札幌整体 希望ノ院

今まで色々な整体や病院などに通っても
改善されなかった方、痛みに耐えてきた方
手術を勧められている方、まずは一度ご相談下さい

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
※ 主観的判断によりウィキペディアから引用

パラケルスス(Paracelsus、1493年か1404年~1541年9月24日)は、
ルネサンス初期のスイスの医師、錬金術師。
本名は、テオフラストゥス・フィリップス・アウレオールス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイム
(Theophrastus Philippus Aureolus Bombastus von Hohenheim)

スイスのアインジールデンで生まれ、医師であった父・ウィルヘルムから自然哲学を教わりながら育つ。
1515年に、イタリアのフェラーラ大学医学部を卒業した後、医療を施しつつ旅を重ね、
当時の医学会で支配的な地位を占めていたガレノスを批判するようになり、
そして「古代ローマの高名な医者・ケルススを凌ぐ」という意味をこめて
パラケルススを自称するようになる。
(これについて「ホーエンハイム」をラテン語化したとする説もある。)

1525年にバーゼル大学の医学部教授に就任したが、
その翌年には大学から追放され、以後放浪の身となる。
尚、追放の理由は「教室でガレノスの医学書を燃やしたことが反感を招いた」
「キリスト教を批判した」と諸説あり、現在も明らかになっていない。
1541年、ザルツブルクで没。
遺体は聖セバスチアン墓地に埋葬された。

パラケルススは医者であるが、前述の通り錬金術師としても有名である。
錬金術師としては「ホムンクルスを作り出すことに成功した」「賢者の石を持っていた」
「常に持ち歩いている剣には賢者の石が入っている」といった伝説がある。
上記の「剣」だが、剣の柄に「Azoth」とあったことから「アゾット剣」と呼ばれ、
「一晩の宿の礼に柄から粉を取り出し、石炭に振りかけたところ、これが金になった」
「病に伏した人に与えると、たちどころに健康になった」等の逸話もある。
また、「賢者の石」の形状も「粉末」「固形」「液体」諸説ある。
このアゾットは、「剣」ではなく「杖」であるという説もある。
また、タロットカードの「魔術師」のモデルとされることがある。
実際には、タロット自体は彼の誕生以前から存在している。

・四大元素(火、風(空気)、水、土)の新解釈
・アラビアの三原質(水銀、硫黄、塩)の再発見


◆思想

パラケルススの思想には、マクロコスモス(大宇宙)とミクロコスモス(小宇宙たる人間)の
照応という世界観が根底にある。
マクロコスモスとしては、地上世界・天上世界(星の世界)・霊的世界の3つを考え、
それに対応するミクロコスモスである人間を身体・精気・魂に分けて考えている。
地上界―身体と、天上界―精気は目に見える世界であり、
それを支配する霊的世界―魂は目に見えない世界である。

彼の思想は、新プラトン主義の系譜をひく自然神秘主義としての側面を持っており、
自然を神によって生み出されたものとして捉えている。
神においてある第一質料=大神秘から硫黄、水銀、塩の3つの元素の働きが展開することによって、
四大元素(火、風(空気)、水、土)が生まれ、ここから万物が生み出されるとした。



オステオパシーは骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、
脳脊髄液の循環を含む脳神経系など解剖学的あるいは生理学的な広範囲の
医学知識の元に、徒手による身体機能回復療法を施します。


テーマ:
※ 主観的判断によりウィキペディアから引用

ケーリュケイオン(古希:Κηρύκειον、希: Kerykeion)とは、
ギリシア神話の伝令の神ヘルメースが持つ杖のことである。
長母音を省略してケリュケイオンとも表記される。
カードゥーケウス(ラテン語:Caduceus、長母音を省略してカドゥケウス、伝令使の杖の意)ともいう。
頭にはヘルメースの翼が飾られ、柄には2匹の蛇が巻きついている。
欧米では、商業の紋章として用いられることが多い。
日本においても一橋大学では、校章として用いられている。
また、一橋大学以外でも下関商業高校、県立諫早商業高校、県立岐阜商業高校、
佐賀商業高校などの商業高校や商業大学の校章に用いられていることが多い。
世界保健機関を始め、世界各国の医療機関で用いられている。
医の紋章である「アクスレーピオスの杖」は本来蛇が1匹の意匠。
しかし、「medical caduceus」という名で2匹の蛇が巻きつく杖の絵が、
欧米の医療機関や、軍隊では医療部隊章として広く用いられている。



オステオパシーは骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、
脳脊髄液の循環を含む脳神経系など解剖学的あるいは生理学的な広範囲の
医学知識の元に、徒手による身体機能回復療法を施します。


テーマ:
※ 主観的判断によりウィキペディアから引用

アスクレピオスの杖(英:Rod of Asclepius)とは、
ギリシア神話に登場する名医アスクレーピオス(略表記:アスクレピオス)の持っていた
蛇が巻きついた杖。
医療・医術の象徴として世界的に広く用いられているシンボルマークである。

