ですやはり日中は参拝者が多いです社殿の周りを一周します。御祭神の大国主大神は本殿正面に鎮座していません。西を向いて鎮座されています。本殿後方ありがとうございます素鵞社(そがのやしろ)御祭神:素戔嗚尊(スサノオノミコト)素敵な御縁がありますように太鼓と笛の音に誘われ拝殿へ獅子舞を見ることができました御朱印つづいて。。出雲大社から東へ歩いて行きます。出雲教天穂日命の子孫である出雲国造北島家に伝わる祭祀の道に従い出雲大社に祀られる大国主大神の御神徳を世に広めることを主たる目的とする神道教団社殿大国主大神を主祭神として、造化三神・天照皇大神・産土大神・天穂日命を併神。出雲教を御参りして更に東へ進みます出雲大社の摂社、命主社(いのちぬしのやしろ)へ巨岩の前に建てられていることから、古代の磐座(いわくら。神の御座所。自然の巨石をさす場合が多い)が神社に発展した例として貴重な神社です。推定樹齢1000年といわれるムクの木日本の名木100選にもなっています。命主社(いのちぬしのやしろ)正式な名称は、神魂伊能知奴志神社(かみむすびいのちぬしのかみのやしろ)御祭神神皇産霊神(かみむすびのかみ)天地開闢(世界のはじまり)の造化三神の一柱神皇産霊神は、少彦名命(スクナヒコナ)の親とされています。大国主命が兄たちに焼き殺されたとき、大国主の母が懇願したので、二人の貝の女神を遣わして助けました。造化三神のなかで、唯一、女神と言われています。社殿後方にある社銅戈(どうか)と硬玉製勾玉(こうぎょくせいまがたま)が発見され、弥生時代の祭祀場といわれています。出雲大社へ引き返します。ここ神社の入口かな。。。由緒書きの看板の文字が読めず出雲教の社務所でお聞きしたところ山王社(さんのうしゃ)御祭神は不明(おそらく男性神)出雲大社の北東にあたり、この周辺一帯の鬼門を守る神社。命主社へ参拝時に何度も通っているのにいままで気づきませんでした。。。ひっそりとしてますが、とても凛としています。何だか気になり参拝したという方が数人いました。沢山の方に参拝していただきたい神社です御参りを終え、御縁横丁でひと休みしたいなぁ毎年雰囲気が変わり、お店が増えていきます。ホテルも近くに数件できました。神社と周辺の活性化なんだか嬉しいです昼間の竹野屋さん(竹内まりやさんの実家です)友人が宿泊した事があり、食事がとても美味しいそうです。神話に因んだイラストがかわいい自動販売機が可愛いぜんざいと出雲そば食べた~い(笑)おいしかったです(うさぎも小さな神様も入ってません)出雲大社駅まるで教会のような建物ステンドグラス綺麗だなぁしまねっこの電車を期待しましたがオーソドックスな電車でした。去年は、しまねっこ電車に会えましたさてと出雲市駅にレンタカーを返しに行きます最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。

