大山格のブログ

おもに歴史について綴っていきます。
実証を重んじます。妄想で歴史を論じようとする人はサヨウナラ。

悪意をもって歴史を歪めるならば無論のこと
たとえ善意から発したことであれ、歴史を歪める者は、これを斬る。

誤字、脱字などは指摘された都度、適宜校正する。
史実の誤認については検証可能な史料を提示のうえ御指摘いただきたい。
歴史認識における御意見は無視する場合がある。
公共の利益に反すると管理者が判断したコメントは公開されない。

NEW !
テーマ:
 きょうはアキバで買い物でした。なにを買ったかというと、ポケットに入るくらいのUSB電源です。WiMAXのポケットルーターが、ちゃんと充電できてないときがあるのです。しっかり差し込んだのを確認しているんですがねぇ。そんなわけで一時間でフル充電できる小さいのと、もうひとつ非常時の予備電源としてソーラー式のUSB電源も。
 ソーラーのはダメでした。フル充電まで50時間を要し、連続して使用できるのは1時間のみだそうです。もちろん昼間の明るいときしか蓄電できませんから、50時間って、へたすりゃ一週間くらいかかるんじゃないかと。


 さて、きょうは一枚も写真を撮らなかったので、ストックから……


 先日、ヒガンバナを撮りに行った都立野川公園です。


 自撮りするにもですね、多少は工夫をしております。木漏れ日という語感は美しいけれど、まばらに日が当たっています。足下は色がなくなっちゃうくらい強く光が当たっているのに、顔は陰に入っていて、照り返しの光が当たっています。


 いっそ、全身を日陰に入れてしまえば、まだらな光を避けることができます。こんな具合に試行錯誤しながら撮ってます。


 木漏れ日があるということは、木の間がくれに流れる細流にも空が映るところがありまして、それがまたすっかり秋の空の色でした。


 ふと、目にとまった花があります。


 なんの花でしょう?


 きょうのところは「名も知らぬ花」ということにしておきます。


 太陽の軌道も低くなり、光の射し込む角度が秋冬の様相になってきました。


 さらば、夏よ。また会おう。


 大山巌墓所修復事業に対する御寄付は、交通文化連盟にて受け付けております。現時点では、いっさい例外はございません。それ以外の窓口への寄付のお願いがあった場合は寄付金詐欺ですので、応じないよう御注意ください。
 なお、ひきつづき、休憩所建屋、石敷、立木の傾きなど、たいへん困難な修復を予定しており、みなさまの御寄付を募っております。御協力くださる方は、下記口座へ

三井住友信託銀行松戸支店(店番329) 普通7698754
 特定非営利活動法人交通文化連盟



ともあれ、ツタヤ図書館と江戸しぐさは滅ぼすべきです。



人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
類聚伝記大日本史. 第十四卷 p180

大山 巖

   元帥陸軍大將
     天保十二年十月生
     大正五年十二月死

   一 出生
 内大臣元帥陸軍大將從一位大勳位功一級公爵と云ふ人臣の極位に昇つた大山巖も大いなる時代の生んだ旅人であつた。維新前薩摩に簇出した大西鄕を初め、大久保・松方・東鄕・大山と云ふ數多くの偉人傑士も矢張り半ば時代を作り、半ばは時代に作られて偉らくなつた。從つて彼等の偉大さを知るには、是非共一わたり其の時代を見ねばならない。時代は彼等の生活と血肉相通ずる背景である。大山公の生れた時、その幼少時代の薩摩は如何なる狀態で、當時の日本には如何なる機運が胚胎し、發生し、進行しつゝあつたであらうか。それを檢討することは大山公一代の鍵をたゝくことである。確かにそれは大いなる時代であつた。苟も機運の何たるかを辨まへ、これに乘じ、これを指導するの才識力量ある者にはお誂へ向きの時代であつた。薩藩としては、大山公出生時代の君主たる島津第二十七世齊興侯から、その嗣子たる第二十八代齊彬侯への過渡時代であつた。日本としては德川封建社會末期から、資本主義社會日本への門出たる明治維新へ飛躍しようとする一大廻轉期であつた。こんな時代に生れ合せて、何一つ仕出かせない樣では、到底偉人傑士の仲間入りはむづかしいであらう。倂し天資何程かの器量を藏するに非ざれば所詮この大渦卷を乘りきつて了へるものではない。大山公の一生を考へる時、常にその背景をなした大いなる轉廻の時代を念頭に浮べる必要があらう。
 大山公の父は彥八と云つた。彥八は鹿兒島藩の小々姓組を勤めてゐた。士分としては先づ中等に位してゐる。その上、田地、山林を幾らか持つてゐたので、暮し向きは祿高に比べると餘程裕かであつた。
 天保十二年十月十日、大山公は島津藩譜代の軒を竝べた屋敷町、加冶屋町に於いて呱々の聲をあげた。同じ加冶屋町に住んでゐる西鄕家は父、彥八の實家であつて、大山公は、西鄕隆盛、從道とは從兄弟に當つた。この時隆盛は十四歲で、まだ元服前ながら、肥滿巨大の少年で、小吉から善兵衞と改稱したばかりであつた。大山家から見れば、彥八の實家の西鄕家は氣の毒な程貧しかつたが、兩家の交りは睦じく、一家の如くに相往來した。當時はもう一廉の餓鬼大將であつた大西鄕は、每日の樣に大山家の庭で遊んでゐた。元來小供の好きな性質だつたと見えて、嬰兒の大山公を抱いたり、負ぶつたりして子守の役をつとめた。自然に大西鄕の感化を、嬰兒の時代から受けついだ大山公は、成長するに從つて、次第に町内第一の腕白者となつた。大山公の少年時代を知るには、公と同輩であつた、元埼玉縣知事吉田淸英氏の談話など甚だ適切である。『大山公の家は貧乏屋敷の中では少し廣い方であつたから大西鄕が統領で此の邸内に土俵を造り皆なで盛んに角力を取つた。大山公は今のやうに肥えては居ない瘦せた貧相な方であつた。殊に公は家中でも評判の槍使ひで能く庭で槍の稽古をしてゐるのを見た。この頃武士の學問と云へば經書と源平以後の軍書であつたが、大山公の好きで得意なのは元龜天正の軍書中にも武田三代記・眞田幸村などで悉く之を暗誦し、武田三代記の何卷目と云へば聲に應じて宙で讀んだものだ。その記憶のよいのには感服してゐた。』と。また『今でこそあのやうに圓滿に見えるものゝ、大山公の若い時は從道さんの上を越した腕白者で、豪膽で思ひ切つた橫着者であつた。そうして機敏で機略に富んでゐた。倂し長ずるに從ひ其の敏捷も機略も内に包んで外に現はさないやうになつた。あの人が巴里から歸つた明治初年の頃は日本一の大ハイカラで加治屋町時代の蠻骨彌助どんとは受取れなかつた』と。
 大山公は幼名を彌助と稱し、後淸海と改め、更に巖と改名したのである。世間では大西鄕を唯一介の武辨と誤解してゐる人もあるらしいか、それは大西鄕の茫洋とした點、果斷決行の點のみを見た人の考で、實際は、南洲は幼にして薩藩の陽明學者伊藤茂右衞門に就いて陽明學を究め、參禪辨道し、或は世界地誌の講義を同藩の學者有馬一郞翁について硏究するなど、一個の學究として立派な人物であつた。大山公は精神的方面に於いて篤く南洲の感化を受けたと同じく、文敎の上でも南洲に師事した。公は鹿兒島の學風に從つて、六歲の秋から薩の更番集會所に入學し每日午前十時から午後三時まで、經書の輪讀と、習字、運動の三課を修めたけれども、文敎の上から本當に大山公を啓發し、指導したのは疑ひもなく大西鄕であつた。公が最初にイロハを習つたのは實に大西鄕からであつた。大西鄕は弟從道よりも大事にし、熱心に學問を敎へたと云ふ。
 大山公は先輩として南洲の如き人物を有したが、その竹馬の友にも後の俊髦が多かつた。大久保利通、黑木爲禎、東鄕平八郞、吉田淸英、海江田信義、長沼嘉兵衞等も同じ加治屋町の出身であつた。

