NPO法人 いのちの応援舎 ぼっこ助産院のブログ
  • 04Feb
    • 1月産まれましたの画像

      1月産まれました

      1月28日の夜~明け方、皆さん月を見ましたか?その日は大きくてきれいな満月でした。今年最初の満月だったようで「ウルフムーン」と呼ばれているそうです。満月や新月、大潮はお産が多いと言われますが実際にその前後は出産が多いように感じます。そんな大きな満月が見られてから数日後、元気な男の赤ちゃんがぼっこで産まれました。1/30朝3時くらいから10分毎に強い生理痛様の痛みがありました。なかなか強くならずぼっこに電話を掛けましたが「強くなったら電話します」と言って様子をみました。上のお子さんとTVを見ながら合間でフーッと痛みに耐えながら過ごしました。やっと22時ごろから本陣痛になってきました。1回ぼっこでみてもらおうかなと思ってぼっこへ来院。到着して内診したら3㎝。まだそんなに強くなかったので刺激をしてもらい一旦帰宅。0時過ぎ夫に背中さすってもらわないとつらい、声が出そうになりぼっこへ。夫は上の子の面倒をみないといけないので帰宅し、産婦さん一人で出産することになりました。小豆枕を足元に置いて温め、助産師に腰をさすってもらったら強くなってきました。そのあとは痛くて覚えてないそうです(笑)「助産師さんが3人付き添ってくれてたので、一人で産んだって感じではなかったです。心強かったです。一人目の時は産むのに必死でした。今回2人目は、赤ちゃんが出てくるとき鏡でみたり、頭を触ったりしたのでちょっと冷静になれました。あともうちょっとやと思えました。」と話してくださいました。上のお子さん(お姉ちゃん:2歳4か月)とは入院中、テレビ電話で話しているそうです。「お姉ちゃんは赤ちゃんに会えるのを楽しみにしています。いつもテレビ電話で弟見せて!と言ってきます。弟だけ見れたらバイバイって言われます。」と母は少し寂しそうに、でも嬉しそうに話されていました。妊娠中からお腹に赤ちゃんがいるよってお母さんはいつもお姉ちゃんに話していたので、お姉ちゃんもよくお腹に話しかけていたそうです。お腹でずっと聞いていたお姉ちゃんの声。赤ちゃんも覚えているのできっと反応してくれますよ❤出産されて、「一人目はやっと産まれたって感じでした。でも今回は感動しました。」と話されました。出産経過が分かってちょっと冷静になれたことで感動する気持ちが生まれたのかもしれないですね。また、お母さんご家族も含めて赤ちゃんの性別は産まれるまで秘密でした。出産して「男子!」と分かったのです。旦那さんは予想が当たって喜んでいたそうです。産後は後陣痛と乳房の張りが痛いようですが、会陰に傷がなく痛くない分ましですと笑顔で話してくださいました。今年最初の満月に誘われ、元気な声で出産してきてくれた赤ちゃん、出産を頑張られたお母さん、おうちで見守ってくださった旦那さん・お姉ちゃんおめでとうございます。これから新たな家族、生活の始まりです。楽しいこと、大変なことぼっこのスタッフも共有させてくださいね。ご出産おめでとうございます!!

  • 12Jan
    • 令和3年初赤ちゃん誕生♡

      1月も10日程度すぎてしまいましたが、皆さま、あけましておめでとうございます。令和3年、どのようにお過ごしでしょうか?皆さまから数々の年賀状を頂き、スタッフ一同楽しく拝見させて頂いています。さて、寒波が到来し香川でも雪がちらつく中、ぼっこ助産院で令和3年初めての赤ちゃんが誕生しました。お母さんに話を伺ったのでご紹介致します。出産前日の朝からおしるしが続いていました。いつになるかなあと思いながらいつ入院してもいいように準備をしていました。日が変わって0時から陣痛が始まりました。すごく寒い夜でした。ご主人は動揺してたからか「今から助産院行って、開いとん?」と。ご本人はその時を思い出しながら『開いてなかったらどこで産むのー!』と笑ながら話されていました。10分間隔になり助産院に電話しました。40分くらいかけて車で向かいます。ご主人は急ブレーキを踏んだり焦って運転されていたようで、ご本人は『ゆっくりでいいから、大丈夫だから』と。陣痛がきていながら冷静に過ごされていたようですね。お産の時は送る家族の方も緊張されますよね。焦らず、焦らず安全運転で。スタッフも準備万端で待っていますよ。とてもとても寒い夜でした。ご主人は「雪が降ったら救急車呼ばな!」と言われていたくらい。『それくらいで救急車呼んじゃダメ』と話されていたそうです。助産院はちょうど入院がなく、産婦さんが来られる前に部屋を暖房で温めていましたが寒さからなかなか温まらず…やっと暑くなってきたところで赤ちゃんが産まれてきてくれました。お産を振り返り、このように話されていました。(今回4人目を出産されました)上2人は病院で出産して3人目はぼっこで出産したんですが、出産後から出産はぼっこ以外考えられない!!と思っていました。今回妊娠中赤ちゃんが小さめでぼっこで産めるか心配したけどぼっこで産めてよかったです。夫の立ち会いがちょうどできる時間に産まれてきてくれたし。出産の時は「今息して!」とかいまどうしたらいいのか声かけをちゃんとしてくれたのでよかったです。産後はごはんも美味しいし最高ですね。おっぱいのあげ方や上の子への接し方などゆっくり話をしてくれてよかったです。と笑顔で話してくださいました。一生懸命お産の伴走をしてくださったご主人は立ち会いもでき「女のすごさをみせつけられた」と話されていたそうです。3回目の立ち会いだったそうですが、お母さんの産み出す力と赤ちゃんの産まれてこようとする力をちゃんと受け止め、一番間近で感じられいたのでしょう。上のお子さんたちも帰ってくるのを楽しみに待っているそうです。「帰ってからの子どもたちの反応が楽しみです。」と話されていました。新年から元気な産声をあげて産まれてきてくれた赤ちゃん、お産を無事終えられたお母さん、一緒に頑張られたお父さんおめでとうございます。新たな年の始まり、元気にぼっこで出産して頂けたことが何より嬉しいです。これからスクスクと元気に成長されるを願って…本当にご出産おめでとうございます!

