コロナウィルス感染症拡大に伴って発令された緊急事態宣言解除後、2週間がすぎました。

時はすでに6月となり、この2〜3か月があっという間だった気もするし、長かった気もするし、時間経過と曜日感覚がよくわからなくなっているこの頃です。

ステイホームが呼びかけられていた期間、もちろん遠出は自粛で、カウンセリングや講座はリモートのみ。

その間も保育園の仕事は行っておりましたけれど、朝6時の駅なんかは、ガランとしていてこんな日もありました。

緊急事態宣言が出て1週間後、4月15日水曜日朝の画像です。
下りは一両に二人くらいしか乗ってませんでしたし、上りも席はまばら。

反対に、普段行かない午前中のスーパーに行ったら、すごく混んでいることにびっくして、それからは買い物は夜にしようと思いました。


保育園は、先月までは特別保育で30〜40名だったのが、6月も自粛要請が出ているものの、一気に90名くらいにまでに増えました。

仕事には行っていたので、自分の生活はそんなに変わらないつもりでいたけど、喋る時間と人数や声を張ることが増え、喉が少しかすれそうになるのと、抱きついてきたり乗っかってきたりする子の数も増え、走る時間も増えたので、腹筋やら二の腕やらが心なしか筋肉痛です。

思えば、4月、5月は休みを取る日も多く、1日おきに仕事の週もありました。
休みが多いのはありがたいことですが、生活リズムが急に変わるとそれはそれで心身共に負荷がかかるもので、自粛疲れや気持ちの落ち込みなどの要因はそんなところにもあるのかなと考えてました。

しかもようやくスローペースに慣れてきた後に、フル6連勤しまして、さすがに先週は疲れました。

6月2日には新型コロナの感染者数が増えて、東京アラートが発令されましたけど、仕事が少しずつ戻りつつあるのに比例して、人波も増えるだろうから不思議なことではないですね。
電車に乗ってる人もだいぶ増えました。


そうそう、空いてるカフェの画像もあります。

気付いたことは、テイクアウトとイートインとで、味は同じかもしれないけど、家じゃないところ、お店で飲食することがどれだけ息抜きになっていたかとか、ただ食べ物を食べるためじゃなく雰囲気とかも含めて購入していたものだったんだなぁということです。

基本的に、料理は一人でもわりとする方ですが、自分の作るご飯に飽きてくるときもありますし、誰かが作ったご飯が食べたいときもあります。
お子さんがいて学校や幼稚園がお休みになったおうちはさぞ大変だったのでは?とも思いました。

そうそう、もう一つ、カフェの普通席の利用は4組くらいだったけど、狭い密閉された喫煙ルームにも4組いて、あらまぁと思って。

喫煙ルームだからタバコの煙を空気と共に吸うわけですよね。
タバコは吸ったら結構な勢いで吐くわけだから、3密の場所で、もしも一人でも感染してる人が入ったら、罹る確率は高いよなぁと思いました。

最近、夜の繁華街での感染者数が増えているというけれど、夜開ているお店って、勝手な想像かもですが、煙草を吸えるお店が多いという印象があり、喫煙という行為の影響も大いにあるんじゃないかしら?と想像したりもしています。
そう考えると、会社などの喫煙所も危ないので、喫煙者の方はご自身の健康のためにも気をつけて欲しいですね。


この2か月、ほとんどの方が様々な環境の変化と、緊張感にさらされてきたのではと思いますが、今度はまた元に戻ろうとする変化と、新しい生活様式への変化との狭間で、まだちょっとしばらくはストレスがかかるのかなと思います。

ストレスといえば、私はステイホームとマスクがかなりつらかったです。

元々家に1日中いる日が月に1回あればよい方だったので、何をしていいのかわからない。
だから、いっぱい歩きにいったり、筋トレしたり、雲梯にチャレンジして落っこちたりしてました。
落っこちてからは「今病院行きとか迷惑かかる」と反省して控えています。


マスクは、正直なところ、しないですむならしたくないんですけど、仕事中と買い物などではしています。
人混みでない屋外では危険はないからはずちゃいます。

マスクだけで感染が予防できるわけではないし、むしろ、マスクしてるから安心と思い込むこととか、汚れた手で顔を無意識に触ってしまうことの方が感染リスクが高くなると思うのですが、私は気にしなくても、相手が気にするだろうなと思って、また、自分が症状ないだけの可能性もなくはないので、がんばっています。


