藤色地亀甲松竹梅草花文京友禅付下

 

今回は当店の品格系を。

〇箱入りの理由 

その1・・・シンプルでありながら、品格バッチリの重厚感があるためか? 

その2・・・これこそご縁待ちでござる。

 

 

柄数を最大限まで減らしつつも、訪問着に引けを取らない品格と存在感を放つ、本京友禅の礼装付下げです。

画像の通り、柄に使われている色は少なく、大柄でもないのに凄く立体感と華やかさがあります。

京友禅随一の染元の技術力と、完成度の高さならではの美しさ!

生地はしなやかな駒無地で、よく見ると大小霰の地紋になっており、光の具合や角度で地紋が浮き出ます。

御祝い事、晴れの行事、初釜に最適です。

 

 

礼装用の袋帯・綴れ帯など、白地黒地金地、何でも合いそうな地色。

着物一枚に帯三本と言われておりますが、何本でも合いそうな付下。

帯合わせで表情を変えて、沢山お楽しみ頂けます。

 

 

シンプルだけど何故か目を引き、実はすごいぞ!系がお好みの方には是非おすすめ致します。

お問い合わせはいしかわやまでどうぞ!

 

※実物は藤色がもっと冴えており、柄が浮き出ています。

操作担当、只今の撮影技術がこれで精一杯のため、直接の実物御高覧を推奨致します。

 

 

きもの専門店 いしかわや

http://kimono-ishikawaya.com

 

 

博多織 白地 煙管銀杏瓢箪枡々柄 

 

男物の角帯です。

白地に、織り柄で煙管、銀杏、瓢箪、枡の紋様が連続で織りだされてます。

 

光の当たり方、角度で柄が浮き沈みし、非常に楽しい。

柄を見ながら、話は尽きないでしょう(^^♪

 

 

博多織りなので、絹が噛み合い、しっかり締まり崩れにくいです。

絹 100%

 

 

お値段等々、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

きもの専門店 いしかわや

http://kimono-ishikawaya.com

お店の名脇役(実はラスボス)

冠(ゆるぎ)組帯締め 3色

今日はうちの華奢どころを~

 

ラスボスの理由

その1 帯締めがないことには着付けが絶対に仕上がらない。

その2 着物と帯を生かすも殺すも帯締め次第である。

 

 

秋色の冠(ゆるぎ)組の帯締めです。上から黄丹色、苅安色、薄蘇芳色になります。

どれもこっくりとしていて、今現在まだ昼食前の空腹時に見ると、まるで秋の味覚のようで、帯締めなのに[美味しそうだなあ]と思ってしまうようなお色です。

いつもの着物と帯の取り合わせに、これ一本組み合わせるだけで、秋のコーディネートになります。

カジュアルからそこそこフォーマルにも使えますし、単色なので、取り合わせに悩んだ時は必ず助けてくれる、とてもとてもありがたい帯締めになります。

 

 

東西一流の組紐メーカーのお品で、締め心地と配色の良さは抜群です👍

ピリッと季節のアクセントを付けたい時にいかがでしょうか。 

撮影はスカッと秋晴れの自然光100%です☀

お問い合わせはいしかわやまでどうぞ!

 

 

きもの専門店 いしかわや

http://kimono-ishikawaya.com