一条工務店i-smartで建てるスマートハウス!

一条工務店i-smartで建てるスマートハウス!

一条工務店i-smartで家を建てました。住み心地などの感想とあわせて、家造りの過程で考えたこと、家電選びなどについてメモしていきます。太陽光発電、特に夢発電の費用対効果計算などもあわせて行っていく予定です。


テーマ:
こんばんは。さすけです。

2019年1月末に消費者庁から公表された太陽光発電システムが発火・火災を引き起こすリスクの指摘とそれに対する一条工務店の対応の続報を書かせていただきます。

一条工務店では現在設計打合せ中の方に対して、ソーラーパネル1kWあたり1万円で消費者庁の勧告にしたがった鋼板敷設をオプションとして提供しはじめました

(ただし、基本的には設計打合せ中の方であっても顧客側から質問しなければ、一条工務店側からは説明してくれない体制となっています。そのため設計打合せ中の方でも知らない方も多いかと思います。)

仮に9.9kWのソーラーパネルを設置した場合、税抜き9.9万円で鋼板敷設が行えます。12kWのソーラーパネルであれば12万円で鋼板が敷設できます。

結論から言いますと、鋼板敷設が1万円/kWで可能であるならばすべきと考えます。というか、鋼板を敷設しないという選択は私個人の価値観ではあり得ない選択と考えます。

前回の記事で一条工務店が鋼板敷設をオプションで提供した話を冒頭に少しだけ書いたところ、営業さんから推奨しない旨の話があったという情報やそもそもそのような話を知らなかったという話を多く伺いました。また、知っていた方も、お金を掛けてまで鋼板を敷設すべきかどうかについてご相談もいただきました。しかし、これは誤った(または認識不足)説明と考えます。

いつも通りこの記事は長いです。ブログが長くて読むのが辛い方は営業さんに「太陽光を設置する際は鋼板敷設をオプションでお願いしたいので、オプションとして追加しておいて下さい」と伝えていただければOKです。こうすることで、損はありませんし、将来のソーラーパネルの発火・延焼リスクを十分に低いレベルに低減できます。

営業さんが反対しようが、周辺で誰も鋼板敷設をしている人はいなかろうが、鋼板敷設はすべき、というのが私の結論です。

以下では、なぜ鋼板敷設をすべきという結論に至るのかを説明させていただきます。




この記事の続きはこちら

テーマ:
View this post on Instagram

こんばんは〜 今日まで九州出張で、明日の朝は都内で早い時間にミーティングの予定があったので品川の東横インに予約したのです。。。 でも、日にちを1日間違えて予約してしまってチェックインできず、「予約がありません」と冷たい視線。。。しかも満室。。。ちょっと高いけど疲れているし隣の品川プリンスホテルでいいや〜と思い品川プリンスホテルをネットで予約してプリンスホテルにチェックインと思ったら、「お客様の予約が確認できないのですが予約確認を拝見させていただいてよろしいですか?」と言われて、いやいや今予約したし!と予約画面を見せたら「こちらは浜松町にある東京プリンスホテルになります」と言われて、本日2度目の予約ミス発覚!!泣く泣く浜松町にある別のプリンスホテルで、移動(T_T) 部屋に入ってみると、東京タワーが目の前に広がる良い景色だけど、レストランがメッッチャ高くて泣きそうです。。。担々麺二千円って。。。 無駄にラウンジサービスがあったのでとりあえず泣きそうになりながら、誰もいないラウンジでおつまみで空腹を満たしつつつ今晩の晩御飯を考え中です(T_T)

さすけさん(@sasuke13is)がシェアした投稿 -


テーマ:
こんばんは。さすけです\(^o^)/

2019年1月28日に消費者庁より「消費者安全法第23条第1項の規定に基づく事故等原因調査報告書 住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等 」が公表されました。

これを受けて、一条工務店からもプレスリリースも発表されています。

既に新聞等でも報道されていることからご存じの方も多いかと思いますが、国内で普及が進む住宅の屋根設置型ソーラーパネルが発火し、7軒では屋根に延焼、火災事故が発生していることからその対策を経産省などに要請する内容となっています。

消費者庁の報告書では国内の住宅等の屋根に設置されたソーラーパネルは2,374,700棟に上るとされており、これら全てのソーラーパネルで発火の危険性があることが指摘されています。特に内11万の太陽光発電システムに採用されている「鋼板無し型」ソーラーパネルについては、発火に伴い屋根への延焼事故が発生したことから、パネルの変更や応急点検を行うことを要請しました。