他にも様々なところに困った影響はでていますが、よかったなと思うこともありました。

やむを得ず、講座やカウンセリングなど、色々なことがオンラインになったわけですが、それでも人と繋がることができるのがわかりました。
インターネットがある時代でよかった。ない時代だったらどうなっていたのかな。

そのおかげで、カウンセリングも対面だけでなく、オンラインでもできることがわかったので、遠くの方でも負担なく安心して受けてもらえます。

もちろん、対面でしか得られないもの、対面の方が効果があるものもあるので、全てを移行するわけにはいきませんが、思った以上にオンラインのカウンセリングもよくて、今まで学んだことが十分活かせるんだなと気づけたのはよかったです。

あとは、自分にとって何が大事で、何が好きで、何が必要かということを考える機会ができたこと。
誰かがいいというからとかではなく、自分がいいと思うものを大事にしないといけないなとしみじみ思います。


時とともに、この期間の記憶が薄れそうな気もしたので、今のうちに振り返りをして、思ったこと感じたことをちょっとだけでも記録に残しておこうと思いました。


でもやっぱり、大好きな人たちに会えないのは寂しいです。早く会えるといいな。

そのためにも、まだしばし気をつけてすごします。



(株)メンタルサポート研究所グループ

NPO こころサポート

公認心理師   横内慶子

HP こころの庭


メンタルサポート研究所コミュニティ



********************
【先生方のストレス緩和に向けた無料オンラインカウンセリング】実施中

メンタルサポート研究所グループでは、学校再開で奮闘されている先生方のストレス緩和に少しでも役立てればと、30分の無料オンラインカウンセリングを実施しています。

詳しくはこちらから


********************
【その他お知らせ】
対面のカウンセリング再開していますが、オンラインのカウンセリングも引き続き行っています。

交通機関を利用するのが心配な方、長時間外出が難しい方などにおすすめです。





先週、39県で緊急事態宣言が解除されました。
首都圏や関西の一部、北海道はまだ続いていますが
近所を見る限りでは
開いているお店の数が増えてきて
なんとなく街に人が増えてきています。

今週また政府の発表が出るらしいですが
どうなるのでしょうか。
解除されたらされたで、
また人波が戻るわけで
それはそれで緊張感がありますね。


子どもたちにとっては
友達と会えないのがつまらなそうな反面
親御さんと長く過ごせるのが嬉しい様子も感じます。
連休明けなどはやはり預かりの時に
泣いたり気持ちの切り替えができない子が多いです。

私は子どもがいない一人暮らしなので
自粛生活は、ある意味気楽な部分はありますが
自粛中の親御さんにとっては、
一人の時間が少なくなったり仕事が進まなかったり
たとえ可愛い我が子だとしても
いや、可愛い我が子だからこそかな
大変なことも多いだろうなと思います。

それに一人分のご飯でも面倒な時があるのに
普段は外で食べてくる家族のお昼ご飯を
毎日毎日考えないといけないのは
私なら負担だろうなと思います。


唐突ですが、
保育園では子どもの年齢によって
保育士の人数の規定があります。

例えば、0歳児3人に保育士一人とか
4、5歳児30人に一人とか
年齢によって色々違うのです。

それを知った保護者の方からよく言われることが
「一人でも大変なのに保育士さんは大変」
ということなのですが
私は家で自分のお子さんをみている方が
よっぽど大変と思います。


もちろん、お子さんの命をお預かりするので
安全面で気をつかう場面はたくさんあります。

また、人生の基礎となる大切な時期に
環境や遊びや人との関わりを通して
子どもの健康な心身の発達を促すために
どうしたらよいかを常に考えるので
簡単なことではないのは確かです。

でも、逆に言えば保育園での保育士は
そのことだけに集中できるのです。
そして、一人ではありません。
何かあればすぐに助けてくれる人がいます。

ご飯は給食の先生が作ってくれて
片付けもしてくれます。

事務仕事とか、記録とか掃除とか
カリキュラムの準備とか
保育以外にやらないといけないことも
たくさんあるので忙しいは忙しいですが
それは子どもをみる時とは別時間にやります。

