当教室では生徒様のレッスン中の録音は規約上でも禁止しております。 昨今はフェイクボイス等々のアプリも横行しておりレクチャーしてない内容も声を偽装して簡単に作成できますし、色々な事例も耳にしています。さらにそれをネットなどで共有出来てしまいますので固くお断りしています。(共有自体、犯罪ですが自覚なく行う方がおられるので)何卒宜しくお願い申し上げます。

体験等々のお問い合わせを下さってお電話に出れない場合はできれば留守電にメッセージを残して頂きたく存じます。セールスやスポンサー等々(全てお断りしています)折り返しの電話すると勧誘などのビジネス的なお電話もかなり頂いておりますのでどうぞ留守電にメッセージお願い申し上げます。お手数をおかけしてまことに申し訳ございません。

他のジャンルのものはわかりませんが、音楽を学ぶ上で絶対にやってはいけないのが効率性を求める事、早く上達しようと、細部まできちんと確認しない事です。焦らず時間をかけて、そしてゆっくりひつ一つものにしていく事が実は一番の近道で中途半端な状態で進むとまた新たなハードルが来た時に中途半端に放置してしまったところに何度も戻ってしまい、同じところをぐるぐる延々と行き来してしまいます。結局何年経っても変わらない、、一番音楽を学ぶ上で危険な事です。ゆっくり確実にやる根気が実は一番近道なんですね、、レッスンでは行っています。

子供にも大人にもTABではなく読譜はできる限り薦めています。なぜかと言うとTABは完全に音には集中しないもので

ガイドとしては良いのですが、音楽を基礎から知るのには読譜はスゴく良いと思います。レッスンでも読譜のエクササイズは

行っていますが、本格的にやりたいと言われた方には、以下をレッスンで使います。言わずと知れた、超有名なmethodですよね・・私もBerkleeに入学前に全てやりました。非常によくできた教本で著者はWilliam Leveitt...多数の著書がありますが、

彼がBerkleeのギター科の基礎を作った大きな貢献者です。本当に全ての教本が良くできている・・