      355
      6
      テーマ:
  • 12 Dec
    • 出雲国 意宇六社めぐり②

      出雲国 意宇六社(おうろくしゃ)めぐりのつづきです。意宇六社めぐり④神魂神社(かもすじんじゃ)島根県松江市大庭町5630852-21-6379昔々。。。出雲国造の祖神である天穂日命(あめのほひのみこと)が高天原から降臨された時、お釜に乗って来られたと伝え、12月13日には御釜神事(おかましんじ)があります。それでは、参拝へ。鳥居の前でペコリ伊弉冉尊(いざなみのみこと)を主祭神とし、通称大庭(おおば)の大宮さんと呼ばれているそう。手水舎自然石を積み上げた階段を上ると目の前に拝殿。意宇六社のひとつ眞名井神社と似ています。拝殿主祭神伊弉冉尊(いざなみのみこと)配祀神伊弉諾大神(いざなぎのみこと)意宇六社のひとつ眞名井神社の御祭神は.伊弉諾 尊(イザナギノミコト)。神魂神社の主祭神である伊弉冊大神(イザナミ ノミコト)の夫で、.神魂神社と合わせて、両神魂さんと云われています。是非、両参りをオススメいたします。本殿は、室町時代のもので、最古の大社造。国宝に指定されています。「ひもろぎ」と呼ばれるもので、神様が降りてくる場所(氏子の方以外は立ち入り禁止となっています)後方青いブルーシート奥には洞窟のような穴があります。他にも境内社がありますがここだけ違う雰囲気で気になりました。意宇六社めぐり⑤出雲国一宮熊野大社島根県松江市八雲町熊野24510852-54-0087黄色い絨毯鳥居の前でペコリ意宇川(いうがわ)朱色の橋を渡ります。神門社殿御祭神伊邪那伎日真名子 加夫呂伎熊野大神 櫛御気野命いざなぎのひまなご かぶろぎくまののおおかみ 祭神名は素戔嗚尊の別名。「伊邪那伎日真名子(いざなぎのひまなご)」は「イザナギが可愛がる御子」の意味で「加夫呂伎(かぶろぎ)」は「神聖な祖神」という意味。「熊野大神(くまののおおかみ)」は鎮座地名・社名に大神をつけたものであり、実際の神名は「櫛御気野命(くしみけぬのみこと)」ということになり、「クシ」は「奇」、「ミケ」は「御食」の意で、食物神と解する説が通説だそう。熊野大社は、火の発祥の神社として「日本火出初之社」(ひのもとひでぞめのやしろ)とも呼ばれ、出雲大社と共に出雲国一宮であります。そして今回、意宇六社めぐりをしようと思ったきっかけの境内社へ荒神社御祭神素戔嗚尊(すさのおのみこと)相殿高龗神(たかおかみ)闇龗神(くらおかみ)闇罔象神(くらみつは)水の神様龍神さんですね正面から死角となり見えないのですが。。なんだか社の中が気になり、ふと見たら祠と牛。。この地域の荒神社を合祀していると以前、ネットで見たのでおそらくその祠なのかな。。。神社の荒は牛を表すシュメール語のアルフドゥ、バビロニア語のアルプが古代日本でアラになり、漢字の荒があてられたのであり、牛を祭る神社であるという説。。荒神は藁蛇をご神体とする。。アラハバキ・マロト・荒神の三者は一つであるという。。色々な説があるようです。御神水火と水の融合バランス龍神。。自分の中に落としこめるのに未だ時間がかかりそう。課題を出されたような感じでした。意宇六社めぐり⑥揖夜神社(いやじんじゃ)島根県松江市東出雲町揖屋22290852-52-6888黄泉比良坂伝説地の近くにあることから、黄泉の国に縁の深い古社とされています。鳥居の前でペコリ意宇六社めぐりも、最後になりました。神門拝殿御祭神伊弉冉命(いざなみのみこと)配神大己貴命(おおなむちのみこと)少彦名命(すくなひこなのみこと)事代主命(ことしろぬしのみこと)武御名方命(たけみなかたのみこと)経津主命(ふつぬしのみこと)本殿の周りを一周して参拝できます。御祭神は本殿正面ではなく横の向きに鎮座されていますので拝殿での御挨拶のほかに一周して参拝されるのをオススメします。(地元の方が教えてくださりました)そして拝殿と向かい合うように鎮座している境内社が気になり社務所で伺ったところ荒神様をお祀りしているそうです。荒神様は台所の神様と教えてくださりました。御朱印意宇六社めぐり気付くと荒神社に惹かれこの地域の土着神なのかな。。と思いました。ある神社の宮司さんと荒神様についてお話させていただき「わたし個人としては龍神さんだと思います。」と教えてくださり「わたしもそう思います」と即答してしまいました。感じ方は、人それぞれだと思いますが六社めぐったからこそ感じたこともありました。参拝できてよかったです 掲載していませんが他にも境内社がたくさんあります。今回は、意宇六社(おうろくしゃ)めぐりの御紹介ですので印象深い社のみのご紹介とさせていただきます。最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      368
      4
      テーマ:
  • 10 Dec
    • 心地よい関係

      心配はするけれども、支配はしないこと。導きはするけれども、相手を信じること。「相手は、自分とちがう他人である」という気持ちが、お互いの人生に敬意を払うこと、心地よい関係性にとても大切なことです。叶恭子さんの言葉画像はお借りしました叶姉妹さんのブログには素敵な言葉がたくさん溢れています。ひとりひとりに心地よい関係性の想いがあればお互いの生き方や思想を理解し敬意を払い平和への一歩につながりますよね☆最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      359
      4
      1
      テーマ:
  • 08 Dec
    • 出雲国 意宇六社めぐり