大山巌は自身の通称を「彌介」と自署している。


   二 修業とその時代
 十五歲(安政元年)の時元服した。其の後、將軍慶喜が大政を奉還し、王政復古の大詔が出でた慶應三年は二十九歲に當り、最も血氣盛の時代を社會的大變革の前夜たる幕末動亂期に送つたのである。
 安政二年十六歲の時には、當時諸國の浪士、就中過激な勤王黨の巢窟となつてゐた京都に上り、四方の志士と交遊し、安政五年六月には、いつとなく討幕黨の一人となつてゐた。卽ち安政五年と云へば、薩摩では鳥津齊彬薨じ、久光繼ぎ、江戸に於いては將軍家定薨じ、家茂後を襲ひ、井伊直弼が大老となつた年であり、翌六年には吉田松陰、橋本左内等が罪せられた、所調安政の大獄がひき起された。而して翌萬延元年には井伊大老自身が櫻田門外に刺されるに至つた。
 文久二年、島津久光侯の上洛の報一度、大阪の藩邸に傳はるや、藩邸は色めき渡つた。久光の政策が溫和な公武合體にあることを知らず、唯々久光を擁して勤王討幕の旗を擧げ、一擧にして天下を定めよう、これが藩士の氣持であつた。大山公も當時大阪の藩邸にあつてその急進派の一人であつた。ところが久光が愈〻入洛すると擧動甚だ不審の點か多い。その政策は甚だ手緩いらしい。志士はもう我慢がしきれなくなつた。太平の夢をさまし天下一新の端を開き、尊攘の道を確立するためには、非常手段に出るより外ない。一度烽火を擧げさへすれば、後の始末は久光侯がやつてくれるだらう。非常手段の決行は一時侯の意に背く樣ではあるが、後には侯の功業となるであらう。一見不忠に似て實は忠義だと云ふ事に薩藩士の間で議決された。やがて長州の志士で殆んどこの擧の大頭目とも見るべき眞木和泉守が入洛して、田中河内介、有馬新七等と謀り、遂ひに先づ關白九條公を討つに決した。大山公もこの旱に加つた。かくてかの有名な寺田屋の慘劇が行はれた。
 この擧を密告によつて知つた久光は憤激した。自分の藩士が天子の御膝許で騷擾を生じては何んの面目があらう。怪しからん振舞だとあつて、卽刻、藩中有數の武術者八名を鎭撫使として伏見へ急行させた。『君命を以て制せよ、尙ほ聽かずんば臨機の處置に出てよろしい』つまり都合では上意討をしてもいゝとの命令を受けて八士が伏見に到着したのは四月二十四日の午前一時頃であつた。鎭撫使の一人大山格之進は誰あらう、大山公の令兄である。かくて鎭撫使は有馬、田中、柴山、橋口の四頭梁を階下の一室に呼び下して君命か傳へたが、四人は頑として應じない。爭論の後、同藩竹馬の友の相擊つ慘劇が演ぜられ、眞木和泉守の忠告は、遂に諸士をして、鎭撫使の言に服從せしめた。かくて或者は死を賜ひ、或者は謹愼を命ぜられ、或者は國へ還された。大山公は薩摩へ送還された一行の一人であつた。
 久し振りで鹿兒島へ歸つた大山公は、君命で謹愼を命ぜられてゐることとて戸外へは出ず、終日書齊に閉ぢこもつて軍書を繙くか、さもない時には、後庭で薪を割つたり、野菜を作つたりしてひたすら雄心を押へてゐた。自家の忠臣を自家の手で失つた島津久光は、その爲めに反つて朝廷の御信任を博し、一面幕府の好感を得た。侯は大原勅使と共に江戸に上り、多少の成功を收めて、八月二十一日江戸を發し、歸國の途に就いた。その途中はしなくも惹さ起したのが世に有名な生麥の變事であつた。薩州侯の行列を橫切つた騎馬の三英人に對し、一名を斬り捨て、二名に重傷を負はせたのである。
 久光は途中京都で朝廷の御嘉賞を受け、器量を上げて九月七日鹿兒島へ還つた。然も氣の毒なことには、久光の種々の計畫方策は、侯の歸國と殆んど同時に覆へされて了つたのである。乃ち侯の一味の公武合體論は勢力を失し、桂小五郞、久坂玄瑞等長藩志士の尊攘運動が京都を動かし、佐幕、溫和派の公卿は卻けられた。かうなると昨日まで隆々たりし薩藩の勢力は頓に地に落ち、入れ代つて長州の勢力が凡てのものを支配する樣になつた、久光は氣が氣でなく、翌文久三年二月十四日再度入京して尊攘黨の輕忽なる行動を質さうとしたが、倂し侯が入洛した時は既に生麥事件の結果英國から嚴重な談判が幕府へ提出され、幕府は狼狽を極め、一向に埓が明かない。久光は或ひは英艦が鹿兒島を砲擊するかも知れないと云ふ危急な場合なので急據、鹿兒島へ歸城した。幕府から十萬ポンドの償金を受取つた英國の艦隊七隻は、其の年六月二十七日、遂に鹿兒島灣頭にその勇姿を現はし、翌二十八日薩藩の使者に書翰を渡した。生麥事件下手人の處刑と被害者遺族の扶助料一萬ポンド要求の談判であつた。
