禁止令について思う。

テーマ:
6月終わりから無茶苦茶忙しく
ブログの更新をお休みしていました。

7月半ばには締め切りのストレスで
腕が動かなくなる自体に…。
いかんいかん。

今はちょっとおちつきまして
すっかり元気になりました。


さてさて、土曜日は越谷教室の授業でした。
早いもので10講目。
今は禁止令のまっただなかです。

禁止令とは、人生に大きく影響を与える
ネガティヴな決断のことで
多くは幼少期に親から与えられる
「〜するな」と表現されるメッセージです。
それを子どもが受け取ったときに
禁止令を決断することになります。

例えば、
できのいい兄弟姉妹と比較されてばかり
「あんたは何をやってもできない」と
ため息をつかれていたり
自分の話はあんまり聞いてもらえなかったり
そんなところから
「自分はダメなんだ」「自分の話は大したことない」と決断したとしたら

【重要であるな】
という禁止令を持っていることになります。

態度や雰囲気で決断することも多い。

この禁止令を決断して大人になると
「他の人の方がうまくできるんじゃないか」
「自分にはできる気がしない」
「人より自分は劣っている感じがする」 
などの感覚を持つようになるかもしれません。

すると、何をするのもおどおどしたり
練習はうまくいくのに本番ではイマイチだったり
大事な仕事を任されると不安になったり
人前で話すのにものすごく緊張したり
そんなことが起こりやすくなります。

それが続くと本来なら能力的にはできるのに
自分から避けるようになったり
せっかくほめられても受け取れなかったり
人からの評価ももらいにくくなくなったり
人生に影響があるわけです。


カウンセリングでは
幼少期の頃に抑えこんだ感情を消化しながら
誰がどんな扱いをしようが
自分はダメじゃないし重要な存在なんだ
ということを理屈だけではなく
心から理解をしていくサポートをします。


禁止令は、親からのメッセージではあるけど
受け取るか受けとらないかは
子どもの側に決定権があります。
自分で取り入れたメッセージ。
だから変えることができます。
ご安心を。


あと、親がどんなにいれないようにとしても
禁止令を決断しないようにすることは難しい。

100%完璧な親はいないし
親子とはいえ他人なので
その子に合った完璧なタイミングややり方で
愛情を与えることは難しいのと
とっさのときに子どもを守るためにしたことが
禁止令として入ることだってあります。


よく「近づくな」の例でお話ししますが
まだよちよち歩きの頃
大好きなお母さんに抱きついたら
ちょうどお母さんは天ぷらを揚げてるところ
お母さんはとっさに子どもをはねのけて
「危ないからあっちに行ってなさい!」
と怖い顔をして言ったとする。

お母さんは子どもを守るためにしたことでも
小さい子はそんな危ない状況とかわからない
ただ、はねのけられたことや
怖い形相のお母さんの顔から
「こんな怖い思いをするなら自分から大好きな人に近づくのはやめよう」
と決断することだってあるわけです。


実は、先日これに似た状況を
自分でやらかしました。


支援センターに遊びに来た子どもたちと
保育園の園庭で遊んでいたときです。

アシナガバチが飛んでいて
地面でカマキリを多分捕食していて
子どもたちがさされたら危ないので
地面に止まったときを狙い
砂場遊びのバケツをかぶせて捕まえようとしてました。