  • 23Dec
    • ☆年末年始のご挨拶☆の画像

      ☆年末年始のご挨拶☆

      もう12月も3週間が過ぎあっという間に今年も残り10日ほどになりました。今年は新型コロナウィルスの影響から私たちの生活が大きく変化した年でした。そんな中でも元気に赤ちゃんを産もう、育もうと一生懸命なお母さんたち、元気な声で産まれてくる赤ちゃんたちに関わらせて頂きぼっこ助産院のスタッフもさらに元気を頂いた1年間でした。毎年多くの年賀状を頂き、ぼっこで出産されたお子様の成長を見させていただき皆とても楽しくうれしく年賀状を拝見させていただいています。毎年年始のご挨拶として年賀状を送らせて頂いていましたが、誠に勝手ながら環境への負担軽減に向けた取り組みの一環として年賀状を控えさせていただくこととしました。このブログをもって年始のご挨拶とさせて頂きます。もしご負担でなければ年賀にて皆さんの成長の様子を教えていただけるとうれしいのでぜひぼっこまでお送りください。送って頂いた年賀状は診察室の前に掲示させていただきます!来年も穏やかな気持ちでぼっこで過ごして頂けるようスタッフ一同関わらせて頂けたらと思っています。皆さまよいお年をお迎えください。

  • 03Dec
    • 口育のお話会開催☺の画像

      口育のお話会開催☺

      11月30日に口育のお話会がありました。妊娠中の方は赤ちゃんのお口の話なんて、まだまだ先の事・・・と思われてないですか?実はお母さんのおなかの中にいるときから知っておくといいことがあるのです!子育て中のかたは、「うちの子いつも口を開けている、歯がガタガタ、丸呑みしている・・・」等悩まれていませんか?今回は妊娠中の方、子育て中の方が参加してくださいました。講師はフリーの歯科衛生士さん、福岡さんです。皆さんの反応を見ながら分かりやすく話してくださいました。皆さんの周りにも歯の矯正をしている方は多いのではないでしょうか。お腹の中から、また産まれた後の赤ちゃんの様子、姿勢、抱っこなどが今後のお口の状態につながっていくという内容の話でした。この日のお話会をするに至ったのも、実はぼっこに通われている妊婦さんがきっかけです。上のお子さんがずっと口が開いていることが気になっていて福岡さんのケアを受けられました。子育て中の方の「もっと早くから知っておきたかった!」という声から福岡さんが「妊娠している間から話を聞いてほしい」との思いから今回のお話会を企画してくださいました。また、開催を希望される声が多ければ、第2回をぜひお願いしたいと思います!!

  • 04Nov
    • 出産の立ち会いについて★

      新型コロナウィルス感染拡大防止のため立ち会い出産を中止していました。助産院だからこそ、「立ち会い出産ができる」「家族と一緒に過ごせる」と期待してきてくださったのにその希望に答えることができていませんでした。未知のウィルスだからこそお母さんと赤ちゃんを少しでもリスクから守らなければとの思いから中止の判断をさせて頂いていました。今回、連携医療機関の医師と相談し立ち会い出産を再開することとなりました。ただ、全国的には未だにコロナウィルスの感染拡大状況は続いています。よって立ち会いする方にも感染予防のご協力をお願いしたいと思います。現在、立ち会いは大人1名のみにさせていただいています。37℃以上の発熱、咳など風邪症状のある方はお断りさせていただくことがあります。立ち会いの際はガウン、マスク、フェイスシールド、手袋の着用をお願いいたします。残念ながらまだ面会、宿泊は中止しています。全国、県内の感染の状況を踏まえた上で今後検討していきたいと思っています。立ち会い出産が当たり前でなくなった今、私たち助産師も家族がそばで寄り添ってくれる存在の大きさを改めて実感しています。「おめでとう、そしてありがとう。これからよろしくね。」お母さんと赤ちゃんのそばで一緒に寄り添い、赤ちゃんの誕生を迎えましょう