 大山公一味の者もその時には既に謹慎を許されてゐたが、英艦の濱に堂々と錨を下した状を眺めては、尊攘の時期が愈〻来たことを感じるのであつた。この時、英艦から薪水魚卵、野菜果實等を望んで来たが、それを運ぶ舟夫に化けて決死の藩士が敵艦に乗り込み斬りまくると云ふ計画を立て、大山公もこの決死隊に加つたが、敵の警戒嚴重で遂に目的を果さなかつた。
 英艦の鹿児島砲撃は天が薩州に與へた開眼藥であつた。薩州の志士は海外の武器の恐るべき精英な事實を実現した。就中敵の砲火の威力の恐るべきを覺つた。大山公の當時の回顧談に次の如き一節がある。『英艦は初め我軍を甘く見てゐたが、和蘭式の訓練をしてゐたのには驚いたらしい。然し敵の砲弾は我砲門や大砲にドン〳〵命中するので、自分等大砲係りは遂に手の出し樣もなかつた』と。
 自然の勢として、砲術研究の必要が唱へられ、大山公はその最も熱心な主張者であつた。勿論この説は久光侯を動かすに十分であつた。乃ちその年、侯は大山巖、黒田清隆の両名を選抜して、砲術研究の爲めに江戸の江川塾に遊学せしむることとなつた。時に二十三歳であつた。江川塾の塾頭は、其の頃播磨出身の大鳥圭介が勤めてゐた。さすが砲術研究の権威だけあつて、塾には諸藩の志士が多く集つて一所懸命に勉強してゐた。公はそれらの名士と交りを篤くし、專心硏究の傍ら、天下の形勢を油斷なく窺つてゐた。公は既に向ふ見ずの攘夷論者を脫卻して寧ろ開國の必要を痛感してゐたのであつたが、今は唯々自分の專門に向つて、默々として硏究を續けてゐた。大山公の江川塾に學ぶこと足掛四年、乃ち文久三年から慶應二年までの間を學窓に費やした。この足掛四ヶ年の勉强が公の其の後の生涯にとつて最も有益な、充實的な素養を與へたことは明白である。
 世は驚くべき速力で變化して行つた。さしも隆々たりし長州の勢力が一夜の中に墜ちて、長州贔負の七卿が長門に走つたのは文久三年である。京都九門の戰に次で、幕府が長州を討つたのは翌元治元年である。其の年、英、蘭、佛、米四ヶ國の軍艦が下の關を砲擊し、そして翌慶應元年には幕府再び長州を討つて散々敗北し、反つて薩長を同盟せしめ、遂に自家の最後を早めむとするの機運に際して、十四代將軍家茂は翌慶應二年八月十一日に病歿し、十五代慶喜これを繼いだけれども天下の形勢は密雲深く籠めて、大低氣壓の襲來を暗示しつゝあつた。すでにして大山公は江川太郞左衞門の砲術を習得し了つた。天下は今や山雨來らんと然して風樓に滿ちてゐる。こんなときにどうして江戸にぢつとしてゐられるものではない。慶應二年九月、二十六歲にして一先づ故鄕に歸省し久光侯に謁して御禮を申し上げ、その足で出發して政變の中心地たる京都に上り、大西鄕の寓居に投じて、囘天動地の時機を待つて居た。當時大西鄕の膝下には、從道を初め、黑田淸隆、村田新八、桐野利秋などの豪傑雲の如く集り、國家革命の事業を殆んど一手に引き受けてゐる觀があつた。彼等はもはや長州と同盟した。此の上は機會を待つて、德川を仆し、王政復古の大業を成し遂げるのみであつた。
 かうしてゐる間に、慶應三年春一月九日御十六歲にして明治天皇大統を御繼承になり、大山公は大西鄕に從つて東西に活躍した。その結果、九月三日、新たに薩長藝三藩の攻守同盟が出來上つた。と見るや、土佐は諸藩に魁けて、慶喜將軍に政權奉還に關する一大建議を上り、十月十三日、慶喜は二絛城に羣臣を集めて大會議を開き、翌十四日、大政奉還を朝廷に願ひ出た。朝廷は之を容れ、越えて十二月九日、堂々たる大詔を天下に煥發され、御前會議の結果、尾越兩侯は二絛城に慶喜公を訪ふて領土返還出願の勸告を試みるに至つた。かくして幕臣就中、會津、桑名の諸兵の憤懣は爆發し、慶應四年、卽ち明治元年正月、三日、鳥羽、伏見の所謂戊辰戰爭は勃發したのである。
 戊辰戰爭では大山公は砲隊長として出征し、大西鄕の部下に屬して得意の砲術を發揮した。この戰により、幕軍潰滅し、慶喜は驚愕して軍艦に投じて江戸に逃げ歸つたが、不幸、大山公は脚部に負傷して戰線を退き堂々たる東征の親軍に從ふことは出來なかつた。一月二十三日、江戸城内の大會議は、勝安房の血淚交々下る進言を容れて遂に絕對恭順の意を表するに決し、慶喜は微服して上野寬永寺に謹愼した。かくの如くにして三百年の江戸城は明け渡された。大山公は凡てこれらの消息を京都で聞いて、自身その大光景に接し得ざるを悶へてゐた。が、やがて負傷も癒えた四月、東北諸藩の猖獗を極めるに際し、公は大西鄕に從つて山形、庄内の野に轉戰し、「大山どんの大砲、」と恐れられて、幾分の溜飮を下ぐるを得た。

