台風19号の雨と風が強くなってきました。
ほんとは朝から仕事でみっちりの予定でしたが
さすがに全て中止。
そんなわけで家で大人しくお休みです。

濃密だった9月の心理セラピーお勉強の3日間から
早いもので一ヶ月が経とうとしています。
もっと早くに記録を残そうと思ってたけど
翌々日から戻った日常は
「なんでこんなに?」ってくらいに仕事が重なり
目が回るくらい忙くて。

時間ができたので、今更だけど今のうちって思いました。


すごくたくさんのことを学んだ3日間
心の中にたくさんの言葉を留め
その言葉たちに伴う新しい気づきと
心の奥底で感じる感覚とともに
頭でなくて体全体で学んだ感じでした。

バラバラだったピースが集まって
一本の道につながったような感じと
「だからか」という納得もあって
胸のあたりに感じていた苦しさが
何から来ていたのかとか
違う生き方がしたいと思った
本当の意味がわかったり

これまでの人生を一瞬の間に振り返り
「走馬灯のように」って表現は
まさにこんな時こそ使うのだろうと思ったり


でも現実世界に戻った後は
そのあまりの忙しさにゆっくり浸る暇はなく
その分、ふと気がゆるんだ時に
過去の出来事がぱっとよぎるときがあって
その度に胸の奥の方から
何かが込み上げて来ては溢れる、の繰り返し
そんなゆらぎを毎日のよう感じていました。

一ヶ月たち、ゆらぎが緩くなってきたこの頃です。

いくらなんでもゆらぎ期間が長すぎじゃない?
と、自分でも思ったりもしたけど
小出しにしてるせいもあるだろうし
四十数年、当たり前に身についた生き方は
思っていた以上に大きかったみたいで
もういいかげんおさまったかな?と思うと
また新たな波がやってくる。

大きく調子を崩すほどではないけど
寂しさや怖さや痛みに敏感になってるのか
ちょっとした人の言動に傷つくことも多い気がする。


ほんとうなら、というか
切り離しておさめるのが今までの方法だけど
でもそれももう苦しくて使えなくて
できるだけゆらぎには逆らわず
ただ身を任せ、右に行ったり左に戻ったり
たゆたうばかり。


そのゆらぎの間、助けになっているのは
3日間に蓄えた言葉の数々と
目の前で確かに見て感じたことと
長い道のりのをここまでやってきた
その過去の記憶を呼び起こすこと。


「過去を使いなさい
 自信は未来にはない
 私たちはみな困難な時期を乗り越えてきた
 自信はそのことから生まれる」

「同じ状態でいることは簡単
 変わらないでいることは簡単」


そうたぶん、あと必要なのは
勇気…だけなんだろうなと思う。


台風の被害があまりないことを祈ります。


(株)メンタルサポート研究所グループ

インナーチェンジングセラピー

公認心理師  横内慶子

HP こころの庭




1週間前くらいから悩み調整しつつ
予定があいたので新潟に向かっています。

18日は、越谷でロープレとカウンセリングと
心理カウンセリング力養成基礎講座の授業と
だから、日帰りです。

18日は朝から仕事になるから
17日の夜中に千葉まで帰って
それから朝早く越谷まで行くのは辛いなと思い
急遽実家に泊めてもらうことにしました。

昨日16日は19時すぎまで保育園にいて
家に一度帰ってから実家に行き
ちゃっかりご飯をゴチになり
朝は朝で義兄に駅まで車で送ってもらい
電車で大宮へ。

武蔵野線の南越谷駅から南浦和駅
南浦和から京浜東北線で大宮へ

京浜東北線沿いの北浦和駅には
母方の実家がありました。
今は叔母さんだけが住んでる。

子どもの頃、うちは車がなかったので
月に1回はこの電車に乗って
北浦和駅で降りてバスに乗って
おじいちゃん、おばあちゃんの家に

電車の中から見る北浦和駅の雰囲気は
昔とあまり変わっていなくて
やっぱり懐かしい。

子どもの頃の思い出は
不思議と角がとれて
まぁるいシャボン玉に入って
フワフワ浮かんでいるような
優しい感じになっています。

たぶん、今が幸せということと
子どもの頃の記憶として
嫌なこともたくさんあったけれど
幸せなことの方が多かったのだろうと
そしてそれは、頭の私ではなく
体の私がちゃんと記憶している
そう思ったらなんだか目元が熱くなる。

