東京・新宿 輸入ピアノ.com オーナー伊藤のひとりごと

他愛もない日々のつぶやきを、徒然なるままに。


テーマ:

 枯れたはずの木から、新芽が!

 この木は、私、自身かな? 観賞用鉢植えで、名前は分かりません。(*0)

 この木は、新宿1丁目の私の店=「輸入ピアノ.com」のに御座います。

 いわゆる観葉植物の一種です。

 多分、年末のクリスマスの時期に、店内の湿度を高めるために、近所のお花屋さんから、買い求めました。

 

 何度も死にかけて、その度々になんとか、いつも、誰かに助けられて、生き延び来た。

だから、「輸入ピアノ.com」(http://www.imported-piano.com)店長の「鴨下店長」(*1)は、多分、「Green hands」(*2)かも(鴨)?

 俺のほぼ小間使いのような「秘書」(*3)も、「Green hands」を持っているかな。彼女は、私を生き返らせました。

 

 大きくならないと、解らないですよね。人生も。

 私は、小学6年間を通じて、いわゆる5段階の相対評価で、殆どが1でした。

中学生なって、ある先生の一言で、淳平先生我々は呼んでいた国語と体育を教諭でしたが、

 国語の試験だったと思いますが、「このクラスで、一人だけ100点がいる。」。

それが、私でした。(詳しくは、私が代表理事を務める『物語社』やAMAZON(予定)から、近々出版される予定の『1がどうして5なるんだ』を、ご拝読を,お願い致します。

 前述のように、私は、現在は、東京・新宿にある輸入ピアノ専門店「輸入ピアノ.com」を、2016年10月から運営しています。

 

 この店の本社は、福島県郡山市に、41年前に私が設立した「株式会社フロイデ」の支店で、ヨーロッパ・アメリカから輸入した高級ピアノを主に扱う専門店です。

 私は、元々は、福島県郡山市三穂田町(合併前は、安積郡三和村)の、中規模農家の長男で、中学3年の1月まで、将来は、父の跡を継いで、農家を営む覚悟を決めおりました。

 ところが、現在は、前述の通りで、日本のど真ん中・新宿で、輸入ピアノの輸入・販売に携わり、先月(2017年3月)はドイツへ出張まで行って来ました。

 これも、今から思えば、その度々に、「Green hands」が現れてのことでした。

                                  

*0: 観葉植物の名前は、「幸福の木」(パキュラ)だそうですよ。

   「フロイデ音楽院」の「大人のためのピアノ教室」の素敵な受講生の方から教わりました。ハワイやインドネシアなどでは、5,6mをこす高さまで育つそうです。

   実は、「幸福の木」と、呼ばれている木は、たくさんあって、下の写真の観葉植物も同じ名前で呼ばれているようですが、別名は「ドラセラ」(ドラセナ・フラグランスDracaena fragrans)です。これらの観葉植物は、日本では「幸福の木」と呼ばれているようです。

 

 

 

*1:鴨下店長

 「輸入ピアノ.com」ストア―マネージャー(店長) 

国立音楽大学・大学院ピアノコース卒。

調律師

努力家で、目標に向かって、全力で突き進む、私の口うるさい小姑で、優しいお姉さん?です。

私は、毎日、叱られっぱなしですが、妻の叱責には反発(反抗期)しても、彼女の優しい、思いやりのある、それには、いつも、I have understood!です。

 

*2:Green hands

  枯れかかった植物を、再び蘇らせる技術と情熱を持った手を持つ人

 

*3:パンダ大好き秘書

「株式会社 フロイデ」社長秘書

(一般社団法人「物語社」編集長)

(一般社団法人「ZEN Project」プランナー)

   東大文学部音楽科※卒   (※ 本当は無いです)

   「Soft Bank」などを経て、2018年1月入社

   夢見る女で、フランスのニース近郊に別荘を夢に邁進中。

   もし、実現すれば、私にも一部屋を提供するそうです。

   今や、新宿・四ツ谷の叔父さん、お爺さんのマドンナので、見目麗しい彼女には、毎日、電話やmailが絶えません。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。