本日はちょっとびっくりするようなものを作っていきます。

 

コチラの動画でもお伝えしておりますので、ぜひご覧くださいませ↓

 

 

それでは、早速行ってみましょう!

 

 

 

 

 

ホルモンと相性の良い意外なフルーツ

 

ホルモンなんですが、合わせるととてもよく合うフルーツがあります。

 

それはメロンです。

 

 

嘘、気持ち悪い!そんなのやだ!と思われた方もいらっしゃるかもしれません(笑)

 

しかし百聞は一見にしかずで、一度バーベキューでも試しにやってみてください!

 

それでは作り方を早速やっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ホルモンの下処理

まずホルモンを食べやすくカットしていきます。

 

 

今回は和牛のホルモンを使用します。

 

普通はカット済みのものが販売されておりますので、切らなくても大丈夫なものでオッケーです。

 

 

脂のりがよくて美味しそうです!

 

 

外国産のホルモンは臭みが出やすいので、メロンとは合いませんが、和牛のホルモンは脂の甘みと旨みが特徴なので、美味しく食べれます。

 

 

 

 

 

メロンのカット

次にメロンのヘタをカットします。

 

 

そしてメロンを真っ二つに割ります。

 

 

中にある種を取り除きます。

 

 

種を取り出す時に出る果汁も、お皿に一緒に取っておいてください。

 

 

次にメロンをくりぬいていきます。

 

 

あのまんまるにくり抜く器具があればいいのですが、今回はスプーンで取り除いいたします。

 

 

ここでつい、つまみ食いしたくなります。

 

するかしないかはあなた次第・・(笑)

 

 

 

 

 

 

調理開始

全部取りましたら、今度はホルモンを焼いていきます。

 

 

そして、さっき種と一緒に取り出した果汁を、ザルで濾してフライパンで焼いている途中のホルモン中に投入します。

 

 

そうすると、メロンの香りが一気に広がり、良い香りがします!

 

 

甘い香りが漂います。

 

こんな香りの良いホルモンは、焼いていてもとても気分がいいです!

 

 

ある程度水分が飛んだら OK です!

 

 

さっきのくりぬいたメロンの中に、熱々のホルモンを投入します。

 

 

みずみずしいメロンの中に、ホルモンが投入されました。

 

 

先ほどくり抜いたメロンをホルモンの上に被せます。

 

 

メロンの端っこの方に切り身を入れて、メロンのヘタを乗せて飾り付けをします。

 

これで完成です!!

 

 

題して「ほるめろ」の完成です!

 

 

 

 

 

実食

うちの嫁さんにも試食してもらいました。

 

 

これを見た瞬間とても驚いておりましたが、さあお味はいかがでしょうか?

 

 

「おいしいい」ただきました!

 

メロンと合わせると食欲も増進しますので、是非騙されたと思ってやってみてください!

 

ただし、こちらは熱々のホルモンでないとおいしくないので、ぜひ温かいうちにお召し上がりください。

 

冷めたら逆に、油の塊になってまずいです。。

 

 

 

バーベキューでの変わり種にやってみてください。

 

盛り上がると思います!

 

 

 

 

ということで、本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました。