"藍染の殺菌作用を活かしたい" 藍絽座 (栃木県足利市)のブログ

"藍染の殺菌作用を活かしたい" 藍絽座 (栃木県足利市)のブログ

あなたの衣類お染めします。
お問合せ:藍絽座(代表:風間幸造)
〒326-0053 栃木県足利市伊勢町2-7-5 TEL090-9103-5572
[Email] indigojp@gmail.com

この投稿をInstagramで見る

「あっちゃーふぁーむ藍の生葉染めツアー2019」 今年も、藍絽座とあっちゃーふぁーむのコラボ企画「藍の生葉染めツアー2019」が決定しました!  群馬県渋川市赤城町で無農薬の農業をしているあっちゃーふぁーむで、藍の葉を刈取り、生の藍葉で染め液を作って染める、藍の生葉染めをします(下記参照)。 お昼はお楽しみ!あっちゃーふぁーむの野菜を中心に美味しい料理をみんなで食べます。どうぞ、ご参加ください!(内容や交通手段など、お気軽にお問合せください!) 日程:8月31日(土) 9時半集合、15時終了予定 集合場所:あっちゃーふぁーむ 〒379-1115群馬県渋川市赤城町溝呂木1121 TEL 090-3522-8241(堀井一平) 内容:藍の生葉染め あっちゃーふぁーむの食事付 参加費:3000円 (小学生600円、就学前児無料) (参加費には、一人分の藍生葉、綿ハンカチ、あっちゃーふぁーむの食事が含まれます。希望者に染色用シルクストール別売あり。被染物の持込可(お問合せください)) [お問合せ・ご予約] 藍絽座 風間幸造 TEL 090-9103-5572 メール info@airoza.jp 【藍の生葉染めについて】 「藍の生葉染め」は、生の藍草の葉を使って染める染めものです。 藍の色素は、葉が枯れてしまうと水に溶けなくなり、その場合発酵させて染液を作るやり方がありますが、葉が生の状態では水溶性なのでそのまま染めることができます。 染め方(染め方により、染められるものが限られてきます) 1、叩き染め(綿・麻向き。絹も可) 布の上に藍の葉を置いて、かなづちで叩いて染めます。かなづちで葉を叩くことで葉の汁が布に付き、汁の中の色素が直接布に染まることになります。 葉を数枚使って模様を作ると表現力が増します。部分的に模様を染めるのに向いています。布全体を染めるのには向いていません。 2、摺り染め(綿・麻向き。絹も可) 葉を直接布に摺りつけて染めます。ステンシル型紙などがあれば、その模様が染められます。部分的に模様を染めるのに向いています。布全体を染めるのには向いていません。 3、浸し染め(絹・毛向き。綿・麻は不向き) 水の中で藍の葉を揉んだり砕いたりして染液を作り、その中に布を入れて染めます。具体的には、葉と水をビニール袋に入れて手で揉んだり、ミキサーで混ぜたりすると葉の中の色素が水に溶けて染液になります。布全体を染めることが出来ます。 以上。

