広報かさおかの広告欄でコラム書いていますv(^^*)②

 

宿題の Q、なぜ片づけたいのか?A、きれいにしたい。

 

は、本当の理由ではないですよ!( ´艸`)

 

例:

きれいにしたい

←友達を呼びたい

←友達としゃべりたい

←時間に余裕を持ちたい

←心に余裕をもちたい

←いつも笑顔でいたい

←掃除を簡単にできるようにしたい

←きれいな部屋ですごしたい

 

ほらね。

本当の理由ってあるんですよ。

 

あなたの本当の答えまで掘下げてみてください。

 

それがあなたの片づけスイッチです。

 

 

表紙はこれ ↓

 

 

トライアルお片づけチケット

https://home.tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000084799

#まとめ#簡単#おかたづけ#自分の

 

 

 

今回から広報かさおかの広告欄でコラムを書きます!

 

初心に戻って

 

まず、お伝えしたいことは みなさんはなぜ片づけたいのかということです。

 

これがキモです!

(キモって方言?(笑))

 

このキモがあなたの ”片づけスイッチ” を押してくれるのです。

 

いつも講座の初めに、「なぜ片づけたいのですか?」と伺います。

 

・さっぱりしたい

・友達をよびたい

・ホームパーティをしたい

・掃除をしやすくしたい

・休日を片づけにふりまわされたくない

             ・ ・ ・ ・ ・

 

実は本当の理由はその先なんです。

さて、その先とはなんでしょう。

考えてみてください。

 

 

広報かさおかP13です。

 

表紙は↓コレ

 

トライアルお片づけチケット

https://home.tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000084799

#まとめ#簡単#おかたづけ#自分の

 

 

 

 

今回が最後になりました。

 

私がこのコラムを書き続けてほぼ5年。

今回で59回目のコラムになります。

 

何かしらみなさんの心に残ったコト、実践していただけているコトがあると信じています。

 

私が言い続けていることの一つに「すべてのモノに住所をつける」という言葉があったと思います。

その住所は、自分が歳をとったり、家族の人数が変わったりしたときにはその住所は変わりますよ、ということもお伝えしました。

 

とにかく、そのモノが一生同じ場所ということはないと思ってください。

一生同じ場所に居られると必ずストレスになっているはずなのです。

 

“探す”とか“片づかない”とかということはストレスなのです。

そのストレスを敏感に感じるようになってほしいのです。

モノに振り回されない、快適な生活環境を作り続けていってほしいのです。

 

ここで、過去のコラムも読めるようになっています。

是非、参考にしてください。

わからないことは何でも聞いてください。

 

皆さまが元気ですこやかにすごしてくださることが私の願いです。

おさらい 前編

 

家の中が片づかない原因としてよく上げられるのが、「収納場所が少ない」「モノが多い」「子ども(家族)が散らかす」「時間がない」「家が狭い」「どこから片づけていいかわからない」などです。

特に「モノが多い」はここ30年で一番多いアンケートの結果です。

 

でも、「モノ」は1日にして増えた訳ではないですよね。

日々の積み重ねで少しずつ増え続けたモノです。

だからそこに住む人間も少しずつ慣れさされて今まできました。

 

なので、溜まったモノの片づけは慢性化した病気のように1日ではなおりません。

 

しかし、病気と一緒で日常の中に歩くことを取り入れたり、禁煙・禁酒の日を設けたり、意識を変えれば格段に早くなおっていくように、モノに対しても「モノに対する意識」と「モノの管理方法に対する知識」を身につければ、今まで溜まりに溜まったモノたちを自分で管理していくことは可能になります。

 

今後は「お得感」や「便利そうに見えるモノ」に惑わされないようにしましょう。

 

トライアルお片づけチケット

https://home.tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000084799

今年一つ目のワーク「ちょい置きのモノに住所(指定席)をつける」

 

例えば、玄関先の郵便物、鍵、誰かに渡そうと思って置いているモノ、町内の配布物や、食卓の上の郵便物、おやつ、ふりかけ・佃煮の類。階段の本、季節外れの衣類、小物など。

 

後で片づけようと思っているモノ。片づけても片づけても同じところに同じモノが集まってきませんか?ということは実はそこがそのモノの居心地の良い住所(指定席)なのです。

 

なので、そのモノ達が入るお菓子の箱か段ボール箱、100均で買えるプラスチックのカゴかトレイを置いてそのモノを入れてみてください。

 

今後はそのモノの置き場所は、どこかに片づけようとせずにそこに置くことにしてください。

 

使い勝手はいいし、入れ物に入れてそのモノを置くことでちょっと片づいた感が出てきます。

 

片づけても片づけても片づけた感のない人は、無理の仕舞ってしまおうとせずこの方法でやってみてくださいね。

 

 

S様のその後

 

お待たせしました!!(#^.^#)

「もしかして小堀さん?」で始まった(9/19記事) S様の件です。

 

今回はクローゼットに挑戦です!