欧米では医の象徴として、世界保健機関・米国医師会等のマークにも使われている。
薬学のシンボルとして薬局の看板などに用いる国もあるが、
薬学のシンボルとしては「ヒュギエイアの杯(ヒギエイアの杯)」が一般的である。
また、このマークは世界各国で救急車の車体に描かれていたり、
軍隊や準軍事組織等で軍医や衛生兵などの兵科記章や資格章・特技章に用いられていることも多い。
日本の陸上自衛隊でも衛生科職種の職種記章(徽章)に用いられている。
フィクションの世界でも『スタートレック』において宇宙船隊医療部の記章として
使用されているなどの例が見られる。


◆ケリュケイオン(カドゥケウス)との関係

また、「アスクレピオスの杖」は、
ヘルメースの持っている杖「ケーリュケイオン」(ラテン語:カードゥーケウス)と
デザインがよく似ているが、両者は全く別なものなので混同しないように注意が必要である。
(前者は蛇が1匹であるのに対し、後者は蛇が2匹で杖の上に翼が付いている。)

ただ、二者の混同は欧米においても、しばしば見られる。
後者は杖に翼がついているため装飾性が高く、
軍隊でも翼つきの「ウイングマーク」がしばしば用いられるため、
デザイン上敢えてそちらを選択する例もある。
国内では防衛医科大学校の校章は「ケリュケイオンの杖」に酷似しているが、
公には平和の象徴である鳩と蛇杖を組み合わせたものとされている。



オステオパシーは骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、
脳脊髄液の循環を含む脳神経系など解剖学的あるいは生理学的な広範囲の
医学知識の元に、徒手による身体機能回復療法を施します。


テーマ:
※ 主観的判断によりウィキペディアから引用

五臓六腑(ごぞうろっぷ)とは、
伝統中国医学において人間の内臓全体を言い表すときに用いられたことば。
「五臓」とは、肝・心・脾・肺・腎を指す。心包を加え六臓とすることもある。
「六腑」とは、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦を指す。
関係臓器がない三焦をはずして五腑とすることもある。
現代医学における解剖学の知見とは異なる概念。

陰陽五行説による解釈では、五臓も六腑もともに五行に配当され、
それぞれの役割などについて説明される。
五臓六腑について書かれた最古の文献は、
中国最古の医学書とされる「黄帝内経」であると言われている。


◆臓

現代医学の解剖学的具体的臓器そのものではなく、
精・気・血を備蓄する蔵とするという機能の総称である実質性臓器。
陰陽の陰に配当される。また、五行思想により配当されている。


・魂を臓する。
・判断力や計画性などの精神活動を支配。
・「罷極の本」「将軍の官」と呼ばれる。
・蔵血を主る。
・筋肉を司る。筋肉が弱るとひきつれを起こす。
・爪を主る。
・目を開竅している。ここが悪くなると肝の機能が低下する。
・疏泄(気血をスムースに流す作用)を司る。
・液は涙。
・志は怒。
・外邪を防ぐ。
・五行は「木」、陰中の陽(小陰)に属する。三焦では下焦に属する。
・経は足の厥陰肝経(あしのけついんかんけい)


・神を臓する。
・五臓六腑を統括し、知覚・記憶・思考・意識・判断などの精神活動の支配、
 五臓六腑の調和を保ったりしている。
・「生の本」「君主の官」「五臓六腑の大主」と呼ばれる。
・血脈を司る。
・脈を介して、血を全身にくまなく運行させる。身体諸器官の活動を支える。
・華は面。
・舌は開竅している。ここが悪くなると心の機能が低下する。
・液は汗。
・志は喜。
・五行は「日(君火)」、陽中の陽(老陽、太陽)に属する。三焦では上焦に属する。
・経は手の少陰心経(てのしょういんしんけい)


・営を臓する。
・運化(水穀を消化し、後天の津液、血・営衛などを吸収して全身に送る作業を主る。
・消化、吸収を行う。
・昇清(運化で吸収したものを上の肺に送る作用)を主る。
・統血(営気を脈中へ送ることによって、血が脈外に漏れずに順調に巡るように作用)を主る。
・「後天の本」「創稟の官」と呼ばれる。
・肌肉を司る。
・華は唇。
・口に開竅している。ここが悪くなると脾の機能が低下する。
・津液の生成を司る。
・液は涎。
・意・知を舎す。
・五行は土、陰中の至陰に属する。三焦では中焦に属する。
・経は足の太陰脾経(あしのたいいんひけい)


・気を主る。
・宗気を生成し、昇降、出入りを調節する。
・宣発(昇発と発散のことで、呼吸により濁気を吐き出したり、津液と気を全身に散布したり
 理を調節する作用)を主る。
・粛降(粛浄と下降のことで、呼吸により清気を吸い込んだり、津液を腎・膀胱に下輸したり、
 気道を清潔にしたりする作用)を主る。
・通調水道(水の上源(脾の働きによって胃から上部に運ばれた津液を全身に散布する作用))を主る。
・「気の本」「相傅の官」と呼ばれる。
・皮・毛を司る。汗腺を調節する。
・鼻に開竅している。ここが悪くなると肺の機能が低下する。
・華は毛
・液は涕
・魄を舎す
・五行は金、陽中の陰(小陽)に属する。三焦は上焦に属する。
・経は手の太陰肺経(てのていいんはいけい)