Cozo Cazamaさん(@cozocazama)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

【足利の藍染・藍絽座が東京都主催「ものづくり・匠の技の祭典2019」に出展します!】 [Natural Indigo Dye AIROZA will join the Monozukuri - A Celebration of Japanese Artisanal Techniques 2019 in Tokyo] 7月25日(木)~27日(土)の3日間、東京五反田TOC展示会場にて開催される「ものづくり・匠の技の祭典2019」に、足利の藍染・藍絽座が出展します。 期間中、天然藍染の実演、体験、展示、販売をしています。 東京都を始め、全国から「衣食住工」の匠の技が集まり、観て、体験できるイベントです。 どうぞ、お越しください! □ 名称 ものづくり・匠の技の祭典2019 ~ 伝統と革新 ~ □ 開催日程 2019年7月25日(木)~27日(土)の3日間 開催時間:10:00~18:00 ※7月27日のみ、10:00~17:00 □ 入場料 無料 ※但し、有料の体験プログラム、有料の販売品があります。 □ 会場 五反田TOC展示会場 13階 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 [会場へのアクセス] 【JR、都営地下鉄】 五反田駅より徒歩10分 【東急池上線】 大崎広小路駅より徒歩9分、 【東急目黒線】 不動前駅より徒歩6分 JR五反田駅からTOCビルへの無料シャトルバス(TOC EXPRESS)もご利用いただけます。 平日8分間隔の運行で、土日祝日 年末年始は原則として運休です。 また、イベント開催当日は、無料送迎バスは増便されます。 □ 開催主旨と特徴 日本のものづくり産業の持続的発展を目指し、東京を起点として日本各地と連携し、 ものづくりとそれを支える匠の技の魅力を広く発信するため、 全国から優れた技能を一堂に集めるイベントとして開催します。 テーマは「伝統と革新」とし、伝統的な技とその革新、最先端の技術を見られる、体験できる、 肌で感じ取ることができるイベントとして構成します。 また、2020年のオリンピック・パラリンピック、 2021年の技能五輪全国大会・全国アビリンピック の開催都市として世界中の注目を集めており、東京の魅力を改めて実感していただきます。 □ 主催等 主催:東京都 共催:東京都中小企業団体中央会、一般社団法人東京都技能士会連合会、 東京都職業能力開発協会、東京都伝統工芸品産業団体連絡協議会、 東京都伝統工芸士会 後援:東京商工会議所、東京都商工会議所連合会、東京都商工会連合会、 公益財団法人東京都中小企業振興公社、 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター https://www.monozukuri-takumi-expo.tokyo/ [Monozukuri - A Celebration of Japanese Artisanal Techniques 2019 in Tokyo] Date : July 25thu - 27sat 10am-6pm(-5pm on 27th) Place : TOC Exhibition Hall 13F 6-22-17, Nishi-Gotanda, Shinagawa-ku, Tokyo (Free Bus from JR Gotanda station to TOC) Admission Free Sponsored Tokyo Metropolitan Government https://www.monozukuri-takumi-expo.tokyo/en/ #ものづくり匠の技の祭典2019 #toc #indigo #tokyo #airoza #藍染 #藍絽座

Cozo Cazamaさん(@cozocazama)がシェアした投稿 -

5月19日(日)に開催予定の、藍絽座「藍の循環ワークショップ」にて、藍苗の定植に加えて藍染体験もすることになりました。体験ご希望ますます募集中です!! お電話かメールでご連絡ください!

Indigo planting and dye workshop on the 19th May sun. Come and join us!!!

藍の循環ワークショップ
令和元年5月19日(日)(雨天中止/当ブログでお知らせします)

藍苗の定植 
8時半集合
(途中参加可)
12時終了予定。その後、「and NYC」にてランチ。

藍染体験(要予約)
13時〜15時


集合場所:名草ふるさと交流館
〒326-0001足利市名草上町3371
※畑は集合場所の近くです。
TEL 090-9103-5572(風間)
お問合せは、風間の携帯電話へお掛けください。

藍の定植参加費:1000円(ランチ代含む/藍染体験は別途かかります)
藍染体験参加費:染めるものにより、下記の通りです。
ハンカチ 1000円
手ぬぐい 2000円
コットンストール 3000円
トートバッグ 3500円〜
半袖Tシャツ(100-130cm)3500円
半袖Tシャツ(140-4L)5000円

対象:子供から大人まで。
内容:午前中、藍の苗を畑に定植して、ランチ後、藍染体験をします。
服装・持ちもの:汚れてもよい服装でお越しください。着替え、タオル、飲み物持参。ランチはカフェandNYCで食べます。

【お問合せ・予約・主催】藍絽座(代表:風間幸造)
〒326-0053 栃木県足利市伊勢町2-7-5
TEL 090-9103-5572(風間)
メール info@airoza.jp
ウェブ http://www.airoza.jp/

Date : May 19th 2019 Sunday
Rain Out (Notify on this blog)

Indigo Planting
Meeting time : 8:30am (or you can join from anytime)
Until 12am (Lunch at "and NYC")

Indigo dye workshop(Reservation required)
1pm-3pm 

Place : Nagusa Furusato Koryukan
3371 Nagusa-Kami-cho, Ashikaga-shi, Tochigi-ken, Japan
Phone : 090-9103-5572(Cazama)
For any info, call Cazama's phone.

Planting charge : 1,000yen (The lunch fee inculuded)

Dye workshop charge : Depends on what you dye as below
Handkerchief 1000yen
Tenugui 2000yen
Cotton Stall 3000yen
Toto bag 3500yen-
Tshirts (100-130cm) 3500yen
T shirts (140-4L) 5000yen

Target Age : from children to adults
Details : The planting of indigo.
Clothes and Property : Clothes you can get dirty. Spare clothes, Towels, Drinks. We will eat lunch at cafe and NYC that near the place.