今は来ていない服、いつからの服があったと思いますか?

結婚前からの服がありました。(現在S様は55歳です)

他は、亡くなられたお母さまが作ってくださった服が大量に。

でも、もう着れないモノばかり・・・。

数点は想い出箱に入れました。

 

そして、↓なんということでしょう~(*^^)v

購入して忘れていた服をたくさん発見!

この中は、現在着られる服だけにしました。

 

超お得な初めてお片づけを習う人のためのチケットを作りました。

是非、チャレンジしてみてくださいね。

 

トライアルお片づけチケット

https://home.tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000084799

 

「終活」アンケートで1番は?

 

「終活」という言葉、最近は普通に聞くようになりましたね。

 

以下は、「終活で準備していることは」というアンケートでの結果です。

 

1位モノの片づけ

2位お金の整理

3位葬儀・お墓の準備 

4位手続き書類の準備 

5位相続の準備です。

 

どうですか、片づけは1位です。

でも、1位だからするのではなくて“片づけ”って自分の心の片づけにもなるんです。

 

まわりをみてみて、自分が亡くなった時のことを想像してみてください。

死後、自分の管理していたものはそのままでしょうか。

大抵は、満中陰が終わったころから片づけが始まるのです。

 

どんな風に始まるかも想像できると思います。

忙しい家族のたいへんな労力と時間とお金を使うことになるのです。

 

家族のモノを片づける時はすべてが遺品なので、ものすごく気を使い時間もかかります。

またその前に、介護状態になると自分のモノも自分で動かしたりもできなくなります。

 

目の前でグチを言われながら自分のモノが捨てられるのは辛いですよ。

ちなみに片づけを自分でしようと思うと60歳が一つのターニングポイントになります。

60歳をすぎると人に手伝ってもらわないとできなくなる確率が非常に上がります。

 

超お得な初めてお片づけを習う人のためのチケットを作りました。

是非、チャレンジしてみてくださいね。

 

トライアルお片づけチケット

https://home.tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000084799

 

S様のその後

 

お待たせしました!!(#^.^#)

「もしかして小堀さん?」で始まった(9/19記事) S様の件です。

 

片づけを始めたいと思ったきっかけをじっくりと聞いてみました。

<片づけをしようと思ったきっかけ>

・土日がゆっくりできない  イライラする

・自分は家にいたいが娘は外に行きたいが休日に片づけをしていると外出もできない。

・ヘルパーさんがくるので、きれいにしたい。

・弟の嫁と仲良くしたい(家に呼びたい)

 

でした。

カウンセリングの後、

まずは食器棚と冷蔵を手始めに🎵

 

冷蔵庫 ビフォー

アフター

 

食器棚 ビフォー

アフター

(写真がタテにならない((+_+)))

 

一日目は5時間頑張られました。

ランチも一緒にS様のお宅でカップヌードルを頂きながら、

色々お話を聞かせていただきました。

 

始めてサポートしてもらいながらお片づけした S様の感想は

<感想一日目>

・魔法にかかったよう

・55歳になって自分発見

・ランチの時間も無駄にならなくてよかった(私が良かっただけ?(笑))

・疲れた

・トライアルの1回目は1万円 最初は高いと思ったけど、終わってみたら ”安っっ!”でした。

 

 

お片づけって本当に疲れます。

脳を使うからかな?(^^♪

 

次回の日にちも決まりました。

次回までの宿題は、

・柱にぶら下がっている何年も前の旅行のお土産の件

・足元でゴミがあふれているゴミ箱を大きいものに変更する件

・ドレッサーの片づけ(一人でチャレンジしてみる)  です。

 

お忙しいS様、、、大丈夫かな?(;^ω^)

嬉しそうなS様のお顔を見ると次回も頑張ろうと私も思います。

早くS様の思い描く環境にしてあげたいな♪

 

 

トライアルお片づけチケット

https://home.tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000084799

 

 

 

 

 

 

 

いつもの風景をステキにする

 

 

インターネットで検索すると、おもしろいお片づけにまつわる川柳がたくさんみつかります。

 

大爆笑ものからちょっと笑えないものまで。

中には賞をもらっている方もいらっしゃいます。

ぜひ検索してみてくださいね。

 

そこで、「あぁ、みんな一緒なんだ!自分も片付けなくちゃ!」と思っていただきたいのです。

モノは少しづつ増えていくので、日常の中で風景になっていってしまっています。

だから自分では散らかっているかどうかわからないものなのです。

 

掃除がしにくかったり、誰かに「ちょっと片づけたら?!」と言われたら、片づけのタイミングかもしれないですね。

 

今まで何度やっても少し経つと散らかってしまうという人は、自分流(自分家流)の片づけをしていない方です。

いくら本を買っても片づかない人も同じです。

 

模様替えをするように、おうちの中の風景をちょっと素敵にしてみませんか?