早いもので、新年度を迎えてから10日が過ぎました。


進学や就職など、新しい環境で、気持ちも新たにスタートされた方も多いのではないでしょうか?


保育園では、慣らし保育の真っ只中です。

いつもだと、0〜4歳児クラスまで、新入園児がいるものですが、今年は0、1歳のみで2〜5歳児クラスは、部屋と担任が変わった感じです。


新入園児は、それまでご家庭で、ママやパパと過ごしていたのですから、いきなりの母子(父子)分離で、最初2時間の保育中もずっと泣いていたり、部屋を出ていこうとしたりする子もいます。


そりゃあ、知らない大人や他の子たちの中にいるのは怖いだろうなと思います。


でも、進級した子たちも、新しいお部屋になり、担当の保育士も変わり、場合によっては、担任だった先生が異動になって他の保育園にいったり、自分たちの意思とは関係なく訪れた変化に、戸惑う子も少なくありません。


それでも

「なんで◯◯先生いないの?」と聞ける子や

「ママに会いたい」などと泣ける子の方が、まだ安心です。


一番気にしているのは、本人が気づいているかいないかはわからないけど、ぐっと一人で我慢してしまう子どもたちです。


ほんとうに、あまり気にしていない順応力の高い子もいますが、平気そうな顔をするのが上手だったり、元々あまり自己主張をしない子だったりは、知らない内に疲れて身体にでたり、みんなが落ち着く1〜2か月後に不安定になったりするケースもあります。


子どもたちはまだわかりやすいですが、私は大人も一緒だろうなと思います。


入学や就職も、嬉しいことである一方で、環境の変化は、体にも心にもどうしても負荷がかかります。


特に、初めての場所であれば、自分の身の置き所とか、何をしたらいいのかとか、わからないことがたくさんあること自体もストレスになるものですし、また新たに人間関係を築いていかないといけないとなれば、それなりの労力も使います。


嬉しいことのはずと思って、そういったストレスを見落としたり、体調を崩したり、がんばろうとすればするほど空回りして落ち込んだりすることもあります。


新年度にあたっては、まずは大きな環境の変化の中では、ストレスがかかるのが普通なんだということを知ってもらえたらと思います。


そして、なんか調子が出ない時などは、「こんなことぐらいで」とは思わず、「疲れるのも無理ないよな」と、家に帰った後でもよいので、自分に優しくすることを心がけて欲しいなとも思います。


また、自分が望んで起きた変化でもそうなのですから、自分の希望ではない変化にはなおのこと、ストレスがかかります。


最近、私の身の回りの方々を見ていて感じるのは、人事異動や昇進、抜擢などでのストレスは大きいなということです。


昇進も、タイミングが悪かったり、その役職を望んでいなくてもならざるを得なかった時は、相当なストレスがかかります。


友人など、近しい人たちについては、できるだけ

「嫌だな」

「なんでならなきゃいけないの?」

などの思いをいっぱい言葉にしてもらって、

「そうだよねぇ」

と、話を聞くようにしています。


ついね、「期待されてるからだよ」「あなたならできるよ」など、励ましたくなるかもしれませんが、本人に余裕がない時は逆効果になることが多いように感じます。


嫌な気持ちを理解してくれる人がそばにいてくれると感じられ方が、前に進むための力になると思うので、愚痴を受け止めてもらえる場所を作るのも大切です。

よかったら参考にしてみてください。


私自身が、会社などで欲しくない役席をもらった時に、発散のためによく使っていた考え方は、


「なりたくてなったわけじゃないし、やるべきことはどうせちゃんとやるんだから、いいたいことや文句ぐらい言わせてよ」


でした。


それぞれの状況や関係性により、言いたい相手に、実際に言いたいことが言えるとは限りませんが、せめて、自分が自分の味方にはなれるのかなと思います。


新年度といえば桜

ソメイヨシノなどは、もう終わりですね。

次楽しめるのは八重桜かな。




(株)メンタルサポート研究所グループ

NPO こころサポート

公認心理師   横内慶子

HP こころの庭


    