そして、一条工務店の住宅屋根に設置されているソーラーパネルは全てこの延焼が確認された「鋼板無し型屋ソーラーパネル」となっています

一条工務店では2010年以降、ソーラーパネルをターンキーシステムという形でアルバック製のソーラーパネル製造ラインを購入し、ソーラーパネルを自社の関連会社であるHRD(日本産業)で製造しています。そして、一条工務店では初期費用ゼロで太陽光発電システムを導入可能な夢発電などの仕組みを作り、ピーク時には一条工務店が施工する住宅の約9割でソーラーパネルの設置を行ってきました。消費者庁の報告書に従うならば、2011年以降に引き渡しを受けたほぼ全ての一条工務店の家は発火・延焼リスクが他のパネル設置形態に比べて高い状態にあると言えます

一条工務店の年間施工等数は1万数千棟あることから、一条工務店は2010年から現時点までに約6万棟のソーラーパネル設置した住宅を販売してきたことになります。よって、火災・延焼リスクが高いとされた鋼板無し型ソーラーパネル設置住宅11万軒のうち半数以上が一条工務店の住宅であると推定されます

そこで気になるのが、消費者庁の事故調査によって明らかとなったソーラーパネルの発火・延焼事象はどの程度の頻度で発生し、また、私たちはどのように対策をすべきかについて消費者庁の報告書を元に考えてみたいと思います。

【追記:2019/05/09】一条工務店が本件に対応する形で1kWあたり1万円で鋼板施工をオプション提供しています。鋼板施工が必要であるかについて下記の記事にまとめました。

https://www.smarthouse2.com/?p=16628

この記事のポイント!

  • 消費者庁から太陽光発電システムの火災事故に関する事故調査報告書が発表された。
  • 屋根設置型ソーラーパネルのうち、11万軒に設置されている「鋼板無し型ソーラーパネル」は延焼の危険があるとして、応急点検等の要請が行われた。
  • 2011年以降に引き渡しを受け、ソーラーパネルを設置した一条工務店の住宅はほぼ全てが「鋼板無し型ソーラーパネル」であり、全戸で対応が必要となっている。
  • 消費者庁の要請では「対応の責任は家の持ち主」にあるとされており、メーカーは持ち主に協力する立場となっている。
  • 定期点検を義務づける方向での議論が行われており、住宅の所有者は4年に一度の定期点検を行う必要が発生する。費用負担は原則所有者。



この記事の続きはこちら

テーマ:
こんばんは。さすけです。

2019年4月以降の10kW以上ソーラーパネル設置による太陽光の固定価格買取制度による売電単価について政府から方針が発表されました。

2018年度まで18円/kWhであったものが、2019年度以降は14円へと20%以上の大きな値下げが行われたことから、新聞等で大きく報道されています。(日本経済新聞 1月9日

10kW未満については出力抑制装置なしの地域(東電、関電、中電管内)では、24円/kWh、出力抑制があるそれ以外の地域では26円/kWhとなることが決まっています。

10kW未満にすれば、その売電価格は10kW以上にした場合に比べて1.7倍の価格で売電できることから、本来は10kW以上のソーラーパネルを搭載できるお宅でも、あえて10kW未満になるようにダミーパネル等を設置される方も出てくるものと思います。

一条工務店のソーラーパネル設置容量は、2018年7月時点で依然として11kWを超えていました。

image

しかし、今後は10kW未満を検討される方やそもそもソーラーパネルの設置を見合わせる方も多く出てくるものと思います。では、具体的にどのような条件であればソーラーパネルを設置した方が得なのか?また、10kW以上と10kW未満のいずれの方が得なのか?といったことを考えてみたいと思います。