巌の兄は彦八成美であり、大山格之助綱良は別人。また、綱良は樺山家からの養子で、巌の父は西郷家からの養子であるため、巌との間に血縁すらない。


  三 渡歐
 明治二年、普佛戰爭に際し、二十九歲の壯齡で選まれて渡歐した公は始終、普軍に從ひ、その本營にあつて戰況の進行と共に巴里に進み、巴里攻圍の實戰を目擊して、大いに自家の戰術に裨益するところがあつた。翌三年一月巴里陷落と共に入城し、一旦歸朝し、竪四年十二月三日三十一歲にして再び渡歐、明治五年は巴里に住んで書生生活を營み、フランス語の勉强などをしてゐたのであるか、元來の目的は砲術の硏究にあるので五年の秋頃から瑞西のゼネバヘ行つた。そして明治七年十月三日、三十四歲になつて歸朝したのであつた。歸朝した時、大山公は恐らく日本第一のハイカラであり、新知識であつたらしい。少くと實地に見學修得した歐洲諸强國の戰術軍制は、公の頭腦を異常に發逹させ、公をして其後も永く、日本陸軍部内に於ける進步派たらしめるに十分であつた。
 明治四年四月初めて新政府から兵部權大丞に任せられ、正六位に叙せられた公は、七月改めて陸軍大佐に、八月には少將に進められた。そして七年に歸朝すると陸軍少輔に兼任せられ、陸軍省第一局長を仰せつけられ、八年には正五位に叙せられてゐる。云ふ迄もなく當時は新國家が新經營の途に就いた時で、萬事が建設時代である。就中陸軍はその建設を最も急務とされ、山縣公は陸軍卿として專らその衝に當つてゐた。山縣を助くるに大西鄕あり、而して大山はこの兩人の寵兒であつた。大山公が日本陸軍の建設に異常の貢獻を捧げたことは衆目の齊しく認むる所である。就中特筆大書すべきは從來の英國式兵制を佛國式に改正したことである。これは最初の洋行から歸つて實行したことでその改革を成就した勇氣と技倆とは大西鄕を感嘆せしめた。
 大山公が第二囘の外遊中、國内に起つたのは例の征韓論である。而して征韓論の破れるや西鄕は顯職をなげうつて鹿兒島に歸つた。かくて今迄手を繋いでゐた西鄕と大久保とが背中を向け合つたのである。西鄕大久保と最も親しかつた吉井友實は是等の痛ましい有樣を見るに堪へなかつた。彼は西鄕の後を追ふて、二人の融和を計らんとしたが無駄であつた。この上は外國に在る大山に大西鄕を說かしむるの外はないと云ふので、吉井は宮内大輔の職を辭し、大山公を迎へに遙々瑞西まで出かけた。かくて大山公は明治七年十月三日に歸朝し、その足で鹿兒島に省し、大西鄕の居を訪ふた。倂し大山公の勸說も無駄であつた。大西鄕は遂に應じなかつた。大山公の友情を諾し、その說を傾聽はしたが、到底再度の上京は諾はなかつた。