  • 05Oct
    • ぼっこ卒業生のその後の画像

      ぼっこ卒業生のその後

      先日ベビーマッサージがありました。たくさんのお母さんと赤ちゃんが参加してくれました。そこに、このブログでも紹介させてもらった親子が遊びに来てくれていました。4月生まれ、41週超えてぼっこで出産してくれたお母さんと赤ちゃんです。このお母さんの出産エピソードを何度も繰り返し読んでお産に望んでくれた方もいました!「私も予定日を超えていたのですごく励まされました。」とその方は話されていました。赤ちゃんは5ヶ月になり最近人見知りが始まったようですが、ぼっこのスタッフに会うとにっこり笑ってくれるんです。ぼっこを覚えていてくれているのかな?とほっこり嬉しくなりました。こんなふうにぼっこを卒業されてからも教室に参加してくれたり親子広場に行く時に声をかけてくれたり「近くに来たのでー♪」とのぞいてくれたり成長したお子様の姿を見ることが出来てスタッフはとっても嬉しいです。また会いに来てくださいね♡

  • 23Sep
    • 9月生まれました③の画像

      9月生まれました③

      先日初産婦さんのお産があったのでご紹介します。朝6時頃からちょっと痛いなーと感じるようになりました。7時半になっても10分切っていませんでした。様子をみてもらうために13時に健診に行きました。まだ子宮口は1㎝。前日は朝方4時頃に寝たので眠くって家に帰ってから寝ました。でもお腹は4~8分くらいに張るから、ウトウトして痛くて起きて・・・を繰り返していました。18時くらいからフーフーいうくらいになってきました。21時になって痛くなってきたので助産院へ。でも子宮口は3㎝だったので一旦帰ることに。家に帰ってから不安な気持ちもあるのか痛く感じて。帰って30分くらいでまた助産院に電話して戻ることになりました。23時くらいに助産院へ帰ってきて、0時すぎに診ると3㎝と変わらず。「初産婦さんだから1時間に1㎝開くくらいで安産だよ」って言われて『まだ7時間もかかるのー!?』と思いました 笑でも20,30分後に力が入るようになって診察したら7㎝と!!バタバタっとしているとすぐに9.5㎝と言われそのあとスルッと生まれました。朝から痛みはあったけど、そんなに長く感じませんでした。みんな、助産師さんが「上手、上手」っていってくれたのでうれしかったです。産むときは病院だと足が固定されて身動きが取れないみたいだけど助産院は自由にできたのでよかったです。自然と産みたい体勢になれました。自分で足を抱えたのも力を入れやすくてよかったです。本能に従って産んだって感じです。それに、下も裂けなかったし!!Tou tubeで会陰から頭が出てくるところも見てたけど、やっぱり違いますよね。「八ッハッて力抜いて」って声かけてもらってやってたって感じです。夫は助産院の外で待っててもらったんだけど夜中だったし産まれた声が聴けたみたいでよかったです。家に帰ってからも「興奮して寝れない」ってメールしてきたけど10分後に返信したら既読にならず『もう寝てるやん!!』ってなってました 笑助産院を選んだのは「家が近かったこと、待ち時間があまりないこと、会陰切開しなくていいこと」でした。はじめてのお産でおしもが裂けずに産めて本当によかったです。私の両親は助産院のお産をしらないから心配されたけど、お産のときもずっと助産師が付き添っていてくれるから安心でした。産後当日なのに笑顔で話をしてくださいました。赤ちゃんも髪の毛がホワホワでとっても可愛い♡ぼっこで素敵なお産をしていただきスタッフも嬉しいです。ご出産おめでとうございます。

