愛LOVEもりおか~徒然日記~

愛LOVEもりおか~徒然日記~

盛岡市の街並み変遷・ランチ食べ歩き・ドライブレコーダー映像・ドローン空撮 ほか

2020年10月25(日)
2020年10月24日の記事「初訪!NSPメモリアルスポットで思いを馳せる」の続きです。
 
ラジオCMで時々耳にする”農家レストラン さん食亭”、ここは今でもランチバイキングをやっている事をあらかじめ確認済。一関市でNSPメモリアルスポットを見た後、北上市まで高速飛ばして訪れました。余談ですが、数年前に北上駅前のホテルメッツ1階の”さん食亭”でバイキングした事がありましたが、今は無いそうです。
 
北上市郊外の高台に”さん食亭”がありました。日曜日のお昼過ぎ、空席待ちができていて、名前を記入して待つこと10分、ラッキーな事に窓際の席に案内されました。
 
ほとんどが地元テレビ局の取材で訪れたお馴染みのアナウンサー。中には既に退社したアナウンサーの名前も。
 
高台に建つさん食亭は北上市街を見下ろします。窓際の席でラッキーだったのはこのためです。店内が暗いのは撮影が下手なためで、実際は普通に明るいです。
 
地産地消の野菜中心のヘルシーメニューがメイン。バイキングとはいえ全て小分けにされているのはコロナ対策でしょうね。自分で取り分けるのはカレーライスとドリンクのみ。
 
コロナ対策なので仕方ないけど、やはりこれではバイキングの醍醐味は半減します。それにしても食器の種類の何と多い事か。全て違う食器です。
 
デザートの種類は少ないけど、ドリンクバーも付いて1100円はお得感高い。
 
最後にポチッ!→ 

撮影日 2020年10月18日

Photo by SONY Xperia XZ SOV39

2020年10月24(土)

 

2020年10月21日の記事「高清水展望台 幻想的な雲海に感動!」

2020年10月23日の記事「高清水展望台 幻想的な雲海に感動!その2」の続きです。

 

一関高専の同級生3人で結成したフォークグループ”NSP”、特別にファンだったわけではないけれど、IBCラジオでよく聴いていて、地元歌手という事もあって親しみを感じていました。そのメモリアルスポットが2019年7月01日に設置され、一度行ってみたいとずっと思っていました。

 

遠野市の高清水展望台で雲海を見たあと、一関市までクルマを走らせました。

 

一関市中心部からも近い、磐井川の堤防にそれはありました。初めて来ましたが、散歩やジョギングするには最高のロケーションですね。このベンチに座って栗駒山や磐井川堤防の景色を眺め、目の前の歌詞に目をやり思いを馳せました。

 

NSPの代表曲”夕暮れ時はさびしそう”はこの堤防が舞台となっているそうです。

 

この曲は一ノ関駅の発車メロディーにもなっています。このメモリアルスポットでも夕方にメロディーが流れるようで、できれば聴いてみたかったですね。天野さんが逝ってもう15年、合掌。

↑クリックで拡大します

ここから徒歩数分の所に、釣山公園があります。せっかくだから公園内を散策、今回初訪で一関市中心部を見下ろす事もできました。

 
 
 

↑クリックで拡大します

遠野市から一関市へ向かう途中、道の駅 平泉に立ち寄り、道の駅スタンプラリーのスタンプをGETしました。スタンプ台のインクが金色!平泉っぽいけど、金色のスタンプ台がある事に驚きました。

 

ここのレストランでランチバイキング(土日祝)を何度か利用した事があります。

2019年6月05日の記事「IBCラジオ平泉ウォークに参加その2」

 

この日は日曜日でしたが、コロナのため休止してるとの貼り紙が。バイキングをやめたお店がここにもありました。実はこの日はあるお店でランチバイキングを計画していました。これからそこへ直行したいと思います。

