阿弥陀如来様の真言を唱えて見ました(動画) | 教禅ブログ

教禅ブログ

本名:鈴木進「教禅」は、高野山南院で頂いた名前です、皆さんに読んでもらえるような内容に何気なく書いています。(文章の間違え等で読みづらい所もありますがご了承ください)

皆さんこんにちは!

 

今回の動画は、阿弥陀如来様の真言を唱えた動画です。

 

以前、私は「霊」を霊界に送る方法は、光をイメージして、そこに霊を飛ばすように「シュ」として、送って来ました。

 

この方法は、MT法を開発した「小林先生」から教えてもらった方法です。

 

しかし、この方法も良いのですが、霊を一体一体見つけながら行うますので、時間がかかっていました。

 

阿弥陀如来様に頼みますと、私が気がつかなかった霊体まで消してくれますので、効率が良いです。

 

ですので、もしかすると、動画にして行っていても、動画を見ている人の周りにいる霊も消えるのではないかと思いまして、アップしました。

 

 

 

霊体には、いろいろいます、阿弥陀如来様が持っていってくれる霊体は、人が亡くなられた霊体であります。

 

その他の霊体、例えば人として生まれた事がない霊や獣のような例はまた違った方法があります。

 

人の思いや恨み怨念の取り方も違います。

 

全ての物事に言えるのですが「これさえやっておけば全て良くなり幸せになる」と言う事です。

 

この動画でもそうですが、霊を一回払えばもうこれで良い訳ではありません。

 

自分自身の心の持ちようや人としての修行が出来ていなければ、悪い霊にとりつかれます。

 

良い事をしていれば、貴方に助けて欲しいと言う霊が寄って来ます。

 

そうして霊も時には、自分の身体の中に入ったり、周りにいて邪魔になったりします。

 

お経を唱えたり、仏壇でチ~ンと鐘あるいは鈴を鳴らしたりしますと、霊はその音を聞いて寄って来ます。

 

とても、亡くなられた方には、良い音の様です。

 

私も霊を呼び出す時も、鐘もしくは鈴を鳴らしたりお経をあげたりします。

 

そうしますと、痛み苦しみを持った霊もひと時落ち着きます。

 

人は、ただ生きている人だけの意識でないのですね。

 

ですから、何もかも上手くいく人や何やっても上手くいかない人がいるのですね。

 

目には見えませんが、多く人が貴方をサポートをしている事を忘れないでいる事です。

 

霊感があるが故に苦しんでいますが、多くの霊体の人達にも助けてもらっています。

 

いつも亡くなられた霊体と一緒にいる鈴木教禅でした。

 

ご視聴有難うございます。