パリ到着は終戦間際だったので、攻囲の状況を詳しく見ることはできなかった。


   四 最初の武勳
 寔に天下の形勢は憂ふベき方向に進展しつゝあつた。大山公の歸朝した明治七年には佐賀の亂が起つた。次いで九年十月には神風連が熊本に起つた。この時大山公は君命を受けて、三浦少將と共に、熊本に下つて神風連の一味を鎭定した。明治維新以來、公が戰場に立つて殊勳を收めたのはこれが最初である。これ等諸亂の間、大西鄕は平然關せざるの態度を持し、城山の私學校生敎育に心を注いでゐた。而もこの大西鄕が端なくも朝敵の汚名を受け、江藤、前原等と同一の運命に墮しようと誰が豫期しよう。然し事は起つた。政府の挑發は薩南の健兒をして起たしめた。然して西鄕は遂にその巨驅偉靈を是等の子弟に與へざるを得なかつた。二月十五日、西鄕は遂に一萬五千の健兒を將ゐて立つた。征討の詔勅は同十九日を以て下された。内閣は大阪に進發することとなり、大山公も亦出張を命ぜられ、大阪に著するや、直ちに征討總督宮から征討別働第一旅團司令官を仰せつけられた。この命令か大山公にいかほどの苦痛煩悶を與へたかは想像に難くない。情に於いて父にもまさる西鄕を討てとは。倂し、情に篤いと共に、更に一層大義名分を重んじた。そして遂にこの朝命を拜受し、薩摩の俊才槪ね大西鄕に殉じたにもかゝはらず、僅かに從道侯、樺山伯、高島子等二三と共に斷然私情を擲つて、奮つて大西鄕と敢て馬前に見える決心をしたのである。田原坂の激戰には別働隊司令長官、兼第二旅團司令長官として奮戰し、城山攻擊には、攻城砲隊司令長官に任ぜられた。かくして西鄕は幾多敢爲の壯士に圍まれて城山一片の煙と化した。骨肉たゞならざる大西鄕に向つて砲擊を加へた大山公の心事には同情を禁じ得ないであらう。


   五 陸軍卿として
 大山公が陸軍卿になるまでの官歷を畧示せば下の如くである。○十一年十一月二十日任陸軍中將○十二月七日兼任參謀本部次長、陸軍省第一局長被兔○十二月十四日陸軍士官學校長兼勤被付○十二年十月十六日兼任内務大輔、大警視、參謀本部次長如故○十月十一日陸軍士官學校長被兔○十二月十六日叙從四位○十二月十九日兼任議定官○十三年十二月二十八日兼任陸軍卿。
 陸軍卿となつてからの公の働きはまつたく日本陸軍史に特筆大書さるべきもので、前後倂せて十三ヶ年を陸軍大臣として軍事に貢獻した人である。けれども公が本當に日本陸軍の大柱石となつて、長州軍人の大頭目たる山縣と名實共に相對するやうになつたのは、公が明治十五年參謀本部長を兼任する樣になつてからである。その事業としてはどう云ふものがあるか、乃ち西南役後、陸軍の完備、改善と云ふことが焦眉の急となつて來た。これが中心人物は勿論當時陸軍の最高首腦たる山縣であつたがその副星たる大山公の力も大きかつたのである。
 それらの改善中最も重大なのは、明治十一年に陸軍々務を三大區分したことである。從來陸軍省内の一局であつた參謀部を獨立機關として參謀本部を設け、更に別に監軍本部を置いた。乃ち陸軍省は軍政を整理し、參謀本部は專ら國防及び作戰の機務を規晝し、そして監軍本部は專ら軍令出納の事を掌握した。
 次いで十二年には徵兵令を改正し、又、陸軍の敎育訓練にも陸軍直轄の陸軍士官學校を設け、十六年には陸軍大學校が開かれた。又、當時の事業の中、東京灣砲臺の建設がある。明治十四年、公が山縣と共に連署建議して容れられた大工事で東京灣の守備は完全に固められた。
 陸軍卿たる大山公は、十七年二月十六日、三度外遊の途に上り橫濱を出帆した。兵制組織の不備な點がまだ陸軍に多いことを感じ、これには是非共一度洋行して、一層深刻に列强の兵制を視察し、その長を採るのが第一であると覺つて山縣の同意を得たのである。公に從ふ一行は陸軍中將三浦梧樓、少將野津道貫、大佐川上操六、及び桂太郞等である。この外遊中に七月七日の日附を以て勳功によつて特に伯爵を賜ふと云ふ辱けない報導を得てゐる。公が歸朝したのは十八年の一月二十五日で前年帝都を發してより日を累ること三百有餘、足蹟歐米に遍く、その齎らす所の新知見は實に無量であつた。
 歸朝した大山公の活動はすさまじく、第一に從來の佛國式兵制を全部獨逸式に改めた。公は自分の眼鏡で獨逸から聘して來たメツケル少佐を相談役として、歸朝早々六個師團の編成を完結した。それから漸次、騎、工、步、輜重各隊の隊制を整へ、士官學校の擴張、幼年學校の獨立、乘馬學校の新設、監軍部の大成等着々大事業に着手し成功した。大山公の連れて來たメつケルは陸軍大學に敎鞭をとり、その門下からは日淸、日露兩役の俊豪を數多輩出し、それだけでも大山公の陸軍に貢獻した勳功は燦々たるものがある。陸相として殆んど完全であり、多くの功績を成熟し得た公は又同時に他方面の識見、力量をも兼ね具へてゐた。現に公は海相文相監軍等を兼任して毫も政府に不都合を感ぜしめなかつた。勿論之は公の威望、人格が然らしめたに相違ないけれども、手腕力量も亦決して見逃してはならぬものがある。

