生月島シイラ

テーマ:

9月14日、天気予報は北東の風、波高1.5→2.5mの予報。

 

シイラ釣りの条件としてはベストではなく、釣果もまだ聞いていなかったので、迷いましたが、とりあえず釣友の松本君と生月島へ行ってみることにしました。

 

風は徐々に強くなるようでしたので、朝に福岡を出発し、昼から釣り場の舘浦港に着きました。

 

 

思ったほど風は吹いておらず、ベイトのアゴの姿も見えませんが、狙いは夕マヅメなのでゆっくりと準備します。

 

松本君は今回がシイラ釣り初めてなので、簡単に釣り方を教えて釣りスタート。

 

風はだんだん強くなってきましたが、雨もばんばん降ってきました。

 

なんにも反応がないまま迎えた夕マヅメ。

 

まず、5、6匹くらいのシイラのチェイスがありましたが、ミスバイトでヒットせず。

 

沖のルアーの射程外ではボイルが何度か発生し、雰囲気は良くなってきました。

 

そうこうしていると、本人は気づいていませんでしたが、松本君のルアーをシイラの群れがチェイスしてきました。

 

教えながらキャストするとヒット!

 

久し振りに味わうシイラの引きです。

 

松本君にもヒットしていましたが、フックアウト。

 

さらにヒットさせていましたが、またもやフックアウト。

 

状況が落ち着いたところでランディング。

 

 

120cmくらいのオスのシイラです。

 

 

ヒットルアーは、ご当地ド定番のアゴペン95g。

 

アゴがあまり寄っていないので、シイラの回遊があってもアゴが飛ばないようです。

 

とりあえず投げ続けるしかありません。

 

次のヒットも松本君でした。

 

かなり沖目でのヒットで、サイズも良さそうでしたが、取り込み寸前にポロリ。

 

本人はショックそうでしたが、まだチャンスはありそうなので、2人ともキャストを続けます。

 

今度は、私のルアーに大きい群れがチェイス!

 

すぐに喰わなかったので、打ち直してフォール後のトゥイッチでヒット!

 

さらに、松本君にもヒット!

 

続いて別の方にもヒットして、トリプルヒットです。

 

まず、自分のシイラをギャフ打ちし、松本君の分もギャフ打ち。

 

 

今度はメスのシイラ。

 

 

松本君もメスのシイラ。

 

初挑戦でゲットできたので、嬉しそうでした。

 

シイラ釣りが開幕し、いよいよ秋本番って感じですね。

 

 

タックル

ロッド ZENAQ ミュートスDuro100Hペンシル

リール DAIWA 15ソルティガ5000H

ライン PE4号

リーダー ナイロン80lb

ルアー アゴペン10cm95g

 

 

 

 

 

AD