今朝は、武蔵台公民館(埼玉県日高市)で、【大和言葉の楽しみ〜気遣いと季節の言葉〜】という講座を担当しました。

------

(講座案内文)
古来使われてきた大和言葉は、会話や文章に取り入れると、やわらかな奥ゆかしさを醸し出します。さりげなく相手への気遣いをこめることもできます。また、季語をはじめ、四季の自然や暮らしを描いた大和言葉を知ることは、日常の味わいを深めてくれます。楽しく言葉を学びましょう。

------

この武蔵台公民館には、度々お招きいただいております。

初めてお邪魔したのは2017年、『枕草子』『源氏物語』の入門講座でした。



日高市とのご縁は、その前年から続いております。

日高市図書館で、「今に生きる古典のことばと心」というお題でお話ししたのでした。


そのときのスタッフさんが、本日の講座も企画してくださいました。足かけ6年のご縁になります。





昨年刊行されたこちらの本を読み、大和言葉の講座を企画してくださったそうです(嬉しい!)。


今日扱ったのは、


・御降(おさがり)

・日永(ひなが)

・花衣(はなごろも)

・風薫る(かぜかおる)


のような、俳句の季語にもなっている四季の風物や、


・心ばかり

・酣(闌、たけなわ)

・倦まず弛まず

・おこがましい


のような、コミュニケーションの中で登場する奥ゆかしい表現。


言葉の語源や用例など、いろいろ話が広がっていくうちに時間切れになってしまいました。こちらの公民館は熱心な受講者さんが多く、話を引き出される感じがあります。




さて、武蔵台公民館を訪ねるときのお楽しみをご紹介しましょう。



こちら、JR高麗川駅です。

地下通路の壁に曼珠沙華の絵が。曼珠沙華が群生している巾着田(きんちゃくだ)が有名ですからね! そして、高麗川流域に生息しているカワセミの絵も。どなたが描かれたのかしら? これを見るのが、毎回楽しみです。


帰りは西武線の高麗駅から。



こういう山脈の見える景色に心安らぐのは、四日市で、西に鈴鹿山脈を見て育ったからでしょうね。もう故郷を離れて18年になりますが、子どもの頃に馴染んだものは忘れられないのでしょう。



そんな武蔵台公民館には、また5月にお邪魔します。ご興味のある方は、市や公民館からのご案内をご確認の上、お申し込みくださいませ。



※講演のご依頼を受け付けております。


お仕事のご依頼、お問い合わせ講演や執筆などのお仕事を承っております。インタビューなどもお受けします。 以下のフォームもしくは、yukoyoshida.infinityアットマークgmail.com宛てにご連絡くださいますよう、お願いいたします。 取材・執筆・企画協力などで、期限の差し迫ったものの場合、 ①具体的なテーマ ②取材方法(対面、電話、メールなど) ③期限 ④報酬額 の4点をお…リンクwww.infinity0105.com


 

吉田裕子の大和言葉関係の本


 

吉田裕子担当の連続講座(カルチャースクール)

単発参加も可能な吉田裕子主宰の講座

SNS

twitter1 / twitter2 / Facebook / note / Youtube / 読書メーター