我が家のフルートに、新たな仲間が加わりましたおねがい


なんと、ゴールウェイ先生が愛用されるナガハラフルートの、プラチナ製の頭部管ですびっくり


中央部分に先生の『ジェームズ・ゴールウェイ』という名前と『GJ』というイニシャルロゴと『ナガハラ』という文字が彫ってありますキラキラ



アメリカでたまたま日本人の永原さんが製作されたフルートを吹いてその素晴らしい響きに感動されたゴールウェイ先生が、


永原さんと一緒に素晴らしい音を目指して製作されたのがナガハラフルートの『ゴールウェイモデル』なのです流れ星


しかし、世界最高峰のフルーティスト・ゴールウェイ先生と永原さんが開発・製作されたゴールウェイモデルのフルートは、先生が愛用されているゴールド製でも1000万円近くの価格に…


だとしたら、私が味わいたいプラチナ製のフルートはいったい全体どんなお値段にガーン!?


というわけで笑い泣き、それでも諦めきれない私は(プロの演奏家さんがよくやる方法をマネして)フルートの頭部管だけ、このゴールウェイモデルのプラチナ製で永原さんに製作を依頼したのでしたプンプンパー


永原さんは(もともと日本人が持つ素晴らしいきめ細やかな・繊細な技術を持たれた方で)ひとつひとつのフルートを手作りされるため、注文してから(頭部管だけでも)半年はかかります…とのことでしたが、


「素晴らしい音色のゴールウェイモデルが吹けるならいくらでも待ちます!!」という気持ちで(それでも忘れることなく楽しみに)待っていたら、


予定ではクリスマスプレゼントの頃にアメリカから届くとのことでしたが、


予想外に早く製作が進んで(その後、いったんムラマツフルートに私の持っている本体とナガハラフルートの頭部管を届けて、ムラマツフルートの本体とナガハラフルートの頭部管が隙間なく差し込めて演奏できるように調整もしてもらいました)、


なんとおととい楽器屋さんに届いたので、スタジオをお借りして1時間ほど音の確認をさせていただきましたラブ


同じ厚みでもやはり重みがあるプラチナ製の頭部管から現れるゴールウェイ先生のような素晴らしいプラチナ音が、総銀製の本体に豊かに響いてとても美しい音を聴くことができましたおねがいルンルン


暑い間は熱中症が怖くてなかなか吹きに行けませんでしたが、(とはいえもう寒くなってきたから)これからは頑張って厚着して、(ピアノばかりでなく)フルートの練習にも励もうと思いますチューラブラブ


というわけで、この土日に!ということでさっそく朝から6時間ほど大学で吹いてきましたルンルン


そしたら、これまではクタクタになるまで力を入れないと出せなかったプラチナ音が、もはや全く力を入れずに自然に(めちゃくちゃ楽に)・なおかつ格段に素晴らしい響きで出てきてくれるので、


さすがは世界最高峰フルーティストのゴールウェイ先生が永原さんと共同開発されたゴールウェイモデルだ…と、本当に感動したのでした笑い泣きキラキラキラキラ


なのでもし、ゴールウェイモデルなんてめちゃくちゃ高くて買えないアセアセと諦めておられる方も、ぜひ頭部管だけでも頑張って購入してみることをオススメしますプンプンOK


では、その音をYouTubeに保管しました下矢印ので、見れなくなる前にぜひ聴いてみてくださいませ…私がひたすら求めていたのは、この音だったのでございます笑い泣き



『Danny boy』をプラチナ製ゴールウェイモデルのフルートで吹いてみた♬続いては、ゴールウェイ先生との出逢いのきっかけとなったこちらの曲を、プラチナ製ゴールウェイモデルの頭部管を使って吹いてみました♬そしたらやはり、素晴らしい響きがこれまでよりずっと簡単に出せて…ビックリしつつも泣きそうなくらいに感動しました🥲✨✨✨さすがは世界最高峰フルーティストのゴールウェイ先生が共同開発された...リンクyoutu.be



(大学での練習のあと、帰り道にロースタリーバイクで走った運動公園の道がめちゃくちゃキレイでした…神様の創り出す美しさに勝てるものはないなぁ、と改めて感動する瞬間ですおねがい