第116回 瀧廉太郎 府内追悼祭

テーマ:

 こんにちは、井野辺府内クリニック医事課です。ニコニコ

7月1日(日) 第116回 瀧 廉太郎府内追悼祭に

院長先生を始め在宅スタッフと計7名で参加して来ました。カラオケ

 

今年で3回目の参加となりますが、当院ではすっかり夏の定例行事となりました。音譜

 

 

↑佐藤市長も毎年参加してくださっていますラブラブ

 

芸術文化短期大学 名誉教授 宮本 修先生の魅力にスタッフ一同、魅了されており恋の矢

今年も、宮本先生のご指導を楽しみに 練習場へと足を運びました。

 

宮本先生のご提案で、今回は「本当の合唱に挑戦してみましょう!」と

「荒城の月」も、3パートに分かれるなど 少し難しい内容となりましたが

合唱団一同、宮本先生の魔法にかけられ、毎回笑いの絶えない練習となり

予想以上の美しいハーモニーが作られていきました。ニコニコ音譜

 

7月1日本番は、心地よい風の吹く、良いお天気に恵まれました。晴れ

 瀧 廉太郎さんの代表作 「荒城の月」を始め、終焉直前に作られた

児童唱歌 「ひばりはうたひ」 「菊」 「雁」 4曲を合唱しました。 

 

練習の甲斐もあり、会場の方から「ちゃんと、合唱になっていましたよ!」と

お褒めの言葉をいただきました。照れ

一緒に歌って下さり、有難うございましたニコニコラブラブ

 

幼少期に2年間、大分付属小学校に通っていた事、

また、府内町2丁目が終焉の地であった事など、もっと皆さんに知って頂けるよう

合唱を通して、文化を根付かせていければと思っております。ニコニコ

 

これからも、地域の方々との交流を大切にし、皆様に愛される医療機関を目指して

いきたいと思っております。ニコニコ