高校を卒業する頃には、ちょっと自信のあった自分の料理。

 

それでも自分の料理が正解ではないのかもしれない……と思い始めた大学時代。

 

 

 

 

 

 

まあそれでも、学生です。卒業してからも自宅通勤。

 

毎日料理するわけではありません。

 

「一応料理は一通り出来るし、結婚しても出来るでしょ 👍🏼」と高を括っていた私。

 

 

結婚をして専業主婦になりました。(そういう時代でした)

 

毎日ご飯を作るようになりました。(それが当たり前の時代でした)

 

そこからが大変です。

 

 

先ず、レパートリーが少ない!

 

「煮物は家庭料理っぽくていいじゃない🎵」と思って、作るんですよ。

 

良いお嫁さんを目指して作るけれど、「あれ~⁈ この筑前煮、先週も作ってなかった❓」

 

料理の引き出しが少ないから、何度もリピートしちゃうんです。

 

しかも味が濃いので、すぐ飽きちゃって、たくさん食べられない。

 

 

自分の作った料理が美味しくないんです。

 

 

でも作っちゃったので、食べなくてはね。

 後片付けもしなくちゃね。

 

専業主婦なんだから当然です。(そういう時代です)

 

 

 

全然、食を楽しめない……。

 

 

自信があっただけに自己嫌悪。

 

全然なんとかなりませんでした。

 

 

 

自分の作った料理を美味しく食べたい❗️

 

家族に喜んでもらいたい❗️

 

でも、なるべく楽に作りたい‼️

 

 

 

 


この時のこの気持ちが、私の料理の原点になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だしの素・顆粒コンソメを使いまくっていた主婦が、伝統調味料研究家になったわけ③」へ、つづく……。