こころのミカタ
〜動画による心のケア〜



“動画でセラピー効果”
“女性の働きにくさとストレスに特化”
日々のストレス対策に活用できます。
今なら、1か月無料キャンペーン中。
アップされてる全ての動画が見られます。








おはようございます。

昨日はクリスマスイブで、今日はクリスマス。


私は朝から羽田にいて、福岡に向かいます。


12月25日

誕生日を迎え、49歳になりました。


出発前、マッサージチェアが目に止まり、搭乗時間までの時間つぶしに丁度良く、ためしてみました。


若いころはくすぐったかっただけのはずなのに、年齢を重ねると共に気持ちよさを感じます。笑






昨日は移動途中の駅構内で閉店間際のお店のケーキが目に止まりを買いました。



ここ数年は、仕事だったことが多く、何をしていたかよく覚えていなくて。


お休みなのは久しぶりで、たまには何をしたのか記録しようかなと思います。



空港は、里帰りの人や旅行客らしき人もいて、朝早くから人がわりといて、朝一番の飛行機も満席でした。


とりあえず、寝不足で眠い。


機内で少し寝ます。





先週は、倉成ワークショップでした。

ワークに当たり、変えたいことをテーマにカウンセリングを受けることができました。


受けたことについては、まだもうしばらく大事に感じていたいくて、またタイミングを見てあげられたらいいなあと思っています。


ワークショップの帰り道、東京駅が近いので、あちらこちらのイルミネーションを何人かで見に行きました。










街全体にクリスマスの華やかさが感じられました。

写真を見返してみても、楽しい気持ちが呼び起こされる。


イルミネーションに彩られた街を仲間たちと歩いている時に思ったことがありました。


「そういえば、カウンセリングを受ける前の20代30代の頃はこんな風に楽しめていなかったよなぁ」


ということです。



昔だったら、まずみんなで見に行こうという誘いにそんなに乗り気じゃなかったと思う。


「どうせ自分なんて」と思っていたし、「そんなの見に行っても楽しくない」とはすに構えていたはず。


行かなかったらそれはそれで、つまらない気持ちを味わうくせに、行ったら行ったで、人混みや幸せそうな人たちを横目に、孤独感や淋しさを胸の奥に感じていたはず、と思います。


世の中が賑やかであればあるほど、淋しさが際立つ感じだったような気がします。


「だったような」というのは、そんな感覚があったことは記憶しているけれど、どんな感覚だったかは今は感じられないから。



当たり前にあった不快な気持ちがなくなって、初めてそのことに気づきます。


人は変われるんですよね。

自分でも何度体験していても、不思議な感じです。



イルミネーションはただのイルミネーションなわけで、そこに意味づけをしているのは自分の心なわけで。



同じ景色を見ていても、淋しさを感じる時もあれば、楽しい時もあるし、それは人によっても違います。


環境や他人や状況が自分に何かをしてくるのではなく、それらをどう感じて、どう判断するのか、自分の心の中が映し出されているんだろうなと思います。



一回ごとは、ささいなことでものすごく困ることではないかもしれないけど、イルミネーションを見る度に、淋しさを感じるのか、それとも嬉しさを感じるのか、それが毎年続くことを考えると、大きな違いです。


できることなら、心地よい時間が多い方がいいですね。





(株)メンタルサポート研究所グループ

NPO こころサポート

公認心理師   横内慶子

HP こころの庭




働く女性のためのサイト

こころのミカタ for Women は、こちら↓

https://mentalsupport.jp/




横内慶子ワークショップ(インナーチェンジングセラピー)

2021年12月26日(日) 10:00〜17:00
埼玉県越谷市南越谷にある越谷コミュニティセンターにて、インナーチェンジングセラピーのワークショップを行います。

◆参加費
13,000円(昼食代込み)

◆定員
6名

◆お申し込み
HPまたはこちらからどうぞ
2021.12.26横内慶子インナーチェンジングセラピーワークショップこちらからメッセージをお送りください。リンクws.formzu.net








約1年2か月ぶりの投稿になります。
あれあれ、そんなに経ちましたか。

何度か書きかけたことはあったのですが、なんとなく気分がのらなかったり、書きたいことがまとまらなかったりしてました。
無理してもなぁと思っているうちに一年以上がすぎ、今に至ります。


