動機づけする方法

今回のテーマは、行動の動因となる動機づけ(モチベーション)を考察しつつ前記事「点滴石をも穿つ」で考察した時間的てこの原理を動機づけに応用する具体的な方法を書いていこうと思います。

●行動の必要性

◇行動と価値

「人の価値を決めるのは、行動である」と言われることがありますが何故でしょうか。心の発露(投影)である行動が、可視化・可聴化された時に初めて自他に認識・評価され価値化されるからだと考えられます。しかし我々は、いつの間にか心が求める自由な行動ができなくなりそのような自分を見て落胆したりしていないでしょうか。心が求める対象に近づく行動ができる様になるためには、その動因となる動機づけ(モチベーション)に対するアプローチ方法が自分に適している必要があります。

◇行動しなければ分からない

行動が必要な理由は、求める対象への想像や知識による机上の思考だけでは、その対象の表面的な情報しか得られず実態を知り得ないからです。

例:

  • スポーツを座学で学ぶのと実技で練習しながら学ぶのでは、全く異なります。
  • 求める対象もスピードに遅速の違いは、ありますがリアルタイムに状態変化しています。

●見えない束縛

子供の頃は、思い立ったらすぐに行動できていましたがいつの間にか大人になると見えない束縛により行動ができないことが多くなります。この見えない束縛について考察していきます。

◇ノミの束縛

ノミのサーカスというものが昔ありました。サーカス用のノミの最初の訓練で、背の低い箱にノミを閉じ込めてジャンプすると箱の天井に頭がぶつかるようにすることで、箱から出してもみだりに高く飛び跳ねないようにする訓練です。ノミのジャンプ力は、ノミの身長の150倍ですが箱から解放されても見えない過去の環境に能力と行動を束縛されています。

◇象の束縛

象使いが子象を調教するときに、地面に杭を打ち足枷を子象の足に付けて育てることでやがて成長した象は、すぐに抜け折れそうな細い杭につないでおいても逃げようとしないという見えない過去の環境に能力と行動を束縛されています。

◇人の束縛

幸いにして自由主義の現代社会は、他人を強制的に隷属させることは禁止されており狭い箱に閉じ込められることも足枷で杭につながれることも刑務所以外はありません。しかしどうしたことか見えない過去の環境に能力と行動を束縛され自由に自分の行動を起こせなくなるという心と体の遊離感やもどかしさを感じることはないでしょうか。

●刷り込み、思い込み、習慣

前記「見えない束縛」では、行動できない負の側面にフォーカスしましたが正の側面にフォーカスすると「見えない動機づけ」としても作用しています。

 

例:

親が子供を見てあなたは素晴らしい音感を持っているので音楽の才能があると言い聞かせ続けると、やがて子供は思い込み「見えない動機づけ」により何の抵抗もなく練習に励み才能を開花させることがあります。

 

この束縛(負)と動機づけ(正)を観察するとこれが環境への学習・適応であることが分かります。そして環境への学習・適応(刷り込み、思い込み、習慣)の形成プロセスを洞察すると時間的てこの原理が作用しているのが見えてきます。

●環境への学習・適応の形成プロセスメモ

◇学習・適応の形成プロセス

学習・適応について考えると、後天的に獲得されるパブロフの犬の実験で知られる条件反射などがあります。この条件反射には、第一信号系(五感{視・聴・触・味・嗅}から入る単純な刺激)による無意識的な条件反射と第一信号系から相互に作用しながら派生する第二信号系(複雑な心理活動、抽象的な人間思考、学習、習慣、癖など)による半無意識的な条件反射があります。パブロフの犬の実験内容を見ると特定音と餌を第一信号系の条件付けとして繰り返すことで条件反射を自動反応プログラムとして覚え込ませています。特定音が鳴ると餌を連想し食欲が喚起され唾液が出るように条件付けプログラムされたと考えられます。

パブロフの犬の例から以下の3つ重要な鍵があると考えられます。

  1. 信号強度: 餌という利・好(生存に必要な食欲という動機)
  2. 条件付け: 特定音と餌の関連付け(特定音を反応の起動スイッチとしてルーチン化する)
  3. 時間  : 繰り返し(学習、習慣、癖などの定着)

