は~い👋 皆さ~ん、こんにちは。

 

毒舌・いや、でもホントのことを言って

病院をクビになった

ロージー先生(老爺)西川です。

 

立秋も過ぎ、お盆のお休みに入りましたね。

各地の行楽地がにぎわい、超満員!!

片や、各地で水害発生、

そして、コロナさんは超大暴れ!と

なんかちぐはぐな日本列島!!

 

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

ロージー先生は相変わらず、毎日新しい一日を迎えて

楽しく、有意義に過ごしております。

 

さてさて、

今日は少し大げさな???

ショッキングな話題を

取り上げてみました。

 

アメリカの栄養学修士の

ナターシャ先生からの

手紙をひも解いてみましょう。

この中に

このままでは日本人は絶滅する

という文章があります。

 

実は、

ナターシャ先生が東京の某クリニックで

2000名の方々を調査した時に

「ほとんどの人はいつ大病をしても、いつ死んでもおかしくない状態のある」

「でも、当人は皆、自分は健康だと思っているところが、大問題だ」

との内容です。

 

皆さんは、ぇえ~!?ってお感じでしょうか?

実はホント!!

 

この手紙を頂いたのが7月2日、

ところが、この発言を証明する記事が8月5日に

我が国の厚労省から発表されました。

対象は企業勤務者ですから、

当然、高齢者や寝たきり、痴ほう、心身障碍者は含まれていません。

ということは、

働き盛りの青壮年の本来は元気真っ盛りの人たちが

検診対象なんですね。

 

この人たちの半数以上の方々が、

いつ大病をしても、

いつ死んでもおかしくない状態に

あるということです。

 

日本人は、健康づくりの意識が間違っている、

とも。

 

私たち一人一人が真剣にとらえなければ

日本人は病人大国から

絶滅種に入るよ!!