この記事の続きはこちら

テーマ:
View this post on Instagram

おはようございます。さすけです\(^o^)/ ・ 現在、出張でパリに来ています^^ パリでは17日と24日に大規模なデモ(#yellowvests)があり、24日のデモではデモ隊の一部が暴徒化したためシャンゼリゼ通りに面するお店の窓がかなり割られまくっていました。。。 先日オープシンしたばかりのアップルストアシャンゼリゼ通り店のガラスも割れれていました。 ・ デモの様子は日本を出国するころから流れていましたが、週末にパリに到着したらシャンゼリゼ通りが燃えて大変なことになっていました(~o~)炎上している写真はニュース映像です。その他の写真は27日の様子です。ちょっと人が少なめでした。 ・ 一部負傷者も出たようですが、現在ではお店の出入りのセキュリティチェックが厳しい(パリのテロ以降相変わらずでもありますが。。。)ぐらいで観光客も多くパリの日常は戻っているようです^^ ・ 日常は戻っているとは言え、そこら中の窓ガラスが割られているシャンゼリゼ通りはやっぱりちょと不思議な雰囲気です。 ・ パリに旅行を予定されている方ではキャンセルなどを考える方も出ているかと思いますが、あくまで個人も感覚から言えば、そこまでしなくても大丈夫かな?と思います^^ ・ ただ、これからパリに来られる方はシャルルドゴール空港から凱旋門付近にバスで出られる場合などは、ニュースなどをチェックしておく方が良いかも知れません。特に土日に到着される場合はデモが再び行われる可能性もあろうかと思いますので注意が必要です。 ・ デモが行われている場合は、面倒でもタクシーで移動するなど安全対策は心がけた方が良いように思います。パリのタクシーは渋滞も多くて便利とは言えませんが、入国直後の状況が分からない状況でバスを降りたらデモでしたというのはやっぱりちょっと危険と思います。。。。 通常のデモであればそれほど危険ではないのですが、今回は先日暴徒化したばかりなので警察も気が立っている可能性もあるのでデモには近づかないのが一番と思います。 ・ 週末にはパリからボストンに移動する予定なのでデモの動向がやや不安です。。。 ・ #シャンゼリゼ通り#パリ#paris#フランス#デモ#yellowvests

さすけさん(@sasuke13is)がシェアした投稿 -


テーマ:
View this post on Instagram

こんばんは。さすけです\(^o^)/ ・ 旅行のことをアップして依頼更新していませんでしたが、無事帰国しました。 ・ 本日は、ブログの更新のお知らせです。 ・ i-smartは発売開始から7年で35坪の家で税込み270万円の値上がりがありました。 ・ 仕様も変わっているため、単なる値上がりとは違いますが、これから家を建てようと思っている方にとっては今後もこの値上がり傾向が続くのかは気になるところと思います。 ・ 結論だけ言えば、これは私の全くの推測ですが、当面は大きな値上げはないだろうと思っています。消費税増税前に家を建てるかどうかという問題はありますが、消費税増税の影響は平均的なお宅で50万円~70万円程度と思います。 ・ 大きな金額ではありますが、これから何十年も済むことを考えて、あまり急ぎすぎないのも一つの考え方かな?と思います。 ・ 詳細についてはプロフィールリンクからブログ記事をご覧いただければと思います\(^o^)/ ・ #decor#home#homedecor#interior#ismart#myhome#room#アイスマート#一条工務店#新築#新築住宅#注文住宅#坪単価#家#住宅価格#消費税#消費税増税#ismart2#アイスマート2

さすけさん(@sasuke13is)がシェアした投稿 -


テーマ:
View this post on Instagram

こんばんは。さすけです\(^o^)/ ・ 今日も引き続き空気を読まずに家づくりとは全く無関係にイタリア旅行の写真です(^o^) ・ 今朝は昨日入れなかったサンピエトロ大聖堂とシスティーナ礼拝堂に行って、午後、ローマからフィレンツェに移動してきました! ・ フィレンツェではVilla Cora(@villacorahotel )という18世紀に建てられた貴族の館を改築して使っているホテルに宿泊しています(写真1枚目)。 ・ 写真の2枚目がホテルの内装ですが、天井などが美術館みたいで、これは。。。父親と泊まる宿ではないですね^^; ・ これから新婚旅行に行かれる方などでしたら、雰囲気も良いのでお勧めです!私もいつの日か妻を連れて来られればと思います! ・ 今日はホテルのレストランで晩ご飯を食べましたが、父がそこまでお腹がすいていなかったのでウェイターさんにあまり量が食べられなそうなことを言ったら、メニューにはないミネストローネ(日本と全く見た目が異なっていてグリーンでした。)とボローネゼパスタを作ってくれました^^(それでもかなりのボリュームでしたが。。。) ・ お酒を飲まない人には味はやっぱりちょっと塩味がきついけれど、おいしかったです。 ・ 事前にリクエストしておいたのですが、ホテルからの眺めはフィレンツェ旧市街が一望できる見晴らしの良い部屋で、ホテルから外に出たくなくなるような眺めでした(写真3枚目)。写真はすべてホテル内です! ・ 明日はフィレンツェ観光に行ってきます! #villacora #firenze #イタリア旅行 #フィレンツェ #ヴィラコーラ

さすけさん(@sasuke13is)がシェアした投稿 -


テーマ:
こんにちは。さすけです\(^o^)/

先日、一条工務店で家を建てられた方の複数でキッチンカウンターの下にカビが生えてしまっている問題についてその原因と応急的な対策について書かせていただきました。

なぜ一条工務店のキッチンの下にカビが生えるのか?原因と対処方法についての一考察(一条工務店さん作業指示書の変更をお願い!)