      今日の予定は前日までおおまかにしか決まっていませんでした。いくつか参拝したい神社があり、全ては参拝できないのでどこにしようかな~。と思いながら眠りについたら熊野大社の鳥居と風景が浮かび出雲国 意宇六社めぐりをしようと決めました。出雲国意宇六社(いずもこくおうろくしゃ)とは、出雲国意宇郡、現在の島根県松江市にある六つの神社の総称。出雲国造(出雲大社宮司)さんの出身地「意宇(おう)郡」に鎮座、各社とも国造さんと所縁の深い神社です。「六社さん」とも呼ばれて崇敬され、この六社を巡拝する「六社参り」という行事が江戸時代以前より行われています。それでは、参拝へ 意宇六社めぐり①八重垣神社(やえがきじんじゃ)島根県松江市佐草町2270852-21-1148八重垣神社の駐車場に着くとバケツをひっくり返したような豪雨。。前回は電車が止まるほどの強風でしたが八重垣神社=天気が荒れるこんな時のためにカッパを用意童心にかえり、なんだかワクワクです鳥居の前でペコリ社殿御祭神素盞嗚尊(スサノオノミコト)櫛稲田姫(クシナダヒメ)大己貴命(オオナムチノミコト)青幡佐久佐日古命(アオハタサクサヒコ)何度訪れても大好きな神社その中でも特に好きな鏡の池がある奥の院へ奥の院『天鏡神社』櫛稲田姫の御霊魂をお祀りしています。鏡の池櫛稲田姫が八重垣を作って八岐大蛇から身を隠していたとき、日々の飲料水とし、また姿を写す鏡とした「鏡の池」現在では、この池で良縁が早く来るか遅いかを占うことができるというので、縁結び占いの場所として知られています。紙片に硬貨をのせて、早く沈めば良縁が早く、遅く沈めば縁が遅いといわれています。今日は参拝者が少なくゆっくり参拝できました。つづいては今回初めて参拝した眞名井神社へ 意宇六社めぐり②眞名井神社(まないじんじゃ)島根県松江市山代町84意宇六社めぐりのポスターがありました鳥居の前でペコリ自然の石を積み上げた階段がとても素敵ひっそり凛とした佇まいに身が引き締まります。石段を上りきると、ど~んと拝殿が。御祭神伊弉諾尊(イザナギノミコト)天津彦根命(アマツヒコネノミコト)眞名井神社は神名樋野(茶臼山)の中腹に鎮座しています。通称、伊弉諾さん(いざなぎさん)と呼ばれています。手前が拝殿奥が本殿(大社造り)本殿左手は児守社(宍道若宮社・山代社・荒神社合祀)御祭神底筒之男命、中筒之男命、上筒之男命、息長足媛末那為神社(まないじんじゃ)御祭神:倉稲魂神神楽殿亀のような石真名井と亀。。。松江市の佐太神社と雰囲気が似ていて男性神の力強さと厳しさがありとても素敵な神社でした。ここから数百メートル先には眞名井の滝があり夏にはそうめんを流して食すそうです。※画像はお借りしましたまた参拝したいなぁ。と思う神社でした。御朱印つづいて。。意宇六社めぐり③六所神社(ろくしょじんじゃ)島根県松江市大草町496時代劇に出てきそうな素敵な景色ふぅぅぅ~。。落ち着く 六所神社は、出雲国総社。境内の北側に出雲国府の遺跡があり、境内の東側の隣接地に国庁の正殿の遺構の一部があることから、出雲国府の跡地に鎮座しているといわれています。鳥居の前でペコリ手水舎の龍の背後に花が咲き、趣があります 社殿御祭神伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)天照皇大神(あまてらすおおみかみ)月夜見命(つきよみのみこと)素盞鳴尊命(すさのおのみこと)大己貴命(おおなむちのみこと)宮司さん不在のため、御朱印はいただけませんでした。三社とも比較的近い場所にあります。神社の雰囲気がそれぞれ違い、八重垣神社は和気あいあい眞名井神社はひそっりとした中に大きな存在感六所神社は悠久の歴史を感じました 最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      349
      4
      1
      テーマ:
  • 06 Dec
    • 人生の捉え方と運勢