私は恵まれていたんだな
そして、今も


毎日子どもたちと接する中で
この子たちの未来が幸せであってほしいと願い
そのためには、今ここで
たくさんの楽しい気持ちや
満たされた感覚を
細胞に記憶するように
いっぱい、いっぱい、感じてもらいたい。

そう思って日々を過ごしている
そのことにも気づき

そう考えながら子どもたちと一緒にすごすこと
私がやってきたことのひとつ。


やってきたことを思い起こすこと。
愛する人たちのことを考えること。


禁止令の解決行動がんばっています。





新幹線みるとテンション上がるのは
実はかなり大人になってから。
子どもの頃はなかった反応。
面白い。




**********************

 

【横内慶子・インナーチェンジングセラピーワークショップ】


◉日時
2019年9月1日(日)10時〜17時

◉主催・カウンセラー
横内慶子

◉参加費
13,000円
昼食、お茶代込み

◉定員
8名

◉会場
越谷コミュニティセンター・会議室


お申込み、お問い合わせ受付中です。





世代性と停滞性

エリクソン心理社会的発達理論
発達課題のうちの7段階目
成人期後期の心理的課題

世代性は、ジェネラティヴィティ
Generativity)という
エリクソンの造語です。
生成継承性とも訳されます。


知識や経験を継承し新しいものを生成することで
次世代を支えるものを生み育んで関心を抱く

という意味を持つそうです。


個人差はあるけど成人期後期の時期は
40〜64歳くらい、らしい。


これまで学んだ知識や経験を
次世代に伝達し、新しいものを生成すること
そのことにより自分も成長していく時期

次世代から必要とされたことを
自ら積極的に与え
新しいことを生み出していくことで
他者から求められる好循環が生まれ
世話(care)の力を獲得する

でも、次世代への関心や関わりが少なく
自身の知識や経験を伝えようとせず
関心が自分の欲求や満足に向いてしまうと
与えないから求められないという
悪循環から停滞する


7月の倉成先生のワークで言われて初めて
どうやらこの課題にぶつかっていることを自覚。
今年47歳だから、そうか、と思い。


最近なんとなく自分の中で停滞中で
何かを変えないといけない気がしていて

何となく自分が思っていたよりも
色々できているらしい気もしてるけど
やっぱり心の奥底にはどこか自信がなくて

いったい自分に何ができるんだろう
私はどうやって生きていくんだろう

そんなこんなをとりとめなく話をして
お話だけで終わったワーク。


終わった後にものすごく疲れて
その日は気持ちが落ち込んで
それからもしばらく、ちーんとなって
日常の仕事は前と変わらずやりつつ
今も頭と心のどこかで考え感じています。


次世代のために何かを伝達していくためには
これまでにある程度自分を確立していないとだし
そもそも、知識や経験が何も身についてなければ
伝達できるものがないわけだから
停滞していくことになるわけで…


客観的に見れば
「何もしてない」「何もできてない」
は、事実ではないのはわかる、頭では。

でも、感覚としては
「ただやっただけ」な感じ。
だからだと思うけど
やってきたことを言葉にしようとすると
ふと悲しくなる。



継承ということでいえば
もし、自分に子どもでもいたら
命をつなぐということや
家族というものの中での伝承とか
もしかしたらそういうものが身近で
自然に感じられたのかもしれないのかな
と、思ったり。

でも、価値観が多様化してる時代でもあり
自分の中にある脚本の影響もあり
結局は同じよう悩んだんじゃないかな?
とも思ったり。



あとは、年齢的に
人生の正午、でもあり
中年の危機、でもあり

いろいろ転換期を迎えている
ということなのでしょう。


いずれにしても後半の人生を
よりよく生きるために大事な時期で
なんとなくですけど感じている葛藤は
悪いことではない気はしています。

自分の中を見つめながら、大切にすごそう。




(株)メンタルサポート研究所グループ

インナーチェンジングセラピー

心理カウンセラー   横内慶子

HP こころの庭

 

 

 

**********************

 