そのとき、支援センターによく来る
2歳の男の子が近くにいました。

その子は一緒に遊んでほしくて
よく私の後を追いかけてきてくれたり
私の手をとってあちこち連れていってくれたり
そんな嬉しいことをしてくれるのです。


で、蜂を捕まえようとしたときに
私の横をついてきたのでとっさに
「危ないからダメよ!」と
はねのけるまではしないけど
お腹のあたりに手をあてて制止しました。

蜂ににげられたらいけないので
わたしの意識はそっちに集中。


無事に捕らえた後、ホッとして振り向くと
その男の子がママに抱っこされながら
大泣きしていましたえーん

ママが一生懸命
「先生は◯◯のことを守ろうとしてくれたんだよ」
と優しく声かけをしてくれてましたが

「イーッ!☆★◯×※ 」と
言葉にならないくらいの泣きっぷり。ガーン


あわわわっ。ごめなさい‼︎叫び

抱っこさせてもらって
「ごめんね、ごめんね」
「危ないとかわからないもんね」
「◯◯くんのこと大好きだよ」
と、全身で必死に謝りました。


そうしたら少しずつ落ち着いて
「うん、うん」とうなずいて
泣き止んで
「しぇんしぇ(せんせい)」
と呼んでくれました。


ほんとにごめんなさいえーん


そういうこともありうると知っていたから
気づいてすぐに謝ることもできましたが
もしも知らなかったとしたら
言葉ではごめんねと言っても
その子の泣いている姿を見ても
そんな大したことじゃないように
思ったかもしれません。


とまあ、こんな出来事でした。



人は失敗することはあるし
間違って伝わることもある。

だから
そういうメッセージを与えたかもしれないことも
自分が禁止令を決断したことも含めて
あまり自分を責めないでほしい。

そして失敗したとしても
適切な対処を知っておくと安心なのと
過去のつらいことも
自分の気持ちを大事にすることをしていけば
傷はいつか癒されるし
どんな決断も取り返しはつくもの。

あらためてそんなことを思ったこの頃でした。


次回の授業は禁止令の最終回
がんばろう。


(株)メンタルサポート研究所グループ

インナーチェンジングセラピー

心理カウンセラー   横内慶子

HPこころの庭


AD
今日はお知らせです。
PMS(月経前症候群)を改善するための心理講座を、千葉の幕張コミュニティセンターで行います。

PMSとは、生理前に起こる様々な不調です。
それらを心の内面からのアプローチで改善する方法をお伝えします。


以前に、鎌取コミュニティセンターで開催したときのものをリニューアルしたものです。

参加した方からは、
「女性としての自分へのイメージとPMSの症状が関連しているのを知り、びっくりしましたが、確かにそうだなと思いました。」
「生理の大切さを知れてよかった」
「自分がその時期になるとイライラしていたのに気づくようになったためか、イライラすることはあってもそんな自分を許せるようになった気がする」
「具体的なPMSのストレス解消法を知れて良かった」

といったような声をいただきました。


PMSの症状は、私もかなりひどい方だったと思います。
私の場合は、身体より気持ちの不安定さが強くて、
普段なら気にならない些細なことに苛立ち
家族や彼氏など身近な人にぶつけてはケンカになり、そんな自分に自己嫌悪して落ち込む。

定期的にやらかすもので
自分がすごく性格が悪い人みたいな気がして
嫌になっていました。


あるとき、ふと、その不安定な気持ちが
生理がきたとたん嘘のようになくなることに気づきました。
30歳くらいの頃かな。

その時初めて「これは生理のせいなのかも?」
と思って調べてPMSという言葉を知りました。

けろっと治るものだから、知った後は
「気をつればいいんだ」と思うけど
中からわいてくる衝動というか
とめられない感じがいつもあったかな。

結局、苛立ちをぶつけて後悔する…。
そんなことを繰り返していました。



心理を学んで、カウンセリングを通してある時
自然にその症状が激減していることに気づいて
びっくりしたことを覚えています。


この講座は知識編ですが
それだけでも響く方は多いようです。

しかも、今回は
幕張コミュニティセンターさんのご厚意で
参加費がものすごくお得になっています。


まずは、知っているようで意外と知らない
女性ならではの身体と心の関係、
自分のことを学んでみませんか?



以下、ご案内です。




“あたりまえ”と思っていませんか?
「生理前の不調をなくしたい 」あなたのための
『PMSこころ講座』

時々起きるこんなこと•••
 *ちょっとしたことでイライラが爆発する
 *彼(夫)に喧嘩をふっかけてしまう
 *なんだか涙が止まらない、ひどく落ち込む
 *おっくうで何もしたくない、人と会いたくない
 *体がむくむ、だるい、肌荒れ、頭痛、おなかが痛い
 *ミスやポカが増えて仕事がうまく回らない   etc.
  