  • 16Sep
    • 9月 赤ちゃん産まれました!②の画像

      9月 赤ちゃん産まれました!②

      9月、ぼっこ助産院で女の子が産まれました。その日、Aさんはお買い物があり3,4件ほどお店を回っていました。買い物が終わって、「なんだかお腹の張りがいつもと違うな」と感じていました。17時ごろ1時間に1回くらい強いお腹の張りがあったのでぼっこに連絡をしました。前回の受診のとき、早めに連絡する様に言われていたので「とりあえず連絡しとこうと思って」と。もう少し様子を見てお腹の張りが10分毎になったら連絡をするよう言われました。18時ごろ助産師から連絡があり、弱いお腹の張りも合わせると10分毎の張りになっていたため来院するように言われました。夫は仕事で県外にいるため頼れません。上の子が2人いるので預けるために実の両親、義理の父へ連絡をします。ぼっこまで車で送ってもらうはずの義理の父となかなか連絡がつきません。タクシーで行こうか相談したり、待っている間夕食の片づけや入院中の子どもたちの準備などをしていました。やっと連絡が取れ、20時半頃ぼっこに到着しました。到着し内診すると4㎝とのこと。お腹の張りは「痛いけどおさまる」といった感じ。家が遠いので入院して様子見ることに。助産師と「朝方までかかるかな~」と話をしていました。上の子たちは実両親に連れて帰ってもらいました。23時半ごろ陣痛間隔短くなり赤ちゃんが押してくる感じあり診察すると7㎝に。あれよあれよと進んでいって日付が変わって0時台に産まれました。お産が終わって赤ちゃんを見たとき「産まれたー!!痛かったー!!」って思いました(笑)前回は病院でのお産だったけど、今回は病院より安心感がありました。ずっと助産師さんがそばについてくれていました。痛くなるにつれて「痛い、怖い、嫌だ」という気持ちになったけどそばに付いてアドバイスをくれたので安心でした。力んでいいのか、だめなのかなど教えてくれたので「これで大丈夫」と思えました。夫に出産後連絡を取ったら「お疲れさまでした」といってくれました。上の子どもたちには朝TV電話をして赤ちゃんの顔をみせました。「あかちゃーん!!」といって喜んでいました。2人目のお兄ちゃんは少し離れて見ていましたが少しずつ慣れていってくれたらいいなと思っています。(以下スタッフです)Aさんは妊娠中からいつも上のお子さんのことを気にかけていました。旦那さんが自宅にいない状況、自分がお産になったらどのように連絡をとるのか、どうやって上の子を預けるのか、ぼっこまでどうやっていくのか等家族と相談され準備されていました。とても大事なことです!!入院時の連絡や上の子の預け先のご心配があればスタッフにご相談ください。今は上のお子さんたちも気になるでしょうが、赤ちゃんと二人の時間をゆったりとした時間の中で過ごされています。早くパパにも会いたいですね!可愛い3番目の女の子、ご出産おめでとうございます。退院後は3人の子育てが待っています。ぼっこにいる間はスタッフに甘えながらゆっくり過ごしてくださいね♪

  • 10Sep
    • お味噌ができました!の画像

      お味噌ができました!

      今年の3月に、助産師スタッフで有機大豆を使って味噌作りをしました!(詳しくは「ぼっこ助産院の食事」の記事をご覧ください♡)そのお味噌がついにできましたー♪この夏の暑さで発酵がすすんだからなのか、当初は11月にできる予定が、早まりこの度美味しそうなお味噌が出来上がりました。早速ぼっこではお味噌汁にして食事に出させてもらっています。スタッフもお味噌汁を頂いていますが、大豆のホワッと優しい味がしてホッと癒されています。このお味噌汁が食べられる期間は限られていますが、ぼっこにお越しの際はぜひ味わってくださいね。ぼっこの食事で1人でも多くの方がほっとひと息つけて優しい気持ちになれますように…食事された皆さま、お味噌汁の感想をスタッフにこっそり教えてくださいね!!

  • 09Sep
    • 9月 赤ちゃん産まれました!の画像

      9月 赤ちゃん産まれました!