この一年を振り返ってみたら、色々ありましたね。

コロナの対応で授業がのびのびになった、心理カウンセリング力養成基礎講座越谷2期が終わったり、中級トレーニング東京6期が終わり、東京7期が始まったり。

カウンセリングはオンラインの選択もだいぶ普通になりました。


母が白内障の手術をして目が見えるようになり、甥っ子二人が結婚し、赤ちゃんも産まれました。

遠出はほとんどなく、一度だけ札幌に行きました。

保育園はあたりまえだけど、春に新入園児や新入社員が入ってきて、辞める人たちもいました。

緊急事態宣言が何度かあり、保育園の自粛要請が出る時もありましたが、基本的には私の仕事量や仕事の仕方は変わらないのに、世の中だけは色々騒がしく、制限があるのが変な感じでした。

自分そのものにそれほど変化はなかったとしても、関わっている世界が変われば、それが自分にとって好ましい変化にせよ、良くない変化にせよ、自分も変わらないといけない部分が出てきて、そこには葛藤や摩擦が生じることもあり、それなりにストレスがかかります。

ストレスがかかれば、その分疲れることもあるわけで、ケアの時間が必要で、そう考えると気分がのらなかったのも、まあ仕方ないことだったのかなと思います。


ストレスケアといえば、メンタルサポート研究所のホームページも一新して、働く女性のためのストレスケアとして、「こころのミカタ for Women」というストレスケアを動画で学べるサービスができました。

月1,000円(税込1,100円)のサブスクで、セルフケア、仕事のこと、家庭のこと、ハラスメント、ダイエット、子育て、生理、妊娠、痛みの心理学、更年期、等々が好きな時に学べます。


アップされるのはまだ先になりますが、私も撮影していただき、そのうち登場するはず

女性への不平等さや働きにくさについては、前々から言われてきていることですが、自分が思っていた以上に、当たり前にまだまだたくさんあるんだなと、撮影の準備をしながら気づくことも多かったです。


そうそう、
「こころのミカタ」と音声だけでモチベーションを可視化できるWeb アプリケーション「Motivel(モチベル)」のコラボで、ストレスケアサービスのクラウドファンディングもアップされています。


こころのミカタ✖️モチベル で、
ココベル(cocovel)


こんな感じ。





撮影の日の写真も今更だけど、あげてしまえ。
初グリーンバック。



音声だけで、自分の心の状態が見てわかることができるのって、画期的です。

カウンセリングもついた応援プランもあります。
是非一度のぞいてみてほしい。



こうやって、久しぶりに書き出すと、書きたいことが次々でてくるもんだなと。

ココベルのことだけでもまだ色々書きたいけれど、長くなるのでそれはまた別にします。


ぼちぼち、すすめましょう。



先日、久しぶりに実家に寄った時の話です。

たいてい実家に寄る時は、越谷の講座の後とかになるので、夜ご飯だけ食べて帰る感じになります。

この間は、カウンセリングだけだったので、ちょっ早めの夕方につきました。
そうしたらなんだか母が落ち込んだ様子。

「元気ないね」と言うと
「お姉ちゃん(私の姉のこと)怒らせちゃって」
とのこと。

「なにかあったの?」と話を聞いたら、
「自分なんて何の役にも立たないからもう死んじゃいたい」というような愚痴をこぼして、怒られたらしい。

あらまぁ。


数年前から、白内障の母は、目があまり見えず、その前から太め体型なせいもあり、膝に負担がかかって、家事が思うようにできません。
体力的なものもあるでしょう。

誰かの何かの役に立つことが生きがいというか、そうしてないといられないものが母の中にもあるなぁというのは、心理を学んでからはよくわかっていたので、そりゃその発言が出るのは無理もない。

でも、姉からしたら、別に何かしてもらわなくったってよいわけで、姉は姉で母も買い物も大変だろうから一緒にいくなど気遣いをしていて、別に役に立たないからダメとか迷惑とかも思ってない訳で、そりゃ怒る気持ちもわかる。

