本年4月からレジデンストラックとして、ベトナムから二人が入社し、私たちと共に仕事をしてもらう予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で全ての外国人就労者の新規入国が停止されたことから、半年以上来日できない状態になってしまいました。
来日できるようになるまで、日本語を勉強中の二人に記事を書いてもらいました。
他にもそれぞれのアカウントで掲載されている記事もあるようなので、そちらもどうぞご覧ください!※URLの記載の許可済み

業務推進室 石塚

「日本の建物」                                  ルオン・ヴァン・マン:https://ameblo.jp/manh0509/
こんにちは。私はベトナム人です。
それに、日本の建物と文化を調べることが大好きです。
日本では文化の特色と美しい自然の風景に限らず色々な独特な建物があります。

これから、一緒に、調べしましょう。

ここから東京までバスで4時かかります。

姫路城の壁は木から作られました。壁は白い塗られた漆喰です。

姫路城は1933にユネスコによって世界遺産に認定されました。

姫路城に旅行することがありませんでした。将来、姫路城で友達と旅行に行きたいです。

 

東京都庁舎

1988年4月に着工され、1990年12月に全面開業した。
東京都庁舎は高さ243m, 地上48階、地下3階である。

建築面積は9,786 ㎡、この建物は丹下健三によって設計された。
機会があれば、友達と東京都庁舎を色々と見学したいです。

 

日本の建築                                  ヴォ・ヴァン・グエン:https://ameblo.jp/vonguyen-vj/

 

最近、日本の建築の特徴について学びました。そして今日は日本の建築についての記事を書きたいと思います。
日本の建築と言えば、まずは木造で建てられた非常にユニークな建築の家を思い浮かべます。
気候や天候の特殊性により、日本は雨が多く湿度の高い国であるため、木造家屋はかなり通気に優れています。だから日本人は家で木を使うのが好きなのです。

その上、日本人は自然をとても愛しているので、彼らの家の建築は内部空間を外部から分離せず、庭と家は常に互いに継続的で調和しています。
日本人は家を建てるときに風水問題に特別な注意を払います。

部屋を配置するとき、それらは非常にタブーです。
自然災害が頻繁に発生するため、ほとんどの家は衝撃を軽減するために土台を深く掘り、柱は木でできており、平らな地面またはレンガの土台の上に建てられています。

木造住宅は日本全国どこでも手に入ります。


日本の建築に共通する特徴は、暑い夏の太陽と雨から家を守るために大きな屋根と深い庇を持っていることです。雨水が流れやすいように屋根は下向きに傾斜しています。

日本の家のドア枠は通常木でできており、木の重さは縦の柱、横の梁、斜めの筋交いで支えられています。部屋は、非常に目を引く方法で装飾された可動式の木製の仕切りによって互いに分離されていることがよくあります。地面からの湿気を避けるために、床は20〜40センチメートル高くなっています。キッチンから廊下まで、家全体が同じ建築で建てられています。居間は広く開放感があり、床は畳と呼ばれるマットで覆われています。畳には椅子を使わず、座布団と呼ばれる畳や座布団の上に直接座ります。

特徴的な和風の室内装飾は、可能な限り少ないという基準に基づいており、清楚さと風通しの良さは非常に重要な要素であり、色の調和のとれた組み合わせとシンプルで繊細な家具のデザインです。日本の住宅は、伝統的な形と現代の技術を組み合わせて、耐火性と自然の状態、そして生活の利便性を向上させることにより、長年にわたって発展してきました。

 

使用画像:https://pixabay.com/より

当社社員親睦団体「宗友会」による「道立宗谷ふれあい公園アダプトプログラム」

平成14年度から毎年継続して参加しており、今年は7月30日(金)8:30~11:30頃まで

活動を行いました。

 

 

 

ここ最近、稚内では過去最高気温を更新するなど、連日猛暑が続いており

今日も快晴で、とても暑かったですが風もあり絶好のボランティア日和でした晴れ

 

 

 

高圧洗浄機やデッキブラシを使って、水路の中に溜まっていた泥汚れを落としたり

草刈り機やカマなどを使って、水路の周辺の雑草を丁寧に刈り取っていきました♪

 

 

 

途中、ふれあい公園様より冷たい飲み物の差し入れをいただき、休憩を挟みながら

修景池周辺の清掃をも行い、約3時間ほどの作業で、水路や水路周辺、修景池周辺が

とてもキラキラキレイキラキラになりましたッにこ

 

 

 

今後も、市民の皆様が気持ちよく利用できるよう継続して参加していこうと思います!!