【横内慶子・インナーチェンジングセラピーワークショップ】


◉日時
2019年9月1日(日)10時〜17時

◉主催・カウンセラー
横内慶子

◉参加費
13,000円
昼食、お茶代込み

◉定員
8名

◉会場
越谷コミュニティセンター・会議室


お申込み、お問い合わせ受付中です。





マザー牧場に行きました。
バンジージャンプがあると聞き
興味本位でやって見たいなと思い
「生きてる間に一回くらいは体験してみたい」
と、ぽそっと言ったらやることになりました。

人生初の体験

高さ21m
4〜5階くらいの高さかな。
平日だからか、すいていて並んでない。


下から見るとこのくらいかと思うけど
きっと上に行ったら高いんだよね。


初回2000円のチケットを買い。


歳が半分の20代の子とともに
注意事項を読んでサイン。

怖がりの私はこの時点で
「怖いよー、怖いよーアセアセ
「なんでやろうと思ったんだろう」
「とべないかもしれない」
と、うるさいうるさい。

スタッフの方に
「飛べなくても返金できませんが大丈夫ですか?」
と言われました。

「はい、大丈夫です」

側から見てたらきっと
そんな怖いならやらなきゃいいのに
ってくらい、騒いでいたと思います。




ハーネスでとめられます。
この時点でもう腰が引けて
ドキドキするし、泣きそう。


二人ずつ登れるとのことで
どちらが先にやるかジャンケンで
最初勝ったけどどうするか決めてなくて

負けた人が先と決めて
ジャンケンやり直したら負けて。


先頭に登ることになりました。
階段、やっぱり結構あります。

チェーンをくぐってひとりずつ前に…

きゃー!たかーい!こわーい!

上からの景色を見せたいけど
何せ手ぶらなもので。

先端からまず、爪先の方を半分出すのですが
片方出すと腰が引けて足がふるえる
食べたばかりの焼肉でそう。えーん


上でのスタッフのお兄さんとのやりとり。

ス「落ちる時は頭の後ろに手をくんで、頭から前に飛び込みます。ジャンプしたり足から降りたりしないでくださいね。一回弾んだ後は、手をほどいてもらって大丈夫です。黄色いクッションは掴まないでください。何回か弾みながらとまり、ゆっくり下におります。」

私(こわくて頭の後ろで手を組めない)
「ちょ、ちょっと待ってくださいね」

ス「まず爪先を半分網から出しましょう」
私「はい…。うわっ怖い」(足先ひっこめる)
ス「出した足はもう戻さないようにしましょう」
私「は、はい…。はー、はー、ふー、ふー、わー、むちゃむちゃ怖いー」
ス「頭の後ろで手をくみましょう」
私「は、はい」