   六 滿洲出征
 明治二十四年五月十七日、陸軍大將に任ぜられ、同日樞密顧問官となつた。大山公が山縣其他の將星と共に、明治維新以來、粉骨碎身して築き上げた日本陸軍が海外に向つて、初めて其の實力を威武を發揚すべき機會は來た。明治二十七八年の日淸戰爭がそれである。日淸戰爭が當時の日本にとつて如何に重大な秋であつたかはこゝに詳說するまでもない。大山公は第二軍の司令官に補せられた。これは二十七年九月二十六日であつた。然して公部下の第一師團長としては山地中將、その部下の第一旅團長には乃木少將が、第二旅團長には西少將が任ぜられ、混成旅團長としては長谷川好道少將が補せられた。第二軍の參謀長は井上光少將であつた。而して十一月二十四日には完全に旅順を占領し、二十八年一月十日には蓋平を陷れ、第一軍との連絡を取り、更に第二軍は威海衞を陷れて、こゝに大戰の一段落を劃した。この軍功によつて二十八年八月特に侯爵に陞叙され功二級に叙して金鵄勳章、旭日桐花大綬章を授けられ、その年の十一月には正二位に叙せられた。
 明治二十九年、日淸戰爭凱旋後は暫らく閑地について主に那須野の開墾事業に從事した。三十一年には元師府に列ねられ三十二年には再び參謀總長に補せられた。三十四年にはかの北淸事變が起つた。この事變の功によつて三十五年六月三日には大勳位に叙し、菊花大綬章を賜つた。而して帝國の危機は再び訪れた。三十七年二月十日露國に對する宣戰の詔勅は煥發された。開戰當初に於ける我參謀本部の劇務繁忙は到底筆舌に盡し難い。當時の參謀總長であつた大山公は次長兒玉中將と共に、日夜殆んど寢食を忘れて劇務を遂行した。第一期の作戰計畫は神速に完了し、第二期の作戰計晝に入り、滿州軍總司令部の編成が着手せられ、大山公はその總司令官に補せられた。而して未曾有の大勝利を博し三十八年十二月七日に帝都に凱旋した。その偉功は長く史上に記憶されるであらう。この功によりて功一級金鵄勳章を賜はり、四十年には特に公爵に陞授された。

   七 元老
 公が滿洲に遠征した時は六十四歲、凱旋した時には六十五歲の高齡に達してゐた。乃ち畏き聖旨を拜して稍々閑に就き、老を養ふてゐたが、明治天皇崩御し玉ひ、大正天皇踐祚せられるや、大正元年、特に山縣、桂、井上、松方の二公二侯と共に元老の禮を以て待たるゝこととなり、内閣の後繼問題を初めとし、内外最重要の事頃に就いて至尊の御諮詢に奉答するを任とした。
 大正三年には内大臣に任ぜられた。内大臣が常侍輔弼の臣として君側のお重味となる、いかに重大なる任務であるかは周知の通りである。越えて大正五年、十月二十八日、福岡縣下の陸軍特別大演習に、聖駕に供奉し、演習畢つて歸途、病を得て東京の本邸に歸臥するや十二月十日午前危篤に陷り、一世の哀悼のうちに、薨じた。享年實に七十六歲であつた。而して天皇陛下には、公の勳功を嘉せられ、國葬の禮を賜ひ、その遺骸は公がかねて撰定して置いた西那須野に葬られた。

国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879901/97


墓所は定期的に警察官が巡回しています。

 大山巌墓所修復事業に対する御寄付は、交通文化連盟にて受け付けております。現時点では、いっさい例外はございません。それ以外の窓口への寄付のお願いがあった場合は寄付金詐欺ですので、応じないよう御注意ください。
 なお、ひきつづき、休憩所建屋、石敷、立木の傾きなど、たいへん困難な修復を予定しており、みなさまの御寄付を募っております。御協力くださる方は、下記口座へ

三井住友信託銀行松戸支店(店番329) 普通7698754
 特定非営利活動法人交通文化連盟



ともあれ、ツタヤ図書館と江戸しぐさは滅ぼすべきです。



人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 やけに長いタイトルになりましたが、実際には無題の碑です。


 荒れはじめた空の下、お台場海浜公園を訪れました。


 風も出て来て、ゲリラ豪雨が懸念される状況なので、ササッと撮りましょう。


 しかし、肝心の碑がみつかりません。おかしいな、グーグルマップによれば第三台場へ続く通路わきにあるはずなんですが……


 木陰にひっそりと、通路に背を向けて立っている碑がありました。


 あれか……。また、ずいぶんと目立たないようにしたものです。


 春夏は大勢の人で賑わう観光地ですから、あまり見せたくもないのでしょうね。


 碑面は人工のビーチに向いています。


 御冥福をお祈りしましょう。


 潮風に混じって、雨の匂いがしてきました。退散します。


 このあと虹の橋を歩いて渡って帰りました。


 大山巌墓所修復事業に対する御寄付は、交通文化連盟にて受け付けております。現時点では、いっさい例外はございません。それ以外の窓口への寄付のお願いがあった場合は寄付金詐欺ですので、応じないよう御注意ください。
 なお、ひきつづき、休憩所建屋、石敷、立木の傾きなど、たいへん困難な修復を予定しており、みなさまの御寄付を募っております。御協力くださる方は、下記口座へ

三井住友信託銀行松戸支店(店番329) 普通7698754
 特定非営利活動法人交通文化連盟



ともあれ、ツタヤ図書館と江戸しぐさは滅ぼすべきです。



人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ヒガンバナが群生している、都立野川公園の自然観察園に行ってきました。




















 オチがなくて申し訳ないっす。


 大山巌墓所修復事業に対する御寄付は、交通文化連盟にて受け付けております。現時点では、いっさい例外はございません。それ以外の窓口への寄付のお願いがあった場合は寄付金詐欺ですので、応じないよう御注意ください。
 なお、ひきつづき、休憩所建屋、石敷、立木の傾きなど、たいへん困難な修復を予定しており、みなさまの御寄付を募っております。御協力くださる方は、下記口座へ

三井住友信託銀行松戸支店(店番329) 普通7698754
 特定非営利活動法人交通文化連盟



ともあれ、ツタヤ図書館と江戸しぐさは滅ぼすべきです。



人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 きょう、私は大臣の椅子に!