明日に続きます。

最後にポチッ!→ 

撮影日 2020年10月18日

Photos by CANON EOS80D

2020年10月23(金)

 

遠野市の高清水展望台、前日の晩から車中泊までして出会えた雲海、本当に素晴らしい。展望台近くのパラグライダー・テイクアウト場も撮影ポイントです。実は空撮も目論んでいましたが、クルマや人のあまりの多さに諦めました。写真は全てクリックで拡大します。

 

本当は雲海が消えた遠野市街の写真も撮りたかったけど、完全に消えるにはお昼近くまでかかりそうなので断念。下山途中や遠野市街は、当然ですがすっかりガスガスでした。

 

雲海の北東方向には風力発電所が見えました。

 

雲海は遠野市街を覆うだけでなく、かなり広範囲に広がっている様子が分かります。

 

地元の方によれば、この日は雲海が低かったらしい。展望台の直下まで迫っている超迫力の日もある一方、展望台の高さを覆い尽くす事もあるそう。その場合は当然、雲海は望めません。

 

展望台の後ろに10台分の駐車場がありますが、この日はほとんどが遠くに路駐状態。ここへのアクセスは対向車が来ない事を祈りながらの狭いグネグネ道路を約10㎞となかなか厳しい。途中でシカとタヌキと牛を見ました。

田植え前の水田に水を張ると盆地全体が鏡の様になるらしい。そして早苗が植えられた時、夏の深緑、稲刈り前の秋など、季節毎に訪れてみたいです。

 

雲海を堪能した帰り、道の駅のスタンプをまたひとつGET!しました。

 

道の駅 遠野風の丘は大規模な改修工事中、プレハブの仮店舗で営業していました。

明日に続きます。

最後にポチッ!→ 

撮影日 2020年10月18日

Photos by CANON EOS80D

2020年10月22(木)

 

2020年8月29日の記事「与の字橋が9月01日から終日通行止に」

2020年9月02日の記事「与の字橋の通行止が始まりました」のその後です。

 

2020年9月01日から通行止が続いている与の字橋です。改修工事が行われていた車道部分に新しいアスファルトが敷かれ、白線も引いてありました。

 

どうやら明日10月23日に通行止が解除される様です。当初の計画では10月いっぱいでしたが、1週間早まった事になります。これでラッシュアワーの上の橋や中の橋の混雑が幾分解消されるでしょう。

 

余談ですが・・・、

与の字橋の下の河川敷に、この時期の恒例になった”サケのぼり”が今年も風になびいていました。鮭の遡上は盛岡の秋の風物詩ですもんね。

最後にポチッ!→ 

撮影日 2020年10月21日

Photo by SONY Xperia XZ SOV39

2020年10月21(水)

遠野市松崎町光興寺にある高清水展望台(標高797m)は遠野盆地や周辺の山並みを見渡せる絶景ポイントです。ここに僕が初めて訪れたのは今から9年前、映画の宣伝用パンフやポスターに使う写真の撮影スタッフと、盛岡、遠野、雫石などのロケ地を4日間に渡ってお伴した時でした。

2012年5月10日の記事「愛しの座敷わらし@ルミエール」

 

あれから改めてプライベートで行ってみたいと思い続けて9年、ようやく行くことができました。季節それぞれの絶景が堪能できるのですが、今回は一面に広がる雲海の絶景を見る事です。

 

雲海の発生は早朝に放射冷却が起きるなど、気象条件が整った時しか現れない。決行日の前日の晩に出発し22時に現着、車中泊して夜明けを待ちました。

 

夜が明け始めた午前5時前、クルマを降りると多くの人の姿。夕べ来た時はまだ2台だけだったのに・・・。絶景ポイントにはカメラの三脚が並んでいました。

 

初めて見る、眼下に広がる一面の雲海、凄い!写真左端の東屋が展望台なんだけど、広角で撮れば柱が写るので、展望台の外で撮る人がほとんど。日の出まであともう少し。

 