●動機づけ(モチベーション)への応用方法

一流スポーツ選手が用いるルーチン化(ルーティン)は、自分で決めた特定の身体的動作と理想のフォーム、動作、成功イメージ、動機づけなどを練習で繰り返し条件付けすることで本番で特定の身体的動作を第一信号系入力とし第二信号系の自動反応プログラムの起動スイッチとして用いていると考えられます。

前記でパブロフの犬の例から3つの重要な鍵の例を上げましたが人間の例に置き換えてみます。

  1. 信号強度: 利:自己成長に繋がる、好:自分の好きでやりたいことを動機にする。
  2. 条件付け: 簡単で前向きな特定の言動を過去の成功や幸せと関連付け反応の起動スイッチとして条件付けする。
  3. 時間  : 小さな成功・達成を繰り返す。(学習、習慣、癖などの定着)※

※時間的てこの原理は、小さな力が長期間目標に焦点化すると大きな瞬間的な力を凌駕するというものです。ここでは、小さな成功・達成を繰り返すことが動機づけや自信を強化し習慣が定着化し行動力が向上することを目的にしています。

●まとめ

自分の成長に望みがなく好きではない仕事にやる気を出せと言われても動機づけ(モチベーション)を維持するのは、容易ではありません。40歳定年制の導入など第二、第三の人生設計が必要な時代になりつつあります。第二、第三の道を予め見つけておく必要があるのかもしれません。その時が来て行動できるように少しでもこの記事が参考になれば幸いです。
 

 

点滴石をも穿つ

今回は、『点滴石をも穿つ』の意味と効果を考察し実生活に生かすためための考察をしていこうと思います。

●意味

点滴石をも穿つは、『漢書』巻51枚乗伝に記された『点滴穿石』が日本に伝来し訳されたもので「点滴」のほか「雨垂れ」「水滴」など類義語が用いられることもあります。

意味は、小さな水滴でも、長い間同じところに落ちつづければ、硬い石にも穴をあけてしまうことから、小さい力でも積み重なれば強大な力になることのたとえです。また、小さな努力でも、根気良く続けていれば成果が得られることにたとえられたりします。

●効果

このことわざから学べる効果は、小さい力を時間的てこの原理で強大な力にできることや焦点化により小さな力を収束できることではないでしょうか。

◇身近な物

てこの原理を利用した身近な道具としては、ハサミ、栓抜き、缶切り、紙の穴あけパンチや自転車の変速ギヤなどがあります。またレバレッジ投資などありますがこれは、入力に対する出力が外因に依存するため、てこの原理ではなくギャンブル性が高い別な物と考えられます。

◇小さな力

身近な物では、握力、腕力、脚力などが比較的弱い人でも小さな力を距離、時間の量を増加させることで大きな力に変換して利便性を得ています。また「てこの原理」には、種類があり大きな力を距離、時間の量を減少させることで小さな力に変換するものもあります。自転車の変速ギヤで軽いギヤ比だと遅いがトルクが増加し、重いギヤ比だと速いがトルクが減少するので体感できると思います。

●応用

前記効果で、てこの原理の身近な物を見てきましたがこれらは、小さな精神力にも応用できると考えられます。

◇応用の必要性

「働かないアリに意義がある 長谷川英祐 著」の進化生物学の研究でアリの生態観察から働きアリの7割は、休んでいて1割は、一生働かないことがわかり、そして働かないアリがいるからこそ、アリの社会組織は存続できると述べています。その中で働くアリ、休んでいるアリ、一生働かないアリの違いを反応閾値(仕事に対する行動力の差)というアリの個性を定義しています。
人間の社会組織でも期限前から計画的に行動する人、期限間近に行動し始める人、期限を過ぎても行動しない人がいるように似たような個性があるようです。この刺激(目標と仮定)に対する反応閾値(行動力と仮定)が人により異なるとするならば「動機づけ」する方法も異なると考えられます。

◇行動力は生まれつき?

前記の刺激(目標)に対する反応閾値(動機が生じる感度)が生まれつき個体により異なるとすると同じ目標や課題が集団に課せられたときに2割は、すぐに行動し7割は、期限間近に行動し始め1割は、行動しない未達成者となることを運命付けられているように見えます。身長・体重・筋力・容姿などと異なり外見から分からない反応閾値(動機が生じる感度)を考慮せず行動やその成果を一律に評価されると理不尽さ・諦め・自尊心の低下・絶望などを感じてしまうかもしれせん。

更に他者と比較し努力、意欲、気合、根性、忍耐などが足りないと叱責してくる人もいるかもしれません。よく考えるとこれらの精神論は、一時的な効果があるかもしれませんが次の例えのように無知による不公平・理不尽・同化圧力などを含んでいます。

例.格闘技で対戦相手は、身長2m、体重150kg、筋骨隆々、試合前から威嚇し今にも襲いかかろうとする勢いです。一方こちらは、身長1.5m、体重55kg、中肉中背、試合前から戦意喪失です。1ラウンド目は、捕まったら最後とリング上を逃げ回りなんとかコーナーに辿り着きました。ここで格闘技の指導者がコーナーに来て何故攻撃しないのか勝とうとする意欲・気合・根性はどうしたのか努力してきた練習の成果を見せろと叱責してきます。さらに同じ人間、同じリング、同じルールで戦っているのだから勝てないはずはないとまるで体重の階級差が見えないような発言もしてきます。

上記の例で格闘技の指導者がアドバイスすべきは、相手の巨体と筋肉量の多さに比例するエネルギー消費と持久力の低さを狙い運動量を増加させ試合後半で相手が動けなくなったところで筋肉の薄い部分への攻撃に転じるという勝利の可能性がある具体的な戦術だと考えられます。

◇生まれつきに対する戦術

生まれつき反応閾値(動機が生じる感度)が低くても、落ち込んだり劣等感を懐いたり運命を受け入れて諦めたりする必要はありません。また社会の一律評価や他者との比較は、無批判に受け入れる必要もありません。生まれつき反応閾値(動機が生じる感度)が低いと気が付けば、それに合った自己操縦方法で行動力の高い人と同等の成果を上げる戦術があるのですから。

●同じになるために生まれてきたのではないメモ

万物に差があるのは、多様性による流動性を生み出し変化(進化)の可能性をもたらすため予め組み込こまれていた法則の結果のように感じます。生物で考えると種の生き残りには、一つの環境だけに適応してしまうと環境の変化が起こると絶滅の危機に瀕してしまうため個体差による多様性を生き残り戦略として組み込んでいるように考えられます。

そうして考えると個体は、可能性の一つでありその個性を発揮することが役割・使命であり他の何かと同じになるために生まれてきたのではないと思えます。

◇戦略

具体的な戦術の前に戦略としては、何が必要でしょうか。
人も生まれつき個体差がありそれは、外見だけではなく刺激に対する反応閾値(動機が生じる感度)にも差があることを考察してきました。差があるのですから他者と同じ方法や精神論では、行動や成果が得られないことも考察しました。
何故他者と同じように行動したり成果が出せないのかを比較するのではなく自分の反応閾値(動機が生じる感度)の差を知り受容しそれに合った目的・目標を設定する必要があると考えます。
現代は、短期的な成果や利益を求める目標を掲げそれに伴う競争力や効率化の向上を厳しく求められる時代です。
しかしそうしたショートセラーではなく個性を活かしたロングセラーを目的・目標に設定するのも良いかもしれません。

 

※関連記事「目標

 

◇戦術

「点滴石をも穿つ」から回り道をしてきましたがここから反応閾値(動機が生じる感度)の低い人でも時間的てこの原理を利用し動機づけを強化し行動に繋げる方法について次の記事で具体的に記述していこうと思います。

 

※関連記事「小さなことから行動力を培う

 

 

次の記事「動機づけする方法

 

 

 

語源

本ブログでは、各テーマの考察をする導入部で言葉の意味を書くことが多いのですが言葉の背景にある概念やルーツを最初に意識合わせすることでより理解が深化するのを目的にしています。この手法は、ある評論家の方が何かを説明する時に語源から説明することで大変わかりやすく知らなかった概念やルーツに気付かされることら学んだもので面識はないものの哀悼を込めて予定を変更し言葉の「語源」をテーマに考察して行こうと思います。

●語源

◇意味

  • 「語源」とは、用語はギリシア語で「語の真の意味」 étymonに由来します。
  • 「語」とは、言語の構成単位の一つであり、一つ以上の形態素からなる語が集まることで句、節、文が作られます。

 