 知人のつてで農林水産大臣の齋藤健先生の秘書さまが御案内くださる国会見学に参加して参りました。国会議事堂を訪れる前、大臣に御挨拶に伺いましたところ、このような計らいを!


 当選三回での入閣は異例の抜擢です。
 直接の御縁は流山の閻魔堂に通っていた時期に秘書さまと御挨拶したくらいですが、思いもかけぬ経験をさせていただきました。ちゃんとした国家公務員だって、大臣と言葉を交わすほどの地位にはなかなか辿り着けませんからね。


 さて、大臣に御挨拶を済ませて衆議院の見学に。案内役が衆院議員たる齋藤健先生の秘書さまなので、衆議院には入れますが参議院には入れません。


 中庭に池があります。一説に、この池は馬水槽であり、馬車を牽く馬に水を与える設備だとのことですが、竣工したのは昭和11年ですから、もはや自動車の時代です。これはどうしたことかというと、設計案を公募したのは大正7年で着工は大正9年と古い時代のことでしたが、関東大震災で建設が中断したり、ようやく工事が再開したかと思ったら火災で大きな被害を受けたせいで完成が遅れ、設計時と竣工時とで時代相が変化していたのです。


 もちろんいまは馬水槽として機能することはありませんで、錦鯉が泳いでいます。


 院内は基本的に撮影不可なんですが、本会議場だけは撮影可です。中央奥の議長席の上に御座所があります。しかし、天皇陛下が御臨席遊ばしたことはないそうです。陛下がお越しになるのは参議院と決まっているそうです。


 ズラリとカメラを固定する雲台が並んでいるのは記者席です。


 天井の彫刻が見事でした。


 記者席下の浮き彫りは、士農工商を象っているそうです。


 この写真だと、左から農商工士でしょうかねぇ。

 歴史の旅は予約なしにフラッと立ち寄れるような史跡を紹介していますので、今回は少々趣が異なります。番外編としたのは、そのせいです。


 大山巌墓所修復事業に対する御寄付は、交通文化連盟にて受け付けております。現時点では、いっさい例外はございません。それ以外の窓口への寄付のお願いがあった場合は寄付金詐欺ですので、応じないよう御注意ください。
 なお、ひきつづき、休憩所建屋、石敷、立木の傾きなど、たいへん困難な修復を予定しており、みなさまの御寄付を募っております。御協力くださる方は、下記口座へ

三井住友信託銀行松戸支店(店番329) 普通7698754
 特定非営利活動法人交通文化連盟



ともあれ、ツタヤ図書館と江戸しぐさは滅ぼすべきです。



人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 糖分のとりすぎを警戒して、いつもアイスコーヒーは甘み抜きです。


 慣れてしまえば、どうということはありません。


 きのう馬車道あたりで見かけたゲージュツです。


 俺にはわかんないんだよな、ゲージュツ。


 これなら多少わかるけど。


 大山巌墓所修復事業に対する御寄付は、交通文化連盟にて受け付けております。現時点では、いっさい例外はございません。それ以外の窓口への寄付のお願いがあった場合は寄付金詐欺ですので、応じないよう御注意ください。
 なお、ひきつづき、休憩所建屋、石敷、立木の傾きなど、たいへん困難な修復を予定しており、みなさまの御寄付を募っております。御協力くださる方は、下記口座へ

三井住友信託銀行松戸支店(店番329) 普通7698754
 特定非営利活動法人交通文化連盟



ともあれ、ツタヤ図書館と江戸しぐさは滅ぼすべきです。



人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 きのう嵐がきて、きょうは台風一過で青空が広がって真夏のような暑さのなか、日本で初めてガス灯が設置された横浜の馬車道を訪れました。


 関内ホールの壁面に沿って、復元されたガス灯があります。


 建物はどんどん建て替えられていきますが、街路樹のせいなのか品の良い町並みはかわりませんね。


 シンボルマークは馬と車輪ですか。


 レンガ敷きの歩道に、ガス灯を描き出したタイルがありました。


 高さは3メートルくらいでしょう。


 いまは昼間ですから、まさしく昼行灯なんですが、火が入っているのはわかります。


 火に見せかけた電球だろうと思っていたら、なんと本当にガスの火でしたか。


 うむうむ。電球色とも少し違う色だなぁ。


 ググって情報を確認すると、もう一枚、車道側に説明板があるとのこと。


 おお、これだ。やるなぁ、東京ガス!



