五島沖磯、青物

テーマ:

7月17日、五島の沖磯へ青物狙いで釣行しました。

 

この時期に青物狙いに行くことは、ほとんどなかったのですが、オフショアでは夏マサのシーズンに入り、釣果も出ていることから、様子見に行ってきました。

 

特に、情報はなかったのですが、なんとなく五島の沖磯に決定。

 

同行者は、同僚の鬼頭君です。

 

まだ、ショアからまともなヒラマサを釣ったことがないとのことで、気合が入っています。

 

釣り場に着くと、すぐに東の空が白んできたので、そそくさとタックルをセットし、釣りスタート。

 

少し明るくなったところで、青物のボイルがあり、魚がいることがわかりました。

 

すると、潮上に入っていた鬼頭君にヒット。

 

 

うれしい4kgくらいのヒラマサです。

 

立て続けに鬼頭君、6kgクラスをゲット。

 

さらに、あちこちでボイルが始まり、すごい数の青物が磯際から沖までびっしり。

 

 

正体は、ヤズでした。

 

 

ルアーは、ショアマニアのダイビングペンシル170。

 

最近、お店で新規取り扱いを始めたメーカーさんのウッドプラグです。

 

今回の目的の一つは、このルアーを試してみることでした。

 

ショートジャーク、ロングジャーク、素晴らしいアクションで、ダイブのしやすさも秀逸です。

 

価格も安めで、この秋、楽しみなプラグが増えました。

 

 

さらに、ヤズ。

 

トータル4本ゲットしたところで、潮が緩み、バイトが遠のきました。

 

辛抱してショアマニアを引いていると、突然ミスバイトがあり、ショートジャークで喰い直すと、グイグイ締め込むファイト。

 

ヒラマサっぽい引きでしたが、コンビリングの結束から切れてしまいました。

 

今まであまりなかったのですが、今度からもっと丁寧に組むようにします。

 

これを最後に、完全に青物の気配はなくなり、二人とも思い思いにお土産確保に。

 

夏磯はいろいろな魚が釣れます。

 

 

私は、ショアスローでアカハタ。

 

 

鬼頭君は、スピンテールでマダイやイサキ。

 

アカハタが意外と少なく、アタリがあまりないので、最後は青物狙い。

 

突然、ヒットがありましたが、正体はメータークラスのシイラ。

 

いると思ってたんですよね。

 

しかし、強引に引っ張っていたら、フックアウトしてしまいました。

 

いろいろな魚がいて、魚影も濃く、楽しめましたが、とんでもない暑さでした。

 

10時以降は、持参してきたペッボトル水を被りながら釣りしていました。

 

とりあえず、夏でも青物が釣れることが分かってよかったです。

 

 

タックル

ロッド ZENAQ ミュートスDuro100Hペンシル

リール DAIWA 15ソルティガ5000H

ライン VARIVAS アバニキャスティングPE・SMP5号

リーダー VARIVAS ナイロンリーダー100lb

ルアー ショアマニア・ダイビングペンシル170、ラピードF170、F220、青政188F