 

 

ガチャピン 総務部 沖口 ガチャピン

7月5日から7月9日までの5日間、北海道稚内養護学校の生徒3名と引率の先生2名による

職場実習を実施いたしましたキラキラ

 

実習作業としては、機械で濃縮された濃縮稚内温泉水をペットボトルに詰め、ラベルを貼付、

袋に入れて包装する、という作業です。

 

始める前に作業説明を一通り行い、最初はペットボトルに温泉水を詰める作業から実習スタート!!

 

1つ1つ丁寧に作業を進めていき、とてもきれいな仕上がりとなっていましたキラキラ

…が、だんだんと袋詰め作業も進むにつれ、少し気になることが頭をよぎりました…

 

作業のスピードが早くないか…!?びっくり

 

思った通りに、生徒の皆さんは慣れるのがとても早く予想外のスピードで進み、このままでは

途中でする事がなくなってしまう…ガーン

という状況になってきました(これには本当に焦りました笑い泣き

 

当初準備していた作業が予定よりも早く終わりそうになってしまい、急遽、梱包用の段ボールの組立と

段ボール詰めまでの作業を追加し、最終的には出荷できる状態にまで仕上げていただきました爆  笑

このまま出荷となり、購入された方に使用していただきます音譜

 

生徒の皆さん、5日間の間、気温も高く暑い中慣れない作業で大変だったと思いますが

本当にお疲れ様でしたキラキラ

 

 

 

総務部 品質管理課 春川

 

 

 

6月18日(金)13:00より、日頃から大変お世話になっている北門神社様の境内の草刈り

ボランティアを行いました。

 

 

役職員25名が参加。境内の本殿付近から階段の下まで2時間ほどできれいに刈り取ることができました。

 

 

この日は、快晴のため少々暑かったですが、終わった時の達成感もあってとても気持ちが

よかったです。

 

参加者一同、訪れる方々に気持ちよく利用してもらえるよう一生懸命作業いたしましたのでぜひ、訪れていただきたいと思います。

 

業務推進室 石塚

当社、社員親睦団体「宗友会」の活動の一つで、1983年より継続して活動しております、緑ヶ丘学園さんへのボランティア活動についてご紹介します。

例年ゴールデンウィーク明けの週末に施設外周の窓と、中庭にある窓清掃を実施しており、本年は5月7日(金)に活動を行いました。

コロナウイルス感染症の対策として中庭の窓清掃は行わず、施設外周の窓のみ清掃しました。毎年の活動ということで参加メンバー21名が、ワイパーやホース等を使い手際よく作業し、予定より早く作業を進められました。

 

このほか、緑ヶ丘学園さん敷地内の伐木処理のお願いを受け、バックホーを使用し伐根ごと処理しました。

この作業は重機を自分の手足のように扱える土木部の阿部課長補佐の活躍があり、緑ヶ丘学園さんの希望通りに対応ができました。

今後も利用者の方々に喜んでいただけるよう、自分たちにできる活動を積極的に協力して行きたいと思います。

 

業務推進室 石塚

札幌本店の須美です。

 

石塚建設興業の札幌本店新社屋では、よりよい職場環境づくりの一環として、応接室や

玄関ホールなどの壁に高機能の塗壁材「アースブレスケア」を使用しています。

このアースブレスケアは、稚内珪藻土のもつ調湿効果によって室内浮遊物質を表面に吸着させ

光触媒チタンアパタイトによって吸着した物質を分解・無害化する機能を持っています。

 

≪応接室の壁3面にアースブレスケアを塗っています。≫

 

≪階段室は1階から3階の壁に塗っています。≫

 

≪打合せブースにはアースブレスケアを塗ったボードを掛けています。≫

 