・精を蔵する。
・成長・発育・生殖・老化などを主る。
・水を主る。
・水分代謝を支配する。
・「作強の官」と呼ばれる。
・骨を主る。
・納気を主る。
・吸気を行っている。
・華は髪
・志を舎す。
・耳・二陰に開竅している。
・液は唾
・志は恐
・腰・膝は胃の府
・五行は水、陰中の陰(老陰、太陰)に属する。三焦では下焦に属する。
・経は足の少陰腎経(あしのしょういんじんけい)

心包
・心の外衛で心を保護する。
・心に代わって心の働きをする。
・「臣使の官」と呼ばれる。
・五行は火(臣火、相火)
・経は手の厥陰心包経(てのけついんしんぽうけい)


◆腑

臓とは異なり空間のある構成で、精・気・血を動かす働きをする中腔性臓器。
腑はすべて陽に配当される。


・決断や勇気を主る。
・精汁(胆汁)を蔵する。
・奇恒の腑のひとつ。
・「中正の官」と呼ばれる。
・五行では「木」、肝に対する。
・経は足の小陽胆経(あしのしょうようたんけい)

小腸
・胃から送られてきた槽粕(飲食物のかす)を受け取り、内容物をさらに消化し、
 澄んだ清いもの(水穀の精微)と濁ったものに分け、清いものは脾を通して全身へ送り、
 濁ったものは蘭門で水分と固形物に分けられ、水分は膀胱へ、固形物は大腸へ送られる。
・「受盛の官」と呼ばれる。
・五行は「火(君火)」で、心に対する。
・経は手の太陽小腸経(てのたいようしょうちょうけい)


・脾とともに消化吸収を行う。
・水穀の受納、腐熟を主る。(水穀の海)
・通降を主る。
・降をもって和とする。
・内容物を小腸、大腸に送り、新たな飲食物を受納する。
・「創稟の官」と呼ばれる。
・五行では「土」、脾に対する。三焦では中焦に属する。
・経は足の陽明胃経(あしのようめいいけい)

大腸
・槽粕の伝化を主る。
・大便を肛門から排泄する。
・「伝導の官」と呼ばれる。
・五行は「金」、肺に対する。
・経は手の陽明大腸経(てのようめいだいちょうけい)

膀胱
・貯尿、排尿作用を行う。
・「州都の官」と呼ばれる。
・五行では「水」、腎に対する。
・経は足の太陽膀胱経(あしのたいようぼうこうけい)

三焦
・諸気を主宰して、全身の気機と気化作用を統括して、気が昇降出入する通路。
・水液運行の通路
・体温調整作用、気血津液の調整作用、輸瀉作用の3つを行う。
・上焦は、横隔膜より上部の機能を指す。
 働きは、清気(陽性の衛気)を取り入れ、血とともに全身に巡らせる。
 また、衛気・津液を全身の皮膚に巡らせ、皮膚に潤いを与えて体温調整を行う。
 臓腑において、心・肺と関係が深い。
・中焦は、横隔膜から臍までの間の機能を指す。
 働きは、消化・吸収を行い、そこから生じる精気を営気と血とし、経絡を介して全身に巡らせる。
 臓腑において、脾・胃・肝・胆と関係が深い。
・下焦は、臍から下部の機能を指す。
 働きは、消化した槽粕を大便に、水分を尿として排出する。
 臓腑において、腎・膀胱・小腸・大腸と関係が深い。
・「決涜の官」と呼ばれる
・「孤府」と呼ばれる
・五行は火(臣火・相火)で、心包に対する
・経は手の少陽三焦経(てのしょうようさんしょうけい)



オステオパシーは骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、
脳脊髄液の循環を含む脳神経系など解剖学的あるいは生理学的な広範囲の
医学知識の元に、徒手による身体機能回復療法を施します。


テーマ:
※ 主観的判断によりウィキペディアから引用

瞑想(めいそう、Meditation、メディテーション)とは、
何かに心を集中させること。
この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、
絶対者(神)をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで広い範囲に用いられる。

瞑想法は、『一つの対象を定めた上で、その対象に集中を高めていく手法』と
『対象を定めずに、心に去来する現象を一心に観察する手法』に分けることができる。

前者の手法における対象としては、
●「神」等の聖なる存在のイメージ
●紙の上に書かれた円形の凝視
●呼吸に合わせて一心に数を数えること
●マントラや念仏等の短い音節の繰り返し
●呼吸に関する腹部や鼻腔の感覚変化    等、多種多様である。

いずれの手法においても、現実世界に対する心の持ち様を変化させていくことを目的としており、
集中力が養われるに伴い、心の変化が起こるとされる。

瞑想の具体的効用として
「集中力の向上」「気分の改善」など日常的な事柄から
瞑想以外では到達不可能な「深い洞察」や「対象認知」「智慧の発現」、
さらには「悟り・解脱の完成」まで広く知られる。

