こんにちは

グループホームでは、毎週月曜日に理学療法士の指導による体操を行なっています。

時間は30分ほどですが、体を動かしながら、頭を活用し刺激を受けられます。

                 

運動を行うと、血流の改善、食欲がわく、腸の働きがよくなる、気分がよくなるなどの効果が得られます。一番いいのは、日常生活の中で生活に必要なことを取り組むことといえますが、自主的な活動が減少していくことも否めません。

                  

普段から、運動する習慣があることが望ましいですが、意図的に体を動かす機会を設ける必要もあります。

また、ただ歩くというより楽しみながら、体を動かすことで脳の活性化にもつながり、心身の機能を維持することにつながればとおもいます。

 

元気の源は、日常の中から運動の習慣化が大切だといえます。

 

★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