普段とは違う、そんな自分を感じたことはありませんか?
生理前になると起きる不調を『PMS(月経前症候群)』といいます。
そして、PMSの症状には“心”やストレスが大きく関係しています。
この講座では、女性の体と心の関係を知り、心の内面からのアプローチで月経前の不調を改善する方法をお伝えします。


講座日程(全5回) 土曜日  11:15~12:45
1回目 
7月22日 「女性の体と心のしくみを知ろう」
2回目  
8月26日 「PMSに関係している性格傾向」
3回目  
9月23日 「イライラ・不安の感情を減らす方法」
4回目 
10月21日 「ついやってしまう後悔するパターン」
5回目 
11月25日 「自分にあったストレス解消法」
 

講師:メンタルサポート研究所 心理カウンセラー 横内慶子

参加費: 各回500円
(幕張コミュニティセンターのご厚意により特別限定の参加費となっています)

定員: 20名(女性限定)

申込み:幕張コミュニティセンター窓口または電話にて

お問い合わせ:幕張コミュニティセンター



{0DC4BD6E-8799-414E-8670-B13668F17CA7}



それでは、女性の皆様
ご参加をお待ちしています。(*^-^*)




(株)メンタルサポート研究所グループ

インナーチェンジングセラピー

心理カウンセラー   横内慶子

HPこころの庭


AD

普段いる子育て支援センターでは

時々保健センターなどにいらっしゃる

保健師さんや栄養士さんに依頼をして

子育てに役立つような

お話をしていただく会を催します。

 

先日はベテランの栄養士さんから

子どもたちの好き嫌いや

遊び食べについて悩んでいるママが多いので

子どもの味覚の発達についてや

食事に集中するためのポイントなどについて

お話をうかがいました。

 

味を感じる、舌の味蕾の数について

子どもは大人の3倍ほどあり

味にかなり敏感なそうです。

 

エネルギーになる「甘味」(炭水化物)や

体を作る「うま味」(アミノ酸・たんぱく質)

などは、学習しないでも

本能的に好きなものだったりするけれど

 

苦味はもともと毒の味で

酸味は腐敗したものの味で

だから野菜とかは少しずつ練習して

大丈夫と学習して慣れないと

美味しいと感じることができないもの

だから、好き嫌いがあるのは当然


子どもは味覚が鋭い上に

塩分を排出する腎臓の機能は弱いので

最初は味をつけないでそのままだし

ある程度大きくなるまでは

塩分を控えめにしないといけない。

 

そんなお話をしてくださいました。

 

一応保育士の資格はあるので

味は薄めにしないといけないとか

子どもの離乳食の段階とか

そのぐらいは知っていますが

味蕾の数や味覚の発達のこととかまでは

正直なところ知りませんでした。

 

一緒にお話を聞いていたママたちも

「そうなんですね!」
とびっくりされていました。

 

食事のことだけでも知らないことがたくさん。

でも、ご飯を食べるということは

子どもの成長には欠かせません


そう思ったら子育てをするということは

ものすごい知識と技術を要するものなんだと

この時、改めて思った次第です。

 


「母親ならできて当たり前」

と暗黙のうちに要求される様々なことが

実はものすごく労力のいるものなんだなと。

 


そもそも料理一つとったとしても

栄養のことなんて

学校の給食の時になんとなく習った

「赤」(肉・魚)体を作るもの

「黄」(ご飯、パン)エネルギーになるもの

「緑」(野菜・海藻)体のバランスを整えるもの

に分けられたものくらいしか

普通の人は知らないのではないかしら。

 

結婚したら食事を作る率は

通常は女性が多いのだと思うけれど

もともと持っている知識といったら

男女の差はなくて

 