      9月に出産された経産婦さんのお産についてご紹介させていただきます。予定日を4日超えて健診にぼっこへ。 内診して刺激をしてもらい帰りました。15時ごろから1時間に1回くらいちょっと痛いな~と感じる程度。18:30頃、ご飯を食べながらおなかが張ったときに「痛い、痛い」と感じるくらいになってきて10分毎におなかが張ってきました。20:30 6分間隔になってきたのでぼっこに電話。「来てください」とのことでぼっこに向かいました。21:30 チョロッと破水。「赤ちゃんの頭側じゃなくて上のほうが破れたからたくさん羊水が出ないんだよ」と助産師さんが教えてくれました。     破水してからどんどん痛くなって5分毎に。22時~23時くらいは本当に痛くって!!そんなに声は出ないけど布団をギュッとにぎって痛みに耐えていました。それでも5分毎から間隔が縮まらないので足湯をして温まりました。0時くらいにバシャッと沢山羊水が出てからは動物のようになって・・・痛みがすごくって!0:40過ぎに赤ちゃんが産まれました。今回のお産はいろんなところの感覚が分かったお産でした。全身の様々なところに意識をむけてお産ができました。頭が少しずつ出てきて頭を触って髪の毛が触れたり「頭が出たよ」って言われて「お産まであと少し」って思ったり前回より余裕もありました。今回は立ち会いができなかったので、ビデオをとってもらいました。赤ちゃんの頭が出てきたところをビデオでみて衝撃的でした!!「会陰が切れなくてよかったなー」くらいに簡単にしか考えてなかったけど助産師さんがあんなにクリームを塗って丁寧に会陰を広げてくれて。頭が出るときも切れないように出してくれて。助産師さんがあんなにも丁寧に出してくれたたらそりゃ切れないなって思いました。(お母さんも34wから頑張って会陰マッサージを続けてくれていました!)赤ちゃんは妊婦健診のエコーでは顔をみせてくれなくて・・・、産まれてやっと顔が見えたって感じでした。五体満足で生まれてきてくれてよかったです。(出産後出血が多くなりました)助産師さんたちは「大丈夫?しんどくない?」ってすごく心配をしてくれたけど私は「お産の後だからしんどいのかな」くらいにしか思ってなくて。全然自覚はなかったです。点滴取って救急車にのってるときも不思議な感じで。すごく眠かったけど初めて救急車に乗るし救急車の中をちゃんと見とこう!って思ってました 笑助産師さんが一緒に乗ってくれたので安心でした。赤ちゃんも置いて行ってしまってる・・・とは思ったけどぼっこさんに見てもらっているから安心でした。病院について色々処置してくれたけどとりあえず眠かったです。病院の看護師さん達はとっても優しかったけど、『病院』っていう雰囲気がさみしくって早くぼっこさんに帰りたいなって思いました。あと、ぼっこの食事のおいしさをしっているので早くご飯が食べたい!!って思いました。病院の先生が朝から採血してくれて「ぼっこに帰れますよ」って教えてくれました。(産後1日目にぼっこに帰ってこれました)お産について詳しくお話してくれました。感覚を研ぎ澄まして全身でお産を経験されました。産婦さんの感覚ってすごいですよね!産後出血が多く、病院に搬送させていただきました。スタッフも心配しましたが出血も落ち着きぼっこに帰ってきてくださいました。このようにお母さんと赤ちゃんの命を一番に考えて病院に搬送させていただくこともあります。すべての経験を前向きに受け止められているお母さん、ぼっこに帰ってきて美味しそうにご飯を食べてくれてスタッフ皆とっても嬉しかったです。今回のお母さんは明るく話をしてくださいましたが、「どうなるのだろう」と心配にも思われたと思います。お母さんやご家族の気持ちに寄り添いながら関わることができればと思い日々関わらせて頂いています。どんなことでも助産師・スタッフに相談していただければと思います。お産後大変でしたが、産後ニコニコと過ごしてくださるお母さんと赤ちゃんに関わることができうれしいです。ぼっこで出産してくださってありがとうございました。ご出産おめでとうございます。

  • 20Aug
    • ベビーマッサージ 8.20の画像

      ベビーマッサージ 8.20

      今日は大人気のベビーマッサージ教室の日でした。本日の参加者は4名でベビーちゃんは3,4か月でした。みんなで楽しみながらわいわいしましたよ❤そしたら、ベビーマッサージが終わるころには・・・こーんな感じでにこにこと楽しそうに赤ちゃん会議を開いていました。赤ちゃんが楽しそうだとお母さんもうれしくなって笑顔がこぼれますね。コロナでなかなかお出かけしづらい中、ちょっとした息抜きに、赤ちゃんとのコミュニケーションのために、お友達作りに・・・^-^みんなで笑って話せば少し心も軽くなりますね。感染症対策をした上で楽しくベビーマッサージをしましょう。ご予約お待ちしています♪予約はぼっこ助産院のHPから⇒https://hinata-bokko.jp/bokkokyoshitsu/

  • 18Aug
    • さらしの藍染めの画像

      さらしの藍染め

      昨日、ぼっこのスタッフ皆でさらしを藍染めしました!!妊婦の皆さん、一本はさらしを持っているのではないでしょうか。さらしは妊娠期から腹帯や骨盤固定、産後はだっこやおんぶ紐にも使用できる万能なアイテムです。そんなさらしを愛情をこめて何か素敵にアレンジできないか・・・ということで藍染めすることにしました。藍染めとは・・・ タデ科の植物。⇒アイ (植物)。 アイ (植物)から採れる染料を使って染めた布(染め物)。なお、藍染めを行った布には、消臭効果、細菌の増殖を抑制する効果、虫除け効果が付与される[2]。(Wikipediaより)とあります。さて、藍染キットを購入し、早速藍染のさらしづくりスタートです。10mの布を半分に切って5mにし、それぞれの布に輪ゴムや割りばしで模様をつける準備をします。皆集中して作業に取り組んでいます!!こんな感じになりました。                                                                                                           さて、これがどのような感じになるでしょうか!この布をまず水につけなじませます。そして次に藍染液につけながらもみこみます。最初は緑だった布の色が空気に触れるとだんだんと藍色に染まっていきます。そして新聞紙の上にあげて水分をふき取り、その後お湯につけてから乾かします。晴天の中、藍染した布がどんどん乾いていきます。気持ちよさそうに干されていますね。乾いた後に保存液に浸してもう一度干して完成です!!さて、Before,Afterをみてみましょう!!⇒⇒⇒⇒「こんな柄になるのか!」「意外とこれきれいだね。」「濃淡もあっていいね。」と皆で楽しみながら完成を迎えました。それぞれに素敵な柄にしあがりましたよ❤(自画自賛です^-^)さて、このさらしをぼっこで見かけると思うので一緒に使っていきましょう!スペシャルバージョンのさらしの登場をお楽しみに♪腹帯の巻き方、骨盤固定やだっこひも・おんぶひもの使い方で困ったら助産師に声をかけてくださいね。

  • 05Aug
    • 産褥入院って何?の画像

      産褥入院って何?