【Info, Reserve, Host】Airoza (Cozo Cazama)
2-7-5, Ise-cho, Ashikaga-shi, Tochigi-ken, Japan
TEL 090-9103-5572(Cazama)
email info@airoza.jp
website http://www.airoza.jp/

 

【藍の循環ワークショップ〜土から生まれて、土に還る〜】
年間体験メンバー募集!

The Indigo Circle Workshop -Born from soil and Return to the soil- All Year Members Wanted! (English text is all the way down below)

天然藍染藍絽座では、今年から新しいワークショップ「藍の循環ワークショップ」を始めています!
「藍の循環ワークショップ」は、種蒔きから、定植、草取り、収穫、すくも作り、種取り、藍建、藍染、施肥まで、藍の一生を土から生まれて土に還るまでを体験するワークショップです。さあ、あなたも藍の循環に加わりませんか! (内容により参加費などが異なります)

●藍苗の定植 
令和元年5月19日(日)
雨天中止(本ブログで告知します)
8時半集合(途中参加可)
12時終了予定。その後ランチ。

集合場所:名草ふるさと交流館
〒326-0001足利市名草上町3371
※畑は集合場所の近くです。
TEL 090-9103-5572(風間)
お問合せは、風間の携帯電話へお掛けください。

参加費:1000円(ランチ代含む)
対象:子供から大人まで。
内容:藍の苗を畑に定植します。
服装・持ちもの:汚れてもよい服装でお越しください。着替え、タオル、飲み物持参。ランチはカフェandNYCで食べます。

【お問合せ・予約・主催】藍絽座(代表:風間幸造)
〒326-0053 栃木県足利市伊勢町2-7-5
TEL 090-9103-5572(風間)


藍の循環ワークショップ令和元年度年間予定
1、種蒔き3月23日(土)
2、定植 5月19日(日)
3、草取り6月2日(日)、16日(日)、30日(日)
4、収穫7月中旬以降
5、すくも作り10月以降
6、種取り11月以降
7、藍建1月
8、藍染1月下旬
9、施肥(染め終った藍染液を畑に還す)2月以降
※予定は予告なしに変更になる場合があります。必ず、確認してください。

Natural Indigo Airoza starts new workshop from this year called "The Indigo Circle Workshop".
"The Indigo Circle Workshop" is workshop that can be experienced the whole life of indigo which born from soil and return to the soil that sowing, planting, weeding, harvesting, Sukumo making, seeds gathering, dye liquor making, dyeing, and manuring. Come and join us!!!


●Planting
Date : May 19th 2019 Sunday
Rain Out (Notify on this blog)
Meeting time : 8:30am (or you can join from anytime)
Until 12am

Place : Nagusa Furusato Koryukan
3371 Nagusa-Kami-cho, Ashikaga-shi, Tochigi-ken, Japan
Phone : 090-9103-5572(Cazama)
For any info, call Cazama's phone.

Charge : 1,000yen (The lunch fee inculuded)
Target Age : from children to adults
Details : The planting of indigo.
Clothes and Property : Clothes you can get dirty. Spare clothes, Towels, Drinks. We will eat lunch at cafe and NYC that near the place.

【Info, Reserve, Host】Airoza (Cozo Cazama)
2-7-5, Ise-cho, Ashikaga-shi, Tochigi-ken, Japan
TEL 090-9103-5572(Cazama)


The Indigo Circle Workshop(The Schedules)
1, Sowing, March 23rd
2, Planting, May 19th
3, Weeding, June 2nd, 16th, 30th
4, Harvesting, After the middle of July
5, Sukumo making, After the Octber
6, Seeds gathering, After the November
7, Dye liquor making, January
8, Dyeing, The end of January
9, Manuring(Returning the ex-dye liquor to the field), After the Febrary
#The plan may be changed without a notice. Please check the latest info.

 

 

藍の芽。Baby indigos. 

 

 

藍の種。The seeds of indigo.
 

 

定植。Planting.
 

 

定植作業。Planting.
 

 

夏になると。Summer time.
 

 

藍染。Some poeple dyes thier hair!
 

 

名草川で濯ぎ。Washing at the river.
 

 

染め上がりを記念写真。Indigo shot! 

(足利工業高校のみなさんと/With the students of Ashikaga Kogyo High School)
 

 

藍の花。Indigo flowers.