Tokushima Indigoes Drum&Bugle Corps【official blog】

Tokushima Indigoes Drum&Bugle Corps【official blog】

徳島県で活動しているマーチングの一般団体「Tokushima Indigoes Drum&Bugle Bugle Corps」のブログです。


新年度、新学期、新生活…

コロナ禍でまだまだ油断ができない状況が続きますが新しい生活が始まって約一週間。

どうお過ごしですか?

インディゴゥズも新しいシーズンに向けて
少しずつ準備を進めているところです。


『見学に行きたいけどこんなご時世だし…』
『気になることはたくさんあるけど聞きづらい…』
『学校や仕事と両立できるか不安…』などなど
興味はあるけど一歩踏み出せないあなたへ!

インディゴゥズについてブログで書いてみます!




まず『インディゴゥズ』とは…

正式名称:Tokushima Indigoes Drum&Bugle Corps
     (トクシマインディゴゥズドラムアンドビューグルコー)
活動地域:徳島県
入隊資格:中学1年生〜上限なし

“地域に根ざした活動”をモットーに
県内でのイベントで演奏演技をしたり
技術向上の為に大会に出場したりと
マーチング・ドラムコーが好きなメンバーが
活動をしている一般団体です。

※広報係として個人的なこだわり(?)ですが
カタカナ表記は『インディゴゥズ』です!
『インディゴーズ』でも『インディゴウズ』でもないです。笑





きっと1番気になる練習日とお金について!

まずは『練習日』
コロナ禍で今は練習時間を短縮していますが
練習日は毎週日曜日。
(例年だと祝日も練習して、連休には合宿を行っていました。)
平日練習はありません。
土曜日は本番があったり合宿だったり年に数回活動をすることがあります。

続いて『お金』
学生でも社会人でも1番気になると思います…
お金かかりそうなイメージですよね💸
実際まあまあかかります。笑
インディゴゥズで主にかかる費用は
・毎月支払う「隊費」
・大会遠征や合宿でその都度徴収される「臨時集金」
この2つです。
ざっくり計算すると年間で約20万〜25万くらい?
贅沢しすぎなければ学生のバイトでなんとかなります!
自分が学生の時はできるだけ平日でバイト頑張って
土日はインディゴの時間…みたいにしてやり繰りしてました。

時間・お金、どちらも大切で限られているものなので
趣味(マーチング)にどれくらい使うかは
個人差がかなりあると思います。
高校卒業後に専門学生になると同時に入隊して
社会人になってからも続けている自分としては
金銭的にしんどい時もあったし時間が足りない時もあったけど
意外とどうにかなるな〜って感じです。笑





続いて気になる『年間スケジュール』
とりあえず新型コロナウイルス流行前の活動内容を参考にすると
●4月
メンバー募集期間。基礎と筋トレ祭り。
月末にメンバー締め切って結成式。
●5月
GWに合宿(レッスン)。2泊3日インディゴ漬け。
ドリルが着々と届いて頭パンパン。
●6月
ひたすら練習あるのみ!
●7月
連休に合宿。ランスルー地獄。笑
地域のイベント本番が入ったりします。
●8月
虫と暑さとの戦い。
ホームである佐那河内村納涼祭でショーお披露目!
BBQが開かれたり開かれなかったり🍖
●9月
連休に合宿。衣装着てランスルー。
たまに地域のイベント本番あり。
●10月
マーチングフェスタin徳島、マーチングインオカヤマと怒涛の大会シーズン突入。
イベント本番が入ることもあり、毎週本番なんてシーズンもありました。
●11月
四国大会。(10月末の時もあり)
寒くなるけど半袖率高め。
合宿か集中練習(レッスン)あり。
●12月
全国大会。(前日練習あり)
ボウリング大会。大掃除。
●1月
演奏会に向けて動き始めます。
暗譜とドリル読み祭り開催。
●2月
ここ数年JOKERSさんの演奏会に出演させていただいています🍌
●3月
藍色コンサート開催。
シーズン納めます。

ざっっっっっくり書くとこんな感じです。
合宿は講師をお招きして2泊3日行います。
連休明けは筋肉痛が待ってます。でも楽しいからオッケー!
夏までは練習がメイン、秋から大会やイベントの本番がどんどん入ります。
全国大会後の約2ヶ月で演奏会のプログラムをぎゅっと詰め込むので
頭がパンク寸前になりますがフォローし合いながらみんな乗り越えています。
(わたしは何回かパンクしました。)





こんな感じでお金と時間をかけて
楽器を吹いて、叩いて、歩いて、走って
旗を振って、全身つかって踊って
インディゴゥズの一員として活動しています。

中学1年生〜社会人までと年齢層も幅広く
私も気付けば15歳年下の後輩ができてました。びっくり!
もちろん出身地も様々。
経験者もいれば未経験者もいます。
オーディションはなく、基本的に本人の希望を尊重します。
大事なのは『やってみたい!』という気持ちです。

参考になるかわかりませんが…
わたしは小学校でユーフォ、中学・高校でサックスと管楽器経験者で
見学もビューグルを何度か吹かせてもらいました。
でもバッテリー(歩きながら演奏する打楽器)にめちゃくちゃ興味があり
思い切ってバッテリーを選択。
知らないことだらけでしたが新鮮さと楽しさが勝ち、今まで続けています。





経験者でも今までやってきたスタイルを
インディゴゥズのスタイルに統一しなければいけないので
経験・未経験それぞれ苦労することがあります。
体力面や技術面など壁はたくさんでてくるかもしれませんが
出来るかどうかよりも自分がやりたいかどうかが一番大事です。

長ーーーく書きましたが
インディゴゥズをしていなければ出来なかった経験はあるし
出会えなかった人たちが沢山います!

動きがピタッと揃った瞬間、
難しいリズムが叩けた瞬間、
拍手や歓声を浴びた瞬間、
その一瞬が面白く楽しいんです。

感染対策を整えてメンバー一同お待ちしております。
今年はショーを作ります。大会にもエントリー予定です。
人数が全てではないけれど仲間が多いほうが心強いです。
ぜひ一緒に歩きましょう。
観客席で観るのもいいですがフロアからの景色はメンバーしか味わえません。


--------------------------------------------------------------------------

【4月 練習日】
○11日、18日、25日
○13時〜18時
○佐那河内小中学校体育館


見学にお越しの際は画像の内容をご一読の上、
TwitterのDMまたは画像に掲載の連絡先まで連絡をお願いします。





広報係・かんちゃん