おうちだったら子どものこと以外にも
たくさんやらないといけないことがあって
「どっちも同時に待ったなし!」
みたいな状況も多いんじゃないでしょうか。


保育士であっても、子どもの遊び方とか
このぐらいでこれくらいのことはできるかなとか
そういう知識や技術は役にたちますが
自分の子どもを育てることは別物だとよく聞きます。


コロナ前の普通の生活でも
大変なことであっただろうことが
急激な生活の変化にも対応しないといけなくて
大変さが増していたりしないかな?とも思います。

徐々に学校が始まり、日常が戻るとは言え
以前と全く同じようにはいかないでしょうし
ほっとしたところで疲れがでる
なんてこともあったりしますので、その時はぜひ
無料オンラインカウンセリングをご利用ください。


自粛生活応援
「子どもにイライラしてしまうお母さんへ無料オンラインカウンセリング」
http://www.ms-ken.com/free-counseling.html


私自身、カウンセリングを学んで
自分も受け始めた時に
「何かあったらここにいけば」
というものがあるだけで
日常をがんばれるんだなという体験をしています。

僅かでも誰かの何かの砦のような
そんな取組みになれば良いなと思います。



(株)メンタルサポート研究所グループ

NPO こころサポート

公認心理師   横内慶子

HP こころの庭



メンタルサポート研究所コミュニティ




メンタルサポート研究所では
子育て中のお母様向けに無料オンラインカウンセリングを実施しています。



2月終わりから勤め先の子育て支援センターが
当面閉所していることをブログでも書きましたが
私の周りを見渡す限りで言えば
子どもが遊びに行く他の公共の場所も
ことごとく閉鎖されています。

公民館、児童センター、図書館といった
公の場だけではなくて
私営の親子サークルとかも密になるものは中止で
買い物ですら少人数でとなったら
あと行けるところといったら公園ぐらいですが

その公園遊びですら、もし不謹慎などと責められたら
いったいどこに行ったらいいものか…。


支援センターに遊びに来てくれてた子どもたちは
みんな元気にしているだろうか?
しばらく見ない間に大きくなっているんだろうな。

ママたちも大丈夫かな。
どうやってすごしているのかな。

支援センターを第二の家のように
寛いで遊んでくれていた子どもたちの姿や
別になんでもないような日常の話をしながら
ちょっとした悩みを話してくださり
時にみんなで笑い転げたり
たまにちょっぴりじーんとしたりしながら
「また来まーす」と言って帰るママたちの姿を
日々思い返しています。


そんなに深刻な悩みでなくても
普段ちょっと気になっていることを
気兼ねなく言葉にできる場所があるということは
子育てをしている人以外にも必要なことだけど

小さな子どもとママだけでいる時間が長い場合
世間から切り離されたような感覚になることもあり
その場合、外でただ大人と話せることが
最大の息抜きになることもあります。


また、友達や家族だから話せることもあれば
親しいからこそ言いにくいこともあって
そういう意味では友達でも家族でもない
専門の人に気軽に話ができる場があるというのは
「なにかあったらあそこに行けば」
という安心感があるものだったのだと思います。


平時でさえそうなのにこのコロナウイルスの影響で
お友達とも会う機会も減って
外に出るのもはばかられるような自粛ムードの
この状況下ではなおのこと
ただ話をすることとか、悩みをこぼす場とかが
なくなってきている方も多いのではないかと
気にかけています。

支援センターで私が言っていたことの一つは
子どもたちが幸せで健やかに育つためには
ママが元気で笑顔でいることが何より大事で
全く自分の思い通りにならない子育ては
一人でするには負担が大きすぎるから
絶対的に周りのサポートや見守りが必要
ということ。

自分が子どもだった時のことを思い返しても
保育園のたくさんの親子を見ていても
それは間違いありません。


近くに頼れる親戚がいるとか
パパの仕事が在宅になるなどで
逆に前よりパパや家族の助けが得られているなら
それはそれで幸いなことですが
それでもこの大きな変化に
いつもより疲れやすくなったり
イライラが増えたりすることがあっても
不思議なことではありません。


もし、このストレス状況下で
何かはよくわからなかったとしても
行き場のない気持ちを抱えておられたとしたら
「こんなことで」とか「みんな我慢してるから」
「うまく話せないから」とか気にせずに
心が疲れきってしまう前に
ぜひ気軽にお問い合わせいただきたいと思います。