      産褥入院とは・・・?皆さん知っていますか?出産後自宅に帰っても手伝ってくれる人がいない、お産の育児の疲れから体調がよくない、不安があるなど支援が必要なお母さんとそのお子さんのサポートを行う事業として各自治体で行っています。ぼっこ助産院では宿泊型(ショートステイ)、通所型(デイケア、日帰り 午前9時~午後5時まで)として香川県全域の産後の母子を対象に行っています。さて、産褥入院をするとどんなことができるのでしょう。◎母体のケア◎育児方法(授乳、沐浴、抱っこ、あやし方、寝かせ方など)◎子育てや生活の仕方に関する相談◎休息     など助産院では実家に帰ったような雰囲気の中産後の子育てをお手伝いさせていただいています。今日は産褥入院されているAさん(宿泊型:ショートステイ利用)にインタビューをしたのでご紹介させていただきます。Q.産褥入院を知ったきっかけは?Aさん:友達が県外出身で実家が遠く、周囲のサポートがなかったため利用した話を聞きました。    私も実家が県外なのでいいなと思って利用することにしました。    義理の実家の両親は仕事されているのでなかなか頼れなくて・・・。Q.利用してみてどうでしたか?Aさん:通常の入院期間だったら授乳がまだ軌道に乗ってなかったと思うのでよかったです。   赤ちゃんの黄疸が心配だったけどそれも一緒に見てもらえて安心です。   常に助産師さんがいるのでわからないことは相談できるのがいいです。   毎日の子どもの成長を助産師さんが一緒に喜んでくれるのもうれしいです。   あと、タオルや赤ちゃんの着るものなど助産院のものを使わせてもらえるのも有難いです。   食事は美味しいし、毎日掃除してくれるし・・・いつも自分がやっていることをしてもらえるのはうれしいですね。   産後は赤ちゃんがいて簡単に外出できないし、一つの場所で色んなサービスがうけられるのはいいなって思います。   完全個室で限られた人しか関わらなくていいのは気を使わなくていいのでいいですね。Q.コロナ感染拡大のため現在面会中止になっていますがさみしくないですか?Aさん:面会があったら逆に気を使ってしまうので、面会がなくてゆっくりできていいです。    のんびりできてるし安心できてます。↑Aさんベビー❤ Aさんは毎日ニコニコして赤ちゃんと過ごされています。リラックスして助産院で過ごしていただけたらと思っています。産後スムーズに育児ができるように、気分が少しでも楽になるようにスタッフ一同寄り添わせて頂けたらと思っています。各自治体によって利用期間、費用、申請方法などは違いますので詳しくは居住地の自治体またはぼっこ助産院にお問い合わせください。

  • 11May
    • 5月、赤ちゃん産まれました!の画像

      5月、赤ちゃん産まれました!

