新潟の 子宝 不妊治療 専門| 西山薬局・西山鍼灸院

東洋医学の二本柱漢方と鍼灸。最後の砦じゃありませんよ。養生も得意分野です。アナタのライフスタイルに取り入れたら、もっと今が快適になるはず。少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです。
新潟で不妊症を抱えた方をケアする漢方専門薬局・鍼灸院です。

NEW !
テーマ:

 強面の不妊カウンセラー梅安こと西條信義です。

 

アイドルグループ・モーニング娘。の元メンバーでタレントの保田圭さんが今年1月7日に男の子を出産されました。

 

保田さんは2013年に結婚。

2014年に妊活をしていると報道がありました。

 

ネット上ではアンチも存在し、残念に思いましたけど、不妊治療を経て無事に妊娠~ご出産されたようでよかったですね。

 

人の幸せを素直に喜べないなんて、心が貧しい人間です。

 

 

緑の漢方「松寿仙(しょうじゅせん)」で有名な和漢薬のカポニー産業が発刊している「主治医」という小冊子3月号のインタビューです。

 

毎月、著名人をゲストに招いて対談スタイルの記事を掲載しているのですが、過去には扇千景さんなど高齢世代ばかりで・・・

購読者層もかなり渋いです(笑)

 

臨月のお腹で対談されている保田さんの記事が5ページに渡り掲載されております。

 

タイトルは「妊活はまず 体を温めることから」

 

 

日本人は一年中、体を冷やしている人ばかりです。

世界中探しても、こんなに冷やしている人が多い国なんて珍しい・・・。

 

外食すれば、冬でも「冷水」は黙っていても出てくる。

刺身や生野菜は体を冷やすのに冬でも食べますよね?

 

「体を冷やす白砂糖」たっぷりの甘いものはやめられないし、ほとんどの製品に含まれる。

 

最近の悪い習慣は「冬のアイス」。

ボクは健康を害するので「お店で見ないようにしてください!!」ってお客さんに啓蒙活動をしております。

 

信じられないことに21世紀になっても戦後の古い栄養学を手本にしている義務教育小中学校では冷えた牛乳が毎日給食で提供されるし、基本的に小麦は「涼性(りょうせい)」といって体を冷やす性質なのです。

 

初夏に収穫される作物は暑い夏を涼しく過ごすように体を冷やすものです。

茄子、キュウリ、トマト、レタス・・・夏野菜系と小麦はセットで考えましょう。

 

 

小麦をメインとしたメニューばかりではなく、色々な食材をまんべんなく食べるようにしましょうね。

 

人には自然が薬です。

旬のものを食べるということは意味があるのです。

 

 

「主治医3月号」

あと数冊在庫がございます。

必要であれば薬局店頭・鍼灸院にご来店の際、声をかけてくださいね。

 

 

子宮内膜症を克服し女の子を出産した元アイドル松浦亜弥さん。

保田圭さんとは同じつんくプロデュースの「ハロー!プロジェクト」の一員として一緒に活動した仲です。

 

 

 

可愛い赤ちゃんをアナタに。

 

 

 

アカウント名:漢方薬の西山薬局

 LINE@ID:@kanpou2480

  友だち追加

 

●不妊カウンセラー梅安の妊活セミナー【最新スケジュール】

 

◆女性不妊について

 

◆男性不妊について

 

◆ダイエットご希望の方へ

 

◆初めての方へ

 

◆漢方の西山薬局


◆西山薬局鍼灸院


◆アクセス

子宝・不妊・不育症のご相談は

新潟市中央区本町通四番町 漢方相談薬局西山薬局で承ります。
JR新潟駅からタクシーで5分
新々バイパス桜木ICから車で5分
駐車場2台あり
新潟交通バス附船町線「本町通五番町」徒歩0分

ご相談のご予約・お問い合わせは 025-222-8375 まで
営業時間 10時~19時(土曜は17時まで)

定休日 日・祭 
出張や看護学校の講義などで不在となる場合もあります。必ずお電話でご予約ください。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

強面の不妊カウンセラー 梅安(ばいあん)です。

 

 

先日のバレンタインデー。

お客様からチョコレートを3つ、そして桜餅をいただきました。

また、今週も「遅くなりましたけど」ってT様からチョコレートをいただきました。

 

糖質制限中ですが、主食をセーブして食後のデザートでいただくことにします。

ありがとうございました!!

 

 

PCO多嚢胞性卵巣~IVFを経て二人目は自然妊娠

 

1月は6名、今月は3人の妊娠報告をいただいております。

 

ちょっと過去ネタなのですが、ボクが一番ビックリした症例をご紹介します。

 

初回ご来店は平成25年。

関東から新潟に嫁いだ方です。

 

ご来店いただいた時に月経周期が長く、生理で出血しても「コールタールのように黒い」と伺い子宮内膜環境がかなり悪いことが想像できました。

 

主治医からも「採卵できても内膜が整わないと戻せない」とのこと。

 

1年かけて体調を整えてからの体外受精。

当時、34歳という微妙な年齢でしたが初めての体外受精ですぐに妊娠。

そして妊娠後も漢方薬で体調を調え出産。

あれから3年になりますかね。

 

産後も漢方薬を続けて、セルフお灸で体調を整えてきました。

食事もジャンクフードはすべてやめて、無添加に拘りなるべく手間暇かけて料理をしてきました。

 

2年前に断乳され、初の生理周期を終えたばかりの頃

「自然妊娠したみたいなんですぅ~!!」って、お電話いただきました。

 

ボクは「二人目もIVFなんだろうな~(受精卵凍結したし)」って、勝手に決めつけていたのですが反省ですね。

 