この日の日の出時刻5時46分になりました。朝日は山並みに隠れている。

 

間もなくご来光、期待が膨らみます。

 

日曜日であることも手伝ってか、ご来光を待つ人は100名以上居ましたね。早く来て良かった。10台分しかない駐車場に停められないほとんどのクルマは、離れた所でのり面に乗り上げて路上駐車ですから。

 

ついに朝日が昇りました。一番高い山は遠野三山のひとつ”六角牛山(ろっこうしさん)”。右端の台地は五葉山です。気分は富士山頂のご来光(笑!)。

 

陽が昇り、雲海にも陽射しが当たる様になりました。気象条件が整わなければ現れない雲海、前日深夜から遥々訪れたので、素晴らしい雲海に出会えて本当に良かった。 明日に続きます。

↑クリックで拡大します

最後にポチッ!→ 

撮影日 2020年10月18日

Photos by CANON EOS80D

2020年10月20(火)
 
このお店は2018年4月24日にオープンしたので僅か1年6カ月での閉店です。

 
僕個人的には、モリーオキッチン(フードコート)のお店としては1000円~2000円台の価格は高過ぎで、、600円~800円台が納得ラインだと思っています。

最後にポチッ!→ 

撮影日 2020年10月19日

Photo by SONY Xperia XZ SOV39

”うしちゃんグリル”の前は”いろからplus”でした。
イメージ 1
 
オープン直後に一度だけ利用した事がありました。
イメージ 3
撮影日 2015年09月23日
更に”いろからplus”の前は”ベッパーランチ”と、いずれもお肉つながりのお店ですね。
次に何のお店が入るか注目しています。
最後にポチッ!→ 
2020年10月19(月)
2020年10月15日の記事「ランパス盛岡版Vol.20 ”盛の食卓”」のその後です。
 
ランパス盛岡版Vol.20の3店目”遠野屋都南店”、盛岡市三本柳にあります。今年7月にランパス利用して以来2度目です。
開店直後に行きましたが、もう席が半分以上埋まっていて、なかなか人気高い様です。

 

ランパスメニューは”上ラム定食(肩ロース)+ ドリンクバー”で、前回と同じです。

 

メニューのタイトルにはありませんが、サラダバーも付いているし、ライスお代わり無料です。

 

ジンギスカンは周りに野菜、真ん中でお肉を焼くものだそうです。肉を裏返すのは1回だけで、レアで食べるのが柔らかくていいと思います。お昼からジンギスカンでプチ贅沢な気分。〆はホットコーヒーで、支払いはPayPayキャッシュレスでスマートに決済。お腹も懐も満足なランチ、1日10食限定なので早めに行った方がいいです。

↑クリックで拡大します

最後にポチッ!→ 

撮影日 2020年10月04日

Photo by SONY Xperia XZ SOV39

2020年10月18(日)

お昼頃にマリオス展望室に行ってみたら誰~も居ない。いつも必ず誰かは居るものだけど、スカイメトロ閉店の影響もあるのかな?

↑クリックで拡大します

ホテルリッチモンドは全貌を現しています。ホワイト基調にブラックのアクセント。マリオス展望室から盛岡駅越しに見降ろせます。今年中にオープンする様です。

↑クリックで拡大します

 

駅の真正面という立地に賛否ある様ですが、低層階に入る商業施設が何なのか。ローソンが移転してくるという情報も。

↑クリックで拡大します

ホテルリッチモンドに関する過去記事をまとめてみました。

2018年12月04日の記事「盛岡駅前の変遷から目が離せない」

2020年08月08日の記事「盛岡駅前 ホテルリッチモンドのOPENはいつ?」

 

