コウです。

 

この度「マジカルミライ2020楽曲コンテスト応募作品」として、

鏡音レンオリジナル楽曲「鏡とタンゴ」をピアプロに投稿いたしました。

(コンテスト規約により、結果発表のある5月頃までは他サイトなどへの投稿は一切不可となっておりますので、予定はございません)

 

※「マジカルミライ2020」とは!

→初音ミクや鏡音がMMDでライブをする歌って踊る夢の祭典。

グランプリに選ばれた楽曲は、関西と関東で大々的に行われる当イベント内で演奏されます。

 

 

―というところでまさかグランプリがとれるとは思っていないんですけど、

実はこの曲をこの形にするまで発想から約10年位の時間がかかりました。

 

今もまだまだだということは重々承知しているのですが・・・

(悔しくて寝てる間に泣きじゃくってる位のストレスを抱える程には・・・)

 

約10年前、初音ミクと出会ったことにより、自分の夢を叶えてくれるDTMを始め、

師匠の元で修行を開始し始めていた私の中にはたくさん作りたい曲がありました。

 

その中の一つに、「ミュージカルの悪役の歌といえばタンゴ」という私なりの答えがあり、

浮かんでいたのが中華か和風世界の、虎を引き連れたオネエ様系の男性の、嫌われ悪役のタンゴです。

彼は悪役なのでタンゴを踊るにも愛する人とは踊れません。愛されていないのだから。

相手をしてくれるのは相棒の虎位です。

 

その原案曲がこちら、初音ミクの「虎とタンゴ」です。

 

当時「舞台で虎とタンゴは無理だけどミュージカル映画ならどうにかなるだろ・・・」位に考えていましたが、

技術が進んだので今では映画は勿論、舞台もよくよく考えたら結構普通にいけそうですね。

 

ですが、聞いていただければお分かりの通り、当時の自分ではスキルがあまりにもなさすぎたし、

ボーカロイドも初音ミクしか持っていなかったので、男性に歌わせることはできませんでした。

そう、この曲は「この歌詞で」「男性が歌う」ことで完成します。

勿論女性が歌ってもよいのですけど。鏡の中はこちらと反対の世界だから、歌詞の意味も筋は通ります。

 

そして時は流れ、今回昨年の12月下旬から制作に入ったのがこの「鏡とタンゴ」になります。

 

本当に色々まだまだだし、もっと努力しなくちゃいけないことも分かっているんですが、

レンにこれを初めて歌わせることができた時は、「ようやく10年かけて形にしてあげることができた」と思いましたね。涙も出たよ。

 

MMDなら鏡とタンゴを踊らせることもできそうですねー。

舞台も・・・うん、できるな。予算はさておき。

まあ鏡音に歌わせてるので「鏡」の意味は他にもあるんですが・・・(MMDを作るとしたら間奏はリンちゃんと入れ替わって欲しい・・・!)。

 

 

ところでタンゴですが、書籍などにも書かれていますが娼婦のいる酒場などから生まれた音楽なので「悪」のイメージがあるジャンルになります(現代は、さておき)。

ダンスの面では、男性が女性を征服するように踊るとか。

今回このようなことをハスハスと興奮しながら調べたんですが、

バンドネオン(タンゴに使用される楽器)が「悪魔が発明した楽器」という情報が入ってきまして、

「悪魔が発明した楽器・・・カッコよすぎか!」と興奮しました。

(演奏が困難な為「悪魔が作った」といわれているそうです)

 

あとは、ミュージカルでは「悪役が憎めなくなるナンバー」なるものがいくつかあると思うんですけれども(代表曲ライオンキングの"The Madness of King Scar")、これもその枠に当てはまると思います。

彼が「愛されないから悪役になった」なのか、「悪役だから愛されない」のかは分かりませんが、まあ自由に皆想像しよう。

 

しかしレン君がオネエさんな楽曲って他にどの位あるのかしら・・・。

日本から、LGBTサポート曲としても捧げます。

Broadwayというか、アメリカはあんなにも違うのに、例えば今日本に"THE PROM"が来たらきっとチケットは売れないと思うから。

(いや、それとも逆にプロモーションすれば売れまくったりして・・・)

人は皆、自由に生きて幸せになるべきである。

 

 

そんな訳で愛しき私の鏡音レン曲でした。

ここまでご拝読いただきありがとうございました。

 

仕事の都合上、次回の鏡音リンレン制作に入れるのは秋頃を予定しています。

いやあ、本当はもっと作りたいなあ・・・。

 

 

ピアプロはこちら

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

 

「本ブログを再開します」と言った割に再開できていなかったコウです。

昨年観てきた作品の中でミュージカルNo.1が「ノートルダムの鐘」になり、

映画部門は数多のミュージカル映画を超えて「プロメア」が史上最高となりました。

 

さて、写真に載せましたがこの度10年ぶり位にボカロPとして戻って参りました。

何故って?