      先週末は、タロット教室でした。タロットを教えてくださる先生は、四柱推命の鑑定や教室もされていてタロット教室の後に、友人が四柱推命の鑑定を受けました。わたしも同席で大丈夫。という友人の言葉に甘え、同席させてもらいました。鑑定の時に、先生が仰っていた事を今日は投稿したいと思います。運勢が良い。ということに、鑑定を受ける方は皆さん誤解をしています。運が良いとは、波風が立たず穏やかな日常の中突如ラッキーなことが起こり、運が今まで以上に上がる。と思うのでしょうがそれは違うのです。例えば運勢が良い年のはずなのに「リストラ」にあったとします。運が良いときには‘もっといい会社に勤めるチャンスだ‘と良い意味として捉え、行動できます。反対に運が良くないときに「リストラ」にあえば‘これから先どうしよう‘‘この年では再就職が無理だ、、、‘と思い悩み、次へのステップに踏み出せません。運勢が良いとはそれなりに色々な出来事がありそのことに前向きに行動しその結果、今まで以上の自分を活かし充実した日を送ることができること。‘運勢が良い‘という言葉に安心しただ待っているだけでは結果はついて来ませんし努力をすれば、それなりの成果が得られるということなのです。そして自分のこれから先の運勢が良いのか、良くないのか鑑定しなくても人生で起こる‘つまづき‘と思われる出来事もその出来事から前向きに行動し学び努力をすれば自ずと‘運‘はついてくるのではないか。と思いました。ちなみに会社にも運勢はあり本人の運勢が良い年でも会社の運勢が衰退する年と重なれば「リストラ」のようなことが起こるそうです。運うん:運ぶ動きやめぐりを表す。運というものは自分の行動によって運ばれるもの最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。

      359
      6
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 伯耆一ノ宮倭文神社と山陰の旅

      伯耆一ノ宮 倭文神社(しとりじんじゃ)鳥取県東伯郡湯梨浜町大字宮内7540858-32-1985倭文は「しとり」と読み、古来存在していた‘しづおり‘という織物のことを指します。安産の神として崇敬されている当神社は、伯耆国の一ノ宮です。それでは、参拝へ 歴史のある神社の雰囲気があります。鳥居の前でペコリ神社の雰囲気が想像つきません。どこまで参道が続いているのかな。。随身門ゆるやかな参道が続きます。手水舎狛犬社殿主祭神 建葉槌命(たけはづちのみこと)倭文(しづおり)という織物を司っていた倭文部の祖神。創立当時このあたりで倭文が盛んだったため主祭神としてまつられました。倭文とは麻などの繊維を赤青の原色で染め、乱れ模様に織ったものです。下照姫命(したてるひめのみこと)倭文神社では最近まで下照姫命が主祭神だと思われてきました。大国主命の娘として生まれ、出雲の国づくりに貢献したとされています。高天原から降り立った天稚彦と結婚するも死別してしまったため、出雲から従者とともにやってきてこの地で死去するまで安産の指導や農業開発などに尽力されたと云われています。事代主命(ことしろぬしのみこと)建御名方命(たけみなかたのみこと)天稚彦命(あめのわかひこのみこと)味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)社務所御朱印参道脇には伯耆一ノ宮経塚へ続く道。この道、体内のように見えます。伯耆一ノ宮経塚は祭御神・下照姫命の墳墓と言い伝えられていた場所で、発掘の結果、経塚であることが判明。「元旦の朝に金の鶏が鳴く」という金鶏伝説があった場所でもあるそう。安産岩昔、難産に苦しむ婦人が願をかけたところ夢に下照姫命が姿を現され、参詣の帰途安産岩の前で簡単に出産できたという言い伝えがあります。つづいて倭文神社から少し離れた場所にある出雲山へ出雲山倭文神社の御祭神:下照姫命が故郷である出雲の方をこの山から眺めていたと云われています。道の駅でお茶タイム道の駅第一号「大栄」に立寄りました。名探偵コナンの像島根へ戻ります。国道9号線を米子方面に進みます。松江に着きました宍道湖(しんじこ)日本百景。島根県松江市と出雲市にまたがる湖。一級水系の斐伊川の一部。しじみが有名。宍道湖の向側にあるホテル一畑に宿泊します。お部屋は和室大浴場夕食は鉄板焼きコース写真のお肉は二人前美味しかったです 宍道湖の夜景明日の天気予報。。強い寒気が入り込み大雨強風雷注意報がどうなることやら(笑)天気に合わせて予定を決めたいと思います最後までお読みいただきありがとうございます。ポチッとしてくださると嬉しいです。人気ブログランキング

      377
      2
      テーマ:
AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。