伊丹谷良介オフィシャルブログ

伊丹谷良介オフィシャルブログ

伊丹谷良介オフィシャルブログ
本人への連絡、メッセージはitamiya@itamiya.netにて、受け付けております。

「創造=創造物=平和=戦争=恐れ」

 

人類が誕生してから何年経つのか知らないが、それ以来、ずっと、人類は「不安」や「恐れ」と向き合い続けた。

時に、その心情から人類は人類同士で争いあった。

 

世界中の戦争を経て、人類は「平和」を求めた。

 

人類は「平和」にさえなれば、全てが解決すると思った。

 

しかし、人類にとって「平和」は「不安」や「恐れ」をより増幅させた。

 

「不安」や「恐れ」を解決する為に人類は「創造力」をもち、「芸術」や「科学」を発明したのに、人類は「芸術」や「科学」の「創造力」をまた争う為の手段にしてしまった…。

 

そして、「平和だけを追い求める事」では、何の解決にもならないという事を子供達はいつも本能的に気付いている。

そして、今も子供は自ら動き出している。

 

この映像の医療従事者の一助になりたいと思い、行動している16歳の立崎乃衣さんのように…。

 

 

 

 

この映像を見て「傍観」しているだけの大人が多いような気がしてならない…。

大人が行動すべき事は、「子供の創造物」を過去の誤った考えで、破壊してしまわない事だと思う。

「人類の進化の着地」は「平和」にたどり着く事ではない。

 

その先の「創造物」であったり、その源となる「創造」が「人類の向かうべき進化」であり、「不安」や「恐れ」を解決する手段である事に気付くべきである。

 

地球上の生物で「創造力」を持つ生物は人類だけだ。

人類は「人類が誕生した原点」を、振り返る必要がある。

 

今、まさに地球上の人類全体はそこに直面している。

 

これからの未来の地球を支えてくれる子供達の可能性(創造)を良い方向に導く事ができるか…?

 

 

 

 

今、自分も含め、平和だけを求め続けた大人達のこれからの「進化」にかかっていると感じてならない…。