宗教や宗派、あるいは瞑想道場により瞑想対象や技術が異なる。
仏教における瞑想法では、人間の心が多層的な構造を持っていることを踏まえ、
意識の深層階段へと到達することを目的とした手法が組み立てられる場合がある。

例えば、大乗仏教における仏教哲学・仏教心理学では、
意識は八識に分類され、その中には末那識や阿頼耶識と呼ばれる層があり、
仏教の瞑想法は、そこへ到達するための方法と言われている。
末那識や阿頼耶識は、近代になって西洋心理学で深層心理と呼ばれるものになったものに
近いといわれている。

一方、上座部仏教においては、瞑想修行の進展に伴い心の変化を九段階
(一般的認識である欲界を超えた後に現れる第一禅定から第九禅定)に体系化しており、
第一禅定以上の集中力において、仏陀によって説かれた観瞑想の修行を行うことで
解脱が可能と言われている。

ヒンドゥー教における瞑想法は、真我や神との合一体験を目的とした瞑想が主流である。
仏教やヒンドゥー教における瞑想法の究極の到達点は、一般的には輪廻転生からの解脱であるが、
実践者の悟りや解脱についての認識の違いが、宗教・宗派を区別する根拠のひとつとなった。


◆「Meditation」「瞑想」という表現

瞑想に関しては、複数の言語間での翻訳の行き来に伴う表現の混乱がある。
”Meditation”という言葉は、ラテン語”meditatio”に由来している。
ローマ時代の”meditatio”は、「精神的および身体的な訓練・練習」全般を意味していた。
その後、ヨーロッパにおいては、もっぱらキリスト教が発展したので、
ヨーロッパ諸語の”Meditation”とはキリスト教のそれを指し、神、イエス・キリスト、聖母マリア等を
心の中でありありと思い浮かべることを意味するようになった。
これは、どちらかといえば仏教における「内観」あるいは「観想」に相当する。
ただし、日本ではその”Meditation”を「瞑想」と翻訳するのが一般的である。
一方、「内観」「禅定」等の仏教用語やヨーガなどが、欧米において
しばしば”Meditation”と翻訳されるため、
それらを紹介した欧米の書物が、さらに和訳される際(いわば再輸入される際)、
それらが元の「内観」等ではなく、「瞑想」と訳されていることも少なくない。


◆瞑想と宗教

神道の禊(みそぎ)と魂振(たまふり)
神道では瞑想という語は使わないが、瞑想に相当する行法が存在し
禊と魂振(または振魂)と呼ばれている。
神代の昔、伊那那岐大神が体の穢れを払う為に「筑紫の日向の橘子戸の阿波岐原」で禊をしたとある。
禊とは、滝業とか水業のことである。
また、滝に入った後に「祓戸(はらいど)の大神」と連唱しつつ、
右手を上にして手のひらを軽く組み合わせ、
両手をへそ下前方に連続して上下に振り動かす動作を魂振(または振魂)と呼ぶ。
鎮魂の修行であり、体が律動的に振れることを霊動(またまなり)、
または霊払(みたまふり)と呼ぶ。
動きを止めようとせず、無我の動きに任せることが肝要とされる。
これを鳥船行事と呼び、次に「生魂(いくたま)、足魂(たるたま)、玉留魂(たまるたま)」
「国常立命(くにとこたちのみこと)」と大声で唱える。これを雄健行事と呼び、
次に左手を腰にあてたまま、九字を7回切る。これを雄結行事と呼び、
最後に、両手を広げて差し上げると同時に息を吸い、
次に、両手を頭上に組み徐々に下げながら上体を屈しながら息を吐く。
これを三度反復する。これを気吹行事と呼ぶ。
これらの行事を繰り返し行うのである。

回教(スーフィズム)
イスラム教の神秘主義哲学であるスーフィーにおいても、さまざまな瞑想が伝えられており、
呼吸瞑想、5つの要素(地・水・火・風・霊気)による浄化、自然の瞑想一偏在する神の体験、
音による瞑想、などが存在する。
また、立って回りながら行うわーリング瞑想はよく知られたスーフィーの瞑想法である。
スーフィーにおいて覚醒とは、聖なる神の意識に目覚めることであり、
神の目を通じて全ての現象を見つめ、神の心によって生きることである。

キリスト教と瞑想
キリスト教の伝統においては、特に修道院の修道士らの日課には
瞑想を行う時間が設けられていることが多い。
信者にとって、俗世から離れた上で神への祈りを絶やさず瞑想に励む修道士は一つの理想、
憧れの姿でもある。
わが国におけるカトリック教会においては、修道院などにおいて書籍も何もない場所で
じっくりと神に関して思いを馳せて祈りを捧げる「霊の体操」のような霊操が行われている。
東方教会においては、「主の祈り」を唱え続けつつ、深い瞑想の境地へと入ってゆく方法があり、
これは「ヘシカズム」と呼ばれている。