 大山巌墓所修復事業に対する御寄付は、交通文化連盟にて受け付けております。現時点では、いっさい例外はございません。それ以外の窓口への寄付のお願いがあった場合は寄付金詐欺ですので、応じないよう御注意ください。
 なお、ひきつづき、休憩所建屋、石敷、立木の傾きなど、たいへん困難な修復を予定しており、みなさまの御寄付を募っております。御協力くださる方は、下記口座へ

三井住友信託銀行松戸支店(店番329) 普通7698754
 特定非営利活動法人交通文化連盟



ともあれ、ツタヤ図書館と江戸しぐさは滅ぼすべきです。



人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 武士なのか庶民なのか、どこで線を引くか。

 実は明確な基準がある。武家ならば分限帳、庶民ならば人別帳に名前が記載され、それが現代に於ける戸籍に近い役割を果たした。たしかに武士とも庶民ともつかぬ中間層はあったけれども、名前が分限帳に載るか人別帳に載るかで区別されていたのだ。

 中間層の典型例は八王子千人同心だ。彼らは、日光警備など公務についている間だけは苗字帯刀を許されたけれども、名前は人別帳に載っているので、庶民か武士かと問われるならば庶民の側に属した。

 戊辰戦争の結果、いったん改易された会津松平家の家臣団は、もちろん主家が改易となれば主家の管理する分限帳もなくなる道理だから、人別帳に編入されねばならない。だが、新規取り立てという形で斗南藩が産まれたので、斗南藩の分限帳に入って武士としての格を失わずに済んだ。このことは史談会速記録の岡谷繁実談話に出ていることだが、研究者もみな軽視しているように思われる。心ある学徒には、このあたりの再考を促したい。


 さて、私は未見だが、いま映画「ダンケルク」が上映中だ。そのなかでジャムをつけたトーストが出てくると聞いて、にわかにトーストが食べたくなった。ふだん、朝はコーヒーと決めているけれども、イギリス流に紅茶を。







 平和とは、ありがたいものだ。それが脅かされている昨今の世界情勢に歎息。


 大山巌墓所修復事業に対する御寄付は、交通文化連盟にて受け付けております。現時点では、いっさい例外はございません。それ以外の窓口への寄付のお願いがあった場合は寄付金詐欺ですので、応じないよう御注意ください。
 なお、ひきつづき、休憩所建屋、石敷、立木の傾きなど、たいへん困難な修復を予定しており、みなさまの御寄付を募っております。御協力くださる方は、下記口座へ

三井住友信託銀行松戸支店(店番329) 普通7698754
 特定非営利活動法人交通文化連盟



ともあれ、ツタヤ図書館と江戸しぐさは滅ぼすべきです。



人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 きたる11月26日の日曜日、大山巌墓所の参道にて、ちょっとしたイベントをやります。大山巌が好きだった牛肉料理をつくって食べたり、ミニ模擬店も出します。


 大山巌の誕生日は1842年11月12日、その日は月例公開の第二土曜日の方が近いので生誕祭とするのもいかがなものかと、紅葉祭と呼ぶことにしました。


 西那須野あたりでは11月下旬が紅葉の見頃になる年が多いです。


 食べ物を用意する都合上、予約制にしようと思っています。また、詳細が決まりましたら、このブログにて御案内しますね。


墓所は定期的に警察官が巡回しています。

 大山巌墓所修復事業に対する御寄付は、交通文化連盟にて受け付けております。現時点では、いっさい例外はございません。それ以外の窓口への寄付のお願いがあった場合は寄付金詐欺ですので、応じないよう御注意ください。
 なお、ひきつづき、休憩所建屋、石敷、立木の傾きなど、たいへん困難な修復を予定しており、みなさまの御寄付を募っております。御協力くださる方は、下記口座へ

三井住友信託銀行松戸支店(店番329) 普通7698754
 特定非営利活動法人交通文化連盟



ともあれ、ツタヤ図書館と江戸しぐさは滅ぼすべきです。



人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 きょうもまだまだ蒸し暑いなか、東京駅の近くにある千葉定吉道場跡を訪れました。


 歴史の旅の前に銀座で用事がありましたので、ランチは銀座六丁目のビル前に出ていたトルコ料理店のランチメニューに目を惹かれ、地下二階の隠れ家みたいなお店へ……


 メインディッシュはシシケバブです。この料理の元祖はインドのシークカバブで、それがトルコに入ってシシカバブになったようです。インドはヒンドゥー教やシーク教が多く、トルコはイスラムが多数派ですから、信仰上の理由で食材が異なります。このランチのシシケバブはチキンです。インドでは牛がダメ、トルコだと豚がダメ……チキンならどちらもOKじゃないかな?


 茶碗に半分くらいの御飯と、ピタなのかな?、そんなパンのようなものとが、けっこう腹にズッシリきます。


 やっぱり串焼きの方が、大きな肉塊を回転させながら焼くドネルケバブよりも焼け具合を調節できるから、美味しいですよ。


 さあ、すっかり満足して銀座を去りました。


 テクテクと、有楽町を過ぎて東京駅が間近の丸の内へ。


 千葉定吉道場跡は説明板だけで、碑や標柱などはありません。


 たしかに「千葉定吉」と記されていますね。いまや、お玉が池に池はなく、八丁堀に堀はなく、いわゆる小千葉道場も跡方もなく……それでも歴史としては残せるのです。


 坂本龍馬というビッグネームに関わる史跡なので、この説明板を見に訪れる人はひっきりなしでした。人の通行量が多くとも見向きもされないのが普通なので、やっぱり人気者は違うなぁと思いました。


 もっとも、人気があるのはドラマや小説の登場人物としてでありまして、歴史上の人物としての評価とはおのずと異なるわけですがね。


 大山巌墓所修復事業に対する御寄付は、交通文化連盟にて受け付けております。現時点では、いっさい例外はございません。それ以外の窓口への寄付のお願いがあった場合は寄付金詐欺ですので、応じないよう御注意ください。
 なお、ひきつづき、休憩所建屋、石敷、立木の傾きなど、たいへん困難な修復を予定しており、みなさまの御寄付を募っております。御協力くださる方は、下記口座へ

三井住友信託銀行松戸支店(店番329) 普通7698754
 特定非営利活動法人交通文化連盟



ともあれ、ツタヤ図書館と江戸しぐさは滅ぼすべきです。



人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング ちょい悪オヤジジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。