【内容】コピーライトAmazon

仕事も人生もうまくいく秘訣は

つまるところ、人と人との間の

“見えない空気”を気持ちのよい

ものにすること。


それが、仕事の枠を広げ、

成果と評価を高め、

お金も幸せも運んできてくれる


相手のことを考えた「気くばり」

が、自分自身に大きなメリットを

連れて帰ってくる


そんな実践法があるのです



【感想】

「気くばり」、「空気を読む」

とかく日本人は周囲との調和を

重んじる国民性のため、

このような振る舞いを推奨します



この本には我が国における

社会人として振る舞うべき

お手本のような事例を、

『気くばり』という切り口で

(言葉を使って)載せています


自分に欠けている点があると

思えば、この本を参考にして、

部分的に補えばよいでしょう



他方、人は十人十色


思考や感受性は各々異なります


例え「気くばり」して振る舞っても

“お手本”のように受け取られる

とは限りません



では、どうすればよいのか!?



試験のような正解はないのです



本書にある“お手本”(=一般的

によいと考えられている言動)を

ただトレースするのではなく、


「こちらがこうアクションしたら、

 目の前の相手はどのように

 感じ取るだろう?


と、ケースバイケースで想像

(=自分なりに先読み)すべき

ではないかと考えます



ちなみにディズニーのキャストは

日頃からこのように教育されて

いると聞きます


コピーライトお仕事発見 T-SITE 様


ぼく自身そうなのですが、

日頃、いかに何も考えずに

言動していることが多いことか!?


常々、頭を働かせておかないと

早々にボケてしまう恐れもある

ので要注意です注意




※空気は元来読むものではなく
 呼吸したりタイヤに入れたり
 するものだと思われる方は
 クリックしていただけると
 励みになります!!

読書日記ランキング