Tak Okamura 先生のCDが海外に行きました、ギターインストの良いところは世界に熱狂的なギターファンがいて、そして言葉の壁が無いところ。いまだにヨーロッパではギタリストの数が多く人気があるというところです。

インライト音楽教室からのお知らせ♪

インライト音楽教室へホームページの管理や教室をネット上での宣伝したい等々をお申し出くださる業者様からのご連絡が時折ございますが、現在のところ当教室ではお断りさせて頂いております。まことに申し訳ございません。また後援者、スポンサーなどのお話しは直接お電話にてご連絡いたければと存じます。 生徒様絡みからの個人、業者様からの後援者、スポンサー的なお申し出、検討などのお話しは光栄かつ感謝な事ではございますが現段階では大変申し訳ございませんがお受け致しかねますので何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 

 

最近、ようやく少しづつですが、暖かくなってきましたね。

Tak Okamuraの曲が出ましたが、Trailerの評判もよく割とフィジカルに手に取ってくださる方がいてこのご時世なのに面白いです。

さて、引き続き以下コメントを掲載します。

 

今回は自分のレッスンについてのコンセプトを少しですがお話させていただきます。

ギターに関してはそれほど根詰めてやりすぎる必要はないと思っています。

あまりに集中的にもしくは感情的にやりすぎると、ある特定の壁にぶち当たったとき、

嫌いになってしまうことも出てくるからです。 それより何かルーティンのようなものがある方が

結果的に上達するように思っています。週末だけ決めた時間弾くとか、今週はどこかの曜日で1時間弾けたらよい、もしくはレッスンの時だけでもギターを楽しむなどその人の生活スタイルによって決めて弾くのが良いと思います。

現在、自分の生徒様で最年少なのが小2の子供さんですが、レッスンの時に苦手だった事もその個々に合わせたレッスンで今はお話を交えながらも楽しんでくださるようになりました。昨年までとある地方都市で数カ所、場所によって数年から長期にわたり沢山のレッスンをさせて頂き子供さんや学生さんなどと関わることが多かった経験が非常に良い効果を生み出していると思います。もちろん過去関わったエリアでは二度とレッスンすることはないですが、感謝な事ばかりで相当な数の生徒様と接することができたことが現在のレッスンに良い影響となっています。是非一度レッスンに来てみてください。ウインク

 

 

 

 

インライト音楽教室の講師、Tak Okamuraです。GENESISというテクニカルギターインストのCDをリリースしました。

以下コメントとさせていただきます。

 

〇サウンドについて

 

メインギターのREC時には完全なドライなサウンド、アンプ直で歪の音もアンプでしか作っていません。誤魔化しがまったくできない環境下で

なんのエフェクトも掛けずREC時には空間系のリバーブ等々もかけませんでした。MIX時にエンジニアにリバーブの深さや掛け具合を相談した感じです。それでも空間系はほとんどかけていません。とにかく誤魔化し無しの真っ向勝負の音作りを心掛けていました。なので音は非常に生々しいサウンドになっていると思います。 

 

〇参考にしたギターサウンド

 

Greg Howeのアルバム、Sound Proofのサウンドはかなり意識しました。とにかくアンプ直のみのサウンドを聴かせたいという思いが強かったです。その分REC時にギターの難易度は相当増していたと思います。笑

 

〇使用ギター

 

 

3本のギターでそれぞれ平均的に使用しました。ジャケットにあるミュージックマンシルエットはかなり使用しましたし、その他アイバニーズ・ヴィジェなど全て素晴らしいギターです。

特にDuplicate Keyという曲では全編Vigier Excaliburを使用しました。EMGが直付けされていて良質の木材から響くサウンドをEMGのアクティブで拾い素晴らしいサウンドを奏でることができるギターでしたね、音を聞いていただくとリフもすべて生々しい・・超ドライなんだけど、パンチのある通常のギターでは出せないEMGの良質なサウンドが聴けると思います。

 

 

〇ゲストの参加メンバー

 

 

これは本当に感謝なことですべての方が凄い方々でした。特に矢吹卓さんはあまりにも凄すぎて技術的にもモンスターでかつ素晴らしいキーボーディストです。しかも僕の好きなギタリストとは国内外問わずほぼ全員と共演されていて、雲の上の存在だったので共演できたこと自体が夢のようでした。作品に参加下さり本当に嬉しく思っています。

 

もう一人のゲスト、川田義広さんは同じ職場でギター講師で働いている時に知りあい、彼のBandや演奏聴いて絶対共演したいと思いお願いしました。Duplicate Keyという曲でソロの兼ね合いを録音しました。曲を聴いていただけるとわかると思いますが、ソロのセクションで個性的で僕には出せないフレーズを弾いてくださいました。素晴らしい先輩ミュージシャンです。

 

(スペースの都合上今回はゲストの方々のみ掲載ですが、次回以降他のメンバーの方々のコメントも出したく思います)

 

〇キャッチーなメロディー

 

 

僕の楽曲は複雑なコード進行を含むものや通常使わないコードなども出てきますが、どんなに難解でもメロディを意識することは心掛けています。 好きなギタリストでDarren Housholderという人がいるのですが、彼のインタビューで、「メロディー、コード進行、そしてインプロヴァイズ・・そういう意識というよりももっと落ち着いてきちんとソングライティングする方が良い」と話していたのが自分にも大きくインスパイアされていると思います。もちろんジャンルによりけり←(重要)ですが、僕が作るのならDarrenの姿勢を意識しながら楽曲制作に取り組むと思います。

 

〇作曲・REC

 

 

作曲には一番重きを置いています。未発表な曲はかなりストックがあり、常に曲は書いています。

今後きちんとRECを行い引き続きリリースは行いたいと思います。昨年より都内に在住していますが、ミュージシャンが多い事もあり本当に助かっています。

 

CD Amazon、オフィシャルサイト、その他今後流通予定になっています。是非一度聞いてみてください。

 

今回はこの辺で・・・また次回もう少しコメントしたいと思います。

 

Tak Okamura

 

 

 

 

Tak Okamura先生のCD、GENESISが2月25日に発売されました。

AMAZONや以下のTak OkamuraオフィシャルサイトのSTOREページより(PayPal)により購入可能です。

またYoutube上ではTrailerが聴けます。Tak Okamura氏のコメント等々も次回ブログにて掲載予定です。

 

 

¥1200+tax​​

  通常配送料無料

Tak Okamuraのハードフュージョン、テクニカルギターインスト

参加メンバー

ベース・斉藤茂明、永橋紀彦

ドラム・目次敬之

ゲスト

キーボード・矢吹卓

ギター・川田義広

(上記名前は参加トラック順) 

1. Time Table 

2. Astral Projection 

3. Cosmology 

4. Duplicate Key 

・Tak Okamura Guitar All 

・Shigeaki Saito Bass on Track 1,4. 

・Norihiko Nagahashi Bass on Track 2,3. 

・Takayuki Metsugi Drums All ​ 

SPECIAL GUIEST 

・TAKU YABUKI Keyboard on Track 2. 

・YOSHIHIRO KAWADA Guitar solo on Track 4.