珪藻土の塗壁材は、吸水及び調湿性能、脱臭性能、遠赤外線効果、断熱効果、不燃性などの

優れた機能を持っています。珪藻土は日本の各所で採れますが、その中でも特に高品質・高性能なのが

稚内珪藻土です。

稚内珪藻土は室内の湿度を60%前後に調整し、清潔で快適な生活空間をつくってくれます。

 

動画「アースブレスケアの効果・保湿編」 https://youtu.be/mHpU2qVouW4

 

光触媒チタンアパタイトは、新型コロナウィルスに対する効果こそまだ確認されていませんが

インフルエンザウィルスや大腸菌を分解する機能を持つことが実証されています。

 

新社屋でこの塗壁材が使われていることで、より安心・安全な職場環境となっている…気がします。

24時間空調と相まって、確かに事務所内の空気は良いと実感しています。

 

≪稚内珪藻土(正式には稚内珪藻頁岩と言います)の原岩≫

 

 

アースブレスケアなど稚内珪藻土の製品は、株式会社稚内産業振興機構で製造・販売をしています。石塚建設興業でも取次をしていますので、ご興味をお持ちの方はお気軽に稚内産業振興機構か石塚建設興業までお問い合わせ下さい。

 

株式会社 稚内産業振興機構  http://www.wakkanai-shinko.co.jp/

 

ふたば 札幌本店 須美 ふたば

 

札幌本店の須美です。

 

札幌本店新社屋での営業開始から2ヶ月が過ぎました。

当初、きれいすぎる事務所に気後れ気味だった職員一同も、今はすっかりなじんでいます。

今回はこの新社屋を簡単にご紹介します!

 

 

 

事務スペースは最低限の間仕切りとし、それぞれの動きが見え隠れしながら認識できるよう

緩やかに区切られています。

 

 

 

階段、エレベーターホールは開放的な吹抜けとなっています。

 

 

 

車いす対応のエレベーターや多目的トイレを設置、バリアフリーとなっています。

 

 

 

外断熱構造の採用、開放的な空間構成、家庭用エアコン3台と空調換気扇を

組み合わせた24時間空調によって、全館が均一の暖かで快適な室内環境が維持されています。

 

 

 

洪水発生時の一時避難場所としての利用も考慮して、事務スペースなど主要機能は2階にあり

3階・屋上へも避難可能となっています。

 

そして停電時に強い電気自動車の導入を見据えて充電設備を設置しました。

また非常用発電機の設置スペースも確保しています。

 

 

次回はこの新社屋でも使用している、稚内珪藻土の塗壁材をご紹介します。

 

 

ふたば 札幌本店 須美 ふたば

 

札幌本店の須美です。

 

 

 

12月7日から石塚建設興業(株)札幌本店の新社屋での営業を開始しました。

 

工事中は多くの皆様にご迷惑をおかけしました。

 

 

 

新しくきれいな建物は良い!!と改めて実感しています。

 

※新事務所は以前と同じ住所、電話番号となっています。

〈住 所〉 〒060-0054

      札幌市中央区南4条東4丁目15-1

〈電 話〉 011-271-5924

〈F A X〉 011-251-5460

 

 

 

ふたば 札幌本店 須美 ふたば

 

札幌本店の須美です。

 

石塚建設興業㈱札幌本店の新社屋はいよいよ完成間近です!

 

 

新社屋での営業開始日が12月7日に決まりました。

 

新しい事務所では、稚内珪藻土と光触媒の機能によって室内の浮遊物質を表面に吸着させ

分解する特殊な塗壁材も使っています。

 

 

 

この塗壁材は、快適な湿度を保ったり、いやなにおいを消したり、空気をきれいにしたり、ウィルスや

細菌を無害化したりと、とても働き者です。

 

 

前の事務所が古くて寒かっただけに、ようやく新しく暖かい新事務所で仕事が出来る!と

期待が高まります。

 

 

ふたば 札幌本店 須美 ふたば

 

札幌本店の須美です。

 

10月になり建設工事追い込み期に入りました。

 

 

4月からはじまった新社屋の工事もいよいよ佳境です。

 

 

11月末に完成し、12月中には現在の仮事務所から新社屋に引っ越しをしたいと思っています。

 

 

完成までもうしばらくご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほど

よろしくお願いいたします。

 

 

ふたば 札幌本店 須美 ふたば