      コロナウィルスの感染拡大が心配されている中不安な気持ちで出産にむけて過ごしている妊婦さんも多いのではないでしょうか。そのような中で先日ぼっこ助産院で出産された方がいました。朝5時に便意を感じ起きました。トイレに行ったけど出ない!!これは陣痛だ!と感じたそうです。ぼっこ助産院に電話して陣痛かどうか確認したそうです。スタッフが説明して来院をすすめてくれたけどとりあえずもう一度陣痛を測ってみようと思い一旦電話を切ったそうです。それから上のお子さんを実父母に預けるため、実父母の到着を待ちました。実父母が自宅に到着したところで破水をしました。それからどんどんお腹が痛くなったそうです。ご本人は破水だとは思っていなかったようですが電話を受けたスタッフはご本人の声で「これはすすんでる」と思い準備万端にして待っていました。ご主人のドライビングテクニックを駆使し、ぼっこまで急いで駆け付けます!!車に乗って10分ほどで赤ちゃんの頭が挟まっている感じが!!スタッフは待ってる間も心配で電話をかけ「準備して待ちよるけんな。」と励ましていたそうです。ご本人は痛い中でもその声が耳に入りとっても安心したそうです。やっとぼっこに到着!!!車いすで部屋まで行き、到着後4分で出産されました。「3人の助産師さんが待ってくれていて心強かったです。安心感が違いました。」と話されていました。ご主人がずっとそばについてサポートしてくれて「本当に一緒に頑張ったって感じでした。」と。ご主人は赤ちゃんが産まれて「ありがとう。」と言ってくれたそうです。「今までもありがとうって言ってくれることはあったけど、改めてありがとうと言ってくれて嬉しかったです。」と話されていました。素敵なご夫婦ですね♡コロナウィルスの感染拡大に伴いぼっこ助産院でも感染症予防の観点から現在は出産時の立ち会いや入院中の面会を中止させていただいています。「妊娠中は心配ばかりでした・・・。コロナにかかったらどうしようとか。こんなにも望んで達成できないことってあるんだな。今まで当たり前って思っていたことも当たり前じゃないんだなって思いました。不安もあったけど、周りの家族もしょうがないねって言ってくれてました。立ち会いできなくても頼りになる助産師さんがいるからって思うようにしていました。出産してから友達がメールで心配してメッセージをくれたんです。その中で『赤ちゃんと二人っきりでいられる時間って今だけだけしかないよ。赤ちゃんと二人の時間を大切にね。』って言ってくれたんです。本当にそうだなって思いました。今は赤ちゃんを全身で受け止めて過ごしたいです。」と話してくださいました。不安な中前向きに出産にのぞんでくださったのを感じました。私たちも希望通りの出産をしていただけないことに胸を痛めています。今はお母さんと赤ちゃんの安全を第一に考え取り組んでいます。地域の情勢を踏まえ今後立ち会い・面会などを再開できるかどうか見極めていきたいと思っています。もし不安だな、これからどうなるのかなと心配される方がいましたらいつでもスタッフにご相談ください。早くコロナウィルスが落ち着いてもとの日常に戻りますように・・・お母さん・赤ちゃん・ご家族が笑顔で妊娠・出産・産後を過ごせますようにスタッフ一同願っています。不安でいっぱいな情勢の中元気で生まれてきてくれた赤ちゃんにぼっこのスタッフも感謝でいっぱいです。生まれてきてくれてありがとう!!ご出産おめでとうございます。

  • 06Apr
    • 赤ちゃん産まれました!の画像

      赤ちゃん産まれました!

      4月6日の明け方にぼっこ助産院で女の子が産まれました。お母さんは妊娠41週超えて、あと少しでぼっこでは産めない!?というところで陣痛が始まりました。予定日過ぎてもなかなか陣痛が来ないのでお母さんは「赤ちゃんはわたしに会いたくないのかな・・・。嫌いなのかな・・・。」と悩んだそうです。毎日実母さんとウォーキング、最後は旦那さんと2日で40㎞も散歩をしました。旦那さんは「散歩をしたのもいい思い出になりました」と話されていました。夕方から陣痛が来て、だんだんと短くなってきました。「陣痛が来た!!嬉しい!」という気持ちでぼっこ助産院に入院して来られました。陣痛の進みはゆっくりで、歩いたり休んだりしながら旦那さんと過ごしました。ずっとお腹の赤ちゃんに話しかけながら過ごしたようです。「お母さんが痛がったり怖がったりしていると赤ちゃんが安心して産まれて来れないと本で読まれていたので『お母さん、痛くないよ、まだまだ頑張れるよ。陣痛弱めないで大丈夫よー』と、とにかく赤ちゃんを安心させるプラスの声掛けをすると自分にも勇気が湧いてきました。」と話されました。子宮口が9cmまでお母さんは笑顔で過ごされました。院内を1時間程度散歩して陣痛が強くなりました。お母さん、お父さんが待ちに待った出産!!お父さんは『いきみ方が上手って言われてたので安心してみていられました」と。出産した赤ちゃんを見て「かわいーーーー!!!」と思ったそうです。出産した赤ちゃんは首にへその緒が巻いていました。「なかなか生まれて来ないなと思ったけど、私に会いたくないんじゃなくてちゃんと理由(臍の緒が巻いていた)があったんですね。これから出産される方には、『予定日を過ぎてもあきらめないで』と伝えたいです」と話してくれました。赤ちゃんはずーっとお母さんとお父さんに会いたかったんだよね。だってお母さんとお父さんの間ですやすやとっても落ち着いた顔で寝ていましたよ。ご出産おめでとうございます。ぼっこ助産院のスタッフもここで出産していただけて皆で大喜びしています!!ちなみに・・・赤ちゃんがかぶっている帽子はぼっこ助産院のソーイング教室でお母さんが手作りされたものです!!とっても可愛い!!よく似合ってます♡

  • 19Mar
    • ソーイング教室の画像

      ソーイング教室

      2月~3月にかけてソーイング教室ではどんぐり帽子を作りました。とってもかわいい帽子に予約が殺到!!!10組ものお申込みを頂きました。皆さん真剣に編み物をされていました。帽子の先っちょを作るのが難しく苦戦されたようですが先生や隣の人に聞きながら上手に作られていました。皆さん、ずっと前からお友達ですか?と聞きたくなる程わきあいあいと編み物に取り組まれていました♪また夏には麦わら帽子を作ろうかと話も出ているようです。お楽しみに!!さて、最近では新型コロナウィルスが世間を騒がせていますね。。。香川県でもマスク不足が深刻です。というわけで4月のソーイング教室はマスク作りです♪ないものは作ってしまおう!!ということで皆さんでオリジナルのマスクを作りませんか?詳細は・・・日時:4月14日(火)、21日(火) 10:00~12:00持ち物:参加料500円好きな生地(ガーゼ生地がなければタオル生地でもOK)50cm×50cm位 2枚分お申込みはぼっこ助産院HPまで http://hinata-bokko.jp/sewingclub/お申込みお待ちしています!!