マリオス展望室から西側に目を向けると、テレビCMでも流れている”ザ・ファーストシティ盛岡駅西通”が徐々に高さを増している。現在地上11階まで来ている様です。

”ザ・ファーストシティ盛岡駅西通”に関する過去記事をまとめてみました。

2019年02月01日の記事「マリオス裏の空き地の活用法は?」

2019年03月12日の記事「マリオス裏の空き地に15階建てマンション」

2019年06月30日の記事「マリオス裏にザ・ファーストシティ盛岡駅西通 15階建てマンション」

2019年07月16日の記事「盛岡駅周辺は大型建築ラッシュ」

2019年11月26日の記事「ザ・ファーストシティ盛岡駅西通 建築中」

2020年03月16日の記事「マリオス展望室から盛岡駅周辺を見降ろす」

2020年05月28日の記事「久し振りにマリオス展望室からの展望」

 

最後にポチッ!→ 

撮影日 2020年10月11日

Photos by CANON EOS80D

2020年10月17(土)

八幡平の紅葉が見頃になると、ひとっ走りドライブに出かけたくなります。八幡平アスピーテラインのゲート手前、写真の旧松尾鉱山跡付近でも既に紅葉が進んでいます。

 

このあと頂上散策し八幡平樹海ラインを降りて来る予定でしたが、御在所辺りでガスがかかり始め雨粒も落ちて来たので、戻って松川温泉付近に移動。

 

紅葉スポットの定番”森の大橋”です。紅葉した松川渓谷を流れる松川はここで撮るお決まりの構図。今回は森の大橋を反対側から見降ろす構図に挑戦しました。

最後にポチッ!→ 

撮影日 2020年10月15日

Photo by SONY Xperia XZ SOV39

松川渓谷を流れる松川の河川敷に降りて空撮しました。一面に広がる紅葉は圧巻で一段と迫力増します。白いビルは八幡平ロイヤルホテルです。

 

機体を後方に下げて広い範囲を撮ってみました。

 

更に後方に下げれば岩手山も同時に入る構図になります。ちょうど陽射しが雲に隠れたタイミングで、暗い写真になってしまいました。いつもと違った角度から見れば見慣れた場所でも新鮮に思えるものです。

↑クリックで拡大します

昨年ここを訪ねた際のブログ記事です。

2019年10月22日の記事「空撮!松川大橋で初めてのスリーショット」

2019年10月23日の記事「空撮!紅葉マックスの松川渓谷」

2019年10月24日の記事「空撮!八幡平 松川渓谷(動画)」

 

昨年ここで撮った動画を再掲します。

 

帰宅する途中、八幡平市の”道の駅にしね”に立ち寄り、またひとつスタンプGET!しました。

最後にポチッ!→ 

撮影日 2020年10月15

Photos by Dji Mavic Mini

2020年10月16(金)

2020年10月04日の記事「閉店!バイキングレストランがまたひとつ」のその後です。

 

前潟イオン1階おあげんせ通りのバイキングレストラン”プレシャスビュッフェ”が先月末で閉店しましたが、後継店舗のお知らせと求人広告が貼ってありました。

 

”ケンタッキーフライドチキン”と、”Pizza Hat”の2店の様です。ケンタッキーフライドチキンはかつて、前潟イオン2階フードコート(現在の”モリーオキッチン”)内にありました、現在の”いきなりステーキ”の所ですね。数年のブランクの末、1階に戻ってくる様です。

 

下写真がかつて2階にあった時の写真とブログ記事です。

2013年7月11日の記事「ケンタッキーでチキン食べ放題」

イメージ 1

 

もう一店が”PizzaHut”で県内初出店。ケンタとPizzaHutは同一チェーン展開していて、今回の様に同じ場所で店舗展開している事が多いんだとか。”PizzaHut”はテイクアウトorデリバリー専門だと思っていましたが、イートインもできるんですかね?

上写真は”プレシャスビュッフェ”閉店の小さなお知らせの脇で”ComingSoon”の大きな広告。僕個人的にはバイキングレストランでなかったのが残念です。

↑クリックで拡大します

最後にポチッ!→ 

撮影日 2020年10月15日

Photo by SONY Xperia XZ SOV39