2018.08.17

その後、色々な方から連絡をいただき、結論としてはやはりキッチンカウンター下にある水道管等の配管施工時にできた僅かな隙間(気密には影響を与えない程度)から、キッチン換気扇使用時に基礎内部の湿った外気を引き込み、それが空調された室内に設置されたキッチンカウンターで冷やされて内部でカビが生えやすい80%を超える湿度に達してキッチンカウンターにカビを生えさせたことで、ほぼ間違いはないと思うに至りました。その後写真等も複数拝見させていただきましたが、漏水があるケースなどの例外を除いてはこれ以外の原因はないであろうと思っています。

対策としては、キッチンカウンター下の配管の隙間を発泡性の断熱材等でシーリングすれば問題は解決できることまで前回の記事で書かせていただきました。

ただ、これはどちらかというと場当たり的な対応であって、カビが生えてから対応するというものになるためあまり気持ちのよいものではありません。

そこで、今回はそもそもキッチン下にカビが生えることをほぼ完全に防止する手法についてご紹介をさせていただきます\(^o^)/ただし、これはこれから家を建てる方、または現在設計打合せ中の方限定の方法であり、既に着手承諾をされた方や引き渡し済の方は対応できない方法ですのでその点はご了承くださいm(_ _)m




この記事の続きはこちら

テーマ:
View this post on Instagram

こんにちは。さすけです。 北海道の地震で被災された方にお見舞い申し上げます。 ・ メールで問い合わせをいただいて、もしかして同じように不安に感じられている方もいらっしゃるかと思いインスタに投稿させていただきます。 今回北海道では大規模な停電が発生しているとのこと、一条工務店の家に住まわれている方はロスガードが停止されていることと思います。 ・ ロスガードが停止していても窒息することはありませんので安心して下さい^^ ・ 100㎡(約30坪)のお宅であれば完全密閉された状態でも約250㎥の空気があります。仮に5人の大人が住んでいても、不調を感じることが多い二酸化炭素濃度10000ppmを超えるまでに24時間程度かかります。一般に健康上安全とされる5000ppmを超えるのにも12時間を要します。 一条工務店の家は高気密とは言え、完全に密閉されているわけでもありません。5~6時間に1回の換気をすれば全く問題ありません。少し空気は悪くなりますが夜寝る間は窓を閉めて寝ても全く問題ありません^^ 気になるようであればトイレなどの窓を防犯ロックをした状態で少し開けておけば換気も必要ありません。特に停電時は防犯上の観点から窓を開けっぱなしで寝ることは絶対に避けた方が良いです。 ・ また、今晩も停電が継続した場合明かりの問題が出てくると思います。 懐中電灯などがあればベストですが、ないようであれば火の扱いには十分注意をした上で、「#サラダ油ランプ」が今家の中にあるものでどなたでも明かりを採れる方法と思います。 朝日新聞のサイトで詳しい作り方が動画でアップされています。 https://goo.gl/UdWvD7 ・ 一条工務店の家では火を使った器具は厳禁とされていますが、サラダ油ランプを数個使った程度で人間が窒息することはありません。ただし火事にだけは十分ご注意ください。カセットコンロがあればカセットコンロで料理をしても大丈夫です。ただし、カセットコンロを使う場合は防犯ロックをして窓を開けるなど換気をするようにして下さい。窒息はしませんが、空気が悪くなって頭が痛くなったりすることがあります。10分から20分換気すれば問題ありません。 ・ オール電化が多く普段使い慣れない火の元には十分ご注意ください。1日もはやく復旧することを願っています。 #ismart#myhome#room#アイスマート#マイホーム#一条工務店#暮らし#新築#新築住宅#注文住宅#ismart2#地震#ロスガード

さすけさん(@sasuke13is)がシェアした投稿 -

Ameba人気のブログ