ぶるーす 不動産編

ぶるーす 不動産編

兼業大家ですが利回りは
ド素人。次回はプロ級を
目標にしています。
ブログTOPは、物件
から撮影したものです。

こんにちは


テーマ:

あの日、7月6日。

 

車で海田町にいました。

夕方、何処を走っても冠水していました。

 

海田駅から元の海田温泉の通りを抜けようとしました。

 

ここが車の底まで冠水して、そろりそろり走りました。

 

抜けると国道2号線ですが、アンダーがあるので左に振り向くと。

 

軽自動車が斜めに浮いていました。

 

緊張しました。

 

強い雨が降り続きました。

 

海田幼稚園、この前も冠水。

 

矢野の出張所の傍を走った先は、狭い道、そして四つ辻、、左から右に濁流が流れています。

 

ゴン!

 

ゴミ箱の蓋(多分?)が車に当たりました。

 

色々流れてきます。

 

(それにしても、水の流れが「速っ!」)

 

先が深いのか、浅いのか分かりません。

 

ドアを開けて、車の底に濁流が来ているのを確認しました。

 

これ以上は無理。

 

(エンジンが浸かれば身動き取れなくなり、終わり!)

 

一瞬迷いましたが、バックして広い道を行くことにしました。

 

幸い渋滞はありません。

 

(帰路)

 

・・・用事を済ましましたが。

 

何だか超渋滞ですが、何処がどうなっているのか分かりません。

 

そのうち、緊急車両が何台も通過します。

 

工作車も。

 

けたたましくサイレンを鳴らしながら。

 

ラジオでは、坂、馬木、矢野東?熊野だったか?

 

行方不明者が出ていると言ってます。

 

ああ成程、坂町に向かう消防車だったんだ。

 

会社への帰り道、坂新地、矢野東部流通団地内は大渋滞で身動きとれません。

 

日が沈み辺りは暗く、車のヘッドライトとテールランプばかり。

 

車は止まったまま。

 

時々頭をよぎったのは、場所の違う、広島市内の店子。

 

意を決して電話してみました。

 

「そこは、崖の上で危険なので避難してください! 長雨で大変なので、どこかホテル探して避難してください。宿泊費用はこちらが見ますから。」

 

この戸建は急な斜面の上にあり、さらに急な斜面の上に他人の家があり、崩れてくれば命が危ない。

 

急傾斜危険崩壊区域エリアです。

 

この物件は安かった、90万でした。

 

それを100万でリフォ終えるところが、さらに100万掛かり、全部で300万近く掛かりました

 

利回り16%の物件です。

 

入居してくれたのは若い女の子で、健気に介護の仕事で家賃を。

 

しかしここへ避難を促す電話を決意して、入れたのですが。

 

 

「(店子)ホテルといっても、ここから平地に降りたとしても、太田川の水が溢れたら。(ゼロメートル地帯なので冠水してしまい、そんな道を走ればそれもどうか?)

大丈夫、近所の人も動いてないし、問題ないです。」

 

「(私)そ、そうですか?それならいいですが。もし、大変だと思ったら遠慮なくホテルに避難して下さいよ。

 

ホテル代はこちらが支払いますからね。」

 

「(店子)はい、ありがとうございます。」

 

僕が見ている目の前の現実と、店子の見ている現実は明らかに違っていました。

 

ちょっと勇み足的でしたが。

 

でも、やるべきことはやったと、一安心でした。

 

万が一、店子が死んでも、避難勧告はしたわけだから、家族も理解してくれるはずだ。

 

あとから分かったのですが、7月6日の1日だけで緊急(110,119)への電話件数が400件以上もあったそうです。

 

僕が通過せずに引き返した場所って、すぐ先に土砂が一杯になった川がありますが。

 

その近辺では、車に土砂がハンドルの高さまで流入している写真をツイッターで何枚も見ました。

 

紙一重の判断でした、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

妻の現実を超えるために、することは?

 

と考えてるうちに、豪雨災害のエリヤのど真ん中に、対象とする物件があり。

 

もうこれ以上、考えている意味が無い、頓挫、状態となりました。

 

僕もお仕事中に、もしもう1時間か2時間、その場所に留まっていれば

 

車ごと、埋もれていたという事実。

 

 

明治の災害で数十人亡くなられた石碑がある地域。

 

繰り返す災害エリア。

 

そういう場所が、僕の住む場所から近くて管理しやすいと考えていたので。

 

しつこく、現実を超えたかったのです。

 

 

また、もう一つ数年前に超えられなくて購入し無かった戸建。

 

そのエリアは、砂防を超えてて土砂が流入し不明者を出した団地でした。

 

土砂災害エリアの為の擁壁を左に見つめて、右の谷の低い砂防ダムを見つめ、

 

そのすぐ近くにたたずんでいた戸建をどうするか、考えた時期がありました。

 

値切るとすんなり100万に落ちました。

 

な、なんで?