インド発祥の瞑想
インドではきわめて古くから瞑想が行われていたようであり、
紀元前25世紀ごろに栄えたインダス文明の遺跡であるモヘンジョダロからは、
座法を組み瞑想を行う人物の印章が発見されている。
紀元2~3世紀頃にパタンジャリが、サーンキヤ学派の理論に基づいて瞑想の技法を体系付け、
その技法を継承する集団が形成されるようになった。
その瞑想は「ヨーガ」と呼ばれ、継承者集団はヨーガ学派と呼ばれている。
意識をただ一点に集中させ続けることによって、瞑想の対象と一体となり
究極の智慧そのものとなるのである。
この状態は三昧(さんまい、ざんまい、サマタ、サマディー)と呼ばれる。
仏教の始祖とされているブッダ(”悟った人”の意)は、究極の智慧を得たのであるが、
それは、上述のインドの瞑想技法(あるいはヨーガ)によって得たものであり、
彼は、その命双方をより安全かつ体系的なものに発展させた。
それゆえ仏教の諸派の中には、今でもヨーガの瞑想技法を継承している派もあり、
さらに独自に発展させている派もある。
大乗仏教諸派や他の宗教では、三昧による一体感を究極の目的としている場合が多いのに対して、
上座部仏教では、三昧の完成を修行の最終目的とせず、三昧に没入できるほどの
極めて高い集中力で、今をあるがままにみることで智慧の完成(悟りの境地)を目指す。
仏教心理学では、三昧によって得られる境地を、その内的体験によって第一から第九禅定までに
体系化している一方で、ヴィパッサナー瞑想によって得られる境地(悟り)は、
これらの禅定とは別の体験としており、
これが仏教と瞑想を基本とするほかの宗教との違いとなっている。



オステオパシーは骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、
脳脊髄液の循環を含む脳神経系など解剖学的あるいは生理学的な広範囲の
医学知識の元に、徒手による身体機能回復療法を施します。


テーマ:
※ 主観的判断によりウィキペディアから引用

ローフード(row food)とは、
加工されていない生の食材を用いた食品、あるいは食材を極力生で摂取する食生活
(ローフーディズム)のことである。
リビングフード(Living food)とも呼ばれる。
全食事の60~100%がローフードであれば、ローフーディズムの実践者であると考えられる。
ローフーディズムは、植物性食品のみを食べるローヴィーガニズムと混同されることが多いが、
ローフードの実践者の中には、生であれば動物の肉や、その他の動物性食品を食べる者もいる。
食物が持つ加熱によって失われがちな酵素やビタミン、ミネラルなどを
効率よく摂取することを目的とする。
ただし、酵素が破壊されないとされている摂氏48度以下でならば、加熱してもかまわない。
医学専門化の研究では、ローフード食は健康的だという研究結果もある一方、
身体にさまざまな問題を起こすという研究結果もある。
徹底した菜食者はビタミンB12が不足しやすいので注意が必要である。

アメリカでは、ベジタリアンのためのガイドラインもある。
ローフーディズムは、1900年代から欧米で提唱されてきた食生活であり、
近年では、アメリカ西海岸やイギリス・ドイツ・オーストラリアなどを中心に人気があり、
大都市ではローフード専門のレストランが開店し、芸能人の実践者も多い。


◆種類と食材

ローヴィーガニズム ⇒ 最もポピュラーなローフード食生活の形態。
 果物類、野菜全般、スプラウト、海藻類、発酵食品、ナッツや種子類、豆腐、
 発芽小麦などの穀物を食べる。
 ナッツミルク(アーモンドミルクなど)、ナッツバター(ピーナッツバターなど)、ドライフルーツ、味噌、
 生醤油、梅酢、イースト菌、オリーブオイル、海塩、香辛料、ココアパウダー、バニラエッセンス、
 メープルシロップなどもよく使われる。
 多くは有機栽培や天然の食材にこだわり、化学添加物が含まれる食品、加熱殺菌処理された
 食品を摂らない。
 なかには、フルーツのみを食べる者(ローフルータリアン)や、
 生食材を絞ったジュースだけを飲む者(ローリキッダリアン)もいる。
 ローヴィーガン食の実践者からは、体重の減少や活力の増加、肌状態の向上、
 全体的な体調の改善 などがあったという声が聞かれる。
 しかし、慎重に食生活を計画しないと、カルシウム・ビタミンD、ビタミンB12、鉄、亜鉛、タンパク質
 などが不足しがちになる。

ローベジタリアニズム
 果物、野菜、スプラウト、ナッツ、種、穀物、豆、乳製品、卵、蜂蜜を食べる。

ローアニマルフード・ダイエット
 生で食べることができるものであれば、動物性・植物性を問わずに食べるが、
 生の穀物や豆類は、消化不良や毒性の問題があるため、たいていは含まれない。
 放し飼いや、動物にとって自然な飼料(牛肉なら牧草のみ)で育てられた動物の肉、
 養殖でない魚が好まれる。
 俳優メル・ギブソンやユマ・サーマンは、ローアニマルrフード・ダイエットの実践者として知られる。


◆ローフード生活のポイント

●スプラウトを活用する。
 植物の発芽したての状態であるスプラウトは、植物酵素を非常に多く含む生職に適した食材なので、
 ローフードで欠かせない食材である。
 スプラウトは、酵素以外にもビタミンやミネラル、フィトケミカルも豊富に含んでおり「天然のサプリメント」
 といわれる。

