オーストラリアの砂の島から日本の島へ新天地を探す旅に出る準備中の明美です。

 

 

「ふぅ〜。」と全身を緩めて、海辺の朝陽が登るのを眺めながら、露天風呂に浸かった感じ。

そして「じわぁ〜」と内側から、心地よさがハートから細胞ひとつ一つに伝わる気持ちよさ。

「ふふふっ」って込み上げてくる微笑み。

 

一言で言うならば「やばーい、めっちゃ楽しかった。」

 

ガイアハウス のマキさんのセプタグラムソウルジャーニーコーチング講座をすべて終了。

3日目を終えて、その体感が冷めないうちに書いてる。

 

 

蠍座の質が強いだけに見えない部分も見える部分も深くしつこく、

講座中に徹底的に何度もした価値観と自分の強みの見直し。

 

 

強みに気づくことは、わりに得意。

そこを過剰に出しすぎないようにも意識も出来ていた。

現状の住む場所が決まってなくても、ポジティブにくつろいでいれるのは信念があるから。

 

が、弱みは放置プレー的だった。

だから気づかなかった。。。

ということに最終日の最後に気づいた!!!

 

 

私の強みのワースト 分析的・競争・戦力的。

すでに前提が自分が弱い部分と決め込んでいた。

 

 

枠を外して、自分の「分析力」Analyticalをみる。

 

「ある」という視点から振り返る。

 

セッションで相手の話してること、表情などから、相手の話してない無意識の本音に気づけてるし。

相手に伝わるように、いつもその人をみて、言葉や例話を選んでる。

 

リトリートではお一人お一人が他の人がいながらも、自分のあるがままの場でいれるように場や距離感を意識してるし。

どんな風にしたらくつろげるかなとか、見えると見えないところからも、それまでのやりとりと会ってすぐに観察していた。

 

料理教室では参加してくれる方、お一人お一人がレシピをお家でも作れるように会話などから、

どの部分に苦手を感じるとかハードルを高く感じているのか。

それをレッスンの中で意識し、お家で簡単に作れそう。

作ってみよって思えるようにレッスンを進めている。

 

 

やっていたことって、分析。

自分がわかっていなかったってやつ。

 

 

「戦力的」Strategic
 
ありたい未来から、そうあるために何を今やったらいいか、どうしたらいい?って
いつも考えて行動してる私。
 
自分の本当に手に入れたい喜びや目的の的を定めたら、いきあたり、ばったり行動するのでなく。
それに向かって分析的に判断してる私がいる。
地道にコツコツしながらも、
最短で受けれるように、講座を受ける時期をスケジュールしたり。
 
 
それって、もしかして戦略的??じゃないの?
戦う前にきちんと準備してたかも。。
本丸の前に外堀から埋めていくような。
また過去の言葉の概念から、決めつけていたことに気づく。
 
「人事尽くして天命を待つ」言葉が好き。
コミットしてやると決めたことは、分析して戦略的にやることやった結果
だからこそ、私はポジティブに待てるということにも気づいた。
 
 
では「競争」Competionが自分の強みとしたら?
競争の同義語はせり合う、争う、闘う。
 
自分からは、戦わないけど。
でも自分の自由や喜びが奪われそうになったら、戦略的に、分析して徹底的に闘う。
その視点から過去振り返ると、めっちゃ競争心あるね。
 
大事な時には発動できるということは、強みだった。
 

というわけで講座が終わった後にさらに強みに気づいた。

 

私のトップの強みは信念・ポジティブ・くつろぐ

これにプラスして

さらに新しく知った自分の強み、分析力・戦略的・競争を意識してみる。

 

新しい価値観と強みに気づいた自分をスタート♡

 

あなたの人生をソウルジャーニーとしての視点で見た上で、better life(より良い人生)を送るためのコーチング講座おすすめです。

 

 

今まで通りに生きる?

それとも終わらせて、始める?

 

今までずっとやってきたことを形に。

あなたはもう光の存在の自分を受け入れて。

影を消すことなんて、できない。

影も光もあなた自身だから。

統合するだけ。

 

 

風に乗ることで一気に上昇する運気に上がるかも。

自分を信じたいと感じたら、セッション受けてみてね。

 

風が通る時、エメルギーは流れるから。

風が吹いていきたら、その流れに乗れるように準備しとこう。

 

自分のソウルの本質を知ることは、どの風に乗れるかわかるようになるよ。

 

セッションお申し込みはこちらから。

あなたの美しいソウルを知れるセッション。

自分の強みを知ることで、ずっと生きるのが楽になる。

 

ちょっと気になる人がある人はミニタロットがおすすめ。

カードが驚くほど、教えてくれる。