 

MMDでレン君に踊ってもらいたいからです。

 

とりあえずニコ動は批判見るのが嫌なのでピアプロに戻りました(クリエイターのサイトなので批判コメが見たところ少ない。そして現代のボカロ界がどうなっているかよく分かっていない)。

仕事で作れないようなミュージカル曲をリンレンに歌ってもらって夢叶えてもらおうかと思って。

 

そう、ボカロは自分プロデュースなので「こんな歌どこで使うんじゃ、誰が歌うねん!」とツッコミや批判が入る私の曲でも素直に歌ってくれるところが愛しいところです。

「何歌わすつもりじゃ」とお思いですか。大丈夫です。すべてミュージカルをイメージして作っただけの曲です。

 

実はミュージカル作曲家になろうと思ったきっかけは初音ミクだったので、

これから忙しくなるだろうけどボカロは趣味で続けていけたらいいなぁと思ったりしました。

 

今はまずDTMを始めたばかりの頃の初期のボカロ未発表曲たちをあげています。

今聞けばてんでダメだけど、1人でも好きだとか楽しい、カッコイイ、カワイイなど思ってもらえたら

それで良いと思ったので。

現在になってからの作品は1月末までにアップ予定です。

レッツ楽しむだけ!

 

 

2020もたくさんミュージカルの曲を作りたいと思います。

転んで、転んで、泣いて、抜かれて、それでも作りたいので作り続けますし、嫉妬してる暇があったらもっと勉強します。

 

 

そんな私ですが、なんとあの憧れのミュージカル指揮者塩田さんのオケ見学会に見事当選し、

直接お話を伺えるお年玉企画の大チャンスを新年早々いただきました!!

昨年実は塩田さんからお話を伺えたりするミュージカル見学会や懇親会が存在することを知ったのですが、

時既に遅しで終わってまして・・・(しかも日にちがMIDI検定とかぶっててどのみち行けなかった)

懇親会て・・・すっごく苦手だけどお話できたらどんなパラダイスだ・・・。

 

 

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 


浅利渓太追悼公演『エビータ』。

本当は休みの日に見に行こうとしていたのですが、

もたもたしてたらギリギリでチケットが売り切れちゃいまして、

仕方なく仕事帰りの日にチケット購入。

府中の森芸術劇場でした。

 

浅利慶太先生の追悼公演は、ジーザスクライストも見てみたかったのですが行けず、

かつエビータは友人がNYでドはまりしていたのもあり、

以前映画で挑戦したこともあったのですがオープニングで意識が途絶える(寝た)ということもあり、

満を持しての再挑戦でした。


歌って踊ってコメディでハッピーエンド!

なミュージカルが大好きな私にとって

果たしてエビータはどうなるか。




キャスト、何とチェに飯田洋輔さん!!(壁抜け男のDVDの人)。

ところがどっこい、後方の席を買っていたので顔は全然見えず、

更に言うと歌い方も壁抜けの時とは全然違い飯田さんぽさは感じられなかったです。これが役者だ クラッカー

 

全体の感想を言いますと、

ところどころ「ああこれエビータの曲だったんだな」と思うナンバーはあれど、

そこまで私の心を躍らせるようなダンスナンバーはありませんでした(ブエノスアイレス位かな・・・)。

歌って説明する系が多いからかな。

 

あとは、舞台の構造や魅せ方、照明、俳優の衣装を見ていてとにかく浅利渓太さを感じておりました。

「浅利先生の舞台だなぁ・・・」と懐かしみ、李香蘭や思い出を売る男など、今まで観劇させていただいた様々な作品が頭をよぎりました。

 

エビータのような強い女性は大好きなのですが、なんですかね、私はジブリのような「生きる力」のある強い女性が好きなんですかね。

エビータの成り上がりさには共感を得つつも、何となく後半弱っていく彼女を見てそこまで共感できなかったり。。

 

個人的なベストシーンは最初のエビータとお姉さんたちが最初の獲物の彼によってたかる、同時にキレイにウォーキングしていくシーンでした。キレイだったなあ。


 

そして今回、他のお客さんも言っていたのが小耳に入ったのですが、

音響があまり良くなかったようですね。

でも、歌は勿論四季クオリティ、プロでしたよ。

専用劇場でやることのメリットも感じた一面もありました。

 

しかし、周りのお客さんが怖かったです・・・。

皆観劇慣れし過ぎてるのか、もっと楽しんでもいいのにな・・・・とインターバル中1人でロビーをウロウロしながら他人の話に耳を傾けていた私は思いました。

(そして知り合いに出会ってしまった)

 皆、期待は高いのは分かるがもっとる楽しんでも良いと思うのだがな。



 

余談ですがこの日、観劇直前にTVのニュースに出る程の豪雨がこの地域を襲い、

絶対に到着を間に合わせる為10分駅から駅へと歩いていた私は見事豪雨に巻き込まれ、

びしょ濡れ状態での観劇となりました。

仕方がないが、寒かった・・・。

 

 

それにしてもあの浅利慶太演出の舞台は、斜め前に舞台が向いてるように見えたけど、

俳優さん落ちないのかな?(アホな質問してますかね?)

エビータが「アルゼンチンよ泣かないで」でせり上がった時ヒヤヒヤしながら観てまして。


これは、ブロードウェイ版だとどうなるんでしょうね。なんか、このエビータに対する私の観劇の仕方はまだまだ浅すぎる気がする!




かなり余談ですが、

私の作曲作業用パソコンの横には浅利慶太先生が亡くなられた日の新聞が立て掛けてありまして、

いつも励まして頂いています。

一度だけ、お言葉を交わしたことがありましたが

その日のことを今後忘れることはありません。

数々の作品から頂いたものを受け継いで、

今後のミュージカルの発展へ尽力したいと

いつも思っております。


ご冥福を心よりお祈り申し上げます。