●発酵食品を活用する。
 発酵食品には、微生物由来の植物酵素が多く含まれる。
 ローフードの代表的な発酵食品は、小麦の発酵ドリンク「リューベラック」やヨーロッパの
 キャベツの漬物「ザワークラウト」などがある。

●生のナッツや種子類は水につける。
 生のナッツや種子類には、酵素の活動を阻止する酵素抑制物質が含まれる。
 そのため、これらを食べる際には一晩水に浸し、酵素抑制物質を除去する必要がある。

●ローフード食の準備には、ミキサー・フードプロセッサー・ジューサー・
 デハイドレーター(水分を蒸発させる乾燥機)といった器具がよく使われる。

●スーパーフードと呼ばれる栄養価の高い食材を多く取り入れたり、サプリメントの摂取を
 推奨する人もいる。
 スーパーフードには、アサイー・パパイヤ・アボカド・リンゴ・バナナ・ブルーベリー・オレンジ・
 クロスグリ・スピルリナ・アロエ・ケール・カボチャ・ホウレン草・ブロッコリー・トマト・緑茶・
 クルミ・エンバクなどがある。
 クコの実(ゴジベリー)、マカの根やヘンププロテインなどが、サプリメントとしてよく使われる。


◆問題点

生の肉や魚介類には食中毒の危険性がある。
タラ・サンマ・サケ・スルメイカ等のアニサキス、カニの肺臓ジストマ、コイ・フナ・タナゴの肝臓ジストマ、
アユの横川吸虫など寄生虫に注意すべきとされる。
生野菜やフルーツも危険な微生物に汚染されている可能性があり、注意が必要である。
加熱調理することで、効果や吸収力が増加するビタミンや抗酸化物質もある。
ローフード実践者を対象に行った調査では、45歳以下の女性の30%が無月経症状を
おこしがちであることがわかった。
その数字は、長期間に及ぶ厳格なローフード実践者ほど顕著であった。



オステオパシーは骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系
脳脊髄液の循環を含む脳神経系など
解剖学的あるいは生理学的な範囲の医学知識の元に
徒手による身体機能回復療法を施します。

テーマ:
※ 主観的判断によりウィキペディアから引用

マクロビオティック (Macrobiotic) は、食生活法・食事療法の一種である。
名称は「長寿法」を意味する。第二世界大戦前後に食文化研究家の桜沢如一が考案した。
食生活法は、「玄米菜食」「穀物菜食」「自然食」「食養」「正食」「マクロビ」「マクロ」
「マクロビオティックス」「マクロバイオティック」「マクロバイオティックス」とも呼ばれる。
また、マクロビオティックを実践している人のことを、マクロビアン、
「"穀菜人(こくさいじん)"」と呼ぶこともある。
 
マクロビオティックの運動のはじまりとしては、
1928年に桜沢如一(思想家・食文化研究家)が行った講習会であると、桜沢の夫人が述べている。
現在ではさまざまな分派が存在するが、桜沢如一に端を発した食に関する哲学や
独自の宇宙感に関して
ほぼ同じ考えを保っており、また各集団も連携している。
マクロビオティックは、マクロ+ビオティックの合成語である。
語源は古代ギリシャ語「マクロビオス」であり、「健康による長寿」「偉大な生命」などといった意味である。
18世紀にドイツのクリストフ・ヴィルヘルム・フーフェラントが、長寿法という意味合いで使いはじめた。
マクロビオティックはフランス語など、ラテン語系の言語での発音を日本語表記したものである。
英語ではマクロバイオティクスに近い発音である。


◆マクロビオティックの特徴

玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、
独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法である。
おおむね以下のような食事法を共通の特徴とする。

●玄米や雑穀、全粒粉の小麦製品などを主食とする。
●野菜、穀物、豆類などの農産物、海藻類を食べる。
 有機農産物や自然農法による食品が望ましい。
●なるべく近隣の地域で収穫された、季節ごとの食べ物を食べるのが望ましい。
●砂糖を使用しない。甘味は米飴、甘酒、甜菜糖、メープルシロップなどで代用する。
●鰹節や煮干しなどを魚の出汁、うま味調味料は使用しない。
 出汁としては、主に昆布やシイタケを用いる。
●なるべく天然由来の食品添加物を用いる。塩はにがりを含んだ自然塩を用いる。
●肉類や卵、乳製品は用いない。ただし、卵は病気回復に使用する場合もある。
●厳格性を追求しない場合は、白身の魚や人の手で捕れる程度の小魚は、
 少量食べてもよいとする場合がある。
●皮や根も捨てずに用いて、一つの食品は丸ごと摂取することが望ましい。
●食品のアクも取り除かない。
●コーヒーは身体を冷やすので避ける。


◆マクロビオティックの起源

思想的な基盤は、食育で著名な明治時代の薬剤監であり医師であった
石塚左玄の食物に関する陰陽論である。
桜沢は左玄の結成した食養会で活躍することを通して食事療法(食養)を学び、独自に研究した。
左玄の著書に「化学的食養長寿論」というものがあり「化学的」と冠しているが、
左玄は当時の科学に敬意を持ち、当時の栄養学では重要視されなかった栄養素の
ナトリウムとカリウムを陰陽のバランスと見て重要視し独自の理論を提唱した。