※「語源」「」の学問的な情報は、膨大なためリンク先を参照して下さい。

◇目的

「語源」で焦点を当てる対象は、語源そのものではなく「手法」と「効果」について考察していこうと思います。

●情報伝達

◇コミュニケーションの3要素

メラビアンの法則でフェイス・トゥー・フェイス・コミュニケーション時のメッセージ伝達は、以下の3要素がありメッセージに込められた意味・内容の伝達の際に占める割合は、各要素が矛盾した内容を送っている状況下において、受け手は優勢な要素のほうを受け入れる傾向があると説明しています。

  • 言語 :7%
  • 声のトーン(聴覚) :38%
  • 身体言語(ボディーランゲージ)(視覚) :55%

人と人とが直接顔を合わせて話をする場合の言葉:7%は、意図したメッセージが伝達されていない可能性があることに驚きます。それでは、文字で記録する情報媒体(本・雑誌・ブログ等)の場合は、どのような要素があるのでしょうか。

◇情報の取捨選択

人と対面しての双方向コミュニケーションでは、3要素(言語、声、身体言語)を判断し選択的に情報を受け取ることができますが、文字のみの一方向情報媒体(本、新聞など)では、要素が語で構成される見出し、文章、著者、出版元などの限定された情報要素で判断し選択した情報を受け取ることになります。

これらの対象情報要素を取捨選択する判断基準は、大別すると以下の3つに集約されると考えられます。

  • 思考: 信用(根拠、一貫性、具体性、他者からの評価など)
  • 感情: 好き嫌い
  • 欲求: 必要性(求めているか)

上記3つの判断基準は、人それぞれに異なりまた時、場所、立場、環境などとともに変化していくものと考えられます。

●語の異なるイメージ

「海」という語に何をイメージしますかと質問されたらどのように答えるでしょうか。

以下のようにイメージをしたと一人一人答えるかもしれません。

  • 南国へ観光を計画中の人は、熱い太陽とエメラルドグリーンの海
  • サーフィンをする人は、台風のような大きな風と波
  • 溺れかけたりクラゲに刺されたことのある人は、怖い

このように「海」という1語ですら一人一人異なるイメージを持ちます。

●まとめメモ

◇発信者ができること

何らかの情報やメッセージを発信しようとする時に発信者が制御できるのは、受信者が拠り所とする信用(根拠、一貫性、具体性)を表現する方法や媒体(視覚、聴覚、言語)の選択だけだと考えられます。

◇タイトル

限られた表現方法の中で情報やメッセージの発信時に必要なのが目的・目標・意図を体現するタイトル、見出し、件名、テーマ、議題等ですが通常は、複数の語で構成されています。前記考察の通り一つの語で個々人が懐くイメージが異なるため短文タイトルの文脈のなかで目的・目標・意図を端的に表現できていなければ受信者は、発信者の意図と全く違うイメージを最初に懐いたまま齟齬が進行し受け入れられないことがあります。

◇語源と信用

タイトルの文脈も重要ですがタイトル内のキーとなる語の語源を最初に説明することで、過去から概念やルーツを引いてくることができ根拠、一貫性、具体性(信用)により受信者の理解が深化する効果があるのだと考えられます。

 

次の記事、「点滴石をも穿つ

 

●パソコン起動せず

2018年になりパソコン内のデータをバックアップし終えて一安心していたら突然起動しなくなりました。

パソコンの故障かウィルス感染かと思いきやCPUの深刻な脆弱性への対策 (緩和策) のWindowsUpdateが原因でした。

以下の不具合情報を公開している方のおかげさまで、なんとかWindowsを初期化し起動するまでできました。感謝!

 

ぼくんちのTV別館

https://freesoft.tvbok.com/cat97/2018/2018_01_windows_update.html

 

Microsoftも不具合は、把握しているものの根本的な対策はまだのようです。

2018/01/10まだWindowsUpdate不可で動作も不安定です。

2018/01/20バージョン1709…KB4073290を手動更新でUpdateすることでWindowsUpdateできるようになりましたが、まだ「電源オプション」の「プロセッサの電源管理」に不具合が残っています。

●データバックアップ

パソコン、スマートフォン、タブレットでも故障や障害で使えなくなることがあるのでハードディスクやMicroSDなどのデータをバックアップしておくことの重要性を改めて感じました。

 

新年早々に私事の記事ですみません。チーン

 

次の記事「言葉の語源