誰かが作らなきゃいけなかったり

子どもができてからだったり

必要に迫られて色々本とかネットで調べて

「本当にこれでいいのかな?」

と悩みながら作っている人が

多いのではないかなと思います。



主婦になった途端に

ママになった途端に

急に料理ができるようになるわけでも

上手くなるわけでも

ましてや栄養のバランスまで完璧に覚えて

作れるようになるわけでもないのです。

 

でも、それを

「誰でも普通にできること」

「やって当たり前」

のように思われているし

やっている本人でさえも

そう思い込んでいることもあり

メニューを考える大変さとかも

どう説明していいのかわからない。

 

 

そう考えてみれば

掃除、洗濯、アイロンなどだって

苦手だからといって

誰かがやらないわけにはいけないし

自分でやらないのであれば

場合によってはお金を払って

やってもらわないといけない。

 

食事を作ることや家事が得意かどうかは

パソコンができるできない

車の運転ができるできない

英語が話せる話せない

走るのが得意かどうか

人前で話すのが好きか苦手か

 

それらと同じことなのに

なんでできて当たり前なんだろう。



「母親ならできて当たり前」

というのなら

「父親もできて当たり前」

な上で

どちらがやるのかを話し合う

そういうことが本当は必要かもしれません。



 

しかも、離乳食を進める時期というのは

子どもも一番目が離せないことが多く

とかくママにまとわりつく時期でもあり

台所に立ち始めると泣くしぐずるし

時には、抱っこしても何しても

叫びまくる時もある時期です。

 

その中で、掃除、洗濯、料理、片付け

全てを毎日やって行くというのは

結構な能力と技術がいることだと思うのです。

 

 


余談ですが

仕事から帰ってきた夫から

「家にいるだけなのに何が大変なんだ」

といわれてムカついた。

そんなお話は割とよく聞きます。

 


重要な顧客の接待をしながら

事務仕事などの普段の業務も

誰の助けも借りることなく

時間内に終わらせなくてはいけない

自分の休憩時間やトイレ休憩も

常に顧客が一緒についてくる日々

 

顧客が気にくわないことを言っても

文句は絶対に言えない

言ったらクレームがくるから。


 

そんな対応を休日なく続けても

「そんな簡単なことがなんでできないんだ?」

「できて普通なのに何が大変なんだ?」

と言ってくる、理解のない上司みたいに

自分がなりたくなければやめましょう。

 


 

もちろん、お母さんたちは

大変な中で喜びも持っています。

ただ、その大変さを

身近な人に理解して欲しいものです。

 

 

余談が長くなりましたが

主婦業と子育てには

私たちが思っているより

高度な技術が必要とされるものなのかも?

そう思った。


ということでした。




 

(株)メンタルサポート研究所グループ

インナーチェンジングセラピー

心理カウンセラー   横内慶子

HPこころの庭

 



***************************


我慢しない・人にぶつけない
『自分ですっきり感情処理セミナー』

【講座詳細】
日時:

会場:
八千代市総合生涯学習プラザ 第2研修室
(東葉高速鉄道 八千代中央駅徒歩5分)

参加費:  3,000円
(当日払い)

嫌なことや辛いことがあった時、ストレスが溜まっているかなという時に、どうしていますか?

不快な感情を
「我慢すれば、いつか忘れる」
「いちいち感じていたらやってられない」
そんな誤解をしている方も多くいらっしゃるようです。

気持ちを我慢したり、感じていることをなかったことにしたりして過ごすと、自分でも気づかないうちにイライラやモヤモヤが溜まります。
その結果、自分の感情をもてあまし、コントロールができずに爆発!そんな自分に自己嫌悪…。
余計にストレスが溜まるなんてこともよくお聞きします。

・時々キレそうになる
・イライラをぶつけてしまう
・最近やる気がでない
・なんだかソワソワ落ち着かない
・訳もなく泣いてばかりいる
・落ち込みやすい
・はっきりとした原因のない頭痛、腰痛、動悸がある

そんな症状があるとしたら、もしかしたら感情の消化がうまくいっていないからかもしれません。

感情が抑えられない、ストレス解消がうまくいかないと感じる時も、私たちは感情の使い方を知らないばかりに、間違った方法をとっていることが多いようです。

この講座では、
・我慢しても感情のコントロールがうまくいかないのはなぜか?
・ストレスやイライラが溜まるしくみ
・どうやって嫌な気持ちを解消させていくのか?
などに触れながら、実際のカウンセリングでも効果のある“感情処理法”についてお伝えしていきます。

「我慢しない」「人にぶつけない」
今すぐ使えてストレスケアにもなる、感情処理を学んでみませんか?