    • ベビーマッサージ教室の画像

      ベビーマッサージ教室

      今日はベビーマッサージ教室についての紹介です。いつも予約ですぐにいっぱいになる人気の教室です♪この会では6組の親子が参加してくれました。1組はパパも一緒に参加してくださいました。この日は皆さんでお産の話で盛り上がりわいわいと楽しくベビーマッサージをしました。ベビーマッサージは赤ちゃんと肌と肌で触れあえる絶好のコミュニケーションです。どんな風に赤ちゃんと遊んだらいいの?最近便秘なんです。夜泣きで困ってます。こんな風に悩んでいる方いませんか?悩みの一部分に少しでも役立てれば・・・ベビーマッサージの心地よさ、楽しさをぜひ体験しに来てください。お申込みはぼっこ助産院HPから♪ http://hinata-bokko.jp/bokkokyoshitsu/

  • 12Mar
    • ぼっこの食事の画像

      ぼっこの食事

      今回はぼっこの食事をご紹介します。ぼっこの食事は和食を基本としています。野菜の中でも根菜類・豆類を多くとり、魚を中心にしたメニューとし、1日30品目使用するよう心掛けています。農家の田んぼのお米、「おやこ広場」で育てた無農薬野菜、自ら野山で摘んできた野草や山菜など、ひとと地域の恵みにあふれた食材を使っています。3月3日はお雛祭りでした。その日はこんな食事が出ました。ぼっこ助産院では季節を感じられる食事を楽しんでもらえることができます。そして先日助産師スタッフでぼっこの食事で使うお味噌作りをしました。有機大豆をゆでて柔らかくしビニールの中でつぶします。麹と塩をまぜてから大豆と混ぜ合わせて袋に詰めてできがり!!できあがりは11月なので、11月入院予定の皆さんはお楽しみに♪お産を終えたお母さんがほっこりできるように、育児で悩んでいる産後のお母さんが「おいしー」って笑顔になるように、心身ともに元気になる様なぼっこの食事を食べてください♪雑誌IKUNASの最新号が2020年3月末に出ます。「人生によりそう食」としてぼっこ助産院の食事が取り上げられます。興味のある方はぜひご覧ください!

  • 14Feb
    • ぼっこ助産院のアロマ教室の画像

      ぼっこ助産院のアロマ教室

      ぼっこ助産院では、妊娠37週から出産までの方を対象にアロマ教室をしています。ハーバルセラピストの助産師がアロマセラピーについてお伝えします。  今日は、3月に出産を控えた妊婦さんが参加してくださいました。ブレンドレシピを参考に自分の好きな香りを選んでオリジナルのマッサージオイルを作りました。今日作ったのは、陣痛を促すマッサージオイル!実際に腰と手のマッサージを試していただき、気持ちよさを実感して頂きました。出産時に使える精油には、お産を促すものや陣痛の痛みを緩和するもの、リラックス効果が期待できるものなどがあります。お産の時、陣痛を上手に乗り切るためには、リラックスを心がけることがとても大切です。自分らしいお産をするためのバースプランに、アロマセラピーを取り入れてみませんか?次回は、3月12日(木)の予定です。お申し込みは、ぼっこ助産院HP(http://hinata-bokko.jp/bokkokyoshitsu/)から♪その他、色々な教室を行っております。他院で出産予定の方も大歓迎です!ぜひお越しください!

  • 20Jan
    • ソーイング教室~かぼちゃパンツ編~の画像

      ソーイング教室~かぼちゃパンツ編~

      1月14日にソーイング教室でかぼちゃパンツを作りました。お母さんたちが好きな柄の布を持参してチクチクと縫いました。参加者の皆さんで楽しそうに作られていました。こんなに素敵なパンツができました!!ぼたんやリボン、フリル、肩紐もついてとってもかわいいパンツが出来ました♡次回は1月28日(火)10:00~です。皆さんもお子さんにかわいいかぼちゃパンツ作ってみませんか?そして2月はどんぐり帽子をつくります。2月は祝日が入るため2月18日(火)のみの開催です。お申し込みはぼっこ助産院HP(http://hinata-bokko.jp/sewingclub/)から♪お待ちしています!!