子どもたちの笑い声が遠くに聞こえると
なんかほっこりします。



(株)メンタルサポート研究所グループ

NPO こころサポート

公認心理師   横内慶子

HP こころの庭



メンタルサポート研究所コミュニティ






緊急事態宣言が延長されて
地域によっては段階的に
自粛要請が緩められるみたいですが
関東はきっと月末まで続くのかな
と、勝手に予想しています。

コロナウィルスが流行して、
やむを得ず自粛生活が続いているわけなのですが
最初の頃は早く元の生活に戻ってほしいなぁと
単純に考えていた私も
最近は、全く元通りになるのは
ちょっと嫌だなと考える時があります。

もちろん、経済的に苦しい方たちがたくさんいて
そういう部分は早く戻ってほしいと思います。

じゃあ、元通りになって欲しくないのは
どんなところかなって
自分なりに考えてみました。

それは、コロナウィルスが流行する前から気になっていた部分です。

まずロックダウンの都市が増えて
世界的に環境汚染が大幅に改善されたニュースが
たくさんありました。
インドの都市部から30年ぶりにエベレストが見えるようになったとか
観光客の出すゴミやボードの泥の巻き上げによる汚れがなくなったベネチアの運河とか
アメリカも大気汚染改善により寿命が長くなるようなニュースとか。

そこまで遠いことではなくても
東京でも空気のきれいさを3月頭には感じていて
たまに通りすがるダンプカーの排気ガスに
前より敏感になっている自分に気づきました。

あとこれは、コロナ自粛とは関係ないかもですが
新しいマンションの建設とかたくさんの車とか
日本では人口が減っているのに
そんなにどうするの?とずっと思ってて


もうひとつ、日本特有の話になりますけど
同じ時期にみんながお休みを取ること。
ゴールデンウィークはどこに行っても混んでいて
お盆や年末年始の時もそうですね。
分散してくれたらいいのになぁと

これは保育園なんかはほんとにそうです。
現実的にみんなまとめて休めないのに
会社の方針として「夏休みはこの期間」
というのもよく聞く話
あとは満員電車もですね。


余談ですが、パチンコの自粛で
開いているお店に人が殺到して
自治体が休業指示をだしたりとか
不謹慎だという話がありますが
それだけギャンブル依存症の方がすでに
日本にはたくさんいるということですよね。
これを機に、依存症対策をとってほしいのと
IRの見直しがされたらいいなとも思います。


これは絶対変わるだろうなというか
変わってくれないと困るのが
ちょっした熱とか体調不良でも休むのが
当たり前になること。
インフルエンザじゃなければ大丈夫とか
そんなこと言う人もいましたが
「普通の風邪でもうつるから」
と思っていましたし
特にお子さんは、熱が下がってからも
最低24時間は様子を見た方がいい。

休みづらいという風潮が
一番問題だったと思うので
病気の人や弱っている人に
優しくできる社会にしていきたい。


豊かさや便利さは恩恵ですが
たくさんお金や資源を消費することに
目が行きすぎていたのかもしれないと
最近反省します。

たいていのことは、家にあるものや
近所でまかなえてて
「あら、私、結構困らない」
ということにも気づきました。


家族や仲間や友人たちと
直接会えないのはさみしい。
そこは戻って欲しい。

ただそれも、物理的には離れていても
「一人じゃない」ことは実感できています。
心理のことを学んできてほんとうによかった。
思った以上に穏やかにすごせてる気がします。

今は、電話以外にもLINEやzoomなど
たくさんのツールがあるし

昔どこかできいた
現代人は昔のお殿様より豊かな生活を送っている
そんな話も思い出しました。


自分にとって本当に必要なものとか
大切なものが何かも教えてくれる機会

何が大事か
どこまでやれば十分か


せっかくなので自分も振り返ります。




(株)メンタルサポート研究所グループ

NPO こころサポート

公認心理師   横内慶子

HP こころの庭



メンタルサポート研究所コミュニティ

コロナストレスなんてことも言われますが
コロナ自粛や自宅待機などによって
不安やイライラなど溜まったストレスを
少しでも解消するために何かできないかと
メンタルサポート研究所グループでは
ストレス対策のための
コラムや動画をアップしています。