イムス三芳総合病院のブログ

イムス三芳総合病院のブログ

イムス三芳総合病院スタッフによるブログです。
スタッフ日記、施設情報などをご紹介していきます。

7月20日(土)

埼玉南西部エリアの

IMSグループのリハビリテーション部門があつまり、

「合同就職説明・相談会」を行います!!

 

 

 

病院 施設見学 病院までご希望される方は、

前日までにご予約いただければ、

キラキラ合わせて施設見学キラキラも可能ですニコニコ

 

当日は、1~3年目の若いスタッフも参加するので、

就職活動の大事なポイント乙女のトキメキ

現場の雰囲気乙女のトキメキ

実際入ってどうだったか乙女のトキメキなども聞けちゃいます。

 

詳細は、下記のポスターをご覧くださいニコニコ

 

 

今回の合同就職説明・相談会に参加すると、

急性期から生活期までの施設の魅力を知ることができます。

病院選びの参考にするにもピッタリです。

 

この機会に、ぜひお話しを聞きにきてはいかがでしょうか。

ご参加、お待ちしています!

 

 

こんにちは! 栄養科です牛しっぽ牛からだ牛あたま

今回は5月に行った行事食を

つ紹介させていただきますサラダ

 

ガーベラ5月1日 メニューガーベラ

ダイヤグリーン赤飯

ダイヤグリーン鰆の竜田揚げ風

ダイヤグリーン梅風味の白和え

ダイヤグリーン赤だし味噌汁

ダイヤグリーン盛り合わせフルーツ

 

 

 

 

この日は花火新しい時代『令和』の幕開け花火とあわせて、

行事食を企画しました。

 

 

赤飯はじかみ生姜

お祝いらしく仕上げました。

 

メインの鰆の竜田揚げ風は、

スチームコンベクションオーブンの

設定温度を工夫し、

揚げ焼き風に仕上げました。

 

味噌汁は普段提供している物とは違い、

赤みそを使用して特別感を出しましたうさぎクッキー

 

盛り合わせフルーツは、

いちご、オレンジ、メロンを

盛り合わせ華やかに仕上げましたトロピカルカクテル

 

ガーベラ5月16日 メニューガーベラ

丸ブルーエビチリ

丸ブルージャンボ焼売

丸ブルー豆苗とパプリカの中華サラダ

丸ブルー杏仁フルーツ

 

 

 

この日は、ラーメン中華ラーメンをテーマにした行事食を行いました。

 

エビチリは普段使用しているエビより、

大きいサイズを使用し特別感を出しました。

 

焼売もサイズを大きくし、

お肉の美味しさを

十分に味わっていただけるようにしましたニコニコ

 

サラダサラダには、普段あまり提供していない

豆苗を特別にお出ししました。

 

デザートの杏仁フルーツ

杏仁豆腐と果物を一緒にして、

彩りよく仕上がりました爆笑

 

次回の行事食のブログでは、

月に行った行事食を紹介いたしますニコニコ

 

内分泌(甲状腺)・代謝(糖尿病)センター

貴田岡正史センター長が、

画像医学をメインに

国内外の先端的な研究など、

診療現場に重要な情報を掲載している

雑誌『INNERVISON』6月号寄稿されましたメモ

 

 

 

先生の論文が掲載されているのは、

特集「超音波検査・診断最前線―

腹部(消化器)領域の最新動向を中心に 

Ⅰ領域別超音波検査・診断・治療のトピックス 

3.表在領域のトピックス」の中で、 

「2,甲状腺における超音波診断のトピックス」について、

執筆されています病院

 

貴田岡先生は

「診断用医療機器の進歩は著しく、

常に最先端の情報を共有しておくことは

臨床的に重要で、患者さまにそのメリットを

過不足なく提供していくことが大切だ」との思いで

論文を書かれたそうですニコニコ

 

論文の中では「微細血流解析」などについて

見解を述べていらっしゃっているため、

興味のある方はぜひ読んでいただければと思いますキラキラ

 

 

 

 

【掲載雑誌】

雑誌名:『INNERVISON』6月号

発行:令和元年5月25

発行:株式会社インナービジョン

 

購入方法など詳細は下記のURLから

ご覧ください。

株式会社インナービジョン ホームページ

「インナビネット」

https://www.innervision.co.jp/

 

 

 

 

5月31日(金)、

臨床工学科臨床工学技士が講師となり、

『不整脈ってどんな病気? 治療はどうするの?

-心房細動の早期発見で脳梗塞のリスクを減らそう!

をテーマに公開医療講座を開催しましたマイク

 

 

不整脈の中の1つに、

心房細動というものがあります。

心房細動自体はすぐに生死に直結する病気ではないのですが、

合併症の1つである「脳梗塞」になることがあります。

 

心房細動になることによって、

心臓内で血栓ができ、

その血栓が脳に飛んでしまうことで、

脳梗塞になることを

「心原性脳塞栓症」といいます病院

 

「心原性脳塞栓症」

重症度を見たデータによると、

罹った人約30%が寝たきりに、

約15%が死亡するという、

大変予後が悪いものになっています救急車

 

そのため心房細動といわれた際は、

一度、外来でご相談することおすすめしています。

 

また、講座では当院で行っている治療として

薬物療法カテーテルアブレーションについて

お話ししましたマイク

 

 

 

治療法のほかに

自分で行う検脈の仕方や、

当院で行っている

「心臓ドック」「心房細動外来」についても

お伝えしました。

 

心臓について不安なことがあれば、

一人で悩まず外来にて

医師に相談に来て頂ければと思います。

 

 

5月22日(水)、

リハビリテーション科の理学療法士が講師となり、

『健康寿命を延ばそう!

-いつまでも元気よく生活するために』と題し、

「下肢の運動」をテーマに健康体操を行いましたダンベル

 

 

 

 

前回は簡単な「体力測定」を行いました。

前回も参加された方には

その測定結果を念頭に体を動かすようにお願いしました。

また、参加されていなかった方のためにも、

軽く「体力測定」についてお話ししましたマイク

 

そして、なぜ、下肢の筋肉鍛えるのかというと、

右差し「健康寿命を延ばすためには、

  まずは転びにくい足腰を作ることが大切」左差しということで、

 準備体操をした後、下半身を中心に運動して頂きました。

 

スクワットも2つ入ると、

いつもより負荷の高めの運動があったためか、

参加者さまたちは汗を流して

体を動かしていらっしゃいました乙女のトキメキ

 

 

 

次は、「体幹の運動―腰痛予防など」をテーマに

健康体操を行う予定です。

体幹も大事な筋肉のため、参加者さまには、

次回もぜひ参加いただければと思っています。

 

また今回は、4回で1セットの健康体操としていますが、

どの回から参加して頂いても大丈夫猫しっぽ猫からだ猫あたまキラキラ

 

みんなで体を動かして

ダンベル貯筋ダンベルしていけたらと思います。

 

下記のURLより公開講座の

情報がチェックできます!!

http://www.ims.gr.jp/miyoshisougou/hospital/kouza.html

 

皆様のご参加をお待ちしています爆笑