石井よしきのブログ

本日は敬老の日。長久手市でも敬老事業式典が文化の家で行われました。

1960年当時、男性の平均寿命は65歳、女性は70歳であったのが、現在では男性81歳、女性は87歳と約半世紀余りで男性は16歳、女性は17歳寿命が延びています。

それに合わせて、時代とともに映しだす年齢像にも変化がみられます。

例えば70年前に描かれたサザエさんの波平さんは54歳の設定であり、50年前に描かれた天才バカボンのパパは41歳の設定であります。

また、私とぼぼ同じ年では宇宙戦艦ヤマトの沖田艦長が52歳であったことに驚きを感じました。ヤマトもまた40年以上前に作られたものであります。

今や人生100年の時代。年齢は過去に比べてその容姿や考え方もが変わる中で、もはや生まれてからの記号に過ぎないのかもしれません。

何歳でも元気なうちは常に現役。今後とも、明るく元気に快活に家庭に地域に変わらぬご活躍を心より祈念いたします。

梅雨も明け盆踊りシーズン到来、昨晩は久々の太鼓の練習に地元の集会所へ。


多分2年ぶりの練習…。叩く曲も子供達も増えてビックリ。新人の気分で恐る恐る叩きながら、思いだしながら、少し叩いただけで汗はびっしょり。


その中、何よりも嬉しかったのは久々の参加にもかかわらず温かく迎えてくれる太鼓の達人の皆さん達。本当に感謝、感謝です。 。


来週また練習にいきます!


そして本日は早朝東京へ。しっかりと学んで夕方には戻ります。




6月議会開会中のなか本日は警察委員会が行われました。

「ヤードにおける盗難自動車の解体防止に関する条例の制定について」質問を行いました。

現在、警察が把握している全国のヤード数上位県は①千葉県②茨城県③埼玉県④愛知県となっており、一方で自動車盗認知件数の多い県は①茨城県②大阪府③千葉県④愛知県となっております。ヤード数の多い県ほど自動車盗も多い傾向にあります。


盗んだ車を処分するヤードが近くにある方が警察に発見されるリスクが少なく効率も良く、また悪質な解体業社はヤードの数多くある場所では正規ヤードに紛れ込む形で潜在化しやすいためであります。

今回の条例制定の要旨は愛知県内のヤードの約9割が外国人が関与するものであることから在留資格、在留期間の記載を行なったり、公安委員会の業務停止命令の行政処分並びに地権者に対しても責務を課しながら犯罪企図者にし難くさせるものであります。

ちなみに長久手市の自動車盗の状況は昨年が5件、本件は8件と既に前年度を上回っている状況にあります。

この条例の効力に注視しつつ自動車盗減に努めて参りたいと思います。