いやー、むりむり。
横のフェンスから手が離せない。


下から
「カウントダウンするぞー、10、9、8…」
の声がする。

私「しなくていいから!」と叫び。

ス「カウントダウンはこちらでしますからね。足先半分だして、頭の後ろで手を組んでくださいね」
私「あ、そ、そうなんですね…」

スタッフのお兄さん冷静。
慣れてるんだろうな。


明るい女性の声で、アナウンス
「3、2、1、バンジー!」

私「わわわ、だ、だめだ。こわい、こわすぎる」
腰が引けて一度目で飛べず…。

ス「ここで待ってるうちにどんどん怖くなるので、次の合図で飛んじゃいましょうね」

無意識に足を引っ込めたらしく
ス「出した足は戻さないようにしましょうね」

そんなこと言ったって…。

私「ち、ちなみに、ここまできてやめる人ってどのくらいいるんですか?」
ス「うーん、100人に1人か2人いるかくらいですかね」


わー、そんなもんかー。
ここまできてやめるわけにはいかない。


飛ばないで戻った時のくやしさと
飛び降りの時の怖さを天秤にかけ。

たしかに次飛ばないともうとべないかも。
行くしかない。
 

2回目の
「3、2、1、バンジー!」





頭から落ちようと思ったけど
こわすぎて途中で足からでちゃった

想定外だったのが、一度落ちた後
跳ね上がっていくのがもっと怖い。

人間の本能だなと思ったのは
落ちそうになると何かを掴みたくなる。

黄色いクッションを掴みかけて
「そうだ、だめって言ってた」
と思い出して手を引っ込めて
お腹のあたりのバンドのところを持ち

跳ねながらも
「こわいー!こわいよーー」
って叫び。

後から画像を見返したら
手を広げた方がカッコよかったなー
せっかくの景色楽しめばよかったなー

次に飛んだ20代の女の子は
余裕ですんなり。

飛ぶまで、わたし43秒
(でもほんとはその前もう少しある)
彼女は18秒。
彼女は無言だし、飛び方も美しい。

ま、まぁ、で、でもね
飛べたからいいか。


下に降りたときはまだ心臓バクバクしてて
口から心臓が飛びでそうって
こういうことかと思いました。

動画見返すだけでそのドキドキを思い出す。
あーほんとに怖かった。

本能的な怖さと空想の怖さ
空想の怖さはとめどないから
余計に怖いものだとあらためて思い。

興奮、アドレナリン
ドキドキとワクワク

終わってみれば、達成感
2000円でこの「やった感」なら
お得な気もします。


元気なら65歳まで飛べるみたいです。
2回目からは1400円だそうです。

まあ自分から行くことはないと思うので
どうかわからないですが
2回は慣れて早くなるのか
怖さを知って飛べなくなるのか。



一応証明書。

がんばった!



ご褒美に、ソフトクリーム
ねだって奢ってもらいました。



(株)メンタルサポート研究所グループ

インナーチェンジングセラピー

心理カウンセラー   横内慶子

HP メンタルサポートこころの庭

 





おはようございます。

昨夜、久しぶりに事務仕事を持ち帰りました。
ほんとは家に仕事を持ち帰るのは
あんまり好きじゃありません。

他にやりたいこともあるし
うちに着くとモードが変わるので
とたんにやる気がでず
すすまないのがわかっているから。

だから普段はその場に残り
なんとかそこで終わらせます。

昨日は、荷物の受け取りがあり
早めに家にいないといけなくて
それで止むを得ず。

でも、どうしてもやりたいことがあり
ついそちらを優先してしまう。

いいのか悪いのか、たぶん心のどこかに
「なんとかなるよね」
と思ってるからなんだと思います。

明日朝までにやらないといけない時
若い頃は夜更かしとか徹夜とかできたけど
今はもう無理、起きてられない。

昨日もかなり体を使ったのもあり
12時すぎるともう意識が遠のきます。
パタッとスイッチが切れる。
子どもか!と突っ込みたくなるくらい。

私の体のいいところは
熟睡ができるところと
ご多聞もれず、齢とともに
長く寝なくても大丈夫になるところ
今朝も5時に目が覚めた。

昔は、早寝早起きがいいとわかっても
なかなかできず
遅寝遅起きと言われていたのが噓みたい。


ただ、早めに寝て
早めにパチっと目覚めるのは
単に年齢だけの問題ではないと思います。

若い頃、
寝ても寝ても起きたくない時や
夜更かしをしてしまう時を振り返れば
やはりどこか幸せでなかったり
人生がつまらなかったり
不安が強かったりしていたなと。

あとは、うちの母が心配性で
子どもの頃はかなり早めの時間から
「起きたー?」「起きなさい!」
と言われていたのもあるかも。
言われるほど起きたくなくなるものです。

そう言われてきたから反応型が強くなったか?
反応型だから嫌だったのか?
卵が先か、鶏が先か。


大人になった今も、たまに実家に泊まり
「明日何時に起きるの?」
「8時に起きるよ」
なんて会話を母とすると
次の日8時5分前に様子を見に来ます。

私は早めに目が覚めていて
布団でゴロゴロしていて
そろそろくるかな?と思ってると
やっぱり予想通りにやってくる。

「8時に起きると言ったけど
  起こしてって頼んでないよ」
そんなことをイライラすることもなく
言えるようになりました。


早寝早起きが苦ではないのは
自分で自分のことを決められる
そんな心地よさもあるのかな?


さあ、休憩終えて
家をでるまでもうちょいがんばります。


(株)メンタルサポート研究所グループ

インナーチェンジングセラピー

心理カウンセラー   横内慶子

HP メンタルサポートこころの庭