こんばんは、今日はあまりハッピーなお話ではありませんが、保護犬🐕ボニーについてのお話です。
(長くなりますあせる


ある日、会に某地域のケアマネさんからご相談があった11歳の大型犬ワンコでした。

飼い主は、ご高齢のご夫妻。7、8年前からお散歩はおろかお世話も満足にできなくなっていたそうです。


以前から、自宅に訪ねてくる方を咬んでしまったり、飼い主夫妻を咬んでしまい、すっかり『咬傷犬』というレッテルをはられてしまったボニー。



飼い主夫妻が入院してしまい、家に一匹残されたボニー。


飼い主さんは、もうコントロール出来なくなったボニー『殺処分』の決断をしました。


今まで、お散歩もなく過ごしてきたボニー。

でも、ボニーなりに飼い主と過ごした日々は自分の居るべき場所で、それなりに充実していたのかも知れない。

ボニーには飼い主さんしかおらず。


私達が幸せだったか、不幸せだったか測れるものではないが、11歳という年齢のボニー。


飼い主夫妻が入院して1ヵ月、たった一匹で真っ暗の部屋の中、雪降る中で過ごしていた時間はどんなに寂しく、不安だっただろう。


人の気配を感じるのは、近くに住むNさんがご飯を持ってきてくれる1日一回だけ。

雪の日も毎日毎日ボニーに食べ物を届けてくださいました。




威嚇の強いボニー。

そうか、そうか、飼い主さん以外の人間を知らないから恐いよな…


さて、どおしたらいいのだろう…

近くの場所なら、毎日通い少しづつボニーとお友達になれたりしたらいいのだが。


ここからは車で1時間半〜2時間近くかかる場所…

はて…


まずはやる事を整理です。

①安全に、ボニーをこの家から出すこと。

(自宅にいる間は、警戒心がなかなか解けない為)

②高齢犬、大型犬、保護犬、咬んでしまう子を受けてくれる預かり先を見つける事。


そして受け入れ先がありがたい事に見つかり、

ボニー救出作戦開始です。


協力いただいてる皆さんに怪我をさせてはならないのと、ボニーに人を咬む経験をこれ以上させたくないので慎重に事をすすめていきます。


第1回目チャレンジ。

中にご飯、クレート入口から中までオヤツを落として…

中に入ったら扉についたヒモを引き扉を閉める。

警戒しながら吠えまくるボニー。

中に入りかける…も…?



…失敗です。

ヒモを引き、扉を閉めようとしたら、敷物に引っかかり閉めきれないというミス。


こうなるともう頭のいいワンコは、ダメですね。その後、部屋の奥に行ったきりもう来てくれません。


でも、リスクの高い無理は、高齢のボニーの為にもしたくないので、日を改めて仕切り直しです。


第2回目。

前回の反省をいかし…

周囲のものを片付けてっと、ご協力頂いている皆様としっかり打ち合わせ。

そして!



ボニーが入りましたあせる



本当にたくさんの皆さんが、ボニーの為に動いてくださいました。

ボニーよかったね!皆さんが、ボニーが新たな日々を過ごせるように『ホクトん』って名前を付けてくれたよ。


これからは 『ホクトん』として

ちゃんとご飯をゆっくり食べて。

不安な思いなく、ゆっくり寝て。

お日様を浴びて。

風を感じて。


少しずつ人間を受け入れてくれればいいからね。


新しいお家を新築したよ!


気に入ってくれたかな?



数日ですっかりいいお顔になってきたね!

優しい顔!

これが本来のあなたの顔なのね。



お昼寝は気持ちいいかな?



お散歩も楽しいね!



1週間ですっかり見違える様になった ホクトん。

元気になり、若返った⁉️とみるみるうちに環境に慣れてきたホクトん。



これからゆっくり余生を過ごす予定でした。

しかし、救出してから10日後…


朝、少しいつもより呼吸が荒く、目が充血していると預かりさんから連絡がありました。

獣医さんを呼んでもらい、血液検査をし診てもらいましたがこれといった異常がみられず。


その次の日の明け方…

ウソみたいに呆気なくお空に行ってしまったホクトん。


まだ、ホクトんの事、何も知らないままなのに。

これからたくさん甘えて、愛情もらって過ごして欲しかったのに。


保護される前からボニーはホクトんは、ぎりぎりの命の炎を灯していたの?


頑張ってきたから、もっと頑張れとは言えませんが、もう少しだけ、もうちょっとだけ

ホクトんの笑顔が見たかったなぁ…


思い切り なでなでしてあげたかったなぁ…。

↑引越し祝いに一緒に食べたシュークリーム
美味しくて、目がまんまるで表情が変わったホクトん。私の手を噛まない様に上手に食べてくれました。

『咬傷犬』ではなかった、優しいワンコでした。
ありがとう。そしてごめんね。

とても胸が苦しくなる、案件でした。


ボニー救出にご協力いただいた皆様

この場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました。







そして、、、

このブログを読んでくださったみなさんへ知って欲しい事。広く伝わって欲しい事。



会に入る犬案件の半分は、この様な高齢者の飼育放棄です。

犬に限らず、動物を飼育する際は、終生、愛情と責任を皆が持てる世の中になる事を祈っています。


高齢の方のみでなく、若い人も。


不測の事態に備えて、後見人の設定やご家族などとしっかり話し合いをして。


人間と同じく、動物も年をとります。

介護も必要になってきます。

痴呆にもなれば、徘徊したり、夜鳴きしたり、暴れたり、凶暴になったり。


ペットを飼う事。医療費、食費、備品費とお金もかかります。



〜『覚悟』を持って家族に迎えるべきである事〜


是非、広めていっていただければ幸いです。



**********************************
NPO法人 一匹でも犬・ねこを救う会
https://inuneko-sukuukai.com/ 
**********************************

【ネットショップ開店してます!】
カレンダー、コーヒー、賛助会員のお申し込み、
ご寄付もこちらから承ります。
お好きな時にご希望の決済方法で購入できます。
売上は製作費を除き、全て医療費・保護費として使用されます。

**********************************

【ボランティアさん募集中】
譲渡会設営、犬猫預かり、ミルクママ
TNR、シェルターお世話など
↓ご支援はこちら↓

●ゆうちょ銀行
【店名】一一八(イチイチハチ)
【種目】普通
【番号】3747975
●八十二銀行
【店名】上田支店 (312)
【種目】普通
【番号】1378319