 

水洗じゃないので工事が100万掛かるというのもあるけど。

 

こういう地形だったから、早く手放したかった?ということも

 

考えられます。


しかし、その時は、一軒リフォーム中であったため、買えなかったのです。


そのうち、業者が買っていました。


後悔しました、買っとけば良かったと。

 

 

ここが大惨事に。

 

 

100人以上の自衛官が災害のあった7月6日から、今はどれだけ支援要員が膨らんでいるか分かりません。

 

今も救助活動は続けられています。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

不動産ですが、もし店子が入っていて、亡くなられていたらどう責任をとるのだろうか?

 

ここではなくて、車で50分くらい離れた物件に行くのに、3時間も渋滞の中、

 災害後の後始末をするために、仕事のお休みの日に、行くとして、どれだけ処理できるのか?

 

数か所同時に被災してしまい、あちらもこちらも、と死者を出していたら、僕は、いくら体があっても処理出来ません。

 

しかも、家族が知らない物件て、誰が協力出来るのでしょうか??

 

などなど、考えが頭をよぎりました。

 

 

沢山物件をお持ちの大家さんは、土砂処理とか、もし、被災現場でしたら、どんなに疲労困憊しておられることでしょう?

 

〇〇大家の会の会員の方々は、大丈夫だったのでしょうか??

 

皆自分の家のことで精一杯なのに、沢山の借家の片づけがあるとしたら

 

しんどいだろうなあ~。(>_<)

 

 

不労所得?

 

自然災害のリスクは、十分に考慮に入れなければいけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

現場に妻を同行して物件を見てもらったのは、生まれて初めてでした。


購入する前に、「この家どうかな?」的な意見を伺い、あばよくば、購入後、管理のお手伝いにご協力頂きたく、そのように願いつつ。

近くにあるスーパーで待ち合わせした二人は、小さな白いダイハツムーブで。



右折できない三叉路。

曲がると先に溝があります。

だから、曲がらずにスルーして先で、でんぐり返り、先程の溝のある道に左折して入ります。


右沿いにあるブロック塀にミラーをギリギリに寄せて、通過して行きます。

妻に助手席から窓の下を見てもらうと、「30cmほどしかない!」と、緊張していました。

僕が詳細に記録を取り、土木業者に見積もってもらった溝です。

通常の半値でやる業者を見つけたのですが50万ぐらいでした。

溝に何メートルか蓋をしないと、夜は怖くて通過できません。

妻の印象は良くありませんでした。

そこから、さらに斜めに左折しながら上に上がっていく坂道の入り口に、(嫌〜っ)て声無き声を耳にしました。

狭くてやれない感じです。

ゆっくり通過すれば問題無いのですが、疲れて帰宅するときには、面倒うな気分になりそうです。(^^)

急な坂を登ると、左側が草が半端じゃありません。
僕としては草を狩れば、何台も車停められるので最高な場所でした。

車を降りると、蚊が妻の顔の周りに。

離れません。(^^)

家の後ろは、竹藪の山です。

この竹藪も購入エリヤに。

無駄な労働を妻は敬遠してました。

物件の庭から南側を見ると、素敵な景色が広がり、爽快な気分にさせるはずなのに、すでに物件北側の山の虜に成り、景色を眺める様に推めても全然、見ません。(^^)

人間は、リスクを探す本能が勝ってますね。
メリットよりも。
相当勝ってますね。

妻の現実を変えるのは、大変です。

駅から10分で、利回り10%のリフォーム要らずの戸建なんて、賃貸人気エリアで、そんなに簡単にあるわけ無いんです!

リスクがあるから、安いんだし、買い手も現れない。

賃貸業者に予め、どれくらいの家賃で入居者が見つかりそうか、現場を見てもらい、相場をすでに聞いてるんだけど。

しかし、一般の女性の入居は、無理そうだというのは、妻の様子から良く分かりましたよ。(^^)

う〜ん、僕ももっと若ければ、独断で決めちゃうんだけど。
今では出来るだけ妻の協力の上でないと、な〜?

う〜ん。

妻の見てる現実は、僕の見てる現実と余りにも違い過ぎるんだよね〜。

ささ、どうするかな?

ブルース、どうする?

ん?


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス