いしこうのラーメン日記 -2ページ目

有給消化とあわせて山形遠征へ。その1

有給消化とあわせて山形遠征へ。

 会社から有休を消化せよと言われてしまったので、木曜日と金曜日と月曜日に休みを入れて5連休にする事に。これだけ休みと取るのだから、どこにも出かけないのはもったいない…という事で、山形へ遠征に行ってきました。

 何故山形へ? というと、以前から気になっていたラーメン屋さんが山形にあるんですよね。結構な遠方なのでなかなか行くタイミングが取れなかったのですが、有休消化で連休を作る事ができたので、このタイミングで行く事にしました。

 いやーしかし、会社変わると本当に違いますね。前の会社ではそんな事は言われなかったし、そもそもこんなに休んだ時点で仕事が回らなくなりましたし。

 

 今でこそ有給消化は義務と当たり前ではありますが、こうやってちゃんと管理してくれるホワイトな会社って素晴らしい…。

1日目は寒河江のラーメン屋さんへ。

 今回の山形遠征。1日目は寒河江に宿泊しました。

 目的のラーメン屋さんは鶴岡の方なのですが、朝8時から整理券を配布するみたいなんですよね。朝8時に鶴岡に到着する為には何時に家を出ればいいんだ? って事で、少しでも楽に移動できるようにと、寒河江に宿泊する事にしたのです。

 

 寒河江は小さい町ですがいろんなものがコンパクトにまとまっていて、便利な町ですね。

 昼過ぎに寒河江のSAに到着したので、スマートETCでそのまま外へ。スマホで調べると美味しそうなお店が何軒かあるようなので、昼営業に間に合いそうなお店でお昼ごはんにする事にしました。

 

 という事で根塊訪問したお店はコチラです。

 

 

 寒河江の人気店で、ワンタン麺が有名なようです。

 

 

 食べログを見ても3.5以上と、かなりの高評価店。これは期待大です。

 

 駐車場も結構な台数分が用意されているので、車での訪問も安心。お店の駐車場が満車でも駅周辺には駐車場がいくつもあるので、停める場所には困らないと思います。

 

 このあと自転車に乗る予定だったので、アルコールは我慢。でもビール飲みながら、つまみをワンタンとか、とても美味しそうです(^q^)

 何を注文するか悩んだのですが、そんなに何度もこれる場所ではないので、ちょっと贅沢に注文しちゃいましょう♪

 

海老チャーシューワンタンメン+卵+豚の角煮

 

 欲張ってトッピングしたら、とても豪華なビジュアルになりました(^q^)

 スープはラーメンという感じではなく、うどんやそばの汁に近い味わい。とてもあっさりながらも、しっかりした和風のスープ。麺はモチモチ。チャーシューはとろとろ。角煮もトロトロ。味玉も半熟トロトロ。ワンタンはちゅるんとした食感で海老がぷりぷり。とても美味しいラーメンでした。

 大満足です。ご馳走様でした♪

その後は近場をまったりとサイクリング。

 ラーメンを食べた後は寒河江周辺をサイクリング。検索すると「さくらんぼサイクリングロード」という自転車道がある模様。

 

 

 時間的に全区間を走るのは無理でしたが、とりあえず2時間ほどまったり走ってきました。

 

 知らない道を走るのって、とても楽しいです♪

 

 川沿いのサイクリングロード。路面はあまり整備されていなくて、ちょっと凸凹していましたが、まぁゆっくり走るぶんには特に問題なく。

 写真を取りながらゆっくりはしって、約30kmほどの楽しいサイクリングとなりました♪

 

■寒河江サイクリングの走行データ → STRAVAのリンクへ

 

Garminのサイクルコンピューター、Edgeのマップ。

 先日、三宅大志先生と雑談していたのですが、GarminのEdgeの話題になりました。三宅先生、新しいEdgeのサイクルコンピューターを購入したようなのですが、何やら気になる事があるようです。

Edge1000JとEdge1030Plusのマップ

 三宅先生曰く…。

 

「新しいEdgeに入っているマップ。自宅周辺の路地が全然表示されないんですよね。」

「Edge1000Jのマップの方が、地図が詳細じゃありません?」

 

と。

 

 いや、流石にそれはないのでは? と思ったのですが、私の手元にもEdge1000JとEdge1030Plusがあるので、だったら見比べてみますか…という事で、Garmin Edgeの電源をON。2つとも同じ縮尺でマップを表紙させてみました。

 微妙に方向がそろってないですが…。

 

 ん??

 

 確かに、Edge1030Plusのマップの方が、細かい路地が表示されていないように見えます。調べると、入っている地図データもEdge1000JとEdge1030Plusでは、違う種類の地図データが入っているようです。

 

■Edge1000J

昭文社「MAPPLEデジタルデータ2014年度版」

 

■Edge1030Plus

昭文社シティナビゲーター(全国主要自転車道収録)

 

 でも地図データのメーカーは、同じ昭文社なんですよね。何故こんなにも違いがあるのだろう?

地図の表示設定が原因?

 Twitterで、地図の表示設定が原因ではないか? とコメントをいただいたので、シクロワイアードの記事を読んでみて、設定を変更してみました。

 

 で、設定を変更してみた結果…Edge1030Plusの地図は、何も変化がないような…。

 自宅周辺を改めて表示させて見てみましたが…どうみても昔の機種であるEdge1000Jの地図の方が、細かい路地までちゃんと表示されている。

 うーん、これはなんだろう? 流石に最新機種に入っている地図のデータが詳細に表示されないと、なんかモヤっとしますね(´ε`;)ウーン…

 ちなみにこちらはeTrex30J。こちらにはOSMを突っ込んでいます。

 

 今から13年前…2008年にコロラド300を買ったのですが、そこに突っ込んでいたOSMのデータを、そのままeTrex30Jに移植しました。

 

    

 OSMのデータ自体、かなり古いハズなんですが…昔の地図データなのに、こっちのが詳細&見やすいですね。やはりGarminのマップはみやすさを重視するなら、OSMを突っ込んだほうがいいのだろうか…。

 ただまぁ、Edge1000Jのほうが地図は詳細ではあるけども、明らかに使いにくい…というわけでもないので、しばらくはこのまま運用してみようと思います。

 しかしこの違いはなんなんだろうな? 地図の権利絡みとかなんでしょうかね?

先日は大手町の大規模摂取センターで、ワクチンの1回目だったので、帰りに八重洲の地下街でお昼...