もとが中医学ではないため、この分類は中医学の陰陽論に基づく分類とはかなり異なる。
左玄は「白い米は粕である」として、玄米には栄養が豊富に含まれていると主張してきた。
このことは20世紀初頭の栄養学でも確固として認められてきた点があるが、
当時の栄養学には食物繊維の概念がなかったため、消化されない栄養学があるとして
少し精白した米をすすめた。
当初、桜沢は左玄の考え方に従い、鳥、魚、卵を少しなら食べてもよいとしていたが、
晩年にそれらも食べない菜食が正しいという見解に到っている。
 
石塚左玄の食養
1.食本主義 
 「食は本なり、体は末なり、心はまたその末なり」と、 心身の病気の原因は食にあるとした。
2.人類穀食動物論 
 人間の歯は、穀物を噛む臼歯20本、菜類を噛みきる門歯8本、肉を噛む犬歯4本なので、
 人類は穀食動物である。
3.身土不二 
 居住地の自然環境に適合している主産物を主食に、副産物を副食にすることで
 心身もまた環境に調和する。
4.陰陽調和 
 当時の西洋栄養学では軽視されていたミネラルのナトリウム(塩分)とカリウムに注目し、
 さらにそのバランスが崩れすぎれば病気になるとした。
5.一物全体 
 一つの食品を丸ごと食べることで陰陽のバランスが保たれる。
 「白い米は粕である」と玄米を主食としてすすめた。


◆マクロビオティックの展開

初期の頃から、欧米風の動物性食物の多い食事と、それに起因すると考えられる疾病の多発、
食肉を得るための多大なエネルギーの浪費や環境汚染や気が問題、
非効率的な消費や病気の増加による経済的な損失を批判してきた。
その後の運動の展開としては、久司道夫、菊池富美雄、相原ヘルマンらが主に海外で、
松岡四郎、大森英櫻、岡田周三、山口卓三、奥山治らが主に国内で広めた。

日本国内にとどまらず、世界各地に広がっている理由として、こうした考えが受け入れられる面もある。

マクロビオティックは、ベジタリアニズムの一種と解されることもある。
桜沢は左玄の陰陽論をヒントに、食品を「陰性」「中庸」「陽性」に分類することを追求した。
産地の寒暖や形而上の特徴から牛乳・ミカン類・トマト・ナス・ほうれん草・熱帯産果実・カリウムの
多いものなどを「陰性」とした。
玄米・本葛粉(他のデンプンを混合した物は「中庸」ではない)は「中庸」、
塩や味噌・醤油・肉などナトリウムの多いものは「陽性」とした。
桜沢は当時の科学にも結び付けた。
根拠のないあらゆる独断を排除する懐疑論の立場からは、
「マクロビオティックス食事法が健康に役立つとしても、それは偶然である。
なぜなら、マクロビオティックスは食物を物理的品質や栄養学的品質にもとづいて
選んでいるのではなく、形而上学的特性で選んでいるのにすぎないからである。」と指摘されている。
桜沢は、ルイ・ケルヴランによる生体内で原子転換が起こるという説を支援し
『生体による原子転換』や『自然の中の原子転換』を日本とフランスで同時に発売した。
久司も、生体内で日夜元素が別の元素に変わる原子転換が行なわれていると主張している。


◆思想としての側面

マクロビオティックは、むしろ「思想」に近いものであり、病状などに即して栄養学的に
メニューを調整するといった食事療法とは根本的に異なり、
生活そのものを改善するような、平和運動を伴った思想が根底にあるとされる。
さらに、陰陽思想を食のみならず、生活のあらゆる場面で基礎とすべく、
万物を陰と陽に分類する無双原理という哲学を提唱した。
そして、この独自の哲学を含む食生活運動へと発展させた。

食養会は、時代背景も反映して「米はウカノミタマや天皇家の象徴であり、神聖である」として
食養を奨励し、当時の世論である国家神道や
八紘一宇の世界観から
平和的な世界統一観を主張していた。
こういった側面は、現在ではなくなっている。

宗教学者の島薗進はエコロジー運動とよく似た考えや、宗教的な敬虔さを含んだ
日本独自の思想が20世紀初頭にも
存在していたという指摘をしている。
また、島薗進は個々の現象への陰陽の割り当ての方法が恣意的であり、食物の陰陽調和や
病気に対する対処の根拠について、
十分な根拠があるか疑問であると指摘している。


