先日の下見 からだいぶ経っちゃったケド、何とかコチラ方面へ行く機会があって再び経堂駅。てか、実家にいる頃だって、こんなに降り立ったコトは無いと思うわ(ノ∀`)タハハ そう、それくらいホットでメインストリームな場所であるキョードー…って、それは言い過ぎですよね汗?


駅を後にしてバスのロータリーを迂回、カーネル先生とコーヒー屋の間を入っていくと目的地はすぐソコ。テクテク歩けば、こんな感じでアイバンさんが接客しています(・∀・)ノ ヨ


イニシャルDのWHAT’S UP YO 麺!


「何でラーメンを始めたんですか?」「えー独学ですか?」そんな会話が外まで漏れていますね?ま、その全てを知りたいのであれば、是非とも自叙伝 を立ち読み(…失礼)してみて下さい笑。コホン、12:30に到着すれば満席に近いほどの盛況。食券をゲトッて店内へ進めば、アイバンさんがお出迎え。ジャン。


イニシャルDのWHAT’S UP YO 麺!


既出な情報ですが、メニューはラーメン、野菜豆乳つけめん、4チーズまぜそばの三種類。ソレにトッピングとご飯類が準備されています…が、今回は左上の法則に従ってラーメンをチョイスヽ(・∀・)ノ イエイ そして追加でローストトマトを頂戴しました。ふふふ、大つけ麺博@日比谷 のイメージが強くてね!


イニシャルDのWHAT’S UP YO 麺!


さて、今回のポイントは「魚介ダシとアゴだしで作ったWダシスープ」とのコトで、動物系を一切使っていない様子( ・Д・)ホウ 確かに魚介ダシ由来の節っぽさが顕著に感じられ、軽快な印象に仕上がっております。が、芳ばしいオイルがエとセとラを補填し、程よい重たさを演出。


ただ、ソレだけで終わらないのがアイバンマジック。写真で見るとワカるように、オレンジ色のソースが叉焼の下に仕込んであり、トマトっぽい甘酸っぱさを付加。更には後半にチャツネッぽい片や柚子皮?そんな香も拡がり、ギミック満載。流れるフローに思わず感嘆(*ノ∀ノ)イヤン


イニシャルDのWHAT’S UP YO 麺!

ピロピロッとした平打ちの太麺は、キリンのような模様が特徴的な自家製麺。茹で加減は柔めの設定(ブレかな?)ながら、個人的には楽しめましたね( ゚Д゚)ンマイ でも、もう少し短めの方が食べやすいかも?引っ張り出しながら、汁を飛ばしながら汗。


また、ラーメンだと具は水菜、叉焼のみ、食べ盛りで物足りない方には特製がオススメです(・∀・)ノ ヨ 私は控え目にローストトマトを単品トッピングしましたが…コレが20mm超えの分厚いモノで超ジューシー!超正解!


バリエーションも豊富ですし、落ち着いたら限定も始まる様子。小田急線を使っている頃にオープンしていたら、通い詰めるコト間違い無かったでしょうね(-”-;)フフフ 超ジェラス。


今日も幸せ日々笑進!


イニシャルDのWHAT’S UP YO 麺!

お店:アイバンラーメンPLUS@経堂

住所:東京都世田谷区経堂2-3-8

営業時間:11:30-22:30
定休日:水曜日

注文:ラーメン+ローストトマト(\780+\100)