PCOがネックでお一人目をIVFで妊娠~出産。

凍結卵もまだあるのですが、体質改善してお二人目を自然妊娠。

 

たまに、そういった話しも聞くことがありましたが、まさかボクのお客様で不妊治療を経て二人目を自然妊娠されるなんて・・・。

奇跡です。

 

 

M様から産後に頂いたお手紙を読みました動画です。

漢方を飲んでみて身体がどのように変わってきたのか詳しく書いてくださいました。

 

 

産後頂いたお手紙にもありましたが、第二子まで考えて産後の養生に漢方薬を選んで本当によかったですね。


ちなみに、昨年無事に第二子を出産されました。


 

 

可愛い赤ちゃんをアナタに。

 

 

アカウント名:漢方薬の西山薬局

 LINE@ID:@kanpou2480

  友だち追加

 

●不妊カウンセラー梅安の妊活セミナー【最新スケジュール】

 

◆女性不妊について

 

◆男性不妊について

 

◆ダイエットご希望の方へ

 

◆初めての方へ

 

◆漢方の西山薬局


◆西山薬局鍼灸院


◆アクセス

子宝・不妊・不育症のご相談は

新潟市中央区本町通四番町 漢方相談薬局西山薬局で承ります。
JR新潟駅からタクシーで5分
新々バイパス桜木ICから車で5分
駐車場2台あり
新潟交通バス附船町線「本町通五番町」徒歩0分

ご相談のご予約・お問い合わせは 025-222-8375 まで
営業時間 10時~19時(土曜は17時まで)

定休日 日・祭 
出張や看護学校の講義などで不在となる場合もあります。必ずお電話でご予約ください。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 強面の不妊カウンセラー梅安こと西條信義です。

 

本日は男性のお話です。

 

加齢とともに精液中の男性ホルモンも低下。

妊孕性(にんようせい)も同時に低下し、男性だって加齢とともにパートナーの妊娠率を下げることになります。

 

※図:日経goody2017/11/1コラムより

 

男性ホルモン「テストステロン」は筋肉や性機能だけに関係するのではなく、集中力や正義感など高次的な精神機能にも関係するといいます。

テストステロンの量を調べるには血液や唾液が一般的ですが、実は「精液中には血液の10倍以上も高濃度のテストステロンが含まれている」そうです。

 

若い世代だと生殖能力は安心なのか?

 

実はそんなこともないようです。

今から7年前、こんな報道がありました。

 

「1mlあたりの精子の数 40代は8400万個、20代は4600万個」

 

信じられないかもしれませんが、帝京大学医学部の研究によると20代男性の精子数は、40代前後にくらべて半数ほどしかなく、1ミリリットルあたりの平均精子数が40代は8400万個、20代は4600万個という数値が出たとのこと。

 

20代の方が多くて、40代は少ないとイメージしていませんでしたか?
 

 

しかも、このような結果は日本国内だけではなく、デンマークの医師も40代7800万個、20代4580万個と、日本と変わらない数値を発表。

 

20年間で、3200万~3800万個の精子が減少したことになります。

偶然の一致なわけないでしょうね。

 

 

男性力を下げたのは何が原因なのか?

厚労省は「仮説の段階だ」として規制に乗り出してはいないようです。

 

しかし、専門家によると学校給食、インスタントラーメンのカップ容器、水道水・・・。

さらに広範囲に若者の食生活から検出される環境ホルモン=内分泌かく乱物質が、今の不妊や少子化にいたる原因ではないかといいます。
 

環境ホルモン(内分泌かく乱物質)は人類の営みによって環境中に存在する化学物質で、人をはじめとする動物のホルモン作用に影響を及ぼすものです。


 

例えば、アレルギー子宮内膜症不妊(男女)乳癌発達障害などは内分泌攪乱作用に起因すると懸念される悪影響による疾病とされています。

 

 

 

環境ホルモン(内分泌かく乱物質)から身を守る

 

環境ホルモン(内分泌かく乱物質)は経口、気道、皮膚などから体に入りますが、特殊な作業に従事していない限り、主に食物を通しての暴露に気を付ければ良いとされています。

 


環境ホルモンというキーワード、日本では1998年5月に環境庁(当時)が発表した「環境ホルモン戦略計画 SPEED '98」にて、「内分泌攪乱作用を有すると疑われる化学物質」67物質をリストしたことにより、強い不安感が高まり、一気にメディアに「環境ホルモン」の言葉が登場するようになったそうです。

 

1990年代といえば、20代の男性が生まれた頃。

今、40代の男性は1970年代生まれです。

 

私達の生活が豊かになった一方、失ってしまったものもあるということなのでしょうか。

 

 

なるべく、インスタントやレトルト、加工食品に頼らず手間暇かけて料理して食事を摂るようにしましょうね。

 

 

可愛い赤ちゃんをアナタに。

 

アカウント名:漢方薬の西山薬局

 LINE@ID:@kanpou2480

  友だち追加

 

●不妊カウンセラー梅安の妊活セミナー【最新スケジュール】

 

◆女性不妊について

 

◆男性不妊について

 

◆ダイエットご希望の方へ

 

◆初めての方へ

 

◆漢方の西山薬局


◆西山薬局鍼灸院


◆アクセス

子宝・不妊・不育症のご相談は

新潟市中央区本町通四番町 漢方相談薬局西山薬局で承ります。
JR新潟駅からタクシーで5分
新々バイパス桜木ICから車で5分
駐車場2台あり
新潟交通バス附船町線「本町通五番町」徒歩0分

ご相談のご予約・お問い合わせは 025-222-8375 まで
営業時間 10時~19時(土曜は17時まで)

定休日 日・祭 
出張や看護学校の講義などで不在となる場合もあります。必ずお電話でご予約ください。

いいね!した人  |  コメント(0)