◆海外での展開と逆輸入

桜沢如一はこれを広めるべく1929年に渡仏、1960年代に渡米して、弟子の久司道夫らとともに
「禅・マクロビオティック」と唱えて普及した。
アメリカの宗教学者によれば、ニューエイジ運動の推進的なものの一つに数えられる。
1950年代、久司がアメリカでマクロビオティックを広めようとした頃は、当時の栄養学と
矛盾していることから大きな反発があったという。
1967年にJAMAは、抑圧的なマクロビオティック食養方に固執することによって引き起こされる
壊血病と栄養失調に関する詳細な報告書を刊行した。
1971年にも、米国医師会の食品栄養委員会は食養法の実践者、
特に厳格な実践を行っているものは、栄養失調の重大な危機に直面しているとしている。
政府によって禁止措置がとられたこともあったが、久司が風洞を考慮し、再構築したマクロビオティックを
広めていったことで、
1970年代以降に、政府や栄養学会に受け入れられるようになったとされる。
当初アメリカでは、東洋思想への関心から久司のもとに集まったヒッピー達と共に、
日本のマクロビオティックの食事を日本語の呼び名で広めていった。
1977年には、従来の欧米型食生活が生活習慣病の増加をもたらしているとの反省から
「アメリカの食事目標(マクガバン・レポート)」
(肉や牛乳の摂取が癌を促進するとされる
大規模な疫学調査結果と実験結果)が
打ち出され、それを機に伝統的な和食への関心が高まり、
同時にマクロビオティックの考え方も見直されるようになった。

この食事目標の作成にあたって、委員会のリーダーであるジョージ・マクガヴァンや
原案をまとめたハーバード大学のヘグステッドも久司らと話し合いを行ったとされるが、
同報告には久司らの名前もマクロビオティックについても記述がない。
久司はマクロビオティックが大きく受け入れられた象徴的なイベントとして、ハーバード大学が主催し
WHO(世界保健機関)がバックアップした
国際栄養学会の晩餐に、食事をつくることが
要請されたとしている。
こうした久司道夫を中心とする地道な活動が徐々に広がり、マクロビオティックが
人々の食生活を改善した功績は国際社会に高く評価され、
1999年には、久司道夫が
日本人として初めてアメリカ国立歴史博物館である
スミソニアン博物館に殿堂入りを果たす。
アメリカでは、ザ・リッツ・カールトンホテルで採用されたり、育児書で有名なスポック博士や
前副大統領のアル・ゴア・ハリウッドスターなど著名人にも
実践者がいるとされる。
国内では、近年になって歌手のマドンナやトム・クルーズらが愛好家として雑誌等で紹介され、
注目され始めた。
そして、健康ブームに伴って、カフェができたりムックなどの各種出版物が刊行されたりするなど、
注目が集まった。
2005年には、日本経済新聞で1947~1957年生まれの女性の1割以上が、
実践していると報道された。



オステオパシーは骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系
脳脊髄液の循環を含む脳神経系など
解剖学的あるいは生理学的な範囲の医学知識の元に
徒手による身体機能回復療法を施します。


テーマ:
本来感知することのできない生理学的な指標を科学的にとらえ、
対象者に知覚できるようにフィードバックして体内状態を制御する技術・技法。

主に「リラックスした状態」などをフィードバックすることによって、
その状態自体を把握し、すばやくアクセスできるようにし不安な状態に拮抗させることが目的である。

バイオフィードバックは人からの脳波による出力を
画像や音など視聴覚等で感知できる形態への変換によって人に対して行う再出力である。
脳波の状態をリアルタイムで知ることができるため、
自ら脳波の状態を制御するために役立つ技術である。

整脈、頭痛、てんかん、自律神経失調、便失禁、気管支喘息、高血圧などの治療に活用されている。
脳波計の小型化・軽量化により、オリンピック選手等スポーツ分野での
精神訓練に利用されるようになっている。


オステオパシーは骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、
脳脊髄液の循環を含む脳神経系など解剖学的あるいは生理学的な広範囲の
医学知識の元に、徒手による身体機能回復療法を施します。


テーマ:
いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今日、朝一で加圧スパイラルトレーニングのご予約を頂いていたS様(30代男性)。
到着されてすぐ「昨日呑みすぎて具合悪いんですはぁ・・・。」とトイレに直行。

しばらくして戻られましたが、見るからに体調が悪そうで
院長からの勧めもあり、トレーニング前に急遽イオンクレンズフットバスをうけられることになりました。


S様は2年近く当院に通われていますが、試されるのは初めてとのこと。
他のクライアント様がフットバスをうけられているところを目にしたことはあるそうですが
リラクゼーションの一種だと思われていたそうで、
フットバスのパンフレットをご覧いただきながらデトックスを始めると
開始早々お湯の色が変わり始めたのを見て驚かれておりました。キャハハ


30分間の高濃度酸素吸引+イオンクレンズフットバスをお試し頂いたあとには
二日酔いの気持ち悪さが抜けたことに感激され
「奥さんにも教えよ~」とスマホで終わった後のフットバスの写真を撮っていらっしゃいました。笑

二日酔いがひどく、トレーニング中にもどすかも・・・と心配されていたそうですが、
デトックス後のトレーニングも余裕でこなされて
「気分が良くなったから、この後の買い物も余裕で行けそう」と気に入って頂いたご様子で、
次回もイオンクレンズフットバスと加圧スパイラルトレーニングを合わせてご予約頂き、
さわやかな笑顔でお帰りになられました。


おんぷイオンクレンズフットバスはおんぷ
おんぷ女性だけでなく、男性にもオススメのメニューですおんぷ




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。