最近なかなか眠れないのは、
疲れ?それともブルーライト?の影響かもしれません。


デスクワークが多い人やスマートフォン操作の
時間が長い人は、特に要注意です。

日々、知らず知らずのうちに浴びてしまっている
ブルーライトのせいで、

睡眠障害を起こしてしまう人もいます。

 

そうなる前に、

ブルーライト対策を始めなければいけません。

 

今回は、

ブルーライトと睡眠の関係性についてお話しします。


☆ブルーライトとは?

ブルーライトとは、
パソコンやスマートフォン、液晶テレビなどの
スクリーンから発せられる

強いエネルギーを持つ光です。

 

ブルーライトの波長は380~500nm(ナノメートル)あり、
色は青色で、強いエネルギーにより、

 

目の場合は角膜や水晶体では吸収されずに
網膜まで到達すると言われています

 

 

パソコンやスマートフォンの使用で
視力が低下した人が多いですが、

 

ブルーライトの影響も大いにあると
考えられています。

 

☆ブルーライトで睡眠時間が短くなる?

 

ブルーライトで視力が低下するどころか、
睡眠のリズムにまで影響が出るケースも
あります。

 

ブルーライトに関しては、
いろんな団体が実験を重ねていますが、

 

中でも杏林大学医学部の古賀良彦教授が
行なった実験では、

 

ブルーライトを浴びている日と
浴びていない日では、

 

睡眠時間の長さが違うという結果が
出ています。

 

その実験では、

20代の女性にブルーライトを

 

約50%カットできる眼鏡をして

スマートフォン操作をする日と、

 

ブルーカット機能がついていない眼鏡で

スマートフォン操作をする日を用意し、

 

それぞれの睡眠時間を測定しました。

 

すると、

 

実験を続けて4日目にブルーライト機能が
ついていない眼鏡で

 

スマートフォン操作をした日の方が
睡眠時間が短くなり、

眠りも浅くなったという結果が出ています。

 

☆ブルーライトで睡眠のリズムが狂うメカニズム

ブルーライトが目に入ると、
ガングリオンセルという視細胞で光が感知されて、

脳の視床下部の視交叉上核というところに情報が
伝達されます。

 

視交叉上核は体内時計の重要な中枢なので、

ブルーライトで刺激され続けることで、
働きが弱ってきてしまいます。

 

さらに、

 

睡眠を促すメラトニンというホルモンを作る
松果体という場所にもブルーライトの情報が伝わり、

 

それが日中の太陽の光だと判断されて、

夜にブルーライトを浴びると、

 

なかなか眠れなくなるという現象が起こります。

 

ブルーライトは浴び続けたり、


夜に浴びすぎると、

睡眠時間を狂わせる危険な光ですが、

 

ブルーライトカット機能がついた
眼鏡やシートを使えば、うまく対策できます。

まずは、ブルーライトと睡眠の関係を知って、
少しずつ対策をしていきましょう。