皆様のご参加をお待ちしています。


テキストの準備の為、事前にご予約をお願いします。

お申込み先:
(株)メンタルサポート研究所グループ
心理カウンセラー  横内慶子

 

 

AD

他者評価より自己評価

テーマ:
先週末は、ワークショップにシングル茶話会
カウンセリングとロープレとアシスタントなど
心のこと三昧の二日間をすごしました。

今日は越谷で
心理カウンセリング力養成基礎講座の授業の日
明日はトレーニングで杉田峰康先生の授業を受けます。

あと今は、幕張のコミュニティセンターで始まる
PMSの講座の準備をはじめ

心理とは別件だけど、今年度いっぱい
社会福祉施設長の講習もあります。

こう並べてみると
我ながらよくやっているのかも?

と、最近思えるようになりました。


少し前に、山口創先生の
「子育てに効くマインドフルネス」
という本を読みました。


その中に、子育てがうまくいっているかは
親自身が自分の子育てに対して
自分をどう評価しているか?が影響している
ということが書かれていました。

自分でよくやっていると感じていることが
子どもにもよい影響を与えるというもので
側からみてどんなにいい子育てをしていても
本人の中での評価が良くないと
そちらが伝わってしまう。

確かそんなような内容だったと思う。


それを読んだ時すごく納得しました。
自分が子どもだった時のことを振り返れば
親が親自身や、子育てのことを
自分で悪く言っているのを聞くと
私は失敗作なのかな?
自分はうまく育ててもらえない子なのか?
と、どこか欠けているように感じたものです。

そしてこのことは
子育てだけに限らないなとも思いました。

仕事でも勉強でも趣味でも
どんなに周りからほめられても
すごいと言われたとしても
自分で「出来てない」と思っている時は
それを受け取れないし

「自分のしたことなんて…」と
単に謙遜ではなく本当に卑下していたものは
たとえ客観的に見て出来が良くても
なんとなくそのマイナスの気みたいなものの方が
伝わるような気がします。
結果として良くないものに
周りの方々に受けとられるというか。


何かで、最近の若い人たちは
叱らない・ほめる子育てを受けてきているから
ほめられていないと
自分の価値がさがるような気がしてしまう
なんて記事を読んだことがあります。

そうならばたぶん、その子たちは
自分が考えていること、感じていること
自分がしていることに対して
そう思う(感じる)んだね
できて嬉しいんだね、等
認められる関わりが足りず、
自分の行動等がよいのかどうか決めるのに
他者の評価に頼らざるを得なかったのでしょう。


私の中にもそんなところはあるし
多かれ少なかれ、割とあるような気もします。


他者からの評価が結果の良し悪しに
あまり関係ないということは
反対に言えば、批判を受けたとしても
自分が「これでいいんだ」と思えていたら
落ち込んだりしないで済むということ。


人の価値観を変えるのは不可能に近いけど
自己評価については自己完結できるというか
自分が変わればいいだけだからいいですね。


誰が評価してくれていても、くれていなくても
自分で自分が「よくやっている」と
心の中から思える時に
本当の意味で満たされるのかもしれません。


{B99126A5-66E4-451A-9B0A-7968805EDB95}

越谷の授業の後のランチ会。
とても楽しかったです。


(株)メンタルサポート研究所グループ

インナーチェンジングセラピー

心理カウンセラー   横内慶子

HPこころの庭



まずは自分のこと

テーマ:

子どもたちとかかわる中で

自分のことを振り返ることができる

そんなことが沢山あります。

 

最近、気づいたことの一つが

まずは自分の面倒を見ることか

ってこと。

 

子どもたちはとても優しいので
自分のことはさておいて

周りのこと、友達のことが気になり

お手伝いやお世話がしたくて

ついお友達に構いすぎてしまったり

でも自分のことは終わっていなくて

結果「早く自分のことしなさーい」

と言われてしまったり

そんな場面を毎日何度も見かけます。

 

朝の支度をする時にも
着替えをする時にも
自分のことがまだ終わっていないのに
お友達のを出すのを手伝っているとか
 
おもちゃの片付けの時も
自分が使っていたものは投げ出して
友達のものを先にやろうとして
自分でやろうとしていたその子が
泣いてしまったりとか
 
特に喧嘩をしてた様子もないのに
急に「わーん」と泣き出す子や
怒っている子がいる時に
理由を聞いてみたら
「自分でやろうと思っていたのに」
ということだったりというのが割とあるので
きっと見えないところでは
もっとあるのでしょう。


3歳半くらいをすぎると増える気がします。

言葉の意味もよくわかるようになるし
できることも増えるからなのか
 
先生に褒められたいという気持ちや
お友達に優しくするということが
良いことだということを
なんとなくわかってくるからなのか
自分ができるのをみせたくなるからなのか。
 

全くそれをしない子もいるので

多分適応タイプにもよるのかな。

今度良く見てみよう。


で、そういう姿を良く見るということは
自分にもそういうところがあるのでは?
ということに気づきまして。
 
自分の中にあるものだからこそ投影して
そこに反応したり気になったりする
そんなこともありうるなと。
 
そう考えてみれば
子どもたちのことを言っている
そんな場合じゃないわー
ってなことが色々あるのかも。
 
自分のことが終わってないのに
色々人のこととか周りのことが
気になってしまうこと沢山あります。
 
自分の仕事がいっぱいな時にも
他の人のことを先に手伝ってしまうとか
 
自分の状況のが大変な時も
周りのことに対して何かできると
ちょっといい気分を味わえたりとか。
 
(反省・・・)

もちろん人のことを手伝うことも
大切なことではあるけれど
まずは自分のことをできているのか
自分のことを大切にできているのか
振り返らんといかんですね。
 

自分のことができてはじめて
本当の意味での
人のサポートができると思うので
がんばろう。


 

(株)メンタルサポート研究所グループ

インナーチェンジングセラピー

心理カウンセラー   横内慶子

HPこころの庭

 

 

 

**************************

 

【横内慶子・インナーチェンジングセラピーワークショップ】

 

日時:6月3日(土)10時〜17時

 

場所:メンタルサポート研究所・八丁堀カウンセリングルーム

  東京都中央区4−10−4甲東ビル404

 

参加費:12,000円(お茶・昼食込み)

 

定員:6名

 

お申し込み・お問い合わせは、メールでも受付けています。

 

keiko.msgroup@gmaii.com

 

 

内面から変わるカウンセリング『インナーチェンジングセラピー』のワークショップです。

 

ワークショップでは、参加者の中から希望の方に順番に、ご自身が変えたいと思うテーマについてカウンセリングを受けていただくことができます。

 

 

カウンセリングを受ける時だけではなく、他の方がワーク(カウンセリング)を受けているのを見ることで、自分のことと重ね合わせて心が動いたり、応援する気持ちが湧いてきたり、得るものもたくさんあります。

 

人前で受けることに抵抗を持たれる方もいらっしゃいますが、ご自身が受けられるときには、周りの方のサポートを受けることで安心感を感じながら進むことができる、個人カウンセリングとは違った良さを感じていただけることが多いようです。

 

ワークショップは、参加したみなさんによってつくりあげられるもので、不思議と自分のテーマとリンクするものがあることも多く、毎回全く違うものになります。

 

 

少人数でゆったりすすめていきたいと思っております。

お誘い合わせの上、お越しください。