伊東市植木屋haruの修行日記

伊東市植木屋haruの修行日記

静岡県伊東市を中心に造園業のお仕事をさせていただいてます。

家族だけで営んでいる小さな会社です。

見た事、思いついた事、小さな出来事、少しずつ書かせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

毎年、資材置き場でタケノコがたくさん出るのであちこちへお裾分けするのですが、


今年は初めて発酵メンマを作ってみました。


メンマって発酵食品なんですよね。


まずはタケノコを掘ります。笑




皮をむいて米糠と鷹の爪を入れて茹でます。
我が家で使っているのは36センチの大鍋。
これだと沸騰してから20分くらいかな。
(沸騰するまでに時間がかかりますから)
菜箸が刺さるくらいの柔らかさで火を止めてそのまま冷まします。
冷めたら綺麗なお水につけておきます。
(この状態でお裾分けすると喜ばれます)


メンマとして食べたいサイズに切ります。
薄すぎず厚すぎず。ま、テキトーに。
大きめのボールで20%の塩を馴染ませて、塩ごとジップロックに入れます。
かなり塩分多めです。


左のは漬けたばかりで、右は3日目です。
少し白っぽくなってきます。
これがタケノコの乳酸菌?
発酵って、白菜漬けが酸っぱくなる感じですね。
なんだか臭くなるのが心配で
4日目あたりで冷蔵庫に入れてしまいました。
そして1週間。
(この『1週間』が早すぎたのですが)

水気をきってから竹ザルにクッキングシートを敷いて並べて天日干し。


あまりカラカラにならないくらい、お天気が良い日に半日くらい干しました。

そして水から20分くらい煮ます。


そして水につけて塩出し。
半日くらいでしょっぱさが抜けました。
時間帯によってはこの状態で冷蔵庫に入れて翌日、次の行程へ行っても良いかも。


ザルで水気を切って、いよいよ調理!

ごま油で炒めてから、調味料を入れて煮詰めます。

味はお好みで。

鳥ガラスープの素や味覇や創味シャンタンなどの中華ダシは必須。
お水はタケノコ100グラムに50〜100ccくらいかな。
醤油、みりん、砂糖、酒、オイスターソースなど、好みで合わせたら良いかと。
私は甘いのが嫌いなので砂糖は隠し味程度。
麺つゆを入れても良いかも。
仕上げにラー油を入れるとピリ辛に!




なかなか美味しくできました。満足です!
と言いたいところですが生のまま調理したのとあまり変わらない気もします。
美味しいんだけど売っているメンマとは程遠い感じ。泣。

ジップロックを開いてみて少し臭いが気になるかな、そんな時まで我慢して常温で置くのが良いのかと思います。
1週間では短いのかな。
今塩漬けしているのは冷蔵庫に入れずにもう少し常温で漬け込んでみようと思います。

リベンジするぞ!

☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆


先日、我が家の菩提寺の大きなソテツを手入れしました。


もう4年近く手を入れていないのでボサボサ!


もはや、何の植物なのか?怪獣か?笑





スッキリしました〜


切った葉っぱは3トンダンプに2台分ありました。





そして、先週あたりから資材置き場周りでタケノコが取れ始めました。


ウマウマ〜


季節は順調に進んでいます。


☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆






3月も終わりますねえ。


いよいよヒートテックの肌着やレギンスとお別れしました。


今日はとくに初夏のような気温で汗が流れて暑かったわ〜


桜もあちこち綺麗ですが、


モミジの小さな花も可愛いんです。



もうすぐ竹とんぼみたいな実がなります。


お山のハルガーデンではミニシャクナゲやエレナやブルーベリーが咲いています。





今日は某所の斜面で高木剪定。


そして43回目の結婚記念日。


おとーさんが斜面を這い登りながら片手を差し出して、


そこに握っていたのはワラビの花束モドキ。笑笑


帰宅後、今年も何もなく終わるんだなぁ。と思ったら、


お酒を買ってきたのでビックリ〜


「結婚記念日だからこれでも飲んでくれ」と。笑



ありがたく感謝して飲みました^_^


☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