今日のいなり寿司。
関ヶ原から東は、俵型のいなり寿司が多く、しゃりには基本的に具材を入れない。
入れたとしても酢蓮根や胡麻。クルミを入れ始めたのも最近の話しだ。

そして、味の表現を東の俵型は『甘じょっぱい』と表現する。
ちなみに、西のいなり寿司は三角形が多く、しゃりは五目。
油揚げは出汁の味と油揚げの味を感じる薄味となる。

そんな俵型のいなり寿司の中で、こちら押上の『味吟』さんは珍しく
しゃりに昆布、にんじん、ごぼうなどの千切りを入れた五目系。
北東京スタイルと私は呼んでいるが、北千住や三ノ輪の『まつむら』さんも同じだ。

味吟さんの良さは、味のバランス。
油揚げが甘すぎると、中に具材入りはくどい。やや醤油勝ちで絶妙な味加減である。
同じ味吟で、高砂にある弟さんの店は、醤油が強すぎるから
どうしても押上ばかりになる。

そして接客が気持ちいい。これもかなり味に影響している。
先の高砂店は、淡々としていて味気ないが押上は明るく丁寧。
高砂も頑張って欲しいものだ。