さて自分が海外で10年弱過ごした経験もあり、国内で試合を見た回数より、海外で試合を見た回数の方が多いといった視点からすると、かなり貴重な試合がこちら。


鹿島アントラーズvs名古屋グランパス


長良川


こちらはまさかのテトラカンピォンになったこの2人が、日本のクラブに移籍してくると言う衝撃。


ジュビロのドゥンガもだけど、この2人のサイドバックが同じチームに存在すると言う事に興奮を覚えわざわざ見に行った試合。


スタジアム前で選手を待つという初の体験+当時では片言のポルトガル語で、レオナルドやジョルジーニョに声掛けをする事をして、挨拶してくれた姿にめちゃくちゃ感動した気持ちが。


試合の内容そっちのけで、出待ちまでして追っかけた選手達が居た時代があった事実。


日本から離れ、その後の人生で追っかけたディエゴマラドーナの逸話はまた将来話が出来たらと考えてるところです。