それにプラスして、この2〜3年の間に実家に住んでいた甥っ子(母にとっては孫)が、社会人になって一人暮らしを始めたり結婚したりで、それまで早起きして弁当を作ったり夕飯作ったりしなくて良くなって、張りがなくなるんじゃないかと心配はしていました。

単純に家族が減った分、日常会話も減っているのもあるんだろうな。

父は耳が遠いし、元々そんなに仲がよいわけでもない。
だから、母がイライラをぶつけても、なんだかよくわからないままにスルーするし、噛み合わない。
父は父なりに愛情を示している姿もみかけるのですが、長年の色々なことも重なり、たぶん母の欲しいものとは違うこともあり、届くことはないし、受けとらないだろうし。


それでも年明けまでは、何かにつけて甥っ子たちも実家に寄ったり泊まったりしてくれていたのが、このコロナの騒ぎで後期高齢者二人のところに帰ってくるのは控えていたりしたわけで、そうすると可愛い孫のために何かする機会も、会話も「ばあちゃんありがとう」と言われることも激減したはず。


そんな様子をみながら、ストローク・心の栄養の大切さをあらためて感じました。

ストロークについては、昔ブログに少しあげています。

ストロークは、そこにその人の存在を認める全ての行為。

これが足りないと子どもの発達や命にまでかかわるぐらい、大切なものであることが昔の実験でわかっています。

もちろん大人にも必要で、足りなくなるとやっぱり元気がなくなるし、自分の存在価値さえ揺らぎかねない。

無視のいじめとかネグレクトとかは最たるもの。
心を深く傷つけます。

だから、大好きとか、ほめるとか、微笑むとかプラスの心地よいストロークがなければ、怒られるとか心地よくないマイナスストロークでもよいから欲しくなって、嫌味なことを言ってしまったり、喧嘩をふっかけたりするかもしれません。

ほんとはあったかいご飯が欲しいけど、お腹がすいてどうしようもなければなんでもいいからお腹がふくれればよい感じ。

でもそうすると、いっときの寂しさはまぎれても、マイナスはマイナスを引き出しやすくなるので、余計に不快感情はたまります。


母については、もうちょっと電話でもする回数を増やす必要があったかなと思った矢先、三人兄弟の真ん中の甥っ子から母の携帯に電話がかかってきました。
どうやら姉が甥っ子次男にLINEをしたらしい。

ちょうど、仕事が休みでいたらしく、元々ばあちゃん(私の母)に電話しようと思ってはいたので、かけてきたとのこと。

三人の孫の中で、母はその子への想い入れが一番強く、姉もそれをわかって連絡したのだろうと思いますが、電話ががかってきた瞬間、
「あ!〇〇(甥っ子次男)から電話!」と嬉しそう。

電話にでると声のトーンが2トーンくらいあがりまして、私と話をしている時と随分態度が違うではないか。
なんてわかりやすい。

甥っ子のおかげで、母も落ち着いて元気が出た様子なので、まあいいか。


ストロークをもらうのも誰からでもいいわけではないんですよね。
自分の大好きな人とか、大切な人や尊敬している人などからもらうものは、何倍も何十倍も満たされる。
甥っ子よ、ありがとう。


このコロナ禍の中、リモートワークも増えて、人と接する機会を減らすことが推奨されていて、そうするとストロークを交換する機会も減っているわけです。

私自身、カウンセリングや心理の勉強をリモートで行うことがありますが、情報量というか温度感、空気感といったものは、リモートではどうしても薄れます。


コロナ自粛後、鬱が増えているということも言われていますが、ストローク不足はその一因になっている気がします。


こんな時だからこそ、身近なところで、愛情やほめることを言葉ではっきり伝えるとか、家族で触れ合う時間を増やすとか、自分からストロークを求めるとか、そういうことを意識するのが大事なんだと思いました。


この連休は、トレーニングや病理講座で感染予防対策をされた会場で仲間たちと会いました。
少しずつですが会場で会えることが増えてきて、目をみて話ができること、ほめられたりすることもあり、ストロークがたまり、元気が増えました。



(株)メンタルサポート研究所グループ

NPO こころサポート

公認心理師   横内慶子

HP こころの庭